投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

天皇賞春 2017 出走予定馬・プレ予想:ヤマカツライデン、日経賞は無理なく良いペースで入って甘く…単騎大逃げ嵌ればだが現実的には難しいか

2017 4/30(日)
第155回 天皇賞(春)(GI) 京都芝外3200m
予想用・出走予定馬一覧
天皇賞春2017の予想用・出走予定馬一覧

【2017天皇賞春の注目馬は?】
[最強]競馬ブログランキングへ(2位前後にあります!)

 キタサンブラックら先行勢はかなり多いが、その中で絶対に逃げたいというヤマカツライデンが天皇賞春に出走予定だ。丹頂Sでは鮮やかな逃げ切り勝ちもそこからは不発、重賞で高い壁にぶち当たっている。しかし逆に言えば失うものが無い立場、そしてはっきりとやることは一つ、単騎で逃げてどこまで粘れるか。恵まれてあれよあれよと残ってしまいたい。


 流石に相当恵まれないと難しいかな。逃げられるとは思うがやはり仕掛けを待ちたいところで、今回は先行勢も多くある程度キタサンより前を狙ってくる馬も多い。その中で単騎逃げでしかけを待つところまで、しかもそれを楽なペースでやれるかどうかだろう。日経賞が物足りなかったしちょっと難しい。


丹頂S(OP) 1着 13頭8枠13番
札幌芝2600m良 2:40.6 61.7-61.0 M
13.2 - 12.3 - 12.4 - 11.8 - 12.0 - 13.0 - 12.7 - 12.7 - 12.7 - 12.5 - 12.1 - 11.8 - 11.9

 まずは華麗に逃げ切った丹頂Sから。ペースは平均では流れていて、逆にその形でしかけを遅らせる、トップスピードは要求されていないが仕掛けの遅い3F戦に近い競馬で押し切った。


 13番枠から五分のスタート、二の足で楽にハナを取り切って主導権を取り切る。これにタマモベストプレイが食らいついてきて2頭でペースを平均ぐらいに引き上げつつ縦長でスタンドを通過。少し息を入れたがそれでも後続との差をキープした状態で向う正面で12秒後半、ゆったりと上手く息を入れて3角。3角で流石に取り付かれたがここからじわっと仕掛けつつ余裕をもって4角で出し抜きにかかって直線。序盤でタマモベストプレイとともに外から押し上げてきたサムソンズプライドを退け抜け出す。そのまま食らいつくタマモを寄せ付けずの完勝だった。


 ペースを上手く平均で進めて、しかし中盤でしっかりと息を入れてリードを保って3角に入ってきた。ここでしかけを待つ形になったのがプラスに働いたかなというところ。ポテンシャル戦でタマモベストプレイを撃破できたのは評価できるが、3kgのハンデ差があったのは確か。主導出来ればなかなか面白いのと、基礎スピードを持っていたというのは結構面白い材料だったかな。ただ仕掛けが遅かったのは確かなので、ロンスパでのポテンシャル戦になった時の不安はあると。


日経賞(GII) 7着 16頭2枠3番
中山芝内2500m良 2:33.5(+0.7) 61.6-60.7 S^1
6.9 - 11.4 - 12.3 - 12.3 - 12.2 - 12.9 - 12.5 - 12.2 - 12.0 - 11.9 - 11.8 - 11.8 - 12.6

 そこから上手く噛み合わなかったりというのはあったがこの日経賞はこの馬としては悪くない展開だったはず。馬場も少し時計が掛かっていて、ペースも適度なややスロー、ロンスパのポテンシャル戦にはなったが前半はちょうどいいバランスだったと思う。


 3番枠からまずまずのスタート、押して押してハナを主張し行き切る。流石に単騎では逃げられないがそれでもある程度縦長に持ち込み悪くない流れ。向こう正面で自身でじわっとペースを引き上げながらロンスパに持ち込んで3角。3角辺りで手が少し動き出し、4角では明らかに手応え微妙の中でミライヘノツバサに呑まれて2列目に下がって直線。序盤で抵抗する脚もなく徐々に下がって7着完敗だった。


 まあ大きく失速したわけではないけど、バランスのいい入り方をしてくれたと思うしロンスパと言っても5F戦でそこまで厳しい流れでもなかったはず。突かれたミライヘノツバサに完敗を喫してしまったのはやはり痛い。まあこのミライヘノツバサは天皇賞春に出てきても面白かったかもしれないが、キタサンにこういう競馬をされて突かれると難しいというのはあるだろう。いずれにせよロンスパで脚を出し切る形では完敗だった。


