投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

【青葉賞2017の大穴予想】

☆当ブログに初めてお越しになった方は考えるヒントブログとは?トリセツ記事(印の意味など予想の見方からブログの軌跡まで)からご覧下さい
☆馬名(ブログランキング)の見方が分からない方は
コチラのサイト様の説明をご参照下さい
お気に入りのブログの更新通知をLINEで受け取れるようになりました

--------------------

【ブログ重賞OP予想】
東京11R青葉賞(勝負度D)
[印]
◎タガノアシュラ

[見解]
コノ馬は2歳時にはマイルG1でそれなりに人気になってもいたが、当時から指摘していた通り完全な中長距離馬である。
脚質的なイメージもあってかスピードある馬として見られがちの様だが、今回の距離2400くらいがベストでもおかしくない馬…そこが盲点となり妙味生まれそうな。

4走前G1レースでは「デコボコした荒れ馬場が駄目」という鞍上コメントで、3走前の重賞レースでも「渋化馬場が主な敗因」という鞍上コメントで、その連続凡走は普通に考えれば馬場が全ての負け方だと解釈できる。

ようやく本来の距離路線に使われた前々走は必然の一変パフォーマンスで、そこから距離短縮となった前走はそれよりも1秒以上速い前半追走のHペースとなり崩れたという経緯。
初勝利は楽勝、2勝目は今回上位人気馬に完勝、3好走目の前々走では勝ち馬は後のG1でも好走する位の馬・下した馬も重賞好走馬やOP好走馬など…やはりこの距離長めで自分の競馬ができた時の能力についてはソコソコあると認められる。

これまで距離延長ローテ且つ良馬場では2戦2連対。

過去の青葉賞は多頭数激戦になりがちでこの手のタイプは好走できていないが、今年の場合には異例の少頭数立てで前走スローペース経験の鈍足中長距離馬ばかりのメンバー構成なら…このタイミングでの関東騎手起用も好感できますし、展開一つでどの着順でもあって良いと思います。


1番強い(勝つ可能性が高い)のは1番人気アドミラブルだと思いますが、このやや手控えた感ある調教過程が当日の状態にどう転ぶか…。

2番人気ベストアプローチも能力は認めたいですが、3着っぽい2番人気馬というコトで期待値的に印を積極的に打つべき存在でもないだろうと…詳しくは前走弥生賞後の次走チェック馬見解を参照↓
『母父ガリレオの日本での賞金順5はヴァンキッシュラン、ゴールドテーラー、ウェルブレッド、ローハイド。
父父ガリレオの牡馬だとリッチーリッチーが出世株。
これらの産駒に共通するのは異様なまでの2着3着の多さ…。
やはりこの血の特に牡馬だと日本では重すぎて、それで俊敏な脚に恵まれないだけ勝ち切れるケースが少なくて、ただし重厚さあるので強い相手でも2着3着などの健闘も目立つという傾向になっている。
ベストアプローチも正にそれで、自己条件でも勝ち切れないだろうが、上級条件でもそこそこ以上にやれる資質の持ち主ではないだろうか…(中略)…激走可能性舞台の皐月賞に出られないのは痛いが、今後も大物食いタイプ馬としてマークしていきたい一頭だ。』

-------------------
☆青葉賞の大穴◎本命馬の馬名は人気ブログランキングへココをクリックで開く人気ブログランキング(現在6位)で見られます!

☆次回は「日曜予想」を土曜16時と24時に更新します!

お気に入りのブログの更新通知をLINEで受け取れるようになりました

--------------------


※これ以下は完全版限定記事です/対象の方は「続きを読む」をクリック→「パスワード入力=ログイン」して本文をご覧下さい(ニックネームは何でも可です)
※完全版の土曜予想号の配信は「完了」で、未着対策として以下に配信と同一内容を掲載しています

投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

関連記事

7月20日[高確馬](函館8R,中京9R,福島11R他)
noimage
noimage
UTカードWin 6月1.2日結果
noimage
【パドック直前情報】阪神5R 1番人気診断
◆10日【水】東京盃ついて考えてみる◆【購入馬券】
noimage
【チャンピオンズカップ2017の大穴予想&買い目】
マーフィー、ドバイに未だに入国できず ウインブライトに騎乗予定
あなたも当選の醍醐味を味わってみませんか?
noimage
【フェブラリーステークス2018】予想参考 ゴールドアリュールが好調
【パン賞】ジェニアルも弱すぎ(´・ω・`)
福永を降ろしてシュヴァルグラン覚醒wwwww
レジまぐ商品の購入はこちら!

Menu

HOME

TOP