投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

天皇賞春 2017 出走予定馬・プレ予想:ファタモルガーナ、昨年は後ろからになったのが…前走やや不満も積極策で活路を拓け

2017 4/30(日)
第155回 天皇賞(春)(GI) 京都芝外3200m
予想用・出走予定馬一覧
天皇賞春2017の予想用・出走予定馬一覧


 長距離界を長らく引っ張ってきながらも重賞未勝利、力は認めるがなかなか勝ち切れない善戦マンのファタモルガーナが天皇賞春に出走予定だ。ステイヤーではあるのだが実は昨年が初めての天皇賞春挑戦、7着と一定の目途は立てたがこの馬の競馬というわけでもなかった。積極的な競馬で活路を見出し前残りでの波乱演出を狙えるか。


 この馬に関してはずっと前から天皇賞春で見てみたいと言ってきて、8歳にしてようやく念願叶ったが前を取れず、悪くない競馬で7着とちょっともったいなかったなあという感じ。流石に今年になって相手も手ごわくなってきたけど、昨年より前目、3~4角で内を回して有力馬を待てればというところ。善戦のチャンスはまだ残されていると思う。


ステイヤーズS(GII) 2着 13頭5枠7番
中山芝内3600m良 3:47.4(+クビ) 64.0-104.1(FA13.01)-59.3 S^5
13.0 - 11.6 - 13.7 - 13.1 - 12.6 - 13.2 - 13.5 - 13.5 - 12.8 - 12.8 - 13.4 - 12.9 - 12.0 - 11.7 - 11.9 - 12.2 - 11.4 - 12.1

 直近の好走例となるとアルバート相手にあわやの出し抜きを演じた2走前のステイヤーズSだろう。中山内回りを2周するコースでペースバランス的には前半、中盤と一貫してドスロー、そこからの5F戦だがL2最速で11.4、ポテンシャルとそこからギアチェンジを意外と伴う競馬で2段階加速の競馬となった。 


 7番枠から五分のスタートを切ってある程度押していってひとまずは中団の前目で進めていく。1周目は特に動かず我慢しながら、好位列に取り付くような感じでスタンド前、好位馬群の中のスペースに入って我慢。2周目の向こう正面でじわっと前のペースが上がっていく中で徐々に手が動いてこちらも動き出す。3角で外から軽く仕掛けて楽に2列目の外から捕えて2番手、4角出口で逃げ馬を交わして出し抜いて直線に入ってくる。序盤ではアルバート相手に抵抗していたが、L1で甘くなって最後はギリギリ交わされての2着だった。
 

 このレースがこの馬の持ち味を示しているというか、ステイヤー路線でもハッキリ言ってポテンシャル面でもトップスピード面でも正直アルバートに及ばない。ただ段階的に加速していく中でしっかりと3~4角で動けているし、ここでアルバートのムーアの意識がちょっとでも遅れていたら難しい競馬になったはず。要所での動き出し、ポテンシャル面とトップスピード面をともに高いレベルで持っていて段階的に加速しながら引き出せていくというのがこの馬にとっての強みだろうと思う。前受したい馬ではあるし3角までに良い位置は欲しいが、最低限のトップスピード面も持てているので淀の長丁場は本来歓迎だろうと。 


天皇賞春(GI) 7着 18頭4枠7番
京都芝外3200m良 3:15.8(+0.5) 61.8-74.4(FA12.4)-59.1 S^3
13.0 - 12.1 - 12.4 - 12.2 - 12.1 - 12.0 - 11.6 - 12.9 - 12.6 - 12.6 - 12.7 - 12.5 - 11.6 - 11.4 - 11.7 - 11.9

 昨年の天皇賞春も振り返っておく。ペースはそこまで淀みはないが基本的には中盤までスロー、そこからの4F戦という形でL3最速戦。ポテンシャル戦ではあるが京都の外回り、かつそれなりに高速馬場ではあったのでどうしてもある程度速いラップを踏む競馬にはなった。
 

