投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

フローラステークス 2017 出走予定馬・プレ予想:アロンザモナ、

2017 4/23(日)
第52回 フローラステークス(GII) 東京芝2000m
予想用・出走予定馬一覧
フローラステークス2017の予想用・出走予定馬一覧


 桜花賞に果敢に挑戦も14着、そして果敢に中一週でフローラステークスに出走予定なのがアロンザモナ。紅梅ステークスではしぶとく抜け出して道悪のタフな馬場で強い競馬を見せてきたが、前走の桜花賞ではそれを引き出せずの完敗。更に距離延長がどう響くかだが、背水の陣で臨むこの一戦、何とか権利をもぎ取りたい。


 タイプ的に見てもやはり基礎スピード面は問われた方が良いと思うし、その中で桜花賞で完敗を喫しているところから考えるとやっぱり距離延長がプラスに働く感じはしないかなと。賞金的に出られるであろうメンツの中ではあまり狙いたくない方の馬になる。


紅梅S(OP) 1着 9頭3枠3番
京都芝外1400m稍 1:22.4 34.2-36.4 H^3
12.0 - 10.7 - 11.5 - 11.8 - 12.3 - 12.0 - 12.1

 ベストバウトはやはり1400m戦の紅梅S勝ちから。ペースは2.2で超ハイだがこれは単騎逃げのもの。実質的に離れた番手で見れば大体35秒前半ぐらいなので恐らく実質は平均ぐらい。その中で3番枠から五分のスタート、そのまま無理せず離れた中団の外目で入っていく。3~4角でも中団の中目で仕掛けを意識、4角辺りで手が動いて直線で外に持ち出し4列目。序盤でそこからジリッと伸びてまず2列目に取り付いてくる。L1で粘っているエントリーチケットをきっちりと捕えきった。L1で大体2馬身差を捕えて11.7あたり、L2で4馬身ちょっとを2馬身と考えれば大体11.6ぐらいというところ。恐らくある程度流れて仕掛けのタイミングが遅くなっての2F戦でしっかりと末脚を引き出せたというところか。パワー型の基礎スピードを問われていたし、実質的に見ても平均では流れていたことを考えれば1400らしい競馬になったと思う。その中でしっかりと後半の末脚を引き出してきた、ポテンシャル面もこの面子の中では最上位だったかなと。ある程度の距離をこなす目途は立てているが、流石に1800以上でゆったり目からの後半特化でというのは流石に繋がらないかなと。


桜花賞(GI) 14着 17頭6枠11番
阪神芝外1600m稍 1:35.8(+1.3) 46.5-48.0 H^1
12.7 - 10.9 - 11.1 - 11.8 - 11.8 - 11.5 - 11.9 - 12.8

 前走の桜花賞はマイル戦、そしてその中でタフな馬場で厳しい流れとこの馬にとってはある程度力を出しやすい条件だったかなと思っていたが完敗だった。11番枠から五分に出てあまり無理せず、中団ぐらいの位置で進めていく。道中もソウルスターリングやリスグラシューの直後と良い位置で進めながら3角。3~4角でもリスグラシュー、ソウルスターリングの後ろで外目を回すが動けず直線。序盤の段階で伸びが無く、そのまま最後まで良いところないまま完敗だった。この辺りからみても全体のペースがかなりのハイに近いレベルで流れている中で無理せずに入っていけたとは思うのだが、L3最速戦という以前に伸び脚が全く見られなかった。相手関係が強化されたのはあるにせよ、マイルでもある程度流れたチューリップ賞含めて後半の末脚でこれと言って見所が無かったというのは物足りない。


2017フローラステークスに向けての展望

 こうやまき賞は不利があったので何ともだが、やはりトップスピード戦への課題は拭えていない。ただ、新馬戦を見るとスローからのL1最速戦で11.2とはいえかなり楽に逃げ切っている。まあこの時はかなり軽い馬場だったので当てにはしづらいし、レースレベルも微妙なので強調はしづらい。時計が掛かっていた京都1400の紅梅Sであのペースからしっかりと一足は使ってきていたのだが、桜花賞ではそこまで難しくはない流れで一瞬でも良いところがあればよかったが正直なかった。あの感じだとやはり2000に延びるのがプラスと言えるかは正直微妙だと思っている。トップスピードの質的にも持続力としても高いレベルでは見せられていないし、現時点で府中の2000が合うとは思わないかな。もちろん桜花賞からの中1週はもとより、昨年秋からずっと使ってきているのは大きい…その辺の不安もあるので恐らく馬券的には手を出さないつもりの一頭。


<PR>
今週の皐月賞は予想外の結果となりましたね!
来週はどんな展開になるのでしょうか!

