投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

天皇賞春 2017 出走予定馬・プレ予想:スピリッツミノル、しぶとい馬だがゲートが甘く、前に行くには内枠が仇となるか…

2017 4/30(日)
第155回 天皇賞(春)(GI) 京都芝外3200m
予想用・出走予定馬一覧
天皇賞春2017の予想用・出走予定馬一覧

【2017天皇賞春の注目馬は?】
[最強]競馬ブログランキングへ(2位前後にあります!)


 前走の阪神大賞典では5着と健闘、長距離路線で地味ながらも善戦を続け、大舞台で一発を狙いたいスピリッツミノルが天皇賞春に出走予定。前走は上位からは離されたが中団からジリジリとばてずに食らいついての5着。流石に地力は見劣るが、果敢に先行してどこまで粘り込めるかという競馬を展開出来れば…。


 枠の並び的に先行策そのものが少し難しくなったかなという感じはある。本来は先行して粘り込みたい馬なのだが、出足が鈍い。ポテンシャル面はそこそこ見せているが、万葉Sや阪神大賞典からも有力馬と同じような位置ではちょっと難しい。


万葉S(OP) 3着 12頭3枠3番
京都芝外3000m良 3:06.4(+0.3) 62.7-61.6(FA12.32)-61.8 S^1
12.8 - 11.9 - 12.4 - 12.8 - 12.8 - 12.1 - 13.1 - 12.3 - 11.9 - 12.2 - 12.1 - 12.1 - 12.6 - 12.2 - 12.8

 ひとまず万葉Sを振り返りたい。ペースは全中後半では割とフラットな感じ、ややスローではあるが中盤が早く出入りの激しい競馬になった。ラップ的に見れば最遅は13.1なので少し淀み自体はあるが、L7最速のポテンシャル戦、そこから4角で少し緩んでL2で再加速という流れ。まあ基本的には後半5Fで速いラップを問われていないし消耗戦に近い競馬とみていいと思う。


 3番枠から五分には出たが二の足が遅く内枠でもあって外の各馬に前に入られて後方からの競馬となってしまう。結局あきらめてほぼ最後方からスタンド前を通過。ただスタンド前でも捲りがあり、向こう正面でも各馬が動いてと出入りが激しく、という中でロンスパながらも3角手前では団子状態。その中で後方の外目からじわじわと坂の下りを利して押上げ開始。4角で前がペースを落としたところと噛み合って大外から押し上げながらも流石に4角出口でコーナーワークで振られて苦しくなる。それでもL1までジリジリと伸び続けて3着になだれ込んだ。


 まあ51kgの軽ハンデだったとはいえラブラドライトをL1で詰めきれていないし、内容的にはポテンシャル面で良さが出たと言っても高いレベルでのものとは言い難い。それと、やはり最序盤のポジショニングに難があった。内枠だと出足が遅いこの馬ではポジションを取っていくというのが難しい。これも天皇賞春において重要な要素だったが残念ながら本番も内枠に入ってしまったと。


阪神大賞典(GII) 5着 10頭1枠1番
阪神芝内3000m良 3:03.4(+0.8) 61.5-60.4(FA12.08)-60.7 S^1
12.8 - 11.8 - 11.6 - 12.7 - 12.6 - 11.5 - 11.7 - 12.5 - 12.4 - 12.3 - 12.6 - 12.3 - 11.7 - 11.8 - 12.3

 前走の阪神大賞典は3000にしてはペースも速かった。前半1000で測ればそこまでだが中盤が60.4とかなり速い、後半もL3最速で3000mにしては基礎スピードが問われたことと、そのうえでのポテンシャル戦。超高速に近い馬場でこういう淀みの小さい競馬になった中で、食らいついたがいい脚を使ったというほどでもなくという内容だった。


 1番枠からやや出負け、積極的に主張しようとしてリカバーしたが結局外のマドリードカフェが入ってきて2列目ポケットまで、更に外からレーヴミストラルが競ってきてポジション的には3列目まで下がる。4番手で我慢しながらスタンド前で結果的に5番手まで下がって中団に取り込まれる。向こう正面で外に出したシュヴァルグランの仕掛けでペースアップという中で2列目の内内から捌きつつ最速地点を完璧にロスなく立ち回ってタマモベストプレイの直後から直線入りで外に出す。ただそこからの反応が甘くジリジリ。L1までしぶとく伸びようとしたがそれでもタマモベストプレイ相手に決定的に詰めてきた、という程度の5着である。


