投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

天皇賞春 2017 出走予定馬・プレ予想:アドマイヤデウス、京都大賞典はワンテンポ遅れて急追…切れ味勝負でキタサン直後なら不気味

2017 4/30(日)
第155回 天皇賞(春)(GI) 京都芝外3200m
予想用・出走予定馬一覧
天皇賞春2017の予想用・出走予定馬一覧

【2017天皇賞春の注目馬は?】
[最強]競馬ブログランキングへ(2位前後にあります!)

 一昨年の日経賞、日経新春杯の覇者だがそこから善戦どまりでなかなか勝ち切れないアドマイヤデウスが3年連続となる天皇賞春に出走予定。前哨戦の日経賞では内からしぶとく伸びての3着と存在感は見せてきたが、GIの舞台では何度もチャレンジしつつも掲示板に入れないもどかしさ。6歳にして世代交代の波も押し寄せてくるなか、弾き飛ばして活路を見出したい。


 タフな馬場でもやれてはいるんだけど…個人的には高速馬場でしかもトップスピード戦の方が良いと思う。それは京都大賞典もだし、2000は短いと思っていた中で結構やれた秋の天皇賞も。逆に有馬や過去の天皇賞春なんかはポテンシャル戦になってしまったのもある。本質的にトップスピード戦向きだろうと。なので超高速馬場で内内で我慢できる展開なら。阪神大賞典でも最低限やれているし、距離も何とかこなせる範囲かな。


京都大賞典(GII) 2着 10頭3枠3番
京都芝外2400m良 2:25.5(+クビ) 62.0-58.6 S^3
12.7 - 11.5 - 12.0 - 13.0 - 12.8 - 12.2 - 12.7 - 13.0 - 11.9 - 11.1 - 11.1 - 11.5

 個人的には直近でのベストバウトとして京都大賞典を取り上げたい。ペース自体は言うまでもないが3.4の超スロー、3角下りでペースは上がったが実質的にはL3の4角から一気にトップスピード戦となっての3F勝負。キタサンがL1も11.5でまとめてきていてどちらかというと質的に切れる必要があった一戦だ。


 3番枠からまずまずのスタートを切り、上手くキタサンの直後を取って進めるがキタサンが外の番手を確保したので2列目のポケットで我慢。前にスペースを置いてしっかりと進めつつ3角までスローでも楽に折り合う。3角の下りで少し行きたがる、4角で仕掛けたいところで前が壁、キタサンの直後を狙って直線。しかし序盤でキタサン武豊がワンテンポ仕掛けを待ったことでなかなかスペースが開かない。L1でようやく開いたところで差し込んできたが2着までだった。


 ここでは武豊にしてやられた形で、手応え抜群だったが進路が無いし前にいたヤマカツライデンがイマイチなのでどうしたってキタサンの直後しか取れない。ただその直後を取りたかったが武豊キタサンが仕掛けを遅らせたことでそのスペースを確保するのが遅くなってしまった。その分踏み遅れたし、L1でもキタサンがその分だけなかなか落ちてこなかったのもある。その点でも外からの押し上げが無かったのがこの馬にとっては辛い展開だったかなと。嵌り切ればトップスピードの質的にチャンスはあったといえる一戦。


有馬記念(GI) 11着 16頭5枠10番
中山芝内2500m良 2:33.6(1.0) 61.0-59.4 S^2
6.8 - 11.3 - 12.0 - 11.9 - 12.1 - 13.4 - 12.8 - 12.9 - 11.8 - 11.7 - 12.1 - 11.7 - 12.1

 ただGIでは甘く、2走前の有馬記念でも完敗を喫した。年末のタフな馬場でペースも1.6のかなりのスロー、そこからのポテンシャル勝負となった。


 10番枠からまずまずのスタート、そこからじわっと好位列に取り付いて進めていく。ゴールドアクターを見ながらの競馬でスタンド前では折り合って進めてとその辺りの進捗もしっかりと見せて向こう正面へ。向こう正面の段階で上手く内目に潜り込んでゴールドアクターをマーク、3角に入っていく。3~4角でもゴールドアクターの直後の3列目から4角でゴールドが動いたのでその直後から進めたいものの鞭が入っても反応乏しく3列目のまま直線。序盤でそこからの反応もなく最後はジリジリと下がっての惨敗だった。


