投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

フローラステークス 2017 予想:本命12ディーパワンサ

東京11R フローラステークス(GII) 芝2000m 良、高速馬場想定
展開予想
 開幕週の土曜の場合はどうしても馬場は決め打ちになっちゃうけど、土曜を見ての感想としては淀と府中の馬場のイメージが逆だった。エアレーションで少し時計をかけてくるかなと思ったけど全然、むしろ例年のAコース時と比べても速いぐらいで速いラップを踏んでいるのが府中。淀はまだ読み切れないけど、彦根S1200も平均で想定より0.5ぐらい遅かった、橘Sは1:21.2と好時計だが綺麗に11病半ば連続で淡々と淀みなくのもの。ただ府中は少し雨が降っていたし、最終は1:22.1でレースの上がり34.4と時計的にもラップ的にもやや物足りないところがある。最終は低調なメンツだったのもあるから読めないが、この辺からも少し影響はあるかも。雨が読みにくいけどまとまった雨は降らないっぽいし、恐らく高速馬場かな。


 展開だがひとまずテンが速いタガノアスワドがハナを主張していく。これを番手で見ながらヤマカツグレースというところでこの2頭がまず内に切り込みつつ。内枠からザクイーン、モズカッチャン。特にモズカッチャンは前走で先行策を取れるようになってきたのである程度前を意識してくるかも。キャナルストリート辺りがどこを取れるかにもよるが、内の各馬は基本的には好位~中団の意識を持ちそうな馬が多い。外からはアドマイヤローザが2列目外を狙っていくという感じでその外からディーパワンサ辺りは恐らく好位の外ぐらいでこの2頭が外から内に切り込みつつ2,3列目あたりかな。フローレスマジックは中団の外目というところになりそうとみる。ペースは番手のヤマカツグレースもそこまでペースを引き上げてという意識は持ちにくいと思うし、タガノアスワドはここで一気にペースを引き上げるのはリスクが大きいと思うので自分では上げてこない、となれば恐らくスローとみていいと思うし、今年の馬場状態なら大体61-59で2分前後ぐらいの感覚で良いかなと思う。レースラップでも11秒前半を刻んでくる、トップスピード面を要求されるレースに決め打つ。


<PR>
オークスの出走権利を懸けた熾烈な戦い

第52回 フローラS (G2)

ホウオウパフューム、フローレスマジックが注目を集めそうだが

ここで狙うべき【超穴馬】がいる!

上位人気馬との組み合わせでも
馬連想定30倍!



第52回 フローラS (G2)
【超穴馬】


今すぐ無料で教えます

フローラSの超穴馬はコチラ



pngワールド:フローラS300-250
<PR>

予想
◎12ディーパワンサ

〇14フローレスマジック
▲モズカッチャン
△05ホウオウパフューム
△06タガノアスワド
×03キャナルストリート08ドリームマジック
3連複◎軸〇▲△BOX
3連単F◎〇▲→◎〇▲△→◎〇▲△×

◎ディーパワンサ


 かなり評価を上げた。理由としてはAコースの想定よりも軽い馬場だったなというのが一つある。この馬の場合まず阪神JFでは出負けしながら46.7-47.3の厳しい流れをリカバーしながら、中団内内からジリジリとという感じでの4着。これ自体相対的に見ても上位3頭が着順を変えて桜花賞の1,2,3着馬でもあるわけで時計的に見てもレースレベル自体は高かったのは間違いない。その中で少し離されたがちょっと忙しない競馬になったかなという感じ。前走のフラワーCも物足りないんだが、48.8-47.6とファンディーナがタフな馬場でスローバランスで突き抜けただけで、前日のスプリングS比較でみても前半の48.8自体は遅くはない。なのでここで脚を使った可能性はあるなという感じ。それと、個人的にはデイリー杯のパフォーマンスが高いと思っていて、高速馬場で48.4-46.2と2.2のかなりのスローからの12.5 - 12.1 - 11.5 - 11.2 - 11.4とL2最速戦でL1も落とさないという中で好位馬群の中で包まれて動けないまま直線を迎えてL1で3馬身差を大体1馬身ちょっとまで詰めてきた。恐らく11.1ぐらいとしてもL2で置かれているので多分この馬自身はL1最速ラップ。出し切れなかった感じだし、ルメールが仕掛けの意識を持てなかったのが響いたなと。なので積極的なポジショニングで進めてくれる内田がスローの段階で前を取ってくれてのトップスピード持続戦ならなかなか差されないかなという期待。それと中京2歳Sでは下りの3~4角で少し勢いをつけてはいたが、それにしてもL2の坂の上り、最速地点での加速でしっかりと動けていたし、4着のジュンヴァリアスがトップスピード戦でそこそこやれているので、高速馬場でスローのトップスピード戦、しっかりとポジションを取っての競馬ならまだやれるはず。
 

