投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

マイラーズカップ 2017 出走予定馬・プレ予想:プロディガルサン、東京新聞杯はドスロー過ぎだが、鋭い末脚を引き出せるペース、枠なら

2017 4/23(日)
第48回 マイラーズカップ(GII) 京都芝外1600m
予想用・出走予定馬一覧
マイラーズカップ2017の予想用・出走予定馬一覧


 東京新聞杯では上がり32.0と異次元の末脚を引き出して2着に食い込みマイル戦線で結果を残したプロディガルサンがマイラーズカップに出走予定だ。前走の金鯱賞では再び中距離路線を試したが先行してイマイチ伸び切れず。再びマイルの重賞路線、あの強烈な32秒台の脚を引き出せるかまではともかく、末脚を引き出して適性を再証明したい。


 まあ2走前は流石に当てにはしづらいが、トップスピードの質、持続力的に高いレベルのものは見せてきた。マイルの流れにどこまで対応できるかという点では正直あれでは未知数だが、ここもペースがそんなに上がらない可能性が高いのでチャンスはあるかな。


東京新聞杯(GIII)  2着 10頭5枠5番
東京芝1600m良 1:34.9(+クビ) 49.8-45.1 S^5
12.8 - 12.0 - 12.4 - 12.6 - 12.4 - 10.9 - 10.8 - 11.0

 2走前の東京新聞杯はマイル戦ではあるが流石にここまで遅いと何とも言い難い。4.7で極端なドスロー、ラップ推移的にもL3の4角出口~直線序盤が入っているのでここでの立ち回りも少しは影響があったがほぼ直線勝負。3Fでこれだけのラップを引き出し続けるトップスピード戦と言っていいだろう。加速段階でのギアチェンジも要求されている。5番枠から五分に出て無理をせずに中団でエアスピネルを見ながら内目で進めていく。道中もドスローでエアを外において我慢しながら3角。3角でもペースが上がってこずに中団の内目で我慢、4角でも前にスペースを置きながら中団で直線。序盤で進路確保してから追いだされてL3の地点でエアスピネルの内からスルッと伸びてエアの前に出る。L1でもしぶとく維持して最後はブラックスピネルとの差も詰めていくが流石に位置取りの差が大きく捕えきれなかった。まああれだけドスローだとこの馬自身上がり32.0という究極と言って良いレベルの末脚を使っても先頭にいたブラックスピネルですら32.7で上がってしまうので…というのはある。ただ究極レベルのドスローではあるが、L2の最速地点でエアスピネルを上回る切れ、10秒半ばの脚はまず間違いない、というレベルの脚は見せてきた。


金鯱賞(GII) 7着 16頭1枠2番
中京芝2000m良 1:59.5(+0.3) 60.4-58.8 S^2
12.6 - 11.3 - 12.6 - 12.2 - 11.7 - 11.7 - 12.0 - 11.9 - 11.4 - 11.8

 前走の金鯱賞はペース的には結構楽だったと思うが後半の6Fのロンスパになったことで中盤以降ポテンシャルが問われての2段階加速、L2最速11.4と馬場が軽かった割にはそこまで速いラップを問われなかった。2番枠から坂スタートでもまずまずのスタート、そこから無理せずに楽に先行集団で進めて最終的には2列目の真ん中。2角辺りでは少し掛かり気味で手綱を引っ張る形でそのまま3角辺りまでは力みながら。3~4角でも2列目の内目で我慢しながらだがロンスパの流れの中でロスは少なく2列目で直線。序盤でそこから追いだされて坂の上りで一瞬は伸びかけるがL1で甘くなって最後は3着争いの各馬に呑み込まれての7着完敗だった。入りは緩めだったが中盤以降はそこそこ流れていてそれでも掛かり気味、そこで分散させられたことで要所の鋭さを削がれたしL1も甘くなった。セントライト記念の内容からも2000自体が長いわけではないと思っているが、出していったこともあるしやはり前半から掛かっていたのもある程度影響があったのかなという一戦かな。ポテンシャルを問われての2段階加速向きではないという感じ。


セントライト記念(GII) 3着 12頭7枠9番
中山芝外2200m良 2:13.3(+0.2) 61.0-59.6 S^1
12.5 - 11.6 - 12.0 - 12.2 - 12.7 - 12.5 - 12.5 - 11.7 - 11.7 - 11.5 - 12.2

