投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

天皇賞春 2017 出走予定馬・プレ予想:アルバート、このレベルでの淀の長丁場だとゲートの拙さが致命傷か…

2017 4/30(日)
第155回 天皇賞(春)(GI) 京都芝外3200m
予想用・出走予定馬一覧
天皇賞春2017の予想用・出走予定馬一覧

【2017天皇賞春の注目馬は?】
[最強]競馬ブログランキングへ(2位前後にあります!)


 ステイヤーズステークスを連破し前走のダイヤモンドステークスも制して長距離重賞を3勝とこの路線で結果を残してきたアルバートが天皇賞春に出走予定だ。昨年は新進気鋭のステイヤーとして参戦したが6着と掲示板まで入り込めなかった。ただ徐々に色々な競馬に対応してきた今、末脚を引き出し切って悲願のGI制覇、この路線の頂点と言える春の盾をもぎ取りたい。


 結局は騎手とのめぐりあわせになるんじゃないかなあと思う。川田もだが動かない騎手だと基本的には噛み合わないとというところはある。ムーアとはタイプ的に微妙と思いつつも不思議と噛み合ったが、動いていく意識をいかに持っていけるか。昨年の天皇賞春のようなしょうもない騎乗にならなければチャンスはあるが、今年は昨年以上の強敵なのでその辺りをどう考えるか。


ステイヤーズS(GII) 1着 13頭3枠3番
中山芝内3600m良 3:47.4 64.0-104.1(FA13.01)-59.3 S^5
13.0 - 11.6 - 13.7 - 13.1 - 12.6 - 13.2 - 13.5 - 13.5 - 12.8 - 12.8 - 13.4 - 12.9 - 12.0 - 11.7 - 11.9 - 12.2 - 11.4 - 12.1


 連覇を果たした3走前のステイヤーズSから振り返る。正直展開だけ見るとファタモルガーナが勝ってもおかしくない流れだったが、ムーアがファタモルガーナを徹底的にマークしていたので何とか最低限で置かれずに済んだことでL1のバテ差しで届いたかなと。なのでこの1戦は自分のムーアのイメージとしては少し意外なほど積極的だったなと感じたし、逆に言えばムーアはある程度この馬なら早めでも大丈夫だという意識があったといえる。


 3番枠から出負けして後方からのスタートとなる。そのまま最序盤は無理せず後方集団の内内で我慢して特に1周目は大きな動きのないままスタンド前。後方内内で閉じ込められながらも向こう正面に向かうところで一気にサイモントルナーレが動いていってここでペースがじわっと上がる。その流れの中で後方の内目から上手くファタモルガーナを意識できる位置で3角に。3~4角でファタモルガーナが仕掛けて出し抜きを狙うが、相手をこれに絞ってこちらも追走、4角で手が動いてしっかりと2列目に押し上げて直線。序盤ではまだ詰める脚をなかなか見せられないが、L1のバテ差しは流石という感じ。きっちりとファタモルガーナを競り落とした。


 段階的に加速して器用にコーナーで動けるファタモルガーナを相手にその直後からそれ以上の反応を見せろというのは流石に難しい。ただ5Fからのロンスパで段階的にではあるがL2で一気に加速、そこで何とかついていってL1のバテ差しできっちり決めきったのは評価できるし、着差は縮まってしまったが一昨年の圧倒的だったステイヤーズSとは異なる強さを見せてくれたかなと思う。単調なポテンシャル勝負だけでなく、ファタモルガーナの勝ちパターンである2段階加速戦で何とか勝ち切れたのは評価したい。


ダイヤモンドS(GIII) 1着 15頭7枠12番
東京芝3400m良 3:35.2 64.3-91.7(FA13.1)-59.2 S^5
12.9 - 12.4 - 13.0 - 13.0 - 13.0 - 12.9 - 13.0 - 13.8 - 13.6 - 13.0 - 12.7 - 12.7 - 12.5 - 12.3 - 11.6 - 11.3 - 11.5

 前走のダイヤモンドSはこの距離としては異常と言って良いレベルで極端なトップスピード戦になっている。前中盤を淀みなく超々スロー、という感じで後半だけ速い。しかも3~4角でもそこまででもなく直線で11秒台を3連続、L2最速11.3とトップスピードの質が問われている。


