投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

青葉賞 2017 出走予定馬・プレ予想:タガノアシュラ、前走は59.1とハイペースで甘く…距離延長でマイペースの粘り込に要警戒

2017 4/29(土)
第24回 青葉賞(GII) 東京芝2400m
予想用・出走予定馬一覧
青葉賞2017の予想用・出走予定馬一覧

【2017青葉賞の注目馬は?】
[最強]競馬ブログランキングへ(2位前後にあります!)

 常にあまり人気にならないが、しぶとく踏ん張り結果を残してきたタガノアシュラが青葉賞に出走予定だ。すみれステークスでも強敵クリンチャーには離されたがしっかりと逃げ粘って2着を確保。前走の若葉ステークスは厳しい流れで苦しくなったが、今回は距離延長でマイペースを狙えるメンバー構成。粘り込みでダービーへ向かえるか。


 すみれSが結構面白い競馬だったし、あの感じならあまり基礎スピードが問われるよりも主導して息を入れてという競馬の方が良いと思うし、距離は2400ぐらいあってもいいだろうと思う。後はマイペースでかつ極端なドスローの団子とか、しょうもないことにならなければ怖さはある。馬券的に穴目としては引っ掛けておきたい一頭かな。


すみれS(OP) 2着 7頭2枠2番
阪神芝内2200m良 2:14.8(+0.7) 61.3-60.4 S^1
12.5 - 11.1 - 12.1 - 12.7 - 12.9 - 12.4 - 12.3 - 12.1 - 11.8 - 11.9 - 12.3

 2走前のすみれSは相手が後の皐月賞4着馬クリンチャーというのはあったし、厳しい流れで価値に来られて2着を死守したのは結構評価できる。この当時の阪神は開幕週でまだ時計が少し掛かっていたこともあるし、ペースも0.9のややスローだがこの時期のこの距離としては流れた方である。少し息が入ったものの向こう正面以降は決して遅くないラップを終始踏み続けてL1もクリンチャーが落とさなかったという感じのラップ推移。この距離である程度基礎スピードを問われたし、そこからのポテンシャル戦と言っていい。


 2番枠からまずまずのスタートから押して先行策、1角までの距離が長く下り坂スタートの阪神2200ということもあって最序盤は各馬結構プレッシャーをかけてきたがしっかりとハナを取り切り、1~2角で息を入れる。向こう正面の地点では体2つぐらいのリードでペースをスローにコントロール、そこから主体的にじわっとペースを引き上げてリードを縮めさせずに3角に入っていく。3角でクリンチャーがじわっと仕掛けてきてこちらも対抗して手が動いてペースを引き上げる。4角ではクリンチャーが仕掛けてきたので合わせて仕掛けて直線。序盤の段階でクリンチャーに前に出られてしまったがそれでも最後までしぶとく踏ん張って、最後は外から差し込んできたキセキを問題とせずの2着確保だった。


 ちょっと可哀想というか、まあこの馬でやるべきことを上手く国分恭介がやってくれたとは思う。リードを取って甘んじることなくじわっと段階的に加速しようとしていた。ただクリンチャーが3角辺りから勝負に来てしまったのでどうしてももう一段を早めに使わざるを得なかったかなと。まあ単に相手も強かったというのはあるけど、それでも早めの仕掛けになりながらも後続をしっかりと封じ切ったのは立派。ポテンシャル面はクリンチャーに見劣ったけど、前半の基礎スピードはこの距離ではかなり武器になるなと。


若葉S(OP) 7着 11頭3枠3番
阪神芝内2000m良 2:01.2(+0.9) 59.1-61.2 H^2
12.4 - 10.7 - 11.9 - 12.1 - 12.0 - 12.8 - 12.5 - 11.9 - 11.6 - 12.4

 前走の若葉Sは結果を出せなかったが、厳しい流れになってしまった。ペースバランスが2.1でかなりのハイ、ラップ推移的には中間息を入れての再加速でL2最速11.6とそれなりのラップを踏んでいるが、偏差の大きい競馬でかつ前半59.1と飛ばしたことで中弛みに取り付かれた面もあり、前にいた馬には影響したと思う。


 3番枠から好発を切って押して押してハナを主張、外からアダムバローズが競ってきたので更に主張する形で最序盤が速くなる。そのまま淡々とした流れでペースを引き上げるが、3角ではそこをフォローしようとして極端に緩めてしまってここで馬群が凝縮気味になる。4角でじわっと仕掛けてペースを引き上げながら直線。序盤でアダムバローズに捕えられてこちらは失速気味に下がる。そのまま最後まで踏ん張れずの完敗だった。


 流石に前半で59.1はこの馬にとってはオーバーペース気味だったと。どうしてもアダムバローズに突かれてしまって積極的に行くしかなかったし、前半で厳しい流れになったのをどうしても息を入れてリカバーしようとしてしまった感じ。しっかりと前半ゆったり入れれば前目から長く脚を使ってくるしぶとい馬だが、このケースの場合は前半の進め方が原因だろうと。この辺からもこの時期まで来ると2000m戦だと基礎スピード的に優位に立ち切れないかなと。 