 4走前のセントライト記念も振り返っておく。1.4でスローペース、ラップ推移的には中盤少し息が入っての4F戦というところ。トップスピード面はさほど問われず、中間的な脚を連続するポテンシャル戦的な色合いが強い。9番枠から五分のスタート、無理はせずに控えて後方集団で進めていく。道中も中団から少し離れた後方集団の外目で様子を見ながら、向こう正面の緩みで少しずつ中団に取り付きつつ、ディーマジェスティの仕掛けを意識、少し掛かり気味である。3~4角でディーマジェが一気に仕掛けたその後ろをしっかりと追走、4角で手が激しく動いてディーマジェの一列後ろ、2列目で直線。序盤でそこから追いだされてジリッと差を詰めてくるがこの馬自身少し内に刺さっていてディーマジェも少し外に寄せてきたのもアリ接触。そこからは甘くなっての3着までだった。この馬自身がしんどくなって内に寄れていた側面があったので不利の是非に関しては何とも言えない。接触が無かったとしてもこれまでのこの馬の傾向的にはラストは甘くなったのかなと。この距離で戦うには使える脚がそこまで長くないなという認識ではある。


2017マイラーズカップに向けての展望

 ひとまず高速馬場が望ましいというのはある。ペースバランス的に見ても前半無理をしたり、緩い流れでも適度なスローでポジションを取っていった前走の金鯱賞も掛かっていたにせよラストが甘かった。セントライト記念やダービーでもそうだが、スローでもある程度早めの仕掛けで分散しながらでは一瞬の切れ味も少し削がれている感はある。東京新聞杯の場合は究極レベルのドスローでほぼ歩いていたからこそ、あそこまで強烈な偏差のあるラップを踏むことになったし、この馬自身10秒半ばの脚を引き出せてきたといえる。なので今回も高速馬場でスローなら強烈な偏差が生まれやすい条件が望ましいと。例えるなら48-45でレッドアリオンが勝った年のような形ならばというのはある。流れてしまったときには究極的な切れ味をどこまで引き出せるかは何とも言えないかな。とはいえマイル路線なら中長距離路線で問われるTS持続もそこまで高いレベルでは要求されないし(イスラ辺りでも結構踏ん張れるようになっている)、或いはポテンシャルとの合わせ技というようなパターンは少なくなるので、その分だけL1の甘さは解消されやすいかなと思う。なので2秒前後のスローで内内を立ち回るチャンスがあれば当然怖さはある。その点では今回のメンバー構成を見る限りではこの馬にとっては噛み合うチャンスは十分あるかな。ゲート自体は悪くないししっかりとポジションを取って序盤のスローの内に良い位置を確保できるかはポイント。それと気性的に掛かる面が出てきているので、外枠を引いて壁を作れないままコントロールに苦労という形もありそうで、その辺りは割り引いた方が良いかもしれない。枠やポジション、展開次第だがスローなら鋭く切れるトップスピードという武器は持っている。



PR【オッズで外れまくる最近の重賞。データで当てる本当に強い馬って!?】

皐月賞を見に、中山競馬場に行ってきました!
天気良好!出走馬が続々と登場し、生ファンファーレ!!

競馬場全体が熱気と興奮で盛り上がり、会場では
「 ファンディーナー!!!! 」
目の前のおばちゃんまでもが、
「 ファンディーナー!!!!!! 」

日本全国の競馬ファンがファンディーナに期待しているのはわかりますが、
6頭BOXで買った自分の馬券にはファンディーナは入っていません。

それでもみんなとの盛り上がりに混ざって応援!
僕の目的は、4番人気ペルシアンナイト!
僕が使っている 「うまコラボ」というサイトで1着予想です!

M.デムーロ騎手が騎乗し、期待あり!
まわりには、
「 ペルシアンナイトー! 」と叫ぶ人は一人もいなかったので、
心の中で叫びました。





さて、ここからは皆さんもご承知の通りの結果です。

1着:(9番人気) アルアイン
2着:(4番人気) ペルシアンナイト →うまコラボ1着予想
3着:(12番人気)ダンビュライト
<配当>
単勝:2,240円
馬単:20,720円
3連複:176,030円
3連単:1,064,360円

注目のファンディーナは7着です。
この結果から学べることは、オッズはあてにならない!
「 人気が一人歩き 」している傾向があります!

ここ最近の重賞で、1番人気が1着にならないレースが続いています。
また、1着が馬券にすら絡まないレースも多くなってきました。

異常投票でのオッズ崩れや、話題性からのオッズ崩れが見られます!

このままじゃ、どう予想しようとしても正確な数値から予想できないし、
まず当たりません。


では、異常投票や世間の話題・評判をまったく無視した予想をどう出すか。

それが今回僕が使っていた 「 うまコラボ 」というサイトがおススメなのです!

出走馬全頭のスピード指数、適正指数、統計データ、血統理論、
この4つのデータ過去5年分をシステムにぶち込んで強い馬を教えてくれる。
【 全レースの、強い馬、勝てる馬 】を自動で割り出してくれます!


それでもアルアインやダンビュライトの、
オッズでもデータでも読み切れない馬は稀にでてきます。
もちろん100発100中の的中を出すのは現実的に難しく、皐月賞は外れてしまいました。
しかし、桜花賞(3連単94,890円)・ニュージーランドT(3連単496,220円)
を的中させた実力は証明されています!

