投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

天皇賞春 2017 出走予定馬・プレ予想:ディーマジェスティ、昨年春のパフォーマンスが甦るか?…出負け癖も含め色々狙いづらいが

2017 4/30(日)
第155回 天皇賞(春)(GI) 京都芝外3200m
予想用・出走予定馬一覧
天皇賞春2017の予想用・出走予定馬一覧

【2017天皇賞春の注目馬は?】
[最強]競馬ブログランキングへ(2位前後にあります!)

 昨年ハイレベルと謳われたクラシック戦線、皐月賞で有力各馬をまとめて外から一掃して一気に台頭したディーマジェスティが古馬となって天皇賞春に出走予定だ。ダービーでも3強の一角に恥じない3着、しかし秋は菊花賞4着、ジャパンカップ13着と尻すぼみ。古馬となって汚名返上を期待した初戦の日経賞でもまさかの掲示板外。春の盾で完全復活となるか、ここが正念場だ。


 1週前の追い切りは幾らかいいころに近づいてきていると思う。ただそれでももう一段最後に来てほしかったので直前で上げてきてほしい。個人的には高速馬場巧者ではあると思っているので、土曜の馬場を見ながら判断したいところかな。先週は少し掴みにくかったのもある。昨年の秋以降は明らかにパフォーマンスを落としている、前走の日経賞も良くない。常識的には狙いづらい一頭になるが、前述のとおり追い切り次第かな。


日本ダービー(GI) 3着 18頭1枠1番
東京芝2400m良 2:24.1(+0.1) 60.0-58.0 S^2
12.6 - 11.1 - 11.9 - 12.1 - 12.3 - 12.9 - 13.1 - 11.8 - 12.0 - 11.6 - 11.0 - 11.6

 勝った皐月賞も良いがサトノが不利を受けたしかなり厳しい流れではあったので、天皇賞春との適性面を考えるとダービーの方を振り返っておく。3着だったが相手を考えればかなり頑張っているし流れとしても少し出し切れない競馬になった。ペースバランスは2.0でかなりのスロー、L5から11秒台に入ってそこからのL2最速2段階加速戦でトップスピード面、ギアチェンジもある程度問われるという後半の総合力勝負となっている。


 1番枠から五分に出て外に誘導しつつも出し切れず、中団の中目で我慢という形、向こう正面ではサトノダイヤモンドの後ろで進めて仕掛けを待ちつつ3角。3角から1段階ペースが上がって、という中でサトノの直後を意識しながら、4角でしかけて中団外目で直線。序盤で進路を確保したがギアチェンジ面で少し物足りない。L2の最速地点ではマカヒキに先に抜け出されてしまってサトノとの差も詰ってこない。L1でそれでも外からようやくジリジリと伸び始めて併走叩き合い状態のマカヒキ・サトノの列に加わりかけたが届かずの3着だった。


 ここからもわかるように後半5F58.0、1段階目でポテンシャル面をある程度要求され、そこから直線で2段階目のギアチェンジ、坂の上りで加速しつつトップスピードの質、そしてL1までしぶとく伸びるTS持続と全体的な要素が問われた。少なくとも直線地点でのギアチェンジやトップスピードの質的にはマカヒキに見劣ったし、評価できるのはL1でのTS持続面となる。サトノに対してはポジショニングで見劣ったしL1でそれを差し込めるほど抜きん出たTS持続力というわけではなかった。ただこの時点では少なくとも素材的に3強と言って間違いなかったと思うし、出し切った時はこのディーマジェスティが一番だろうと思っていた。


菊花賞(GI) 4着 18頭3枠6番
京都芝外3000m良 3:03.3 59.9-64.5(FA12.90)-58.9 S^1
13.0 - 11.3 - 11.0 - 12.4 - 12.2 - 12.7 - 13.6 - 13.2 - 12.3 - 12.7 - 12.2 - 12.0 - 11.6 - 11.5 - 11.6

 セントライト記念を外から捲って横綱競馬で勝ち切って挑んだ菊花賞ではサトノダイヤモンドらに完敗を喫した。ペースは前後半で1秒のややスロー、中盤は中弛みがあったので割と長距離戦らしい競馬と言える。そこからじわっと加速しつつの3F戦で、サトノダイヤモンドがL1までレースラップ的に落とさず突き抜けたと。コーナーでそこまで速いラップを踏んでいないし極端なトップスピードは問われない、ポテンシャル寄りの競馬なので外から押し上げたロスはそこまで影響はなかったとみている。