2017天皇賞春に向けての展望

 長く脚を使って良いタイプではないというのが前走で確定してしまったかなという感じ。そのうえでドスローだと上がり勝負で京都大賞典では勝負にならなかったし、基礎スピード面も日経新春杯ぐらい上がってしまって中弛みでとなると難しかった、京都記念もタフな馬場の平均ペースで苦しくなった。こうなってくると丹頂Sを勝った時ぐらい、つまり平均だが道中で息が入って後続が油断して仕掛け遅れての粘り込み…ぐらいしかないだろうと。単騎の大逃げで実際ペースはスロー、というケースならば或いは粘り込めるのが淀の長丁場ではあるので、そうなる可能性もゼロではない。キタサンブラックは基本的に前半そこまで無理をしないと思うし、チャンスがあるとすれば先行各馬がキタサンブラックの直後を狙おうとしてキタサンが番手でじっと動かず、10~20馬身ぐらいまでの超大逃げまで、しかも実はスローでしたというパターンまで持ち込めれば…かな。現実的には難しいだろうし、キタサンより前を狙いたい先行馬もいるのでそうなると、単騎逃げに持ち込もうとしても間のスペースに入り込まれてそこまで離せない。タマモベストプレイなんかは積極的に前に行ってこの馬からあまり離れない位置を狙ってくると思うし、ポテンシャル面ではちょっと足りないので距離延長も大逃げが打てるという以外ではあまり歓迎できないとみている。まあどちらにせよ嵌らないとどうしようもないし、高速馬場でのパフォーマンスが低いので現時点では無視せざるを得ないかな。


PR/友人がハマる競馬新指数とは?


今回揃いすぎだろこのメンバー!!!

*******************
↓ディーマ、 
↓アクター シュヴァル 2馬身差

↓サトノ キタサン ハナ差
↓シャケトラ  1着1馬身差

GOAL=天皇賞馬GOAL=天皇賞馬GOAL=天皇賞馬

*******************
↑↑は個人的な予想です。。。。



私は3月から愛用してる新指数〔うまコラボ〕
府中に看板でてるの見た事ある~でおなじみです。



この競馬新指数データを使えば、
予想する必要は一切なく、
買い目は1レース1分で出す事ができ、
点数は36点~60点(3連単の場合)で、
3連単が3回に1回的中させる事ができます。
その結果、猛烈なスピードで競馬収支が上がるでしょう。
とあり信じて2か月やってます。

→ http://collabo-n.com/lp/ahead/?ad_id=3381


2017年04月16日(日)の結果が以下になります。
単勝 複勝 馬連 ワイド 馬単  三連複 三連単
86.1%100% 69.4% 83.3% 69.4%  52.8%  52.8%
とかなり高精度


→ http://collabo-n.com/lp/ahead/?ad_id=3381

天皇賞春は距離適性重視
個人的にはシャケトラ押しだがうまコラボのNAOTO北条氏はいかな予想に?

投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

関連記事

天皇賞春2017予想参考 京都芝コースの血統データ
天皇賞春 2017 出走予定馬・プレ予想:シュヴァルグラン、ポテンシャルは確かもサトノダイヤモンドには見劣り…勝ち切るなら何かアイデアが必要
天皇賞春 2017 出走予定馬・プレ予想:トーセンバジル、高速馬場は歓迎できそうだが…外枠でゲートが甘く、前走以上を狙えるか?
天皇賞春 2017 出走予定馬・プレ予想:ファタモルガーナ、昨年は後ろからになったのが…前走やや不満も積極策で活路を拓け
天皇賞春 2017 出走予定馬・プレ予想:プロレタリアト、紅一点で果敢に参戦
天皇賞春 2017 1週前追い切り評価:馬なりで我慢しながら追い出されての反応良く、前肢を鋭く動かし好気配!
天皇賞春2017前々日オッズ 1番人気は10連敗中だが・・・・・・
天皇賞春2017のプレ予想 キタサンブラックの評価
天皇賞春 2017 出走予定馬・プレ予想:ワンアンドオンリー、阪神大賞典は無理せず進めて脚が無く失速…状態もだが距離も怪しい
天皇賞春 2017 出走予定馬・プレ予想:アルバート、このレベルでの淀の長丁場だとゲートの拙さが致命傷か…
天皇賞春2017の予想
天皇賞春2017枠順確定 武豊騎手とキタサンブラック今年は2枠3番
天皇賞春2017のプレ予想 サトノダイヤモンドの評価
天皇賞春 2017 追い切り・調教評価:力強く前肢を掻き込み楽に抜け出し好ラップ!
天皇賞春 2017 出走予定馬・プレ予想:レインボーライン、素材は確かもゲート難と折り合い面…淀の長丁場はリスクも嵌り切った時の魅力もある一頭
レジまぐ商品の購入はこちら!

Menu

HOME

TOP