投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

青葉賞 2017 出走予定馬・プレ予想:アドミラブル、強烈な末脚は間違いなし…ここを勝ってダービーへとなるか、試金石の一戦だ

2017 4/29(土)
第24回 青葉賞(GII) 東京芝2400m
予想用・出走予定馬一覧
青葉賞2017の予想用・出走予定馬一覧

【2017青葉賞の注目馬は?】
[最強]競馬ブログランキングへ(2位前後にあります!)


 皐月賞が大波乱で終わったことで一気に各馬にチャンスが広がった戦国クラシック、その中で遅れてきた大器候補、アドミラブルが青葉賞に出走予定だ。デビューは9月も9着と競馬にならずの大敗。しかし立て直して3月に勝ちあがるとそこからアザレア賞では突き抜けての圧勝と鮮烈な2勝目となった。使い古された言葉だがまさに関西に秘密兵器が府中の2400でベールを脱ぐ。


 正直に言えば…このメンバー構成なら普通に鮮やかに勝ってほしいと思っている。ただ、ファンディーナの件もあるから難しい。とりあえず不安らしい不安はないけど、もちろん府中適性がポイントになるし、坂の上りでの加速でスッと動けるかどうかというのはポイント。クリアしてほしいけどね。


未勝利 1着 15頭4枠6番
阪神芝外1800m良 1:45.8 46.7-47.3 M
12.4 - 10.8 - 11.6 - 11.9 - 11.8 - 12.0 - 12.2 - 11.5 - 11.6

 2走前の未勝利戦もなかなかいい勝ち方だった。超高速に近い馬場だったので時計は出易いがそれでも平均ペースの中でしっかりと流れに乗って進めてきた。流れたことでL2最速と仕掛けそのものは遅かった。


 6番枠からやや出負け、そこからある程度出していって中団ぐらいにはつけていく。全体で流れていたし中弛みも程度としては小さい中で促しながら中団で終始追走しつつ3角。3~4角では逃げ馬が少しペースを落として2列目以降がここで差を詰めてくるという中で中団外で仕掛けを待って直線。序盤で追い出されてから前がしんどくなって一気に外から抜け出す。そのままL1まで全く寄せ付けず、逆にメルヴィンカズマをじわっと離しての完勝だった。


 基礎スピード面でかなりのレベルにまで上げてきたといえる。中団からの競馬ではあったが前半4Fでこの馬の位置でも48秒前半ぐらいではまず入ってきているし、その中でしっかりとL2で11秒前後を意識できる脚を見せてきた。3着以下はぶっちぎったし時計的にもなかなか優秀だ。もっとも、この時は超高速馬場だったので時計的には眉唾物だが。メルヴィンカズマ比較でみてもひとまずこのレースそのものを過度に評価はしないでおこうとは思う。一応1800の厳しい流れで脚を使えた適性面の幅を高く評価したい。


アザレア賞(5下) 1着 8頭3枠3番
阪神芝外2400m稍 2:30.0 65.0-59.1 S^6
12.9 - 12.2 - 13.4 - 13.7 - 12.8 - 12.8 - 13.1 - 13.0 - 12.4 - 11.0 - 10.9 - 11.8

 このレースでは強烈な末脚を爆発させてきた。ただ阪神の外回りで5.9と極端なドスロー、4角の下り坂からのトップスピード持続戦ではあるのでこれをどこまで評価できるか。ただ2着のアドマイヤロブソンは普通に強かったし、雨の影響もあって速い上がりを出すことも簡単ではなかったので高いレベルで評価したいとは思っている。


 3番枠から五分に出て少し窮屈にはなって中団に下がる形になる。向こう正面で外からじわっと押し上げながら緩い段階で上手く前に取り付いて3角に入っていく。3角では前に目標を置く形でキープして仕掛けを待ちつつ、4角の下り坂で鞍上のアクションでじわっと前に取り付いて直線。序盤で先頭列に並びかけてしっかりと前に出る。L1でしぶとく抜け出して最後は後続の追撃も問題とせず突き抜けての完勝だった。


 2着のアドマイヤロブソンでもL1で詰めて来れなかったし、あずさ賞ではきっちり勝ち切ってきた。L3-2と速いラップでL1が落ちているので上がり3Fとしては当然出やすい状況ではあった。もちろん前目で引き上げたが65秒のゆるゆるの流れで押し上げていったわけなのでそこまでのロスはない。なのでまあこの上り3F自体も本来は眉唾物と言えるかもしれない。ただそれにしてもL1までしっかりと伸び続けているし、少なくともTS持続は出し切ったとはいえ高いレベルにあるとみていいだろうと。


2017青葉賞に向けての展望

 まあ勿論ここが試金石になるのは間違いない。ただ、やはりここは突破してほしいなあ、というのが正直な感想。少なくともスローでの決め手勝負でTS持続まで含めればこのメンバー構成では一番だと思っているし、かつ1800m戦ではあるが比較的長い距離への適性が問われやすい阪神1800で一定レベル対応してきているならまず青葉賞の段階でペースが速くて苦しいというようなことはないかなと。最序盤のポジショニングは多少気になるがミルコだし緩い段階でのリカバーの意識も持ってくれる、折り合い面もそこまで気にならない。この辺からもある程度いい位置で直線には入ってくれるかなと。


 ただ、究極的にスパッと切れるかとなると前走は稍重馬場ではあったし、ここ2走は下り坂で加速がしやすい阪神の外回り。府中は下り坂は3角地点で勝負所としてはまだ早いし、直線勝負で坂の上りで加速が問われるとタイプ的にはここで置かれるリスクはちょっとあると思う。ただ全姉になるイサベルは中京や東京の坂加速の競馬である程度対応してきているので血統的にはこなしてきてもいいかな。スロー~平均で流れても対応してくると思うし、動き出しでの不安があるがそこはフォローしてくれる期待は持ちたいかな。きっちり勝ち切れるかが焦点かなとは思っているんだけど、あるとしたら前で出し抜くタイプにリードを取られて仕掛けを待たれた時かなと。ここは本命の可能性が高い。



━━━━━━━━━━━━━━━━━

 ■第155回 天皇賞春(GI)■

自信のペナルティ付き!もし、この
  天皇賞春を3点で獲れなければ
 2017年の全GIレースを無料配信!