 7番枠からゲートはまずまずのスタート、そこから押して押しての主張をしていったのだが窮屈になって好位列から徐々に徐々にブレーキで下げるような形になって気づけば中団から更に後方とスタンド前の時点でかなり拙い位置取りになった。スタンド前ではトーホウジャッカルの後ろぐらいでは満を強いられつつ後方で1角。向こう正面では前にいたトーホウジャッカルが動いたのでその直後からじわっと押し上げつつ3角では中団に取り付いてくる、がここでペースが上がって4角で外目、どうしてもコーナーワークで追変えてしまって再び後方で直線。それでもそこから大外を回してしぶとく伸びてきてL1では先に外から前に出ていたフェイムゲームを交わして良い脚でなだれ込んでの7着だった。


 勿体ない競馬だったなあというところで、最序盤のポジショニングも結構良いところを狙えたし、そこからポジションをコントロールする意識が働いて窮屈なところでキープできずに下がってしまった。これが無ければ面白かったと思うが、結局前でポジションを取れなかったのでどうしても外から押し上げていく展開にならざるを得なかった。ただコーナーで速度的に足りなかったとはいえ、L1でのしぶとくバテ差してきたポテンシャルは面白いものを見せたといえるし、極端ではなかったが高速京都への対応力を見せてきたと思う。感覚的に淀の長丁場は合っていると思っていたので、後はポジションの問題かなと。


ダイヤモンドS(GIII) 7着 15頭1枠1番
東京芝3400m良 3:35.9(+0.7) 64.3-91.7(FA13.1)-59.2 S^5
12.9 - 12.4 - 13.0 - 13.0 - 13.0 - 12.9 - 13.0 - 13.8 - 13.6 - 13.0 - 12.7 - 12.7 - 12.5 - 12.3 - 11.6 - 11.3 - 11.5

 ダイヤモンドSの敗因は割とはっきりしていて、流石にここまでトップスピード特化戦だと難しかったというところだろう。前後半で5秒のドスロー、段階的な加速というわけでもないし、直線勝負の度合いがきつすぎた。


 サッと振り返るが、1番枠からゲートはまずまず、そこからじわっと下げて最序盤は好位の内内。途中で外に出して向こう正面では好位の外で進めつつ前を向いて3角に入る。3~4角でも前がペースを上げてこないので2列目の外で仕掛けを我慢、4角手前ぐらいから鞍上の手が徐々に動き出して仕掛けへの合図、直線に入ってくる。ただ序盤で一気の加速となったが反応自体はできていてここで伸びかけるもL1で急に伸びがなくなりジリジリと下がり始める。そのままL1までジリジリと下がっての7着完敗だった。


 休み明けの影響もあったかもしれないが、極端なトップスピード戦というほどではないにせよ急激な加速でギアチェンジ面は問われていた。この馬の場合そこに対しての不安は本来ないはずだし、実際動き出しの地点では悪くなかった。ただL2の坂の上り以降の最速地点ではキレ負けを喫したしL1の踏ん張りも甘かった。まあドスローの上がり勝負向きとは思っていないが、それでも過去は対応してきていたのでちょっと不満が残る内容ではある。まあ休み明けが得意と言えるほどではないのである程度仕方ないかな。


2017天皇賞春に向けての展望

 今回の天皇賞春もダイヤモンドSからのぶっつけになるので仕上げ具合は気になるところ。ただ昨年の感じならある程度本気で仕上げてくれば何とか戦えるレベルには持ってこれると思う。昨年の敗因は個人的には3角までの位置取りにあったと思うし、枠的に良いところを引いて最序盤勝負に行きながら結局悪いポジションになってしまったと。基本的にアルバートにはポテンシャルで見劣るわけで、先に仕掛けて3~4角の勝負、ここでペースを引き上げつつ前目内目で後続の外からの動きに対して勝負を仕掛けたい馬。その点ではキタサンブラックのJCや昨年の春天のような流れとは本来、親和性があるタイプの馬だと思っている。


