投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

天皇賞春 2017 出走予定馬・プレ予想:タマモベストプレイ、吉田隼人の意地の積極策あるか?キタサンに対してリードを持って3角に入りたい

2017 4/30(日)
第155回 天皇賞(春)(GI) 京都芝外3200m
予想用・出走予定馬一覧
天皇賞春2017の予想用・出走予定馬一覧

【2017天皇賞春の注目馬は?】
[最強]競馬ブログランキングへ(2位前後にあります!)

 2走前の万葉ステークスでは久々の勝利、長丁場での粘り込みはこの路線でも侮れないタマモベストプレイが天皇賞春に出走予定。2年前に参戦した天皇賞春ではゴールドシップの捲りもあって苦しい展開になったが完敗、マイペースで進められればだが流石にこのクラスでとなるとアイデアが必要だ。気楽な立場、そしてゴールドアクターを降ろされた吉田隼人の執念の積極策で波乱を巻き起こせるか。


 キタサンブラックよりも前で競馬をする可能性が高いのは良い。それと今回はもう一つ、ヤマカツライデンというはっきりとした逃げ馬がいるのでそれから少し離れた番手でかつ単独の2番手、3番手というような競馬が望める可能性もある。阪神大賞典だと厳しいが、京都の外回りで4角地点で上手く各馬に対して内目を確保しつつロスなく進められれば粘り込みで警戒したい一頭。



万葉S(OP) 1着 12頭7枠10番
京都芝外3000m良 3:06.1 62.7-61.6(FA12.32)-61.8 S^1
12.8 - 11.9 - 12.4 - 12.8 - 12.8 - 12.1 - 13.1 - 12.3 - 11.9 - 12.2 - 12.1 - 12.1 - 12.6 - 12.2 - 12.8

 2走前の万葉Sは長距離戦ではあるのだが中盤の1000mで淀みなく、出入りの激しい厳しい競馬になった。その分後半は11秒台を踏まない消耗気味の競馬になったし、パワー型の基礎スピード面を3000mの割に問われて、そのうえでのポテンシャル戦という感じ。この時は時計が少し掛かっていたこともあるので消耗度合いの大きい競馬になってしまった。ただ、L3-2の観点で見れば再加速できているので、最低限余力を持っていた馬が上位に来たとみていいと思う。


 10番枠からやや出負け、そこからかなり押して押してリカバーしつつ先行策、最終的に2列目の外で我慢していく。出していった割に折り合いはしっかりとコントロールできていて、スタンド前の段階では前に壁が無い状況でも余裕でコントロール。ただこの地点で捲りが生じてここからペースアップ、淀みなく流れる中で先行集団の2列目中目で向う正面を進めていく。3~4角でも2列目の真ん中で少し促されつつ、4角でも手が動きながら2列目をキープして外に出す。序盤ではマドリードカフェが手ごわいが徐々にジリジリと抜け出す。L1までしぶとく踏ん張ってラブラドライトの追撃を振り切っての勝利だった。


 ここはハンデ戦でラブラドライトは51kg、こちらは56kgだったという点でもやはり強かったなという感じ。全体で淀みなく消耗する流れの中でしっかりと基礎スピードの高さ、ポテンシャル面で捻じ伏せきった。長距離戦でも高速馬場で阪神大賞典みたいな場合はともかく、比較的タフな中でこういう中盤が淀まない流れはレアケースではある。まあハンデ戦ではあったにせよ相手関係は比較的楽だったし、強敵相手にどこまでやれるか。


阪神大賞典(GII) 4着 10頭7枠8番
阪神芝内3000m良 3:03.4(+0.8) 61.5-60.4(FA12.08)-60.7 M
12.8 - 11.8 - 11.6 - 12.7 - 12.6 - 11.5 - 11.7 - 12.5 - 12.4 - 12.3 - 12.6 - 12.3 - 11.7 - 11.8 - 12.3

 この阪神大賞典の場合も万葉Sと同じく中盤が速いラップ、割と近い競馬にはなっているがちょっと違う野は高速馬場であったというところ。長距離なので表現が難しいが、この場合はより質の高い基礎スピード面が必要だったという認識。仕掛けどころ自体はL3最速で厳しい競馬にもなっている。


 8番枠からまずまずのスタート、押して押して先行策から外のマドリードカフェを行かせて番手という競馬を狙っていたが、3角でレーヴミストラルが絡んできたのでペースも上がって2列目外で進めていく。スタンド前で更にウインスペクトルが捲ってきて一気にペースを引き上げつつ単騎、これに合わせて押し上げて離れた2番手で向う正面に入っていく。前との差を詰め過ぎずにしっかりと仕掛けを待ちたいところだったが3角からシュヴァルグランが早めに動いてきてしまい、逃げ馬を交わして先頭に立つも外から一気にシュヴァル、更にサトノらに取り付かれる。序盤で早々に前に出られてしまうがそれでも最後までしぶとく踏ん張って4着と悪くない内容だった。