 ここからもわかるようにGIでは苦戦している。ポテンシャル戦だと最上位相手では難しいし、ここでポジションを取っていきながらも3~4角の段階で置かれてしまっていたのは正直意外なほど脆かったなという感じ。GIでは本当にダメで、過去を見ても昨年の天皇賞秋でそこそこ最後までしぶとく伸びてきたなという程度。適性云々もあるのだが、それを越えて何故かGIでは自分の力が発揮できないでいる。


日経賞(GII) 3着 16頭5枠10番
中山芝内2500m良 2:32.9(+0.1) 61.6-60.7 S^1
6.9 - 11.4 - 12.3 - 12.3 - 12.2 - 12.9 - 12.5 - 12.2 - 12.0 - 11.9 - 11.8 - 11.8 - 12.6 

 実際この日経賞では有馬記念で楽に先着されたゴールドアクターに先着している。ペースはややスロー、ラップ推移的にもポテンシャル戦となっている。時計的にも掛かっていたし有馬と同じようにタフな競馬になっている。
 

 10番枠からまずまずのスタート、先行争いに加わっていきながらしっかりとコントロールして2列目に入り込む。そこから少し掛かり気味な面を見せるが徐々に落ち着いて前にスペースを置いた状況で我慢して1角へ。 向こう正面で徐々に加速のロンスパという中で離れた2列目の内で前にスペースという状況をキープ。3~4角で手が動いて内内で追走、ここではゴールドアクターに置かれて3列目のまま直線。序盤で有馬記念同様甘くなるかと思いきやジリジリと伸びだす。L1ではゴールドアクターの内からしっかりと脚を使って最後はミライヘノツバサに迫る脚を使っての3着だった。


 よくわからん馬だというのがこの辺で、GIIだとこういう本来得意とはしていない展開でも上位に来る。もともと昨年の阪神大賞典でも離されたが3着、京都大賞典でも重馬場のポテンシャル戦で離されたと言っても3着と最低限のパフォーマンスを見せていたのはあるが、GIでは出せないけどこの日経賞でもGIIなので出せたのか?というぐらいGIIまでならやれる。もっとも外から正攻法での勝負でポテンシャル面を発揮したシャケトラに対してはL1まで優位性を作れなかったわけで、これでも本番に入るとそこまで高く評価できるレベルには無い。ただ本来タフな馬場より高速馬場向きではあるはずなので、そういう馬場でもやれたのは一定の評価が必要という、凄く扱いが難しい結果となった。


2017天皇賞春に向けての展望
 
 掴みづらいところはあるが、基本的にはトップスピード戦の方が良いし質的には通用するというのはトップスピードタイプの強敵がずらりと揃った京都大賞典でL1にしぶとく差し込めた所からも間違いないとみている。過去の天皇賞春の敗因は一昨年は外枠で掛かってスタンド前で動かざるを得なくなったこと。昨年はポテンシャル戦だったこともあるが4角で少し置かれたのもある。この辺りをどう判断するか。ただ個人的にはL3最速で11秒前半ぐらいのTS持続戦で内内、という形になってくれれば面白いかなと。少なくとも近走はゲートが上手くなっているし、その中でしっかりと良い位置…特にキタサンブラックの直後まで取れてしまえば展開・馬場次第で頭までのワンチャンス出てくる。そういう枠の並びになればというところ。


 ただ一方でスローロンスパの形でポテンシャル戦になると昨年で甘くなったように苦しい。現状ベストバウトは京都大賞典の際どい2着で、あれを狙えるかどうか。流石にキタサンブラックも3~4角でサトノダイヤモンドが外から動いてくるタイミングで仕掛けない、という手は打ちにくい。そうなればコーナーでペースが上がって外の馬に対して内で我慢という岩田競馬と何より近走のポジショニングの上手さは武器になってくる。課題はやはり一昨年かかったように、壁を作れないケース。外枠を引いて並びが悪く壁を作れないとどうしても掛かる癖を気にしてポジションを上げにくくなる。こうなると3~4角で外々ということになりかねない。京都の長丁場は枠の影響が大きいし、馬場が軽ければ余計に3角までのポジション取りが重要になる。土曜の馬場と枠次第で印を決めたい。ひとまず最大限に評価すれば顕著に高速馬場でキタサンとの位置取りの関係性次第では本命を打つ可能性もあるし、そこまで高速馬場でなかったり、外枠を引いてとなると本来3200は長いと思っているので手を出さない可能性もある。 いずれにせよ、今回の天皇賞春の予想的には結構ポイントになる一頭かな。