練りに練った予想が、平気ではずれてしまうのが競馬。
いま流行りの競馬サイトの情報を参考にすることもお奨めしたいところですが、
最近はサイトが乱立気味です。

情報発信が早すぎて、最新情報に対応していない競馬サイトを多く見かけます。

その点を考えれば、平日はほとんど情報を発信せずに、
週末で渾身予想を出してくる予想サイトの方がいいのかもしれません。

競馬サイトを使う際は、人員構成を公表しているもの、
情報源として騎手や調教師等の有力関係者を立てているところ、
動画や画像等のコンテンツを豊富に作成していたり、
様々なメディアへ露出しているサイトをおススメします!


サイト制作に力を入れていて、お金をかけてPRしていることから、
健全に運営をしている真摯な会社と判断できます。
そういったところの情報は当然、
予想家の実力もあるので、必然とG1クラスでも当ててきます!

その点で代表的なものは「プライド」でしょうか。

現役TM、
そして、現役を退き、今や予想家として現場で動き回る
元厩舎関係者、元騎手、元JRA職員で構成される競馬サイト
→  http://pride-k.com/



プライドの情報収集メンバ―がそろえば、
声を大きくしては言えない事や専門紙に書けない裏情報までも入手する事が出来ます!
そして情報収集後、分析を行った上で、更に「プロの予想」による最終精査を行います。

しかし、専属契約しているプロの予想家/業界関係者は、他社とは違い、
完全出来高制による報酬と3ヶ月で結果が出せなかった場合には契約を打ち切るシビアな関係です。
プロの予想家でも当てないと仕事が務まりません!

そのプライドと契約しているプロの予想はコチラから見れます。
ちなみに、今週のターゲットレースはやはり皐月賞のようです!
→  http://pride-k.com/



他にもプライド独自ルートによる入手情報として

■調教時計
「幾ら調教時計が良くても輸送や本番までキッチリと状態を維持出来ているか?
と言うのが重要になります。
目一杯追ったが為に本番で走らなくなるケースも毎週の様にあります。」

■乗り替わり
「乗り替わりとは言え、必ずしも馬主が勝ちに行く為に乗り替わる場合だけでは無いのです。
メインレースで良い騎乗をしてもらう為に、
試しとして用意する場合など馬主の事情や希望によって乗り替わっているケースも多々あります。」

■専門紙のコメント
「馬主の顔色をうかがう為の建前のコメント、
そして建前のコメント以外載せる事が出来ない専門紙の弱み。
ある調教師は「自分の発言以外は載せない様に」と取材規制を敷いている厩舎も存在します。」

他にもありますが、このような一般では知られていないような要素を盛り込んで、
買い目・データ・あらゆる情報を提供してくれます!

そんなプロの予想、今週のターゲットレース皐月賞の予想だけでも見た方がプラスですよ!
他の競馬サイト、予想専門誌にはない情報が入手できるはずです!
→  http://pride-k.com/
投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

関連記事

ターコイズステークス 2017 出走予定馬:ペイシャフェリス、展開のカギを握る…休み明けで状態面カギも流れを作って一足でどこまで
函館記念 2017 出走予定馬:ヤマカツライデン、2000mへの短縮、ハナを切ってもミラノの早仕掛けが厄介で…
エプソムカップ 2017 出走予定馬:アストラエンブレム、切れ味は非凡、別定戦で逆転可能もスローの上がり勝負が理想
京都大賞典 2017 出走予定馬:ミッキーロケット、真価を問われる一戦も…高速馬場の京都2400mでとなると難しいかも
ターコイズステークス 2017 出走予定馬:スローで鋭く末脚を引き出すタイプ…基礎スピード、器用さに疑問で中山マイルは不安か
東海ステークス2018 出走予定馬:モルトベーネ、内で我慢が利く馬で、スローで前目内目に潜んで浮上を狙いたい
クイーンステークス 2017 出走予定馬:クインズミラーグロ、総合力を高めてきて抜群の安定感…内枠で五分に出れば
フローラステークス 2017 出走予定馬・プレ予想:タガノアスワド、ここ2走極端なスローだが、前目から引き出す一瞬のキレは非凡
ラジオNIKKEI賞 2017 出走予定馬:クリアザトラック、古馬相手に前走完勝…前目から長く脚を使えるのが強み
神戸新聞杯 2017 出走予定馬:カデナ、春のクラシックは不満…ダービーもラストがいまいち、阪神外回りの2400で逆襲できるか?
京都新聞杯 2017 出走予定馬:プラチナムバレット、器用で弱点らしい弱点はないが、勝ちに行くと甘くなるところがあって
スワンステークス 2017 出走予定馬:レッツゴードンキ、激しい気性を何とかコントロールし、末脚を爆発させる形で安定
阪神牝馬ステークス 2017 出走予定馬・プレ予想:ジュールポレール、ゲートが上手く…スローで良い位置からスッと出し抜くのが持ち味
アイビスサマーダッシュ 2017 出走予定馬:プレイズエターナル、前走は出負けして難しい位置も、基本後ろからの馬で…
シンザン記念2018 出走予定馬:エアアルマス、距離延長の前走は直線ほぼ流してぶっちぎり…ラップ的にも優秀で素質は確か
レジまぐ商品の購入はこちら!

Menu

HOME

TOP