投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

天皇賞春 2017 出走予定馬・プレ予想:ゴールドアクター、昨年惨敗も大外枠で勝ちに行く苦しい競馬…高速馬場、キタサン直後で我慢できれば

2017 4/30(日)
第155回 天皇賞(春)(GI) 京都芝外3200m
予想用・出走予定馬一覧
天皇賞春2017の予想用・出走予定馬一覧


 一昨年の有馬記念馬、昨年も日経賞、オールカマーを制するなど存在感を見せたもののGI制覇には至らなかったゴールドアクターが天皇賞春に出走予定。昨年は12着と失速してしまった天皇賞春に再挑戦、長らくコンビを組んできた吉田隼人から長距離のマジシャン横山典弘を擁して何としてもの態勢だ。グランプリホースがこの距離で輝きを取り戻せるかに注目だ。


 結構怖さはある。昨年の春の天皇賞の場合はやはり大外枠で入り込めず、折り合い面とそれによっていい位置を取れずに3~4角のポテンシャル戦で外から動かざるを得なくなったのが響いた。ゴールドアクターの競馬で戦うのであれば昨年の春天だけで見限るのは早計だろうとは思う。ただそれでも3200への目途を立てられたわけではないし前走の日経賞はちょっと不満があるので、信頼を置くのは危険かな。枠の並びが非常に重要な馬だし、今回も例によってキタサンブラックの直後を取れる馬が誰かもレースのポイントになる。この馬はそのチャンスがあるので、後は3~4角の立ち回りと展開次第。キタサンと違って高速馬場巧者になると思っているので、高速馬場でキタサンの直後でトップスピード面を引き出せればチャンスはめぐってくるかも。


有馬記念(GI) 3着 16頭1枠2番
中山芝内2500m良 2:32.7(+0.1) 61.0-59.4 S^2
6.8 - 11.3 - 12.0 - 11.9 - 12.1 - 13.4 - 12.8 - 12.9 - 11.8 - 11.7 - 12.1 - 11.7 - 12.1

 直近で強い競馬となるとオールカマーも悪くないが有馬記念かな。タフな馬場でのポテンシャル戦でここまでやれたのは収穫だと思う。キタサンも強くなっていたしサトノダイヤモンドも強敵。その中で上手く立ち回ったと言っても一瞬見せ場を作っての3着は立派だ。2番枠からまずまずのスタート、先行争いで枠の並びも良くキタサンブラックの後ろをしっかりと取ってマーク、序盤のミッションをしっかりとこなしてスタンド前では少しキタサンとの間にスペースを置いて我慢、3番手で進めて向こう正面。徐々にペースが上がっていくという中でキタサンブラックが一つ外に出したことで前のスペースも空く。3~4角ではそこを利用しつつ仕掛けを待ってキタサンが動き出したときに生まれたスペースを突いて上手くサトノの内から仕掛けて直線。序盤でキタサンに並びかけて鋭く抜け出したいが馬場もタフ、トップスピードを引き出すところまではいかない。それでもL1までしぶとく食らいついて流石ディフェンディングチャンピオン、と言わせるだけの3着だった。一昨年の場合は明確に2段階加速でポテンシャル面だけでなくトップスピード面も問われたことで良さが出た感はある。ただこの条件でしっかりと結果を出せたのは評価が必要だろうと。適性的に噛み合ったわけではないが、ここでは吉田隼人が完璧に乗ったことで3着を確保できたし、馬もしっかりとそれに応えた。


日経賞(GII) 5着 16頭6枠12番
中山芝内2500m良 2:33.2(+0.4) 61.6-60.1 S^1
6.9 - 11.4 - 12.3 - 12.3 - 12.2 - 12.9 - 12.5 - 12.2 - 12.0 - 11.9 - 11.8 - 11.8 - 12.6