<PR>

[先週]福島牝馬S(G3)
◎ウキヨノカゼ
○フロンテアクイーン
▲クインズミラーグロ
▼▼▼▼
1点目で3連単: 2万4790円的中


今週の天皇賞も1点で獲る!

キタサン?サトノ?それとも……

ダービージョッキー大西直宏の天皇賞・春

『絞りに絞った3連単1点』 レース当日・無料公開

大西直宏の天皇賞3連単1点はコチラ


◆勝負情報・穴情報で大きく獲った!

第14回 福島牝馬S(G3)
◎ウキヨノカゼ
○フロンテアクイーン
▲クインズミラーグロ
馬連1点目:3170円 的中
3連複1点目:3600円 的中
3連単1点目:2万4790円 的中

阪神8日目12R
◎セセリ(7番人気)
馬連2点目:4380円的中
3連複:5460円的中
3連単:3万7750円的中

中山8日目5R
◎チリーシルバー
○サクレエクスプレス
(5番人気)
馬連3点公開:1090円的中
3連複:3650円的中
3連単:2万1060円的中

第77回 桜花賞(G1)
◎ソウルスターリング
3連複:5020円

中山5日目10R湾岸S
◎ワールドレーヴ
馬連1点目:4300円
3連複:4160円
3連単:2万8460円

福島1日目5R
◎ハギノパトリオット
馬連:2860円
3連複:2570円
3連単:1万8800円

大西直宏の天皇賞3連単1点はコチラ

PNGワールド:天皇賞春300-250

投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

関連記事

天皇賞春2017のプレ予想 キタサンブラックの評価
天皇賞春2017前々日オッズ 1番人気は10連敗中だが・・・・・・
天皇賞春2017枠順確定 武豊騎手とキタサンブラック今年は2枠3番
天皇賞春 2017 枠順確定:キタサンブラックと武豊は2枠3番と絶好枠から連覇を狙う
天皇賞春 2017 予想用ラップデータ:とにかく勝負所までのポジショニングが重要…コーナーでのロスが響きやすいレース
天皇賞春2017予想参考前日オッズ 1番人気はサトノダイヤモンド
天皇賞春 2017 出走予定馬・プレ予想:キタサンブラックと武豊、抜群のゲートセンスとポジショニング、どんな展開でも対応できる自在度で連覇を目指す
天皇賞春 2017 出走予定馬・プレ予想:シュヴァルグラン、ポテンシャルは確かもサトノダイヤモンドには見劣り…勝ち切るなら何かアイデアが必要
天皇賞春 2017 出走予定馬・プレ予想:サトノダイヤモンド、三冠馬も沈んだ試練の8枠…不安を覆して5連勝となるか
天皇賞春 2017 出走予定馬・プレ予想:タマモベストプレイ、吉田隼人の意地の積極策あるか?キタサンに対してリードを持って3角に入りたい
天皇賞春 2017 出走予定馬・プレ予想:プロレタリアト、紅一点で果敢に参戦
天皇賞春 2017 レース回顧・結果:キタサンブラック、離れた番手でも平均気味に進めて消耗させながらも早仕掛けで押し切る…!
天皇賞春 2017 追い切り・調教評価:力強く前肢を掻き込み楽に抜け出し好ラップ!
天皇賞春 2017 出走予定馬・プレ予想:アルバート、このレベルでの淀の長丁場だとゲートの拙さが致命傷か…
天皇賞春 2017 出走予定馬・プレ予想:レインボーライン、素材は確かもゲート難と折り合い面…淀の長丁場はリスクも嵌り切った時の魅力もある一頭
レジまぐ商品の購入はこちら!

Menu

HOME

TOP