 6番枠からやや出負け、促していきつつ中団馬群の中に入っていってミッキーロケットの後ろぐらいでまずは進めていく。3角の坂の下りでも前に壁を置いていたが少し掛かり気味。スタンド前では落ち着いてミッキーロケットの直後をキープして上手く進めて1~2角。向こう正面で内から何頭か動いていく流れの中でミッキーロケットの外に出して我慢しつつ3角。3~4角で大外から押し上げてサトノダイヤモンドの外から勝負、鞭を打って好位列まで押し上げて直線。序盤でサトノに一気に抜け出されて手応え的に見劣る。L1では甘くなって最後はレインボーラインにも差し込まれてエアスピネルは捕えきれずの4着完敗だった。


 まあ正直に言えば秋の段階でサトノダイヤモンドに成長力で完敗を喫してしまったなという感じ。こちらはそもそも春の段階の出来にすらあったかどうか疑わしい負け方だった。もちろん勝ちに行ってのものではあるから最後に甘くなったというのは仕方ない面もあるが、サトノとの力差はもとより、レインボーラインも外々からついてきてL1でバテ差しを完全に食らった格好。4角の段階である程度詰めているがそれでもサトノでみてL2では3馬身差を楽に捕えてL2で先頭なので恐らくサトノはL2-1で大体11.0-11.6、上がり3Fで逆算すれば11.5-11.0-11.6ぐらいなら4角でのロスがそこまで影響したとは思っていない。恐らく直線前半が最速だろう。そこでキレ負けしたというよりは余力がなかった感じだろう。仮にキレ負けしてもダービーの感じならL1は食い込んでくるべき馬。それができなかったのであればやはり春の頃に無かった、もしくは距離が長かった。


日経賞(GII) 6着 16頭3枠6番
中山芝内2500m良 2:33.3(+0.5) 61.6-60.7 S^1
6.9 - 11.4 - 12.3 - 12.3 - 12.2 - 12.9 - 12.5 - 12.2 - 12.0 - 11.9 - 11.8 - 11.8 - 12.6

 ジャパンカップで崩れてがっかりしたものの、立て直して4歳、流石に頑張ってほしかった日経賞だが結果は残念。レインボーラインにも菊花賞、ジャパンカップ同様先着を許した形となったし、新興勢力に台頭されて序列も下がってしまった。タフな馬場でペースはややスローからの後半ポテンシャル勝負。もともと高速馬場巧者ではあると思っていたので難しい競馬になったのは事実だが…。


 6番枠から出負けして後方からの競馬となってしまう。そのまま1周目のスタンド前では後方2~3番手ぐらいの馬群の中で我慢、ただシャケトラを意識するような位置でそこまで悪くない。向こう正面で徐々に加速の正攻法のロンスパの流れの中でシャケトラがじわっと動いていく中でその後ろを狙って激しく追い出していく。3~4角ではシャケトラの動きに呼応して中団まで押し上げるが反応鈍く鞭が何度も入って中団の中目で直線。序盤で鋭く伸びる気配無くジリジリ、L1でようやくなだれ込んできたが詰まり気味だったレインボーラインにラストは伸び負けした。


 まあ…極端に悲観するほど悪くはないが良い頃には程遠い、という内容だった。この時も追い切り面の迫力は悪くはなかった、もちろん昨年春に一気に良くなってきたあの感じには及ばないが。ただ戦える状態にはあったと思っていたので、苦しい競馬になったのは残念かな。特にシャケトラとの比較で外から動かれて置かれていたこと、またL1まで詰められるレベルに至らなかったこと。3~4角で包まれてスムーズさを欠いたレインボーラインにすら先着をされてしまったこと。そして何よりゲートが決定的に拙くなってきたこと。この辺りを考えても天皇賞春に向けてプラスと言える材料は見つけられなかったかな。


2017天皇賞春に向けての展望

 基本的には悪い材料が目白押しである。前述したけど、今の淀の長丁場は最上位レベルまで来ると2周目3角までの位置取りが勝敗を分けるポイントになる。ただこの馬の場合ゲートがここ数走とにかくマズイ。なのでこの距離でも先行勢がかなり揃った今回、いいポジションを取るのはなかなか難しくここは悲観的にならざるを得ない。恐らく中団を取れればいい方、好位は難しい。そして菊花賞では状態面の問題か、距離の問題か、いずれにせよクリアできていない。日経賞ではタフな馬場が合わなかったか、状態面が戻っていなかったか。今回の天皇賞春で歓迎材料とはっきり言えるのは高速馬場というぐらいだろう。それにしたってスパッとは切れない馬でポジションが悪い。3角で外から動いていってコーナーでペースアップされて勝負になるほど簡単でもないし、我慢してのトップスピード戦では難しい。現状なかなか好走するだけのイメージがわかないな、というのが率直な感想だ。前目を取れれば理想だがそれが現実的に簡単ではない以上、枠の並びで何とか内枠から多少出負けしてもリカバーして好位列を取れるかどうか、3角までに動ける意識を持てるかどうか…かな。淀の長距離マイスター蛯名は良いと思うが、この馬がそれに応えられるかは近走のパフォーマンスからは懐疑的に見ざるを得ない。今回のメンバー構成だと馬券的に手を広げるのは難しいし、予想的にはいつまでも3歳春を引きずってもいられない。シビアに見ればここでそこそこ人気、狙うだけの材料をなかなか見つけられないでいる、というのが本音。恐らく馬券的には手を出さない。


<PR>



最近見かける〔うまコラボ〕の指数とは?


