投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

天皇賞春 2017 枠順確定:キタサンブラックと武豊は2枠3番と絶好枠から連覇を狙う

2017天皇賞春の枠順確定
天皇賞春2017の枠順確定


 2017天皇賞春の枠順が発表され、連覇を目指すキタサンブラックと武豊のコンビは2枠3番と内目の好枠を引き当てた。並び的に見ると逃げたいヤマカツライデンが大外に入ってきたのでこれが内に切り込んでくるにせよ、ハナを取り切るまで行くならかなり勢いをつけていく必要がある。キタサンとしては内でひとまず逃げる意識でハナを狙っていって、外から強引にヤマカツが来るようなら行かせれば放っておいても3角の坂の下りでブレーキはできないし大逃げ状態になるだろう。キタサンが実質的にペースを作って離れた2,3番手を狙うというのもそう難しくない枠の並びだと思う。いい枠を引き当てたかな。


 対照的に昨年の有馬記念馬サトノダイヤモンドは8枠15番と大外8枠を引き当ててしまった。それだけならまだしも、大外のヤマカツライデンが直ぐ外にいて、前に行くのに内に切り込みながらになるので最序盤でポジションを取っていくのがかなり難しい。折り合い的にもそこまで大きな不安はないが、それでも3角の下りにかけての入り方が重要な淀の3200mで、外で前に壁を置ける保証がない、という状況はやはり不安が大きいかな。能力的にはもちろん最上位の一頭だけど、この枠は良くないし最序盤の進め方は相当バランスよく入っていかないと最悪中団ぐらいからでしかも内に入れないというところも考えておきたい。。


 枠の並び的に見て抜群に良いなと思ったのがラブラドライト。もちろん勝ち負けまでとなるとどうかだが、キタサンブラックがすぐ外にいて、ひとまずキタサンを簡単に前に行かせない程度の意識で入っていければキタサンが前に出た段階でこの馬が直後を取ってレースを進めやすくなる。どうしても使える脚に限界があるので最内を立ち回りたいし、いつでも動けるというキタサンブラックの後ろは最高の位置になる。それを狙いやすい枠の並びだと思うので不気味さが出てきたかな。3着ぐらいとは思っているがヒモ穴候補で上がってきた。


 一昨年の有馬記念馬ゴールドアクターは6枠12番とやや外目。最序盤でどういう出方をしてくるがポイントになりそう。ひとまずヤマカツライデンが大外からハナを主張してくるので、それが内に切り込んでくるまでにこちらもキタサンブラックを意識するようにしっかりと内に切り込んで内のスペースを見つけられるかどうか。厄介なのが8番枠のタマモベストプレイかな。この馬の出方次第で少し変わってくると思う。ただ内にはラブラドライトやスピリッツミノルといったところがそこそこ先行する意識を持ちそうだし、シュヴァルグランもゲートが良いのでこの枠は割と歓迎。その中で内内に入り込めるかどうかはそう簡単ではなくなったかなという感じ。個人的にはキタサンブラックより前も視野に入れて進めた方が良いぐらいの枠順になったかな。最序盤がカギ。


 昨年の天皇賞春3着馬のシュヴァルグランは3枠6番と内目の枠。昨年の8番枠よりも少し内、今回は正攻法というか中団からの末脚勝負では苦しいということをある程度考えたうえでの騎乗が必要になるし、リスクを取ってでもキタサンブラックを意識できる前目の位置を狙いたい。その点では割とやりやすい枠。ただ内枠にラブラドライトやスピリッツミノル、ファタモルガーナとそこそこ先行できる馬がいるし、シャケトラより前には行けてもキタサンの直後をというのは流石に難しい所はある。3~4角の立ち回りもだが3角での位置関係で前に誰がいるのか、ラブラドライトならいいがスピリッツミノル辺りだと3~4角で動けないリスクもある。その辺りをしっかりと判断して3角までに少し外に出すのか内で我慢するのかというところかな。まずまずいい枠。


 昨年の菊花賞2着馬レインボーラインは8枠16番と大外枠となってしまった。これはかなり悲観する枠で、やはり折り合い面で不安がある馬でしかもゲートも上手くない。3角の下りでブレーキしながらが基本になるわけで、そこまでに出していってポジションを取るという選択は恐らく取れないだろうと思う。そうなるとゲートも甘く後方からの競馬で3角までに押し上げるポイントを見つけられなければ3~4角で外々を回す羽目になる。菊花賞はそれでもきたが、あれは3~4角でそこまでペースが上がらなかったのが大きいし、サトノダイヤモンドに完敗したことも事実そう考えると流石に今回は競馬が難しいかなあという苦しい外枠になった。ミルコがここまでの逆境の中でどう乗ってくるかには注目したいが、常識的にはかなり難しい。
 

 日経賞を制したシャケトラは1枠1番と最内枠をゲット。ゲートがそこまで上手い馬ではないのでこの枠でもキタサンの直後は恐らく難しい。ラブラドライトが前に行くと思うのでその後ろをキープして1周目の3~4角のコーナーワークで上手く好位の内目…大体4列目ぐらいで入っていければというところかな。淀は軽いしポテンシャルだけでなく中間的な速さ、場合によっては11秒前半のトップスピードも問われるのでそうなった時に内から動けるのかどうか?というのは一つポイントにはなってくるが、ポテンシャルを活かして3角までに外過ぎない前を向ける進路を取って前にプレッシャーをかけていくのか、というところかな。縦長になってくれた方が外へ持ち出しやすいし自由度は高い。内に絞ってもいいし田辺がどういう競馬を選択してくるかにも注目したい。 