〇フローレスマジック


 まあ結局は新戦力ではなく2,3歳春までの実力馬を取ったということにはなる。ただ、この馬の場合はやっぱりL1までしっかりと出し切れるかどうか。アルテミスSでは48.8-46.7と2.1でかなりのスロー、12.5 - 12.2 - 11.5 - 11.7 - 11.3とL1最速の流れでしっかりと中団外から前のリスグラシューを目標に最後までジリジリと伸び続けて差を詰めての2着。ただL3の地点からしっかりと加速の意識を持てていたが、窮極的にスパッと切れたというよりは11秒前後を3F維持してきた感覚。クイーンCでは46.8-46.4と平均だが12.0 - 12.3 - 11.3 - 11.2 - 11.6と中弛みからのL2最速戦。ここで好位近くで進めたのは良いのだが中弛み地点でスペースが狭くなって直線で追い出し切れずに進路を外に意識しながらでエンジンの掛かりがどうしても遅くなった。アドマイヤにL1で内に切り込まれてから再度立て直すロスもあったし勿体ない一戦にはなっているかなと。この辺からもしっかりと出し切れるかどうかで、馬の不安というよりは適性的に戸崎とは微妙な馬ではあると思う。その点で信頼しきれない対抗という感じ。総合的に見て前目でスローからトップスピード戦になった時にディーパワンサを差し切るまでそう簡単に行けるだろうかというところ。2,3着までの信頼度なら詰まらない限りは大丈夫だし、ある程度高いとは思っているんだけどね。


[最強]競馬ブログランキングへ(10位前後にあります…日曜00:00更新予定)

 穴馬はこれにした。枠を見た時に前走の様にしっかりといいスタートを切ってポジションを取ってくれば面白い。前走の2着馬も500万下を勝ちあがったし、3着以下を離した内容的にも良い、ペースバランス的に見ても50.8-48.8とタフな馬場でのスローでポテンシャル勝負からの一足でしっかりと抜け出した。これも評価したいんだけど、個人的には3走前が結構印象的で、47.5-49.3とかなりのハイ、12.3 - 13.8 - 13.3 - 12.9 - 11.3 - 11.7と中弛み顕著でそこからの2F戦、ギアチェンジが極端に問われていてその中で2列目の中目で進路を探り探り、前の馬にカットされてブレーキしながらでもL2で置かれず反応できていて、この血統にしてこのギアチェンジ面を見せてきたのは結構驚いた。府中の上り坂加速までいくと未知数だけど、機動力もあるし、2走前もL1最速でしっかりと1馬身近くの差を交わして勝ち切ってきた。素材としてはかなり面白いし、血統で嫌われそうだが意外と要所の反応が良いタイプのようなので。怖さは結構あるかなと。


△ホウオウパフューム

 前走の寒竹賞は印象的にはかなり強烈。ラップ推移的に見ても13.1 - 12.6 - 12.3 - 12.0 - 11.8 - 11.5とL1最速の流れで大体3馬身ぐらいの差をきっちりと捕えてきているので10秒台を坂の上りで意識できてしまう切れ味を発揮してきた。坂加速ができているので府中の適性は高いと思う。3~4角でもまだペースが上がり切っていない流れでレース全体の仕掛け自体は遅かったし、そこで動けたのも中山という側面はある。2走前の未勝利でも府中の2000で13.2 - 12.7 - 12.6 - 11.7 - 11.2 - 11.6とL2最速戦で坂の上りでスッと動けている。L1でも内から伸びてきたブリッツシュラークを詰めさせていないし、内容的には強い。ただゲートが甘い馬で2走前は外枠で外に寄れてからのスタート、スローで取り付けたが今回は内枠なので包まれて下げながらのパターンにはなってしまうだろう。またこれまでの内容からも外からしっかりと順を追ってギアを上げて良さが出てきているだけに、後方外からで前がスローからペースをコントロールしてしまったときにはなかなか難しい。基本的に中弛みのような展開が無ければ後方一手が決まり切りにくいレースだし、内に中途半端な好位勢が揃っているのでそれより後ろでとなると…というのはある。2400ぐらいあった方が良いかなと思っているのでオークスでは結構面白いと思うが、この条件で結構骨っぽい上位勢がいるとは思っているし、突き抜けきれるかどうかというところかな。結構悩んだけど連下。


