投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

青葉賞 2017 出走予定馬・プレ予想:トリコロールブルー、フリージア賞で府中適性を示し…距離延長でゆったりと運べそうなのは好材料

2017 4/29(土)
第24回 青葉賞(GII) 東京芝2400m
予想用・出走予定馬一覧
青葉賞2017の予想用・出走予定馬一覧

【2017青葉賞の注目馬は?】
[最強]競馬ブログランキングへ(2位前後にあります!)

 東京2000mのフリージア賞で完勝、前走のスプリングステークスでも上がり最速の末脚を駆使して5着と存在感を見せているトリコロールブルーが青葉賞に出走予定。前走は流れも厳しかった中で一定の目途を立ててきたし、フリージア賞ではスローの中でしっかりと脚を引き出した。混戦模様のここもチャンスは十分、勝ってダービーへとなるか。


 なかなか掴みにくい馬なんだが、ステイゴールド産駒らしくこちらの思っている以上に成長している感じはある。ここのメンバー構成だと正直侮れないなという一頭で、人気が読みにくいところはあるが不安材料はメンバー中でも1,2を争う少なさだと思う。


フリージア賞(5下) 1着 13頭4枠5番
東京芝2000m良 2:01.8 62.8-59.0 S^4
13.1 - 12.1 - 12.4 - 12.4 - 12.8 - 12.6 - 12.1 - 11.6 - 11.1 - 11.6

 2走前のフリージア賞は東京2000m戦で3.8秒の超々スローからの3F勝負。L2最速戦で坂の上りでも加速が問われたし、府中適性を高いレベルで要求されたとみていい一戦だ。


 5番枠からまずまずのスタート、そこから無理せず控えて好位の中目に入る。そこから道中は前にスペースを置くぐらいの余裕をもって折り合って進めて3角。3角でも好位列の中目、少しずつ促しながら2列目で直線に入る。序盤で進路が無い状況、加速段階で少し反応が鈍いがL2の坂の上りでしぶとく伸びて徐々に先頭との差を詰めてくる。L1でしぶとく抜け出し最後は完勝だった。


 トップスピード戦でしかもL2の地点が最速、坂の上りでのギアチェンジ面やトップスピードの質といったところが要求されたがそこで伸びたのは良い材料だなと思う。ドスローでギアチェンジそのものは正直鈍く感じたが、坂加速は得意そうな感じだったしこれなら東京適性が高いとみてよさそう。またL1地点ではっきりといい脚を使って誰も寄せ付けていないし底も見せなかった。この時はかなりの高速馬場状態だったので上がり3Fそのものはそこまで優秀とは思わないが、最速地点の坂の上りで11.1という中で伸びてきたのは良い材料だとみている。ちょっと反応が鈍かったぐらいかな。この時点の評価としては思った以上にはやれた、という感覚。


スプリングS(GII) 5着 11頭8枠11番
中山芝内1800m良 1:48.7(+0.3) 48.6-48.1 M
12.6 - 11.7 - 12.1 - 12.2 - 11.7 - 11.8 - 12.1 - 11.8 - 12.4

 前走のスプリングSも悪くはなかったが、全体のペースが上がったことで突いていくのに苦労した感がある。ペースは0.5で平均の範囲内。ラップ推移的にも多少の淀みはあるがトータルしてみれば12秒前後を連続する、基礎スピードとポテンシャルのバランスが問われた一戦とみていいだろう。少し時計も掛かっていた。


 11番枠から坂スタートでゲートはやや出負け、そこから大外枠で1角までが短いので難しく後方からの競馬となる。道中もほぼよどみなく進んで向こう正面でロンスパという流れの中で後方外目から3角。3~4角でも正攻法で大外を回しながら、流石にウインブライトより一つ内を通して4角出口で大外。直線での伸びはジリジリだが、L1まで思ったよりは長く脚を使ってなだれ込んでの5着だった。


 悪くはないし、大外枠からというのは中山1800でポジションを取るうえでは非常に厳しい条件だった。ペースも上がったしポテンシャル戦になった中で一定のパフォーマンスは見せてきたかなと。ただ、結果的にだがこのスプリングS上位勢が皐月賞では全くダメだったこともあるわけで、レースレベル的には少し疑問も残ると。時計比較でみると同日1000万下の2000m戦よりは上の内容だとは思うが牝馬限定戦だったのもある。皐月賞もスプリングSと違って超高速馬場だったというのはあるし何とも言い難いが、少なくともこのスプリングSの展開でやれたのはこの馬としては幅を広げてきたとみていいのかなと。