 これが京都ならなあ、という感じの競馬ができていた。阪神の内回り3000はシップが庭としていたように、基本的に3~4角で外から動いていく方が良いコース。ポテンシャル型がねじ伏せに来ると基本的に立ち回りで粘り込めるコースではない。淀の長丁場なら3~4角で外から動く、コーナーで速いラップを踏む形になると、4角出口で内が開いてロスなく立ち回れる前目の馬に対して、どうしても外からの押し上げがロスになりやすい。そういう点では本番に繋がってきそうな競馬をしてはいる。ただもちろん内容的には完敗ではあったので、地力でみるとキタサンブラック辺りに目標にされて動かれると凌ぎ切るのは簡単ではないだろうなと。


2017天皇賞春に向けての展望
 
 まあとにかくキタサンブラックより前に行きたい。イメージ的には阪神大賞典の競馬を淀でやってほしいなというところ。単騎逃げ馬を少し離れた位置で進めながら3角で各馬が押し上げてきたときに自分も3角の下りでペースを引き上げていく。4角最速のイメージでしっかりと外から来る馬たちに脚を使わせることができればしぶとさは侮れない。ただもちろんだけど、実力的には見劣る馬でまともなTS持続戦ではモンドインテロレベルに見劣っているなら少なくともシュヴァルグランやアルバート以下、もしかしたらファタモルガーナ相手でも苦しい。ポテンシャル戦でも差のない位置で進めてしまうと阪神大賞典の内容からも同じ様なタイプのキタサンブラック相手にポジション差が無ければ厳しい。


 阪神大賞典で0.8差と考えればこれをベースに大体3角までに5馬身ぐらいは後ろに対してほしいかなというイメージかな。3000m路線まで行くとややこしいが、この距離での基礎スピードが高いのが魅力で、阪神大賞典でも万葉Sでも3000であのペースでは本来厳しいはずだが前目で一番のパフォーマンス。前半を怖がらずにヤマカツライデンを突く感じになればというところ。ヤマカツライデンも松山に替わるが、この辺りのレースメイク次第、上手く後ろに対してリードを取れるかで幾らか変わってくると思う。キタサンがこの馬に対してどこまでポジション差を許すか。吉田隼人の執念も不気味で、嵌った時の怖さはあるかな。枠の並び次第では押さえる可能性もある。



サトノダイヤモンド、キタサンブラックは馬券に絡める馬なのか!?

待ちに待った天皇賞春の開幕です!!

多くのレースは2,000m前後。
しかし天皇賞春は3,200mという長距離レース!
毎年のように、どんな展開が起きてもおかしくないレースです。

数々の名馬が名を連ねる中、みなさんもご存知、
サトノダイヤモンドとキタサンブラックが
圧倒的な人気となっています。

間違いなくこの2強が軸となるレースになるだろう!

と世間では言われていますが、それはなぜでしょうか?
サトノダイヤモンドが馬券に絡む?
キタサンブラックも馬券に絡む?
ゴールドアクターやディーマジェスティの方が、
本当は馬券に絡む確率が高い!?

でも、それはなぜ?理由は?

誰もが根本的な理由がなく、
ただ世間で噂になっているから。
注目を浴びているから。評価が高いから。
そういった理由で期待を膨らませてしまっています。

ちなみに、評価は「高い」のではなく、
「高くなってしまっている」と言った方が正解です!

どういうことかと言うと、人気が人気を呼んで、
注目され、投票が増え、オッズが下がり、走る馬と勘違いされる。
という事です。

桜花賞もそうでした。
ソウルスターリング1強。1番人気→結果3着。
皐月賞もそうでした。
ファンディーナ激走を見せる!1番人気→結果7着。

皐月賞では、日本全国の競馬ファンがファンディーナに期待しましたね。
でも、6頭BOXで買った自分の馬券にはファンディーナは入っていません。
馬券外です。

僕の目的は、4番人気ペルシアンナイトでした!
僕が使っている 「うまコラボ」というサイトで1着予想です!

デムーロ騎手が騎乗し、期待あり!
結果的には、

1着:(9番人気) アルアイン
2着:(4番人気) ペルシアンナイト →うまコラボ1着予想
3着:(12番人気)ダンビュライト
<配当>
単勝:2,240円
馬単:20,720円
3連複:176,030円
3連単:1,064,360円

この結果を見て分かるとおり、この時期の重賞レースは、
注目馬の評価は「高い」のではなく「高くなってしまっている」証拠です!

オッズはあてにならない!
最近の重賞では「人気が一人歩き」している傾向があります!

1番人気が1着にならないレースが続いています。
また、1番人気が馬券にすら絡まないレースも多くなってきました。

異常投票でのオッズ崩れや、話題性からのオッズ崩れが見られます!

このままじゃ、どう予想しようとしても正確な数値から予想できないし、
まず当たりません。


では、異常投票や世間の話題・評判をまったく無視した予想をどう出すか。

それが今回僕が使っていた 「 うまコラボ 」というサイトがおススメなのです!