  →3点勝負買い目を無料公開

━━━━━━━━━━━━━━━━━

過去には名馬オルフェーヴルも馬群に沈んだ淀の3200M。“魔物が住む”とも言われた難解なコースであり、仕上がり、騎手の腕がものをいう長距離GIである。今年は昨年の年度代表馬キタサンブラック、有馬記念でキタサンブラックを競り落としたサトノダイヤモンドが参戦。世間では「2強対決」が話題となり、2頭が紙面を賑やかし独占するだろう。

始動戦となった大阪杯を勝ったキタサンブラック。今年からGIに昇格した大阪杯・天皇賞(春)・宝塚記念の3レースを全て勝利した馬には報奨金として2億円が交付される。そのチャンスを得たのがキタサンブラックのみ。天皇賞(春)・宝塚記念を連勝すればボーナスとなる2億円が賞金とは別に手が入るだけに陣営としても、残りの2戦の本気度は言うまでもない。サトノダイヤモンドも始動戦の阪神大賞典を難なく勝ち上がり予定通り天皇賞(春)に出走。陣営は早くから春は国内に専念し、秋には凱旋門賞挑戦を表明。現時点では宝塚記念参戦は微妙なところだが、断然2強が激突する天皇賞(春)は、この2頭にスポットライトがあたるだろう。

しかし、名馬も苦しんだ淀の3200Mは、何が起こるか分からない難解なコース。騎手の腕が最も問われる長丁場でもあり、波乱になるケースも多い。

実は競馬セブンが入手している極秘情報では「この距離から、2頭を負かすチャンスがる」と2強崩しに燃えている、とある厩舎の勝負情報を極秘入手。春は、この1戦に全力投球で、この1戦に照準を合せて調整してきたとのこと。厩舎でも信頼できる人間からの勝負情報でもあり、一発大駆けを狙っている。

騎手・調教師・馬主・生産関係者と太いパイプを持ち、公にはならない裏情報を入手できる競馬セブンだからこそ、極秘情報を入手可能。今回無料登録をして頂いた方には情報は勿論のこと最終ジャッジの『天皇賞(春)・3点勝負』を特別公開。情報配信は天候・馬場状態など、馬券に直結するありとあらゆる要素を加味したうえでジャッジするため、レース当日13:30頃の配信となるのでそれまでお待ち頂きたい。

  ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

━━━━━━━━━━━━━━━━━

 ■第155回 天皇賞春(GI)■

自信のペナルティ付き!もし、この
  天皇賞春を3点で獲れなければ
 2017年の全GIレースを無料配信!

  →3点勝負買い目を無料公開
PNG七騎の会:天皇賞春300_250

━━━━━━━━━━━━━━━━━
投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

関連記事

エプソムカップ 2017 出走予定馬:ベルーフ、前走は道悪もあっただろうが崩れすぎ…出し切れれば怖いがゲート拙く高速府中だと不安が多い
愛知杯2018 出走予定馬:ゲッカコウ、ディセンバーSは強い2着…ロンスパ適性高く噛み合えば怖い存在
新潟記念 2017 出走予定馬:ロッカフラベイビー、前走の切れ味は非凡も小頭数団子…ペースとポジションが重要だが
スプリンターズステークス 2017 出走予定馬:ワンスインナムーン、テレビユー福島賞は好時計も高速馬場…ポジショニングが上手く粘り込み警戒の一頭
プロキオンステークス 2017 出走予定馬:ベストマッチョ、再度の重賞挑戦、今度は期待に応えることができるか?
京都新聞杯 2017 出走予定馬:サトノクロニクル、兄も通ったダービーへの路…完成度を高め、ここで一気に台頭に要警戒だ
ファルコンステークス 2017 出走予定馬・プレ予想:ボンセルヴィーソ、朝日杯3着の実力馬、中京1400mでスピード勝負への対応力がどうか
日経新春杯2018 出走予定馬:パフォーマプロミス、ポテンシャルが高い馬で前を取れるのも強み…ペースが上がると未知数だが
小倉記念 2017 出走予定馬:ヴォージュ、七夕賞は58秒ペースで失速も…ある程度の流れには対応できるはずで、ここが正念場だ
CBC賞 2017 出走予定馬:ティーハーフ、馬場不問、前半無理せず鋭さを引き出してくるがワンパンチ足りない
京阪杯 2017 出走予定馬:セイウンコウセイ、高松宮記念馬も…ここ2走の内容が酷く復調は遠い気も
京王杯スプリングカップ 2017 出走予定馬:ヒルノデイバロー、阪急杯は少しフロック視…昨年完敗の舞台で坂の上りで動き出しの甘さも懸念
七夕賞 2017 出走予定馬:フェルメッツァ、福島民報杯は最後までばてずに食い込む…2000mで前を取れたのは好材料
阪神カップ 2017 出走予定馬:ダンスディレクターと武豊、ラストの切れ味は平坦京都でこそかも…L1に坂がある阪神でも引き出せるか?
中京記念 2017 出走予定馬:ブラックムーン、一度エンジンが掛かればトップスピードの持続力は非凡だが…色々難しい馬
レジまぐ商品の購入はこちら!

Menu

HOME

TOP