無料版でも、有料版(月額1,980円)と同じレベルの情報を閲覧可能
※無料版で見れるレースは各競馬場の第6レースまで
有料版のみ、おすすめ度の高いレースと推奨の買い方を紹介致していますが、
最初から有料版を利用することは出来ません。



このサイトを見ただけで、万が一あなたに自信が付いてしまってはいけません。
今週末の結果をご自身で体感してもらった上で、ご紹介させて頂きます。
指数はレース前日から見られるので、前日の内に馬券を購入出来ます。

前日の内に馬券の購入まで済ませれば、レース当日に他の情報に惑わされることが無く、
無駄な馬券を買わずに済みます。

無料版でも有料版でも、2014年からのデータを閲覧出来る

今週末のレースでコラボ指数の効果を体感して頂けますが、
その前にこれまでの実績を確認することが出来ます。
競馬初心者でも安心!電話やメールで対応致します

指数を見ればそのレースに出走する馬の能力値が分かるので、競馬を始めたばかりの人でも安心です。
分からないことは、メールだけでなく電話でも対応致しますので、土日もご安心ください。
指数はオッズと違い変化しないので、感情が左右されることもありません

コラボ@指数の複勝連勝数は過去2年で最高77連続的中!
これまでの的中しない日々が変わります。



高配当の馬券も指数がしっかり押さえます
能力値は高いのに、これまで見過ごしていた穴馬を拾えます。
過去2年の最高配当は722,230円、高額配当の馬券も獲得できます。
穴馬情報が欲しいという方にも、うまコラボの指数は適しています

以下はうまコラボが提供する競馬データ【コラボ@指数】です。
血統~適正まで
様々な条件をまとめて解析を行い、指数として出しています。
その精度は、
三連単 37.2%
馬単 58.3%
ワイド 81.9%
複勝 93.2%
単勝 83.3%



天皇賞春からうまコラボをはじめてみる
↓↓
→ http://collabo-n.com/lp/ahead/?ad_id=3381
投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

関連記事

天皇賞春2017前々日オッズ 1番人気は10連敗中だが・・・・・・
天皇賞春 2017 結果・速報:キタサンブラックと武豊のコンビが淀の3200を漆黒に支配してのレコード勝ち!
天皇賞春 2017 出走予定馬・プレ予想:シュヴァルグラン、ポテンシャルは確かもサトノダイヤモンドには見劣り…勝ち切るなら何かアイデアが必要
天皇賞春 2017 出走予定馬・プレ予想:ゴールドアクター、昨年惨敗も大外枠で勝ちに行く苦しい競馬…高速馬場、キタサン直後で我慢できれば
天皇賞春2017のプレ予想 サトノダイヤモンドの評価
天皇賞春 2017 枠順確定:キタサンブラックと武豊は2枠3番と絶好枠から連覇を狙う
天皇賞春 2017 レース回顧・結果:キタサンブラック、離れた番手でも平均気味に進めて消耗させながらも早仕掛けで押し切る…!
天皇賞春 2017 出走予定馬・プレ予想:トーセンバジル、高速馬場は歓迎できそうだが…外枠でゲートが甘く、前走以上を狙えるか?
天皇賞春 2017 出走予定馬・プレ予想:プロレタリアト、紅一点で果敢に参戦
天皇賞春 2017 1週前追い切り評価:馬なりで我慢しながら追い出されての反応良く、前肢を鋭く動かし好気配!
天皇賞春 2017 出走予定馬・プレ予想:サトノダイヤモンド、三冠馬も沈んだ試練の8枠…不安を覆して5連勝となるか
天皇賞春2017の展開予想動画+出走予定馬展望まとめ!
天皇賞春 2017 出走予定馬・プレ予想:タマモベストプレイ、吉田隼人の意地の積極策あるか?キタサンに対してリードを持って3角に入りたい
天皇賞春 2017 出走予定馬・プレ予想:アドマイヤデウス、京都大賞典はワンテンポ遅れて急追…切れ味勝負でキタサン直後なら不気味
天皇賞春 2017 出走予定馬・プレ予想:ヤマカツライデン、日経賞は無理なく良いペースで入って甘く…単騎大逃げ嵌ればだが現実的には難しいか
レジまぐ商品の購入はこちら!

Menu

HOME

TOP