 12番枠から出負けして後方からはいつものスタンス。後方馬群の中目で我慢しながらスタンド前を通過していく。向こう正面でファタモルガーナあたりがある程度動いたのでここで少しペースが上がるがそれでも極端ではない、その中で外目からじわっと進出の意識をもって3角に入っていく。3~4角でも後方外目で徐々に加速しながら後方で直線。序盤で追い出されてすぐの反応はなかったが徐々に伸びる。L2の最速地点でグンと伸びてきて一気に差を詰めるとL1では粘り込むラブラドライトをしっかりと捕えての勝利だった。


 L2の最速地点で目に見えて切れたし、ここでは大体4馬身差ぐらいというところを一気に1馬身半ぐらいには詰めているだろうと。まあ内外離れていたので判断は難しいところだが、まず10秒台後半には入ってきているとみていい。アルゼンチン共和国杯ではL1で伸びてきていたが、外からしっかりと動く意識をもって入れたのでその分伸び始めも早かったし、そういう競馬ができればトップスピード面でも高めることができたかなと。まあこの時は超高速馬場だったし、3400mとはいえ終始超スローだったのもあるので、過度な評価は禁物だが。ただ高速京都への適性も見せてきたと言えそう。


有馬記念(GI) 7着 16頭8枠15番
中山芝内2500m良 2:33.3(+0.7) 61.0-59.4 S^2
6.8 - 11.3 - 12.0 - 11.9 - 12.1 - 13.4 - 12.8 - 12.9 - 11.8 - 11.7 - 12.1 - 11.7 - 12.1

 この馬の場合負けパターンはやはり有馬記念の様に仕掛けが遅れるパターンだろう。どうしてもゲートが拙い馬なのでポジショニングが甘くなりやすい、その分競馬が難しいが内で我慢しているようではどうしようもないタイプ。1.6でかなりのスローからの5F戦だがL3で少し息が入っての再加速。極端ではないが疑似的な2段階加速の競馬になっていると。


 15番枠から出負けして後方からの競馬、そこからある程度リカバーしつつ後方の内内でスタンド前。
ヤマカツエースの後ろで我慢しつつ向こう正面まで当然動けない。向こう正面で前がじわっとペースを引き上げていくという中でポジションを上げたいが外の馬が上がっていってこちらが下がる、相対的に最後方に近いところまで下がってしまって3角では単独の最後方。そこから4角で結局外を回す羽目になって押し上げられないまま直線。序盤で前のスペースはがっぽりあいている状況でそこを突いてそれなりに伸びる。L1では流石にしぶとく伸びてはきたが4着争いからは離されての7着完敗だった。


 この馬の場合基本的に5Fでのポテンシャル面で良さが出ていた馬ではある。もちろんアル共でもトップスピード戦への目途は立てていたが、あれでも仕掛けが遅れてのL1の差し込みだった。基本的には出し切ってこその馬なのは間違いないわけで、戸崎のケースはどちらも仕掛け遅れが敗因としては大きいと。特に有馬の場合は内に入り込んだはいいけど向こう正面で動けない立場になってしまった。内から器用に立ち回れるような馬ではないし、ステイヤーズSのファタモルガーナのような動ける馬を前に目標を置いてという形ならともかく、動き出しで置かれてしまってはどうにもならないというのはある。ただもちろん有馬のレベルでこの馬のポテンシャルを以て正攻法で勝負になったか?というのは別問題だとも思う。実際シュヴァルグランが勝ちに行って完敗を喫した、この馬としてはポテンシャル戦では少なくとも昨年の春の天皇賞でシュヴァルグランに内容的に見劣ったわけで、その辺りを考えても3~4角でロスなくという意識を持ったのもある程度仕方ないかもしれないなと。


2017天皇賞春に向けての展望

 ポテンシャルの高さは上位にいるとは思っているが、現状前々から有馬であのポテンシャルを引きだしたキタサンブラック、好位から動いていけるサトノダイヤモンドとの比較でみても優位な点があるかと言われたら微妙で、もっと言えばシュヴァルグランに対しても微妙である。これはトップスピード戦でのアル共のパフォーマンス、有馬や天皇賞春でのポテンシャル戦のパフォーマンスも踏まえてのもの。ダイヤモンドSは展開というよりトップスピード戦としては相手に恵まれた感はあるし、これはアル共でも同じだと思う。ステイヤーズSの内容的にもファタモルガーナ相手にねじ伏せることができたのは一定の評価をしないといけないが、キタサンブラックはファタモルガーナを全てにおいて上回ってくる総合力を持っている。それらを相手に何で勝つか?となると正直微妙だろう。