 結局は位置取りだろう。後方からではキレ負けするし4角で外を回されるとしぶとく伸びてきてもコーナーでのロスで物理的に置かれる。そこまで速い脚は持っていない。距離ロス自体は気にならないがタイムロスはできるだけ避けたい馬なので3角の段階までにできるだけ前目、内目を取ってしまいたいのは確か。ステイヤーズSのようにしっかりと有力馬の前で進めて3~4角で勝負に行く形に持ち込めればしぶといし、コーナー最速で外を回すロスを作らせれば好走の可能性も高くなってくる。ここに関しては徹底してほしいかな。後は力関係。少なくともキタサンブラックに対してアルバートもシュヴァルグランもフェイムゲームも優位には立てていない以上、そことの比較で少し見劣るこの馬がキタサンの上を目指すとなるとかなり難しい。キタサンが逃げずに番手、単騎のヤマカツライデンがいて、ギャンブル的にその間に入っていく、キタサンより前でキタサンの動きをコーナーで受ける形が取れれば或いは…というところかな。まあ3着ぐらいならキタサンの近くで勝負していたら展開次第で可能性は十分あると思うので、とにかくレースを作って3角以降で横のポジションで野優位性をしっかりと持って入っていきたい。前を取れればヒモ穴として一考の余地がある一頭。



サトノダイヤモンド、キタサンブラックは馬券に絡める馬なのか!?

待ちに待った天皇賞春の開幕です!!

多くのレースは2,000m前後。
しかし天皇賞春は3,200mという長距離レース!
毎年のように、どんな展開が起きてもおかしくないレースです。

数々の名馬が名を連ねる中、みなさんもご存知、
サトノダイヤモンドとキタサンブラックが
圧倒的な人気となっています。

間違いなくこの2強が軸となるレースになるだろう!

と世間では言われていますが、それはなぜでしょうか?
サトノダイヤモンドが馬券に絡む?
キタサンブラックも馬券に絡む?
ゴールドアクターやディーマジェスティの方が、
本当は馬券に絡む確率が高い!?

でも、それはなぜ?理由は?

誰もが根本的な理由がなく、
ただ世間で噂になっているから。
注目を浴びているから。評価が高いから。
そういった理由で期待を膨らませてしまっています。

ちなみに、評価は「高い」のではなく、
「高くなってしまっている」と言った方が正解です!

どういうことかと言うと、人気が人気を呼んで、
注目され、投票が増え、オッズが下がり、走る馬と勘違いされる。
という事です。

桜花賞もそうでした。
ソウルスターリング1強。1番人気→結果3着。
皐月賞もそうでした。
ファンディーナ激走を見せる!1番人気→結果7着。

皐月賞では、日本全国の競馬ファンがファンディーナに期待しましたね。
でも、6頭BOXで買った自分の馬券にはファンディーナは入っていません。
馬券外です。

僕の目的は、4番人気ペルシアンナイトでした!
僕が使っている 「うまコラボ」というサイトで1着予想です!

デムーロ騎手が騎乗し、期待あり!
結果的には、

1着:(9番人気) アルアイン
2着:(4番人気) ペルシアンナイト →うまコラボ1着予想
3着:(12番人気)ダンビュライト
<配当>
単勝:2,240円
馬単:20,720円
3連複:176,030円
3連単:1,064,360円

この結果を見て分かるとおり、この時期の重賞レースは、
注目馬の評価は「高い」のではなく「高くなってしまっている」証拠です!

オッズはあてにならない!
最近の重賞では「人気が一人歩き」している傾向があります!

1番人気が1着にならないレースが続いています。
また、1番人気が馬券にすら絡まないレースも多くなってきました。

異常投票でのオッズ崩れや、話題性からのオッズ崩れが見られます!

このままじゃ、どう予想しようとしても正確な数値から予想できないし、
まず当たりません。


では、異常投票や世間の話題・評判をまったく無視した予想をどう出すか。

それが今回僕が使っていた 「 うまコラボ 」というサイトがおススメなのです!

出走馬全頭のスピード指数、適正指数、統計データ、血統理論、
この4つのデータ過去5年分をシステムにぶち込んで強い馬を教えてくれる。
【全レースの、強い馬、勝てる馬】を自動で割り出してくれます!


それでもアルアインやダンビュライトの、
オッズでもデータでも読み切れない馬は稀にでてきます。
もちろん100発100中の的中を出すのは現実的に難しく、皐月賞は外れてしまいました。
しかし、桜花賞(3連単94,890円)・ニュージーランドT(3連単496,220円)
を的中させた実力は証明されています!

