投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

青葉賞 2017 出走予定馬・プレ予想:ベストアプローチ、なかなかかみ合わないが素質は確か…今回こそしっかりと末脚を出し切りたい

2017 4/29(土)
第24回 青葉賞(GII) 東京芝2400m
予想用・出走予定馬一覧
青葉賞2017の予想用・出走予定馬一覧

【2017青葉賞の注目馬は?】
[最強]競馬ブログランキングへ(2位前後にあります!)


 京都2歳ステークス3着、弥生賞4着など安定感を見せつつもなかなか後一歩で賞金を詰めずに皐月賞へ進めなかったベストアプローチが青葉賞に出走予定。ダービーこそ、の気持は強いだろうがもちろん東京2400mの舞台でパフォーマンスを上げてこられるかが焦点。皐月賞戦前の前評判が覆り、一気に混戦模様となった春のクラシック、ダービーへ向けてここで台頭を果たしたい。


 弥生賞は要所でかなり待たされたのが響いたし、弥生賞組の中では評価をしたい一頭。弥生賞組上位が皐月賞で崩れたのはあるが、ペースの問題が大きいと思うし実際3着のダンビュライトは適性が噛み合ったか結果を出してきたわけで、この馬もまだ見限れない面はある。


弥生賞(GII) 4着 12頭1枠1番
中山芝内2000m良 2:03.5(+0.3) 63.2-60.0 S^3
12.4 - 11.4 - 12.8 - 13.2 - 13.4 - 12.7 - 12.3 - 11.9 - 11.4 - 11.7

 前走の弥生賞4着は苦しい展開になった中で見せ場を作ったという認識。ペースは3.2で超スロー、ラップ推移的に見ても向こう正面から段階的に加速しながらも結局上がり切らずにL2最速と本仕掛けが遅くなった。ギアチェンジ面といった器用さも問われたし、L1も中山にしてはあまり落ちていないので、バテ差ししにくい展開ではあったといえる。


 1番枠からまずまずのスタートでそのまま様子を見ながら2列目、最終的には3列目の内ポケットでという競馬。道中もドスローで団子という中で中団の内内で我慢を強いられポジションの優位性を取れないまま、少し促しつつ3角。3~4角でも3列目の内内だがなかなかスペースがなく仕掛けに手こずって狭いところを突こうとしてブレーキを踏みながら直線に入ってくる。序盤でそこから立て直して進路ができたL1でするすると伸びて3着を狙いたかったが届かずの4着となった。


 内目で我慢せざるを得なかったし、L2最速でそこで動けそうで狭いところを突いて挟まれてしまった。ブレーキしながら再加速というのはかなり難しい競馬になったと言える。まあ枠も内枠であの位置でドスロー団子だと難しくはなったと思うし、戸崎も仕方ない面もあった。いずれにせよ動くべきタイミングでブレーキを踏んでからの競馬、L1もそこまで落としていない中でしっかりと差し込めているわけなので底を見せなかった、脚を出し切れなかったとみるべきだろう。


セントポーリア賞(5下) 6着 11頭7枠8番
東京1800m良 1:48.1(+0.4) 48.5-46.5 S^2
12.7 - 11.4 - 11.8 - 12.6 - 12.7 - 12.8 - 11.4 - 10.8 - 11.5

 2走前のセントポーリア賞も展開不向きだったとは思う。ただ、青葉賞を考えるとこの負け方はしっかりと意識して、フォローして乗ってほしいなと。ペースは2.0でかなりのスロー、ラップ推移的にも3~4角では12.7-12.8と相当遅く、そこからのギアチェンジ戦。L2最速なので直線の坂の地点での加速も問われている。


 8番枠からやや出負け、押してポジションを取ろうとするが行き脚が微妙で結局中団で進めていく。道中も中団馬群の中でキセキの直後ぐらいで我慢しながら3角。3~4角ではコーナーワークで後方に下がりつつ、鞍上も手が動くのだが反応が鈍く直線。序盤で前に出し抜かれてここで勝負あり、L2でも伸びが地味だがL1は一番いい脚を使って明確に差を詰めての6着だった。


 明らかに内で我慢していたのが良くなかった競馬になったなと。12.8から一気の11.4への加速地点で前を向けずに進路確保をしながらになったのでどうしても置かれてしまったし、L2の地点でも差を詰めることができず、スパッとは切れなかった。ただL1の地点での伸びは確かで、少なくともメンバー中では明確に一枚上だった。なのでここでの敗因ももちろん脚を余したこと、そして要所で動く意識を持たずに入ったことで急加速の競馬でギアチェンジが甘かったこととみていいだろうと。力負けというよりは適性的に噛み合わない競馬をしてしまった。


