投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

天皇賞春 2017 出走予定馬・プレ予想:キタサンブラックと武豊、抜群のゲートセンスとポジショニング、どんな展開でも対応できる自在度で連覇を目指す

2017 4/30(日)
第155回 天皇賞(春)(GI) 京都芝外3200m
予想用・出走予定馬一覧
天皇賞春2017の予想用・出走予定馬一覧


 春の長距離王決定戦、連覇を目指してキタサンブラックと武豊が天皇賞春に出走予定だ。天皇賞の勝ち抜き制が廃止されて以降、春の天皇賞で連覇を成し遂げたのはメジロマックイーン、テイエムオペラオー、フェノーメノの3頭のみ。近代競馬でここまで抜群の安定感を見せて古馬王道路線を駆け抜けたのはなかなか類を見ない。GIとなった大阪杯を制し、そのまま連勝、連覇で再び淀の舞台を漆黒に染め上げたい。


 余談なんだが、キタサンブラックのブラックって、父のブラックタイドからなんだなと。近年あまり冠名+父の一部(ナリタブライアン的な)って名前の馬がここまで活躍しなかったからあれだけど、個人的には凄くしっくり来ているかっこいい名前だなと思っている。強い馬にはシンプルな名前が合う。ちなみにアルファベットだとKitasan Black。これも結構良い名前。 とにかく強い、という一言。圧倒的ではなく強い、隙が無い。ただ、敢えて言うならやはり高速馬場向きでは本来ないと思っている。昨年の天皇賞春もカレンブラックヒルに苦戦を強いられた舞台ともいえるので、勝ち切れるかがやはり焦点。ただ昨年の春よりも昨年秋以降の方が確実に強くなっていると思うので、昨年以上のパフォーマンスを当然期待している。


ジャパンカップ(GI) 1着 17頭1枠1番
東京芝2400m良 2:25.8 61.7-58.9 61.7-58.9 S^3
13.3 - 11.3 - 12.6 - 12.3 - 12.2 - 12.5 - 12.7 - 12.3 - 11.9 - 11.2 - 11.4 - 12.1

 3走前のジャパンカップは強敵相手に楽々逃げ切っての完勝だった。馬場も少し時計が掛かっていてペースは2.8で超スロー、ラップ推移的に見ても後半で徐々に加速しながらL3の4角出口~直線前半が最速、TS持続特化戦とみていいだろうと。1番枠から好発を切って楽に主張せずハナという状況、そのままペースをコントロールしてドスローに持ち込む。スローでも少し単騎気味に離してという状況で進めながら3角に入ってくる。3~4角でも仕掛けを待ちつつ、徐々に4角にかけ武豊の手が軽く促す感じになって直線。序盤で楽な手ごたえで先頭をキープ、L2の坂の上りで鞭が入って減速気味にはなるがそれでも他を突き放す。L1ではサウンズオブアースも差を詰めかけたがラストは寄せ付けずの完勝だった。内容的に見ても前受して早めに仕掛けて押し切ってと完勝だった。特に時計が少し掛かっていた中でドスローではあったにせよその分しっかりと4角以降早仕掛けに持ち込んで比較的トップスピードの質をそこまで問われず分散できたのは良かったと思う。基本的に極端にトップスピードの質が高いわけではないし、総合力が抜群に高い馬で決定的な強烈な武器があるわけではない。このジャパンカップではポジショニングの良さと、ある程度のトップスピードの質、TS持続を高いレベルで持っているバランスの良さで完勝してきた感じ。


有馬記念(GI) 2着 16頭1枠1番
中山芝内2500m良 2:32.6(+クビ) 61.0-59.4 S^2 
6.8 - 11.3 - 12.0 - 11.9 - 12.1 - 13.4 - 12.8 - 12.9 - 11.8 - 11.7 - 12.1 - 11.7 - 12.1