△タガノアスワド 

 ファンディーナではないがここ2走は少し時計的に掛かっている中でのトップスピード戦で良さが出た。そしてここ2走はどちらも極端にスローなので、もちろんここで61秒台としてもかなり基礎スピードを詰めてくる必要はある。ただ、前走のつばき賞に関してはファンディーナがタフな馬場でえげつないトップスピードの質、持続力を見せてきたのだが、この馬自身のレースラップで見ればL2はそのままで12.9 - 12.6 - 12.2 - 10.7 - 11.0とL2最速10.7。2F戦でしっかりとこの強烈な切れ味を引き出してきているようにトップスピードの質そのものはかなり高い。これはこの面子なら一番だと思うので、後はスローでレースを支配できるかどうか。流れてくると当然不安がある。


×キャナルストリート

 追い切りをよく見せたことと、前走はゲートも良かったしそれでも中間の展開の兼ね合いで下げざるを得ず直線も詰ってなかなか追いだせなかった。度外視するとして2走前のアイビーSは上位勢を相手にしっかりと質、持続力ともにある程度のレベルのものを見せてきた。後半勝負だとアイビーSのパフォーマンスでは辛いが、前走ぐらいのポジション取りができればこの面子で内枠なら2列目ポケットまで狙えるはず。スローで2列目からの競馬なら府中適性高い馬が多いマンハッタンカフェ産駒、半姉は結構厳しい流れに強かったブロードストリート。結構素材的にはまだ底を見せていない馬で追い切り面諸々押さえておきたい。


×ドリームマジック


 ヤマカツグレースやニシノアモーレ辺りと悩んでこれを選んだ。ヤマカツはスローになった時に前目でやれてもトップスピード持続力で物足りない、ニシノはフリージア賞組をそんなに評価していないし時計も遅く4角で動いて上がり3Fだけなら早くできる形。L1まで伸びてきたけどさほどでも。それなら前走未勝利でスローからの12.7 - 12.6 - 11.5 - 11.5 - 11.5というラップでL2の坂の上りで外からグングンと差を詰めてきたドリームマジックを取りたいかなと。質的に圧倒できるほどではないけど、石川で我慢しながら内を取ってくれそうだしそういう競馬も合うと思う。ホウオウパフュームより前で競馬してほしいけど、上手く噛み合えばこの面子なら圏内チャンスはあるかも。かなり人気もないし手広くいくなら押さえておきたい。




<PR>
オークスの出走権利を懸けた熾烈な戦い

第52回 フローラS (G2)

ホウオウパフューム、フローレスマジックが注目を集めそうだが

ここで狙うべき【超穴馬】がいる!

上位人気馬との組み合わせでも
馬連想定30倍!



第52回 フローラS (G2)
【超穴馬】


今すぐ無料で教えます

フローラSの超穴馬はコチラ


◆勝負情報・穴情報で大きく獲った!

阪神8日目12R
◎セセリ(7番人気)
馬連2点目:4380円的中
3連複:5460円的中
3連単:3万7750円的中

中山8日目5R
◎チリーシルバー
○サクレエクスプレス
(5番人気)
馬連3点公開:1090円的中
3連複:3650円的中
3連単:2万1060円的中

第77回 桜花賞(G1)
◎ソウルスターリング
3連複:5020円

中山5日目10R湾岸S
◎ワールドレーヴ
馬連1点目:4300円
3連複:4160円
3連単:2万8460円

福島1日目5R
◎ハギノパトリオット
馬連:2860円
3連複:2570円
3連単:1万8800円

阪神5日目1R
◎タガノリアン
馬連2点目:2950円
3連複:3680円
3連単:1万6620円

阪神6日目10R
大阪―ハンブルクC
◎ブラヴィッシモ
馬連1点目:820円
3連複:2260円
3連単:1万4120円

福島2日目7R
◎コンボルド
馬連2点目:630円
3連複:1880円
3連単:1万0580円

フローラSの超穴馬はコチラ

pngワールド:フローラS300-250

投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

関連記事

2018福島記念予想【※レジまぐ予想記事有料配信】
2018クイーンC予想【※レジまぐ予想記事有料配信】
毎日王冠の予想 買いデータ&データ消去法まとめ
アンタレスステークス 2017 予想:本命13アスカノロマン
今週の重賞データ分析まとめ(セントライト記念,ローズS,阪神ジャンプS)
noimage
今週の重賞データ分析まとめ(エプソムC,マーメイドS)
みやこSの予想 買いデータ&データ消去法まとめ
凱旋門賞の予想 買いデータ&データ消去法まとめ
2018阪急杯予想【※レジまぐ予想記事有料配信】
noimage
2018富士S予想【※レジまぐ予想記事有料配信】
ローズSの予想 買いデータ&データ消去法まとめ
レジまぐ商品の購入はこちら!

Menu

HOME

TOP