2017青葉賞に向けての展望

 まずは出し切ることである。トップスピードの質的にそこまで強烈には切れないが、乗ってからの持続力は高いレベルにある。使える脚自体はこの面子なら互角以上に戦えるだろう。後は3~4角の段階でしっかりと加速のイメージを持って入れるかが一つ、そしてゲートが不安定だがポジションを取って進めることができるかにも注目したい。ダイワキャグニーが崩れたので難しいが、セントポーリア賞はトップスピード戦としてはなかなかハイレベルではあったと思うし、キセキもペースが上がったとはいえ毎日杯で3着と結果を残してきた。そういうレベルの馬を相手にL1一番いい脚を使ってきたのであればやはり侮れない存在。TS持続が武器の馬は基本的には距離延長はプラスに転じることが多いと思うし、ゲート自体そこまで安定していないが出るときは前走の様に出るのでポジションを取って進める競馬も狙えるだろうと。ただ何にしても動き出しの鈍さがこの馬最大の弱点ではあると思っている、またセントポーリア賞では府中の坂加速が問われる競馬、ギアチェンジ面で置かれているし坂の上りでの伸びもまだ平凡だった。これをしっかりとフォローした乗り方ができるかどうか。岩田に替わるが岩田の場合は内で我慢して仕掛けを待ってという競馬が本領なだけに、今回もその辺りをどう判断するかだろう。内で包まれての上がり勝負ではL1では伸びてきても恐らくギアチェンジ面で置かれる。信頼できるかどうかは枠と位置取り次第かな。現時点では連下候補として枠や天気次第で。パンパンの良馬場だと先週の感じでは恐らく置かれるリスクが大きくなる。





[先週]福島牝馬S(G3)
◎ウキヨノカゼ
○フロンテアクイーン
▲クインズミラーグロ
▼▼▼▼
1点目で3連単: 2万4790円的中


今週の天皇賞も1点で獲る!

キタサン?サトノ?それとも……

ダービージョッキー大西直宏の天皇賞・春

『絞りに絞った3連単1点』 レース当日・無料公開

大西直宏の天皇賞3連単1点はコチラ


◆勝負情報・穴情報で大きく獲った!

第14回 福島牝馬S(G3)
◎ウキヨノカゼ
○フロンテアクイーン
▲クインズミラーグロ
馬連1点目:3170円 的中
3連複1点目:3600円 的中
3連単1点目:2万4790円 的中

阪神8日目12R
◎セセリ(7番人気)
馬連2点目:4380円的中
3連複:5460円的中
3連単:3万7750円的中

中山8日目5R
◎チリーシルバー
○サクレエクスプレス
(5番人気)
馬連3点公開:1090円的中
3連複:3650円的中
3連単:2万1060円的中

第77回 桜花賞(G1)
◎ソウルスターリング
3連複:5020円

中山5日目10R湾岸S
◎ワールドレーヴ
馬連1点目:4300円
3連複:4160円
3連単:2万8460円

福島1日目5R
◎ハギノパトリオット
馬連:2860円
3連複:2570円
3連単:1万8800円

大西直宏の天皇賞3連単1点はコチラ

PNGワールド:天皇賞春300-250

投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

関連記事

プロキオンステークス 2017 出走予定馬:カフジテイク、ドバイ遠征帰りの不安に昨年のようなハイペースで強烈な末脚を削がれないかどうか
ホープフルステークス 2017 出走予定馬:ルーカス、追い切りでの放馬でも回避せず…状態面の不安もあるが力で捻じ伏せられるか?
みやこステークス 2017 出走予定馬:ローズプリンスダム、消耗戦でもばてずに一足…テイエムのペースなら怖い一頭
NHKマイルカップ 2017 出走予定馬:プラチナヴォイス、皐月賞は刺さり癖もマシ…未勝利のレコード勝ちの内容からもマイルへの短縮は不気味
小倉2歳ステークス 2017 出走予定馬:モズスーパーフレア、前走は好時計だが伸びしろも期待できそうで楽しみな一戦
鳴尾記念 2017 出走予定馬:スマートレイアー、この距離でこそ良さが出そうな感はアリ…長く脚を使える強みを活かしたい
ファルコンステークス 2017 出走予定馬・プレ予想:ナイトバナレット、高速1400で出負けからのリカバーができるか?
函館スプリントステークス 2017 出走予定馬:セイウンコウセイ、駆け上がったGI馬、そのタイトルの名に恥じぬ走りができるか
エプソムカップ 2017 出走予定馬:デンコウアンジュ、緩い地点から鋭く加速する力は本物も…早めの仕掛けになって戦えるかがポイント
富士ステークス 2017 出走予定馬:ペルシアンナイト、ゲートと折り合い難という2重苦をマイルで克服できるか…
平安ステークス 2017 出走予定馬:グレンツェント、前走はコーナーで動けなかった感もアリ…再度58kgも淀で挽回となるか
関屋記念 2017 出走予定馬:マルターズアポジー、ここ2走の失速が不安…マイルは問題ないが新潟外回りでキレ負けの懸念もある
京王杯スプリングカップ 2017 出走予定馬:ヒルノデイバロー、阪急杯は少しフロック視…昨年完敗の舞台で坂の上りで動き出しの甘さも懸念
札幌2歳ステークス 2017 出走予定馬:ロックディスタウン、前走は脚を余し気味で32.5は強烈も…タフな馬場の札幌で引き出せるか?
府中牝馬ステークス 2017 出走予定馬:クロコスミア、前走はタフな流れで完勝も…息を入れて鋭く出し抜ける馬でもありここも不気味
レジまぐ商品の購入はこちら!

Menu

HOME

TOP