 かなり恵まれた中でタマモ相手にそこそこやれたので悪くはないが、やはりサトノダイヤモンドにしてもシュヴァルグランにしても、あのレベルまでくると要所…4角での動きの差は歴然としていたかなと。展開的には噛み合っていたと思うし、その中でL1で決定的とまでは言えなかったし、トーセンバジルと比較してもちょっと物足りない面はある。


2017天皇賞春に向けての展望

 少なくともキタサンブラックより外、キタサンを先行勢がマークする形で集団になって、ヤマカツライデンが単騎の逃げ、その間のスペースを確保で単騎2,3番手を取れればなあというイメージでいたのだが、枠が4番枠でこれが非常に厄介な枠になった。というのもキタサンの近くの枠となると、ゲートの上手い馬、二の足の早い馬がキタサンの直後を取ろうとして固まってくると思うので早い段階でリカバーの進路が閉ざされる可能性が高い。また内枠なので外からも切り込んでくるわけで、最序盤は下げながら入っていかざるを得ない形になると思う。万葉Sのような形になるリスクが大きくなった。確かにポテンシャル面も一定レベルあるが、後ろからどうこうできる馬ではないしトップスピード面も明らかに足りない馬。5走前の比叡Sを勝った時の様に適度に渋って時計が少し掛かる中、前々で粘り込むというのが理想だと思うので、そう考えると今回は狙いにくくなった。枠の並びが良ければ粘り込みでの警戒も全くゼロではなかったけど、これでほとんどその目もなくなってしまったかなと。ズブズブの不良馬場まで行ったら道悪巧者なのでわからないが、そういう馬場にならなければ今回は馬券的には手を出さないつもり。



━━━━━━━━━━━━━━━━━
“競馬の神様”故・大川慶次郎が創設

 創業36年【ホースメン会議】の

実力を無料で体感できるキャンペーン
━━━━━━━━━━━━━━━━━
  100名限定 特別無料配信
 天皇賞春(GI)・3連複5点勝負

キタサンとサトノの間を割れる穴馬も
   馬券のプロはこう買う!
━━━━━━━━━━━━━━━━━

■直近の的中買い目
4/16 阪神6R  1万6330円的中
4/15 中山12R 1万4810円的中
4/9 中山10R 3万5330円的中
4/8 中山7R  2万3570円的中
4/8 阪神6R  1万6780円的中

天皇賞春の3連複勝負を見る方法!
pngホースメン会議:天皇賞春300_250

投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

関連記事

天皇賞春 2017 出走予定馬・プレ予想:アドマイヤデウス、京都大賞典はワンテンポ遅れて急追…切れ味勝負でキタサン直後なら不気味
天皇賞春 2017 出走予定馬・プレ予想:アルバート、このレベルでの淀の長丁場だとゲートの拙さが致命傷か…
天皇賞春 2017 レース回顧・結果:キタサンブラック、離れた番手でも平均気味に進めて消耗させながらも早仕掛けで押し切る…!
天皇賞春 2017 出走予定馬・プレ予想:シャケトラ、要所の反応が少し甘く、内から置かれない早仕掛けの展開が理想
天皇賞春 2017 出走予定馬・プレ予想:サトノダイヤモンド、三冠馬も沈んだ試練の8枠…不安を覆して5連勝となるか
天皇賞春2017枠順確定 武豊騎手とキタサンブラック今年は2枠3番
天皇賞春 2017 出走予定馬・プレ予想:キタサンブラックと武豊、抜群のゲートセンスとポジショニング、どんな展開でも対応できる自在度で連覇を目指す
天皇賞春 2017 予想:本命03キタサンブラック
天皇賞春 2017 結果・速報:キタサンブラックと武豊のコンビが淀の3200を漆黒に支配してのレコード勝ち!
天皇賞春 2017 出走予定馬・プレ予想:ディーマジェスティ、昨年春のパフォーマンスが甦るか?…出負け癖も含め色々狙いづらいが
天皇賞春 2017 出走予定馬・プレ予想:ファタモルガーナ、昨年は後ろからになったのが…前走やや不満も積極策で活路を拓け
天皇賞春 2017 出走予定馬・プレ予想:タマモベストプレイ、吉田隼人の意地の積極策あるか?キタサンに対してリードを持って3角に入りたい
天皇賞春 2017 出走予定馬・プレ予想:シュヴァルグラン、ポテンシャルは確かもサトノダイヤモンドには見劣り…勝ち切るなら何かアイデアが必要
天皇賞春 2017 出走予定馬・プレ予想:ワンアンドオンリー、阪神大賞典は無理せず進めて脚が無く失速…状態もだが距離も怪しい
天皇賞春2017のプレ予想 サトノダイヤモンドの評価
レジまぐ商品の購入はこちら!

Menu

HOME

TOP