皐月賞で評価をするならば、
ペルシアンナイトの強さを見極められていたところ。そして、
ファンディーナが好走できないことを見極められていたところ(うまコラボ予想:9着)です。
ペルシアンナイトの好走を前提とした馬券購入ができましたし、
ファンディーナを馬券から容易に外すことができました。


天皇賞春。各馬がこのレースに調子を合わせてきています。
どの馬が本当に走るのかを見極める力が重要になります。

予想をする人間はJRAのオッズをどうしても見てしまいますが、
オッズは予想を惑わす、やりずらい情報です!


過去出走データから、強い馬を割り出す!
JRAオッズ無視の競馬予想 「 うまコラボ 」
的中率が急激に上がる事、間違いなしのお得情報サイト!
ぜひあなたの予想のお供にしてみることをおススメします!


サイト利用料なんですが、
すべての情報が無料と言ったらさすがに厳しいらしいのですが、
うまコラボは半分くらいのレースは無料で全部公開してます!
全レースみたいときは月額1,980円だけかかっちゃいます。
あと点数を絞った推奨買い目も公開してくれますね!

天皇賞春は無料予想が決定しています!
他の重賞は月額のメニューですが、
青葉賞G2も予想します!


先日で言うと、無料予想の桜花賞で8万円的中して満足するのも良し!
有料予想だったニュージーランドTを当てて50万手に入れるか。
1,980円勿体ないからってことで50万見送るか。

でも1,980円も大事なお金!自分の予算内で見極めて
参加できる人は参加してみて下さい!
馬券の購入方法も自分の予算内で!

競馬を楽しみつつ、簡単に勝つ!
データ精度の実力と結果がしっかり備わったサイトだと思います!


いよいよ始まる天皇賞春2017

そしてすでに、前年最後のレースでの単勝人気が重要なポイント。
と世間では言われています。
つまり、昨今の重賞に見られる「人気の一人歩き」現象が起こりそうです!

という事は、人気馬への集中投票・・・可能性大。
しかしその馬は・・・ただの人気馬の可能性。
つまり・・・勝てる馬は別にいる!配当が荒れる!


JRAオッズ無視の完全データ予想サイト「うまコラボ」
レース予想公開は前日の夜!

この貴重なデータが、あなたの的中率を急激に上げます。
→  http://www.collabo-n.com/
投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

関連記事

天皇賞春 2017 予想:本命03キタサンブラック
天皇賞春 2017 枠順確定:キタサンブラックと武豊は2枠3番と絶好枠から連覇を狙う
天皇賞春 2017 出走予定馬・プレ予想:アルバート、このレベルでの淀の長丁場だとゲートの拙さが致命傷か…
天皇賞春 2017 出走予定馬・プレ予想:ディーマジェスティ、昨年春のパフォーマンスが甦るか?…出負け癖も含め色々狙いづらいが
天皇賞春 2017 出走予定馬・プレ予想:タマモベストプレイ、吉田隼人の意地の積極策あるか?キタサンに対してリードを持って3角に入りたい
天皇賞春 2017 出走予定馬・プレ予想:キタサンブラックと武豊、抜群のゲートセンスとポジショニング、どんな展開でも対応できる自在度で連覇を目指す
天皇賞春2017予想参考前日オッズ 1番人気はサトノダイヤモンド
天皇賞春 2017 出走予定馬・プレ予想:トーセンバジル、高速馬場は歓迎できそうだが…外枠でゲートが甘く、前走以上を狙えるか?
天皇賞春 2017 出走予定馬・プレ予想:シュヴァルグラン、ポテンシャルは確かもサトノダイヤモンドには見劣り…勝ち切るなら何かアイデアが必要
天皇賞春2017の予想
天皇賞春2017のプレ予想 サトノダイヤモンドの評価
天皇賞春 2017 出走予定馬・プレ予想:レインボーライン、素材は確かもゲート難と折り合い面…淀の長丁場はリスクも嵌り切った時の魅力もある一頭
天皇賞春 2017 レース回顧・結果:キタサンブラック、離れた番手でも平均気味に進めて消耗させながらも早仕掛けで押し切る…!
天皇賞春2017予想参考 京都芝コースの血統データ
天皇賞春 2017 結果・速報:キタサンブラックと武豊のコンビが淀の3200を漆黒に支配してのレコード勝ち!
レジまぐ商品の購入はこちら!

Menu

HOME

TOP