 2走前の有馬記念ではまさに年末を締めくくるにふさわしい名勝負の末の2着だった。もちろんこちらは受けて立つ立場だったし、サトノノブレスが動いてきたのも影響はあったと思うが、まさに強い馬と強い馬の戦いだったと思う。ペースはこの有馬記念の場合は中弛みが顕著なので合算よりもJRAの公式暫定通過タイム61.0とみて1.6のかなりのスロー(ちなみにいつも通りの概算だと60.8になる)、
1000の段階で単騎番手のキタサンで4~5馬身なので大体61秒後半ぐらいが実質ペースだろうし超スローに近いレベル。1番枠からまずまずのスタートを切る、様子を見ながら最終的に単騎のマルターズアポジーを行かせて離れた番手で実質の逃げというところ。最初は少し掛かり気味ではあったが徐々に落ち着いて1角へ。そのまま2角過ぎの下りでじわっと加速しながら前との差を詰めて向こう正面でロンスパ、ここでサトノノブレスが外から進出してプレッシャーをかけてくる。3~4角でそれでも仕掛けを待っていて、4角でも馬なりの状況で我慢しながら直線。序盤でそこから追いだされて内から上手く立ち回ったゴールドアクターとの叩き合いに競り勝つ。そのまま粘り込めるかというところでラストにサトノダイヤモンドにバテ差しを喰らっての2着惜敗となった。まあ負けはしたんだけど内容的にかなり強い競馬をしてきた。ここではドスローからのポテンシャル特化に近い競馬になったが、菊花賞であれだけ強い競馬をしてきたサトノダイヤモンド相手に堂々と向こう正面からの勝負でここまで粘り込めた。これは立派だったかな。昨年有馬では完敗を喫したゴールドアクターを退けたのも、時計的に掛かっていてポテンシャル特化に近い競馬になったことが大きいかな。また別に逃げなくてもこういう競馬ができるのも強み。


大阪杯(GI) 1着 14頭4枠5番
阪神芝内2000m良 1:58.9 59.6-59.3 M
12.3 - 11.1 - 12.1 - 12.1 - 12.0 - 12.2 - 11.8 - 11.7 - 11.6 - 12.0
 
 そして前走GI昇格となった大阪杯。ペース自体は字面で見れば平均ペースだがこれは単騎のマルターズアポジーのものである。実質的に番手でレースを作っていたロードヴァンドールで見れば目視推定ではあるが大体1000通過で60秒後半、3番手のキタサンブラックだと恐らく61秒に入ってくるかなという流れ。キタサン比較で見れば大体61-58ぐらいのバランスになるので超スローのレベルである。5番枠から好発、逃げ馬を行かせる余裕を見せつつ、思ったよりもコントロールして3番手で進めていく。道中も離れた3番手の内目、向こう正面で外を意識しながらしっかりと進路を取って動くタイミングを見定める。3角でもまだ動かず前のロードヴァンドールを遊ばせる。4角で各馬が仕掛けてきたのを見定めて武豊の手がじわっと動いて一気に反応して2番手で直線。そのまま序盤で一気に先頭に立ってステファノスの追撃を許さない。L1まで踏ん張って最後はステファノス、ヤマカツエースに若干詰められたが誤差程度、完勝だった。このキタサンブラックが手ごわい理由はここまで下げても競馬ができるというところ。もともと菊花賞では中団ぐらいの位置で向う正面を迎えていて3~4角で内内を立ち回ってもギアチェンジを発揮してやれているように、非常に器用。基礎スピードも高いレベルであるし何よりゲートセンスが抜群なので結果的に逃げる形はあっても、逃げに拘る馬でもないし後ろからでもある程度勝負できる、器用に動けるという馬に対する信頼があるのでどういう競馬でも鞍上の思うがままに操れている、従って気が付けばキタサンブラックがレースを支配している、ということが多いのだろうと。崩れない理由はただでさえ全ての能力面を高いレベルでまとめているのに、それを鞍上が思うがままに操れる器用さ、折り合い面も最低限のものを見せている、という点だろう。