 ハッキリと問題なのがゲートの拙さ。一歩目で必ず遅れるし、淀の長丁場だと1周目の3角下りでどうしても勢いがついて掛かってしまうので外から押し上げていくという意識は持ちにくい。かといって昨年の様に内内で我慢と言っても…そこまで弾けなかったシュヴァルグランの後ろから同じような脚色でポテンシャルで優位性を出せなかったわけだし、かといって極端なトップスピード戦で内内でとなると要所で置かれてしまうのは必定。この辺りを考えても乗りにくいだろうなというのが率直な感想だ。ゲートでポジショニングを優位に運べないのでどうしても後手になるし、動き出しも甘い、かといってポテンシャルだけでまとめて面倒を見れるほどにはまずない。となると淀の長丁場では狙いにくい。ノリのように多少見た目的に強引に見えても押し上げられるタイミングで動ける騎手なら面白いかもしれんが、川田ではそこまで奇襲的な捲りを打つのは難しいだろう。決して弱い馬ではないが、このレベルまで来ると弱点が大きい。





[先週]福島牝馬S(G3)
◎ウキヨノカゼ
○フロンテアクイーン
▲クインズミラーグロ
▼▼▼▼
1点目で3連単: 2万4790円的中


今週の天皇賞も1点で獲る!

キタサン?サトノ?それとも……

ダービージョッキー大西直宏の天皇賞・春

『絞りに絞った3連単1点』 レース当日・無料公開

大西直宏の天皇賞3連単1点はコチラ


◆勝負情報・穴情報で大きく獲った!

第14回 福島牝馬S(G3)
◎ウキヨノカゼ
○フロンテアクイーン
▲クインズミラーグロ
馬連1点目:3170円 的中
3連複1点目:3600円 的中
3連単1点目:2万4790円 的中

阪神8日目12R
◎セセリ(7番人気)
馬連2点目:4380円的中
3連複:5460円的中
3連単:3万7750円的中

中山8日目5R
◎チリーシルバー
○サクレエクスプレス
(5番人気)
馬連3点公開:1090円的中
3連複:3650円的中
3連単:2万1060円的中

第77回 桜花賞(G1)
◎ソウルスターリング
3連複:5020円

中山5日目10R湾岸S
◎ワールドレーヴ
馬連1点目:4300円
3連複:4160円
3連単:2万8460円

福島1日目5R
◎ハギノパトリオット
馬連:2860円
3連複:2570円
3連単:1万8800円

大西直宏の天皇賞3連単1点はコチラ

PNGワールド:天皇賞春300-250

投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

関連記事

天皇賞春 2017 出走予定馬・プレ予想:シュヴァルグラン、ポテンシャルは確かもサトノダイヤモンドには見劣り…勝ち切るなら何かアイデアが必要
天皇賞春 2017 出走予定馬・プレ予想:ディーマジェスティ、昨年春のパフォーマンスが甦るか?…出負け癖も含め色々狙いづらいが
天皇賞春2017のプレ予想 キタサンブラックの評価
天皇賞春 2017 出走予定馬・プレ予想:ゴールドアクター、昨年惨敗も大外枠で勝ちに行く苦しい競馬…高速馬場、キタサン直後で我慢できれば
天皇賞春 2017 追い切り・調教評価:力強く前肢を掻き込み楽に抜け出し好ラップ!
天皇賞春 2017 出走予定馬・プレ予想:ワンアンドオンリー、阪神大賞典は無理せず進めて脚が無く失速…状態もだが距離も怪しい
天皇賞春 2017 レース回顧・結果:キタサンブラック、離れた番手でも平均気味に進めて消耗させながらも早仕掛けで押し切る…!
天皇賞春 2017 出走予定馬・プレ予想:ヤマカツライデン、日経賞は無理なく良いペースで入って甘く…単騎大逃げ嵌ればだが現実的には難しいか
天皇賞春 2017 結果・速報:キタサンブラックと武豊のコンビが淀の3200を漆黒に支配してのレコード勝ち!
天皇賞春2017の展開予想動画+出走予定馬展望まとめ!
天皇賞春2017前々日オッズ 1番人気は10連敗中だが・・・・・・
天皇賞春2017の予想
天皇賞春 2017 出走予定馬・プレ予想:スピリッツミノル、しぶとい馬だがゲートが甘く、前に行くには内枠が仇となるか…
天皇賞春 2017 枠順確定:キタサンブラックと武豊は2枠3番と絶好枠から連覇を狙う
天皇賞春 2017 出走予定馬・プレ予想:タマモベストプレイ、吉田隼人の意地の積極策あるか?キタサンに対してリードを持って3角に入りたい
レジまぐ商品の購入はこちら!

Menu

HOME

TOP