 前走の日経賞はとにかく物足りなかった。もちろん休み明けではあったにせよ、昨年はそれで完勝できた。有馬記念でクリアしてきたポテンシャル戦で物足りなかったのは不満が残る。12番枠からまずまずのスタート、そこからじわっと先行しながら好位で進めていく。そのままスタンド前では2列目の外で我慢しながら。スタンド前では少し掛かり気味ではあったが許容範囲内かなというぐらい。向こう正面でペースが上がってロンスパのポテンシャル戦に突入、2列目の外で正攻法でその流れに乗っていく。3~4角で先頭列に並びかけようとしてミライヘノツバサに出し抜かれて直線。序盤でそのまま伸びあぐね、L1までジリジリで内外から差し馬に交わされての5着完敗だった。ミライヘノツバサの競馬をこの馬がしてほしかったんだが、2列目外から動けなかったし余力がなかった感じ。ポテンシャル面でクリアしてきたのでこの流れでもやれると思って踏んでいたんだけど、ここの5着は物足りない。レインボーライン含めて力関係で上位勢が強かったという線も考えたけど、正直このポテンシャル戦でアドマイヤデウスが急激に上がってくるとも思わないし、となると休み明けの影響でイマイチパフォーマンスを上げてこられなかったかなという感じはある。いずれにせよ仕掛けを待ちたい馬なのは間違いないし、このレースの様に外から勝ちに行く形になってしまうとタフな馬場では基本的には難しいと思う。オールカマーぐらい軽い馬場なら別だったと思うが。


天皇賞春(GI) 12着 18頭8枠17番
京都芝外3200m良 3:16.1(+0.8) 61.8-74.4(FA12.4)-59.1 S^3
13.0 - 12.1 - 12.4 - 12.2 - 12.1 - 12.0 - 11.6 - 12.9 - 12.6 - 12.6 - 12.7 - 12.5 - 11.6 - 11.4 - 11.7 - 11.9

 この天皇賞春は負けはしたんだけど、個人的には距離で嫌っていた中で結構馬鹿にはできんなと感じた一戦。もともと菊花賞3着はあってもトーホウジャッカルとサウンズオブアースには離されていたから距離自体は少し不安があったのは確か。全体があまり淀みなくスローでそこからの4F戦。L3最速と4角でのロスがある程度直結する流れだったとみている。その中で17番枠から好発を切って外から内に切り込むべく押していくが結局内の隊列が早い段階で決まってしまって一旦行為の外で我慢せざるを得ない。ただ結局積極的に出していったことと不幸なことに淀の3200mは3角が下り坂、ここで勢いがついて掛かり気味、序盤は折り合いとの戦いになる。スタンド前では上手く前に壁を置いて進めていたが少し掛かり気味、向こう正面でもコントロールしつつ、3角手前で外からトゥインクルが上がってきて少しずつプレッシャー、3角で外から動く形を選択して2列目まで押し上げるがキタサンも3~4角でペースを引き上げてきて4角最速の中2頭分外を回して仕掛けざるを得ない。序盤は抵抗できていたがL1で失速、12着と完敗を喫した。まあ12着と字面は酷いが勝負に行ってのものだし内を通した馬が上位を独占している中で0.8差で踏ん張っているならそこまで悲観するほど悪くはない。ただ基本的には2段階加速で最終的にはトップスピード戦が理想という中で本仕掛けを遅らせたい馬なのは間違いない。ここでは3~4角で外から勝ちに行く形になってL3の4角最速で本仕掛けの形。こうなると踏ん張り切れないという競馬だったかな。前走の日経賞はそもそも出し抜かれているので何とも言えないのだが、昨年の天皇賞春の場合は3~4角で動けているので悲観はしていない、展開や適性、枠順が噛み合わなかった結果だと踏んでいて距離もある程度対応の目途は見せたと。