2017天皇賞春に向けての展望

 母父サクラバクシンオーで距離不安とか言われていたころが懐かしいなあ、というのが今の気持ちかな。個体をしっかりと分析していくのは結構重用で、あくまで血統面は読めないところを補完するものとしてみておいた方が良いと思う。少なくともキタサンブラックは割と早い段階でステイヤー色が強い競馬はしていたし、どちらかというとダービーの惨敗が示す通りオーバーペースで崩れる感じだった。それが昨年夏の宝塚記念ではタフな馬場ではあったが2秒前後のかなりのハイでもしぶとくドゥラメンテやマリアライト相手に踏ん張れた、そして有馬記念では完全なスローロンスパのポテンシャル戦でサトノダイヤモンドと真っ向勝負の現役最強対決で2着になったといえる。勿論言うまでもないが昨年の天皇賞春でもしっかりと最後にカレンミロティックを捻じ伏せて勝ち切った。長距離適性はもはや全く疑う余地もない。なので大きく崩れることは正直出遅れや故障、落馬といった不可抗力でもない限りは基本的には考えにくい。ただ、敢えて言えば高速馬場は得意ではないと思っている。どちらかと言えばジャパンカップ、有馬記念、そして前走少し雨が残っていた大阪杯が高いパフォーマンスだと思うし、天皇賞春は勝ち切ったが危うさもあった。また京都大賞典でも武豊が上手く仕掛けを遅らせて進路を作らせなかったのが功を奏したがアドマイヤデウスにかなり際どいところまで食い込まれた。究極的なトップスピードの質というのは持ち合わせていないので、できる限り早めに仕掛けて出し切りたいのは間違いないし、軽い馬場になり過ぎて11秒を切るぐらいの速いラップを要求されてしまうと不安が出てくる。前受しながら3~4角で外から動いてくる馬に対してしっかりとペースを引き上げることでの勝負ができればここも当然チャンスが大きいのは間違いないが、個人的にはできればちょっと時計が掛かってほしいかなと。土曜の馬場状況を判断して決めたいが、一応今の段階では本命・対抗候補の筆頭。この京都3200、3~4角での横のポジショニングが問われる舞台ならサトノダイヤモンドよりこちらの方が優位だとみている。

<PR>
サトノダイヤモンド、キタサンブラックは馬券に絡める馬なのか!?

待ちに待った天皇賞春の開幕です!!

多くのレースは2,000m前後。
しかし天皇賞春は3,200mという長距離レース!
毎年のように、どんな展開が起きてもおかしくないレースです。

数々の名馬が名を連ねる中、みなさんもご存知、
サトノダイヤモンドとキタサンブラックが
圧倒的な人気となっています。

間違いなくこの2強が軸となるレースになるだろう!

と世間では言われていますが、それはなぜでしょうか?
サトノダイヤモンドが馬券に絡む?
キタサンブラックも馬券に絡む?
ゴールドアクターやディーマジェスティの方が、
本当は馬券に絡む確率が高い!?

でも、それはなぜ?理由は?

誰もが根本的な理由がなく、
ただ世間で噂になっているから。
注目を浴びているから。評価が高いから。
そういった理由で期待を膨らませてしまっています。

ちなみに、評価は「高い」のではなく、
「高くなってしまっている」と言った方が正解です!

どういうことかと言うと、人気が人気を呼んで、
注目され、投票が増え、オッズが下がり、走る馬と勘違いされる。
という事です。

桜花賞もそうでした。
ソウルスターリング1強。1番人気→結果3着。
皐月賞もそうでした。
ファンディーナ激走を見せる!1番人気→結果7着。

皐月賞では、日本全国の競馬ファンがファンディーナに期待しましたね。
でも、6頭BOXで買った自分の馬券にはファンディーナは入っていません。
馬券外です。

僕の目的は、4番人気ペルシアンナイトでした!
僕が使っている 「うまコラボ」というサイトで1着予想です!

デムーロ騎手が騎乗し、期待あり!
結果的には、

1着:(9番人気) アルアイン
2着:(4番人気) ペルシアンナイト →うまコラボ1着予想
3着:(12番人気)ダンビュライト
<配当>
単勝:2,240円
馬単:20,720円
3連複:176,030円
3連単:1,064,360円

この結果を見て分かるとおり、この時期の重賞レースは、
注目馬の評価は「高い」のではなく「高くなってしまっている」証拠です!

オッズはあてにならない!
最近の重賞では「人気が一人歩き」している傾向があります!

1番人気が1着にならないレースが続いています。
また、1番人気が馬券にすら絡まないレースも多くなってきました。

異常投票でのオッズ崩れや、話題性からのオッズ崩れが見られます!

このままじゃ、どう予想しようとしても正確な数値から予想できないし、
まず当たりません。


では、異常投票や世間の話題・評判をまったく無視した予想をどう出すか。

それが今回僕が使っていた 「 うまコラボ 」というサイトがおススメなのです!

出走馬全頭のスピード指数、適正指数、統計データ、血統理論、
この4つのデータ過去5年分をシステムにぶち込んで強い馬を教えてくれる。
【全レースの、強い馬、勝てる馬】を自動で割り出してくれます!


それでもアルアインやダンビュライトの、
オッズでもデータでも読み切れない馬は稀にでてきます。
もちろん100発100中の的中を出すのは現実的に難しく、皐月賞は外れてしまいました。
しかし、桜花賞(3連単94,890円)・ニュージーランドT(3連単496,220円)
を的中させた実力は証明されています!