皐月賞で評価をするならば、
ペルシアンナイトの強さを見極められていたところ。そして、
ファンディーナが好走できないことを見極められていたところ(うまコラボ予想:9着)です。
ペルシアンナイトの好走を前提とした馬券購入ができましたし、
ファンディーナを馬券から容易に外すことができました。


今週はフローラステークス、そして来週は天皇賞春。
5月にはダービーだってあります!

人気だけが一人歩きしていいる昨今の重賞レース。
JRAオッズは、予想をする人間にとっては見てしまいますが、
予想を惑わす、やりずらい情報です!


過去出走データから、強い馬を割り出す!
JRAオッズ無視の競馬予想 「 うまコラボ 」
的中率が急激に上がる事、間違いなしのお得情報サイト!
ぜひあなたの予想のお供にしてみることをおススメします!


サイト利用料なんですが、
すべての情報が無料と言ったらさすがに厳しいらしいのですが、
うまコラボは半分くらいのレースは無料で全部公開してます!
全レースみたいときは月額1,980円だけかかっちゃいます。
あと点数絞った推奨買い目も公開してくれますね!

フローラステークスは無料予想が決定しています!
他、重賞は月額のメニューですが、
読売マイラーズカップG2
福島牝馬ステークスG3、すべて予想します!


先日で言うと、無料予想の桜花賞で8万円的中して満足するのも良し!
有料予想だったニュージーランドTを当てて50万手に入れるか。
1,980円勿体ないからってことで50万見送るか。

でも1,980円も大事なお金!自分の予算内で見極めて
参加できる人は参加してみて下さい!
月額なんで、天皇賞春まで予想は全部見れます。

馬券の購入方法も自分の予算内で!

競馬を楽しみつつ、簡単に勝つ!
データ精度の実力と結果がしっかり備わったサイトだと思います!


G1に囲まれたフローラステークスG2、
通常のG2と違い必然と注目度は高まるでしょう!

そして、すでに前走の単勝人気が重要なポイント。と世間では言われています。
つまり、昨今の重賞に見られる「 人気の一人歩き 」現象が起こりそうです!

という事は、人気馬への集中投票・・・可能性大。
しかしその馬は・・・ただの人気馬の可能性。
つまり・・・勝てる馬は別にいる!配当が荒れる!


JRAオッズ無視の完全データ予想サイト「うまコラボ」
レース予想公開は前日の夜!

この貴重なデータが、あなたの的中率を急激に上げます。
→  http://www.collabo-n.com/
投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

関連記事

平安ステークス 2017 出走予定馬:クリソライト、地方交流では良いが中央の多頭数で良い位置を取れるかがポイント
富士ステークス 2017 出走予定馬:ブラックムーン、嵌った時の破壊力は確かも…出負け癖、二の足遅く噛み合わないと
CBC賞 2017 出走予定馬:メラグラーナ、高松宮記念は道悪で出負け、外々とロスが多かった…改めて良馬場で切れ味を引き出せるか
函館記念 2017 出走予定馬:マイネルミラノ、コーナーの魔術師、小回りで真価を発揮し連覇を狙う
日経新春杯2018 出走予定馬:パフォーマプロミス、ポテンシャルが高い馬で前を取れるのも強み…ペースが上がると未知数だが
函館記念 2017 出走予定馬:サトノアレス、2歳王者が函館参戦、巴賞は鋭さ見せたが厳しい流れで戦えるかがポイントだ
エプソムカップ 2017 出走予定馬:ヒストリカル、ハイペースでも対応、L1まで食い込む末脚は不気味で差し込み警戒だ
ターコイズステークス 2017 出走予定馬:ラビットラン、世代屈指の鋭い末脚をもつ実力馬…追走力に難あり中山マイルをこなせるか?
みやこステークス 2017 出走予定馬:テイエムジンソク、厳しい流れに持ち込んでこそ良さ…ハイペースを作れるか?
京都金杯2018 出走予定馬:ラビットラン、ローズSの末脚は魅力もマイルの距離がカギ…前半スローでも脚を残して出し切りたい
七夕賞 2017 出走予定馬:ヴォージュ、瞬時の反応鈍く、早めに仕掛けての押し切りを狙いたい
京都大賞典 2017 出走予定馬:ミッキーロケット、真価を問われる一戦も…高速馬場の京都2400mでとなると難しいかも
青葉賞 2017 出走予定馬・プレ予想:ベストアプローチ、なかなかかみ合わないが素質は確か…今回こそしっかりと末脚を出し切りたい
平安ステークス 2017 出走予定馬:グレイトパール、ダートで無傷の5連勝となるか?総合力を見せつつ底を見せず…強敵相手にここが試金石
京都金杯2018 出走予定馬:クルーガー、骨折明け以降もバテ差しに存在感…ある程度流れてほしい
レジまぐ商品の購入はこちら!

Menu

HOME

TOP