2017天皇賞春に向けての展望

 距離に関してはベストではないと思っているが少なくとも条件が揃えばチャンスはある、というぐらいには対応してくると思う。有馬のポテンシャルでキタサンブラックに完敗だった以上、長距離路線でのポテンシャル戦でキタサン以上はちょっと難しい。ただ、キタサンには完成前とはいえ2段階加速の有馬記念で我慢しながらL2で2列目外に出してから鋭く伸びてきているしL1で捕えている。昨年日経賞でサウンズオブアースを圧倒したドスローのギアチェンジ戦での反応面も含めて、トップスピード戦なら現役でもトップレベルの実力馬。少なくとも同タイプのラブリーデイに引導を渡した馬なのは間違いない。端的に例えればフェノーメノの一度目の春天のような展開で内内で我慢できればこの馬の持ち味であるギアチェンジと質の高いトップスピードは武器になる。JCでも結構時計が掛かっていた中でL3最速と分散されたこともあるし直線での進路どりも前に馬を置く形で少しスムーズさを欠いた感はある。どちらかというと分散されるよりL2に集中するケースの方が良さが出ている。昨年有馬記念もポテンシャル戦ではあったが向こう正面以降で完璧に流れ切ったわけではないしL3-2では再加速の中で終始内を立ち回って4角で勝負の外。L2地点で動く競馬が良いのは仕掛けてからが甘いというところがある。この辺を考えれば内枠を引いてキタサンブラックの直後を取れればチャンスは十分あるし、仮に超高速馬場まで行った場合はこの馬がキタサンの後ろから鋭く切れて頭まで…というケースまで考えたい。馬券的には条件が揃えば重い印もあり得るレベルではあるのだが、前述している通りポテンシャル戦でサトノ・キタサン以下は確定しているし、ロンスパだとそれより前での競馬が無い限り勝ちはない。距離もこなした、不安もそんなにないとは思うがキタサンやサトノと比べて信頼度はもちろん低く当てにはしづらい。その辺りをトータルで考えてというところだろう。少なくとも内枠は必須、キタサンができれば自身より外に入ってその後ろを狙いやすい条件が整えば。高速馬場、内枠なら大きく浮上させたい。



━━━━━━━━━━━━━━━━━
“競馬の神様”故・大川慶次郎が創設

 創業36年【ホースメン会議】の

実力を無料で体感できるキャンペーン
━━━━━━━━━━━━━━━━━
  100名限定 特別無料配信
 天皇賞春(GI)・3連複5点勝負

キタサンとサトノの間を割れる穴馬も
   馬券のプロはこう買う!
━━━━━━━━━━━━━━━━━

■直近の的中買い目
4/16 阪神6R  1万6330円的中
4/15 中山12R 1万4810円的中
4/9 中山10R 3万5330円的中
4/8 中山7R  2万3570円的中
4/8 阪神6R  1万6780円的中

天皇賞春の3連複勝負を見る方法!
pngホースメン会議:天皇賞春300_250

投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

関連記事

天皇賞春 2017 出走予定馬・プレ予想:トーセンバジル、高速馬場は歓迎できそうだが…外枠でゲートが甘く、前走以上を狙えるか?
天皇賞春 2017 予想:本命03キタサンブラック
天皇賞春 2017 出走予定馬・プレ予想:ディーマジェスティ、昨年春のパフォーマンスが甦るか?…出負け癖も含め色々狙いづらいが
天皇賞春 2017 追い切り・調教評価:力強く前肢を掻き込み楽に抜け出し好ラップ!
天皇賞春 2017 出走予定馬・プレ予想:アドマイヤデウス、京都大賞典はワンテンポ遅れて急追…切れ味勝負でキタサン直後なら不気味
天皇賞春2017の予想
天皇賞春 2017 出走予定馬・プレ予想:ファタモルガーナ、昨年は後ろからになったのが…前走やや不満も積極策で活路を拓け
天皇賞春 2017 レース回顧・結果:キタサンブラック、離れた番手でも平均気味に進めて消耗させながらも早仕掛けで押し切る…!
天皇賞春 2017 1週前追い切り評価:馬なりで我慢しながら追い出されての反応良く、前肢を鋭く動かし好気配!
天皇賞春 2017 出走予定馬・プレ予想:プロレタリアト、紅一点で果敢に参戦
天皇賞春 2017 出走予定馬・プレ予想:タマモベストプレイ、吉田隼人の意地の積極策あるか?キタサンに対してリードを持って3角に入りたい
天皇賞春 2017 出走予定馬・プレ予想:キタサンブラックと武豊、抜群のゲートセンスとポジショニング、どんな展開でも対応できる自在度で連覇を目指す
天皇賞春2017予想参考前日オッズ 1番人気はサトノダイヤモンド
天皇賞春2017のプレ予想 サトノダイヤモンドの評価
天皇賞春 2017 予想用ラップデータ:とにかく勝負所までのポジショニングが重要…コーナーでのロスが響きやすいレース
レジまぐ商品の購入はこちら!

Menu

HOME

TOP