皐月賞で評価をするならば、
ペルシアンナイトの強さを見極められていたところ。そして、
ファンディーナが好走できないことを見極められていたところ(うまコラボ予想:9着)です。
ペルシアンナイトの好走を前提とした馬券購入ができましたし、
ファンディーナを馬券から容易に外すことができました。


天皇賞春。各馬がこのレースに調子を合わせてきています。
どの馬が本当に走るのかを見極める力が重要になります。

予想をする人間はJRAのオッズをどうしても見てしまいますが、
オッズは予想を惑わす、やりずらい情報です!


過去出走データから、強い馬を割り出す!
JRAオッズ無視の競馬予想 「 うまコラボ 」
的中率が急激に上がる事、間違いなしのお得情報サイト!
ぜひあなたの予想のお供にしてみることをおススメします!


サイト利用料なんですが、
すべての情報が無料と言ったらさすがに厳しいらしいのですが、
うまコラボは半分くらいのレースは無料で全部公開してます!
全レースみたいときは月額1,980円だけかかっちゃいます。
あと点数を絞った推奨買い目も公開してくれますね!

天皇賞春は無料予想が決定しています!
他の重賞は月額のメニューですが、
青葉賞G2も予想します!


先日で言うと、無料予想の桜花賞で8万円的中して満足するのも良し!
有料予想だったニュージーランドTを当てて50万手に入れるか。
1,980円勿体ないからってことで50万見送るか。

でも1,980円も大事なお金!自分の予算内で見極めて
参加できる人は参加してみて下さい!
馬券の購入方法も自分の予算内で!

競馬を楽しみつつ、簡単に勝つ!
データ精度の実力と結果がしっかり備わったサイトだと思います!


いよいよ始まる天皇賞春2017

そしてすでに、前年最後のレースでの単勝人気が重要なポイント。
と世間では言われています。
つまり、昨今の重賞に見られる「人気の一人歩き」現象が起こりそうです!

という事は、人気馬への集中投票・・・可能性大。
しかしその馬は・・・ただの人気馬の可能性。
つまり・・・勝てる馬は別にいる!配当が荒れる!


JRAオッズ無視の完全データ予想サイト「うまコラボ」
レース予想公開は前日の夜!

この貴重なデータが、あなたの的中率を急激に上げます。
→  http://www.collabo-n.com/
投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

関連記事

天皇賞春 2017 結果・速報:キタサンブラックと武豊のコンビが淀の3200を漆黒に支配してのレコード勝ち!
天皇賞春 2017 出走予定馬・プレ予想:ワンアンドオンリー、阪神大賞典は無理せず進めて脚が無く失速…状態もだが距離も怪しい
天皇賞春 2017 出走予定馬・プレ予想:レインボーライン、素材は確かもゲート難と折り合い面…淀の長丁場はリスクも嵌り切った時の魅力もある一頭
天皇賞春2017前々日オッズ 1番人気は10連敗中だが・・・・・・
天皇賞春 2017 出走予定馬・プレ予想:タマモベストプレイ、吉田隼人の意地の積極策あるか?キタサンに対してリードを持って3角に入りたい
天皇賞春2017の予想
天皇賞春2017のプレ予想 キタサンブラックの評価
天皇賞春 2017 出走予定馬・プレ予想:サトノダイヤモンド、三冠馬も沈んだ試練の8枠…不安を覆して5連勝となるか
天皇賞春2017のプレ予想 サトノダイヤモンドの評価
天皇賞春2017枠順確定 武豊騎手とキタサンブラック今年は2枠3番
天皇賞春 2017 出走予定馬・プレ予想:ラブラドライト、51kgでの好走から強敵相手に一気の58kg…前走の出し抜きは魅力だが
天皇賞春 2017 出走予定馬・プレ予想:スピリッツミノル、しぶとい馬だがゲートが甘く、前に行くには内枠が仇となるか…
天皇賞春 2017 出走予定馬・プレ予想:アルバート、このレベルでの淀の長丁場だとゲートの拙さが致命傷か…
天皇賞春 2017 出走予定馬・プレ予想:ディーマジェスティ、昨年春のパフォーマンスが甦るか?…出負け癖も含め色々狙いづらいが
天皇賞春 2017 1週前追い切り評価:馬なりで我慢しながら追い出されての反応良く、前肢を鋭く動かし好気配!
レジまぐ商品の購入はこちら!

Menu

HOME

TOP