2017青葉賞に向けての展望
 
 個人的には2400への延長はプラスに働くかなと思っている。後は極端なトップスピード戦に持ち込まない様に、しっかりとバランスを取って進めてほしいかな。流石に60-25-60とかを刻むというのは現実的に簡単ではないにせよ、前半1000を最低61秒前後では入ってほしいと思う。もちろん馬場次第だが、先週の高速馬場の感じで雨降らずパンパンの良馬場なら61秒でも明確なスローになる可能性が高い。トップスピード面に関しては正直ほとんど未知数というか、ドスローからの切れ味勝負を一度も経験していないのでどの程度やれるかは何とも言い難い。血統的にも兄弟のグランドサッシュなんかも比較的ポテンシャル寄りではあると思うので、ドスローでとなると恐らく苦戦する可能性が高いだろうと。しっかりと適度にペースを作ること、極端に緩めすぎずにしっかりと縦長に持ち込んでポジション差を活かせれば。4角辺りから分散させつつ粘り込み、というパターンに期待したいかな。すみれSは地味だしクリンチャーには大敗だったけどレベル的にはそこそこ高かったと思うし、キセキやダノンディスタンスなんかは結構な強敵だったと思うからね。その辺りを考えてもペースを緩めすぎずにしっかりとリードを取って直線に入れれば、粘り込みのチャンスまであるかなと。恐らく今回は人気にならないと思うので、穴目の馬券的には押さえておきたいかなと。




[先週]福島牝馬S(G3)
◎ウキヨノカゼ
○フロンテアクイーン
▲クインズミラーグロ
▼▼▼▼
1点目で3連単: 2万4790円的中


今週の天皇賞も1点で獲る!

キタサン?サトノ?それとも……

ダービージョッキー大西直宏の天皇賞・春

『絞りに絞った3連単1点』 レース当日・無料公開

大西直宏の天皇賞3連単1点はコチラ


◆勝負情報・穴情報で大きく獲った!

第14回 福島牝馬S(G3)
◎ウキヨノカゼ
○フロンテアクイーン
▲クインズミラーグロ
馬連1点目:3170円 的中
3連複1点目:3600円 的中
3連単1点目:2万4790円 的中

阪神8日目12R
◎セセリ(7番人気)
馬連2点目:4380円的中
3連複:5460円的中
3連単:3万7750円的中

中山8日目5R
◎チリーシルバー
○サクレエクスプレス
(5番人気)
馬連3点公開:1090円的中
3連複:3650円的中
3連単:2万1060円的中

第77回 桜花賞(G1)
◎ソウルスターリング
3連複:5020円

中山5日目10R湾岸S
◎ワールドレーヴ
馬連1点目:4300円
3連複:4160円
3連単:2万8460円

福島1日目5R
◎ハギノパトリオット
馬連:2860円
3連複:2570円
3連単:1万8800円

大西直宏の天皇賞3連単1点はコチラ

PNGワールド:天皇賞春300-250

投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

関連記事

プロキオンステークス 2017 出走予定馬:アキトクレッセント、新星荻野極とのコンビで重賞初制覇となるか?
関屋記念 2017 出走予定馬:マルターズアポジー、ここ2走の失速が不安…マイルは問題ないが新潟外回りでキレ負けの懸念もある
京王杯スプリングカップ 2017 出走予定馬:サトノアラジン、昨年同様超高速馬場で坂の上りでの強烈な切れ味を引き出したい
京王杯スプリングカップ 2017 出走予定馬:グランシルク、前走ラストの強襲…高速馬場の1400で切れ味を引き出せれば面白い
札幌2歳ステークス 2017 出走予定馬:ロックディスタウン、前走は脚を余し気味で32.5は強烈も…タフな馬場の札幌で引き出せるか?
鳴尾記念 2017 出走予定馬:スマートレイアー、この距離でこそ良さが出そうな感はアリ…長く脚を使える強みを活かしたい
鳴尾記念 2017 出走予定馬:バンドワゴン、不器用な素質馬を破竹のルメールがどう導くかに注目
函館スプリントステークス 2017 出走予定馬:クリスマス、洋芝は合うが、総合力で勝負だと他に強敵多く…少しギャンブルが要るかも
札幌2歳ステークス 2017 出走予定馬:ミスマンマミーア、北海道からの刺客…非凡なポテンシャルで中央の壁を破れるか?
鳴尾記念 2017 出走予定馬:ステイインシアトルと武豊、主導権を取って自分の競馬に持ち込みたい
AJCC2018 出走予定馬:トミケンスラーヴァ、距離延長で覚醒…主導権を握ってしぶとく粘り込め
フラワーカップ 2017 出走予定馬・プレ予想:ディーパワンサ、実績は最上位も…ゲート不安定で強敵も多く安泰とは言えないか
プロキオンステークス 2017 出走予定馬:イーデンホール、昨年秋以降の充実は評価も、強敵相手に末脚勝負で立ち向かえるかが焦点
東海ステークス2018 出走予定馬:シャイニービーム、右手前での反応の良さは魅力…左回りの方が合うかも?
神戸新聞杯 2017 出走予定馬:ダンビュライトと武豊、内で包まれるより外から積極的に仕掛けていく方が良いのかも
レジまぐ商品の購入はこちら!

Menu

HOME

TOP