2017青葉賞に向けての展望

 ひとまず現時点での青葉賞の登録馬の中では中心になるのは間違いないかなと。もちろんアドミラブルは強敵だと思うが、トライアルレベルであれだけのパフォーマンスをしてきているというのはこのメンツでは大きい。それと、府中適性の高さをしっかりとフリージア賞で見せているし、スプリングSで流れた中で後方からとはいえポテンシャル面で長く脚を使ってきた。あれだけ後ろからだと基礎スピード面の課題はまだ残っていると思うが、少なくとも後半勝負ならどういう展開になったとしても高いレベルで対応できるだろう。黄菊賞ではタガノアシュラに完敗を喫したが、あの時もタガノが大逃げ、3~4角で離れた番手以降が捕まえに行く形になった中で一頭だけ外を回していたがそれでも最後まで伸びてきている。13.2 - 12.2 - 11.8 - 11.6 - 11.9のラップ推移でタガノが締めている中でL1で大体4馬身差ぐらいを2馬身弱まで詰めてきた。使える脚も比較的長い方ではあるし、後半勝負なら府中適性面で未知数なアドミラブルよりも優位にはあるかな。ただもちろんだがこの馬の場合はフリージア賞こそ良かったがどうしてもゲートから一歩目が少しもっさりしているので、前半のポジション取りが甘くなるリスクはある。適性的には2400mは合っていると思うので、序盤楽にいい位置を取れればなというところかな。総合的に見れば隙の少ない馬だし、そのうえで坂の上りでのトップスピード面、TS持続を高いレベルでまとめているので少なくとも連下では拾いたい。後はいつも恵まれないが出し切れば一番のベストアプローチや急成長府中がカギのアドミラブルとの比較でどう考えるかというところ。この辺りは人気も含めて色々考えたいが、こちらも瞬時に動ける感じではないので消極的な仕掛けになる戸崎との相性がどうかという点では微妙なところはある。



━━━━━━━━━━━━━━━━━
“競馬の神様”故・大川慶次郎が創設

 創業36年【ホースメン会議】の

実力を無料で体感できるキャンペーン
━━━━━━━━━━━━━━━━━
  100名限定 特別無料配信
 天皇賞春(GI)・3連複5点勝負

キタサンとサトノの間を割れる穴馬も
   馬券のプロはこう買う!
━━━━━━━━━━━━━━━━━

■直近の的中買い目
4/16 阪神6R  1万6330円的中
4/15 中山12R 1万4810円的中
4/9 中山10R 3万5330円的中
4/8 中山7R  2万3570円的中
4/8 阪神6R  1万6780円的中

天皇賞春の3連複勝負を見る方法!
pngホースメン会議:天皇賞春300_250

投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

関連記事

府中牝馬ステークス 2017 出走予定馬:アドマイヤリード、瞬間的な切れ味はトップクラスだが、ゲートが不安定で色々噛み合えば
エプソムカップ 2017 出走予定馬:アストラエンブレム、切れ味は非凡、別定戦で逆転可能もスローの上がり勝負が理想
プロキオンステークス 2017 出走予定馬:キングズガード、根岸Sでは内容的にカフジ・エイシンに完敗…芝スタートで良いポジションを取って逆転なるか?
ニュージーランドトロフィー 2017 出走予定馬・プレ予想:メイソンジュニア、マイルはカギ…瞬時の脚は不気味で流れてほしい
ユニコーンステークス 2017 出走予定馬:アンティノウス、前走は一気にパフォーマンスを上げ…ハイペース歓迎も包まれないかがポイント
チャレンジカップ 2017 出走予定馬:ジョルジュサンク、前走ドスローからの上がり勝負で粘り込み…展開次第だがマイネルミラノが厄介
関屋記念 2017 出走予定馬:メートルダール、スローでの末脚の持続力は通用も…マイルで流れてついていけるか?
武蔵野ステークス 2017 出走予定馬:サンライズノヴァ、前走グリーンチャンネルCで古馬をなで斬り…東京マイル適性高く、真価を問う舞台
セントライト記念 2017 出走予定馬:クリンチャー、ダービーは包まれてドスローではどうにも…とにかくレースを主体的に作れ!
アルテミスステークス 2017 出走予定馬:トーセンブレス、前走坂の上りでの強烈な加速は目を見張るが…完成度はかなり低く
セントライト記念 2017 出走予定馬:ミッキースワロー、コーナーで鋭く脚を使える魅力…出負け癖をノリで解消できれば
函館記念 2017 出走予定馬:サトノアレス、2歳王者が函館参戦、巴賞は鋭さ見せたが厳しい流れで戦えるかがポイントだ
札幌2歳ステークス 2017 出走予定馬:ロックディスタウン、前走は脚を余し気味で32.5は強烈も…タフな馬場の札幌で引き出せるか?
CBC賞 2017 出走予定馬:メラグラーナ、高松宮記念は道悪で出負け、外々とロスが多かった…改めて良馬場で切れ味を引き出せるか
京阪杯 2017 出走予定馬:ジューヌエコール、力は最上位も高速馬場で良さが出たのと、状態面に不安があり
レジまぐ商品の購入はこちら!

Menu

HOME

TOP