出走馬全頭のスピード指数、適正指数、統計データ、血統理論、
この4つのデータ過去5年分をシステムにぶち込んで強い馬を教えてくれる。
【全レースの、強い馬、勝てる馬】を自動で割り出してくれます!


それでもアルアインやダンビュライトの、
オッズでもデータでも読み切れない馬は稀にでてきます。
もちろん100発100中の的中を出すのは現実的に難しく、皐月賞は外れてしまいました。
しかし、桜花賞(3連単94,890円)・ニュージーランドT(3連単496,220円)
を的中させた実力は証明されています!

皐月賞で評価をするならば、
ペルシアンナイトの強さを見極められていたところ。そして、
ファンディーナが好走できないことを見極められていたところ(うまコラボ予想:9着)です。
ペルシアンナイトの好走を前提とした馬券購入ができましたし、
ファンディーナを馬券から容易に外すことができました。


天皇賞春。各馬がこのレースに調子を合わせてきています。
どの馬が本当に走るのかを見極める力が重要になります。

予想をする人間はJRAのオッズをどうしても見てしまいますが、
オッズは予想を惑わす、やりずらい情報です!


過去出走データから、強い馬を割り出す!
JRAオッズ無視の競馬予想 「 うまコラボ 」
的中率が急激に上がる事、間違いなしのお得情報サイト!
ぜひあなたの予想のお供にしてみることをおススメします!


サイト利用料なんですが、
すべての情報が無料と言ったらさすがに厳しいらしいのですが、
うまコラボは半分くらいのレースは無料で全部公開してます!
全レースみたいときは月額1,980円だけかかっちゃいます。
あと点数を絞った推奨買い目も公開してくれますね!

天皇賞春は無料予想が決定しています!
他の重賞は月額のメニューですが、
青葉賞G2も予想します!


先日で言うと、無料予想の桜花賞で8万円的中して満足するのも良し!
有料予想だったニュージーランドTを当てて50万手に入れるか。
1,980円勿体ないからってことで50万見送るか。

でも1,980円も大事なお金!自分の予算内で見極めて
参加できる人は参加してみて下さい!
馬券の購入方法も自分の予算内で!

競馬を楽しみつつ、簡単に勝つ!
データ精度の実力と結果がしっかり備わったサイトだと思います!


いよいよ始まる天皇賞春2017

そしてすでに、前年最後のレースでの単勝人気が重要なポイント。
と世間では言われています。
つまり、昨今の重賞に見られる「人気の一人歩き」現象が起こりそうです!

という事は、人気馬への集中投票・・・可能性大。
しかしその馬は・・・ただの人気馬の可能性。
つまり・・・勝てる馬は別にいる!配当が荒れる!


JRAオッズ無視の完全データ予想サイト「うまコラボ」
レース予想公開は前日の夜!

この貴重なデータが、あなたの的中率を急激に上げます。
→  http://www.collabo-n.com/
投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

関連記事

天皇賞春 2017 出走予定馬・プレ予想:シャケトラ、要所の反応が少し甘く、内から置かれない早仕掛けの展開が理想
天皇賞春 2017 出走予定馬・プレ予想:スピリッツミノル、しぶとい馬だがゲートが甘く、前に行くには内枠が仇となるか…
天皇賞春 2017 出走予定馬・プレ予想:キタサンブラックと武豊、抜群のゲートセンスとポジショニング、どんな展開でも対応できる自在度で連覇を目指す
天皇賞春 2017 出走予定馬・プレ予想:ヤマカツライデン、日経賞は無理なく良いペースで入って甘く…単騎大逃げ嵌ればだが現実的には難しいか
天皇賞春 2017 追い切り・調教評価:力強く前肢を掻き込み楽に抜け出し好ラップ!
天皇賞春2017前々日オッズ 1番人気は10連敗中だが・・・・・・
天皇賞春 2017 出走予定馬・プレ予想:ディーマジェスティ、昨年春のパフォーマンスが甦るか?…出負け癖も含め色々狙いづらいが
天皇賞春 2017 出走予定馬・プレ予想:アドマイヤデウス、京都大賞典はワンテンポ遅れて急追…切れ味勝負でキタサン直後なら不気味
天皇賞春2017の展開予想動画+出走予定馬展望まとめ!
天皇賞春 2017 出走予定馬・プレ予想:トーセンバジル、高速馬場は歓迎できそうだが…外枠でゲートが甘く、前走以上を狙えるか?
天皇賞春2017の予想
天皇賞春2017予想参考前日オッズ 1番人気はサトノダイヤモンド
天皇賞春 2017 レース回顧・結果:キタサンブラック、離れた番手でも平均気味に進めて消耗させながらも早仕掛けで押し切る…!
天皇賞春 2017 出走予定馬・プレ予想:アルバート、このレベルでの淀の長丁場だとゲートの拙さが致命傷か…
天皇賞春 2017 出走予定馬・プレ予想:シュヴァルグラン、ポテンシャルは確かもサトノダイヤモンドには見劣り…勝ち切るなら何かアイデアが必要
レジまぐ商品の購入はこちら!

Menu

HOME

TOP