 昨年の皐月賞馬ディーマジェスティは5枠9番と中目の枠。ん~まあまずゲートが最近甘いので、この枠だと内は先行、好位勢が揃っていてシュヴァルグランより後ろになってしまいそう。外から押し上げようにも切り込んでくるヤマカツライデンやワンアンド、ゴールドアクターといった先行勢、というところからなかなか押し上げるスペースを見出しにくいだろう。恐らく後方からの競馬になる。後はそこから届く展開になるかどうかと、この馬自身が春の出来に戻ってきているかどうか。ただ秋以降はレインボーラインよりもパフォーマンスが低くなっているわけで、現実的には内内で立ち回って噛み合ってどこまでというところだと思う。可もなく不可もない枠。 


 展開のカギを握るヤマカツライデンは8枠17番と大外枠を引き当てた。流石にここまで大外だと、キタサンが最初からスローに落とす意識を持たない限りはなかなか簡単に行き切るのは難しい。恐らく出していって積極的にペースを引き上げて入っていく形になると思うし、そうなると3角の下りでなかなかブレーキは踏みにくいから前半1000は恐らくこの馬で59秒台には入ってしまうかなと。そこから中盤息を入れてという形にするのか、それとも大きくは緩めずに大逃げを展開するのか、というところ。キタサンが最序盤消極的に出てくれれば様子を見ながらじわっとハナというのも狙えるとは思うし、この辺はキタサンブラックの出方次第でちょっと変わってくるかも。


 ダイヤモンドステークスの覇者アルバートは4枠7番と中目の枠。まあこれもディーマジェスティと同じでゲートも一歩目も甘いのでなかなか最序盤のポジションは獲れないと思う。ただ幸いなことにディーマジェスティよりは内だし、先行馬が多い。シャケトラやシュヴァルグランが恐らく中団やや前目ぐらいとしてその直後をディーマジェより先に取ってしまえば中団の内内というのは確保できそう。3~4角ではロスなくかつできるだけスペースが欲しい馬ではあると思うので、仮に前にいたシャケトラやシュヴァルグランが3角でキタサン潰しに外に出して勝負に行くような形になってくれば3~4角での前目のスペースが空く可能性がある。そこを突ければ急浮上するチャンスはある。なのでディーマジェと比べてこちらの方が良い枠だし、これで嵌り切ればの怖さが出てきたかな。勿論最低でも中団を確保してほしい、スパッとは切れない、L3最速の中でL1の減速で出し切りたい。




[先週]福島牝馬S(G3)
◎ウキヨノカゼ
○フロンテアクイーン
▲クインズミラーグロ
▼▼▼▼
1点目で3連単: 2万4790円的中


今週の天皇賞も1点で獲る!

キタサン?サトノ?それとも……

ダービージョッキー大西直宏の天皇賞・春

『絞りに絞った3連単1点』 レース当日・無料公開

大西直宏の天皇賞3連単1点はコチラ


◆勝負情報・穴情報で大きく獲った!

第14回 福島牝馬S(G3)
◎ウキヨノカゼ
○フロンテアクイーン
▲クインズミラーグロ
馬連1点目:3170円 的中
3連複1点目:3600円 的中
3連単1点目:2万4790円 的中

阪神8日目12R
◎セセリ(7番人気)
馬連2点目:4380円的中
3連複:5460円的中
3連単:3万7750円的中

中山8日目5R
◎チリーシルバー
○サクレエクスプレス
(5番人気)
馬連3点公開:1090円的中
3連複:3650円的中
3連単:2万1060円的中

第77回 桜花賞(G1)
◎ソウルスターリング
3連複:5020円

中山5日目10R湾岸S
◎ワールドレーヴ
馬連1点目:4300円
3連複:4160円
3連単:2万8460円

福島1日目5R
◎ハギノパトリオット
馬連:2860円
3連複:2570円
3連単:1万8800円

大西直宏の天皇賞3連単1点はコチラ

PNGワールド:天皇賞春300-250

投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

関連記事

天皇賞春 2017 出走予定馬・プレ予想:ファタモルガーナ、昨年は後ろからになったのが…前走やや不満も積極策で活路を拓け
天皇賞春 2017 出走予定馬・プレ予想:スピリッツミノル、しぶとい馬だがゲートが甘く、前に行くには内枠が仇となるか…
天皇賞春 2017 結果・速報:キタサンブラックと武豊のコンビが淀の3200を漆黒に支配してのレコード勝ち!
天皇賞春2017予想参考 京都芝コースの血統データ
天皇賞春2017予想参考前日オッズ 1番人気はサトノダイヤモンド
天皇賞春 2017 レース回顧・結果:キタサンブラック、離れた番手でも平均気味に進めて消耗させながらも早仕掛けで押し切る…!
天皇賞春2017の予想
天皇賞春 2017 出走予定馬・プレ予想:サトノダイヤモンド、三冠馬も沈んだ試練の8枠…不安を覆して5連勝となるか
天皇賞春2017のプレ予想 キタサンブラックの評価
天皇賞春2017枠順確定 武豊騎手とキタサンブラック今年は2枠3番
天皇賞春 2017 出走予定馬・プレ予想:ワンアンドオンリー、阪神大賞典は無理せず進めて脚が無く失速…状態もだが距離も怪しい
天皇賞春 2017 出走予定馬・プレ予想:ヤマカツライデン、日経賞は無理なく良いペースで入って甘く…単騎大逃げ嵌ればだが現実的には難しいか
天皇賞春2017前々日オッズ 1番人気は10連敗中だが・・・・・・
天皇賞春 2017 出走予定馬・プレ予想:プロレタリアト、紅一点で果敢に参戦
天皇賞春 2017 出走予定馬・プレ予想:アルバート、このレベルでの淀の長丁場だとゲートの拙さが致命傷か…
レジまぐ商品の購入はこちら!

Menu

HOME

TOP