投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

アンタレスステークス 2017 レース回顧・結果:モルトベーネ、内で脚を残しつつ、直線しぶとく突き抜けた!

毎週日曜の22:00からツイキャスでの回顧ライブとなります。ラップや騎手など様々な観点から次のレース予想に繋がる回顧をお届けしますので、ぜひお聴きください。ライブ前にコメントで質問、レースの流れで気になったこと等を書き込んでもらえたらありがたいです!
http://twitcasting.tv/c:nandecas

競馬ナンデトップページからも視聴できます
http://www.keibanande.net



2017 アンタレスステークス(GIII) 阪神ダ1800m良
レース回顧・結果
1:49.9 48.8-48.7 M
12.5 - 10.8 - 13.0 - 12.5 - 12.4 - 12.1 - 12.1 - 12.0 - 12.5

 ペースは平均、L4の地点で12.1と最速に近いラップでそこから3Fを12.1~12.0と速いラップで踏み続けてという内容。基礎スピードとポテンシャルのバランスを問われていて、コーナーで速いラップ、コーナリング上手く内で我慢できた馬が結構穴目で来ているかなという感じ。50秒台を切ってきたし、良と言っても少し雨の影響が残っていた馬場なので高速よりではあったと思う。


1着モルトベーネ


 10番枠から五分のスタート、結構楽に二の足で先行集団に入っていったが、そこから無理せず控えて好位でという競馬。道中も好位馬群の中で進めながらも追走は結構楽に進めて3角。3~4角でもモンドクラッセの直後で我慢しながら2列目で直線。序盤でモンドの抜け出す直後を取りたかったがモンドがイマイチだったので外に出して進路確保し並びかける。L1で一気に突き抜ける競馬での完勝だった。このパターンが合っているのかなという感じ。ペースは平均程度だがそこでコントロールしながら、3~4角でロンスパになっているところで内目で立ち回って要所で抜け出す脚を残して直線に入ってくれば鋭く突き抜ける。東海Sなんかもそうだったけど、要所でしっかりと動けるのが魅力だし、これを1800の平均ペースでやれた。まあ好位で無理せず進めながら3~4角の立ち回りで上手く2列目まで押し上げてという競馬ができたのは噛み合ったと思うし、この馬としてはこの要所の一足を上手く活かせる条件が揃ってくればというところだろうと思う。かなり強かったけど軽いダートも合ったと思うし、ロンスパで後ろ、外から動く形ではパフォーマンスが落ちていると思うのでその点を踏まえると好走条件が今後広がってくるかどうかかな。嵌ればかなり強いし、中京1800だと両極端になりやすいから、今年のチャンピオンズCなんかは内枠引けば面白いかもしれんね。あと、こういうタイプは一度東京のマイル戦でも見てみたいね。芝スタートをこなせればかなりやれるかも。


2着ロンドンタウン


 4番枠から五分のスタート、そこからじわっと先行争いに加わっていこうとしていたが難しくひとまず好位列を見ながら中団で。道中は少し落ち着いた中で好位列雁行状態の真ん中で3角に入っていく。3~4角で好位列の中目から追いだしていくがなかなかな追走に苦労して直線。序盤でも3列目からかなり手ごたえ悪くジリジリ。しかしL1では最後まで伸びてきてポテンシャルで何とかばて差して2着を確保した。軽いダートで1800の平均ペース、モルトベーネなんかとは総合的に要所の良さやポジショニングといったところ、基礎スピード面も含めてちょっと見劣ったかなという感じ。こういう競馬だと1800でトップレベルでは本質的にはちょっと短いのかもしれんね。悪くはないんだけど、やっぱりもう少し前を取るかもう少しポテンシャルを活かして早めの動き出しをするか。1800mだと色々小器用さが足りなくてちょっと噛み合ってなかった感じになったかなあ。もうちょっと距離が欲しい感じはする。でもここまでやれたから力はつけてきていると思う。


3着ロワジャルダン


 5番枠から五分のスタート、そこから無理せず控えて中団の内でジッとする選択。道中も最内でマイネルバイカの直後から少しスペースを空けつつ3角に入っていく。3~4角でも3列目の内内からじょお所に進路をモルトベーネの直後に切り替えながら仕掛けを待ちつつ直線。序盤でも手応え抜群ではあるが仕掛けを待たされる。L1手前でモルトベーネが抜け出した直後をスルスルと伸びてきて2着争い3頭大接戦の中で3着を死守した。ん~追い切りイマイチだったのにかなり強い競馬をしているんだよなあ。映像的に見てもわからん部分はあるなあ…。とはいえ4角地点でモルトベーネがもうちょっと早めに抜け出していたらこの馬もつれてかなり伸びてきたと思う。直線半ばぐらいまで進路確保ができなかったからね。まあ内内を立ち回ったらそういうリスクと向き合う必要はあるんだけど、完全に嵌り切っていたわけではなく、動きたいところでかなり待たされたから。ただこの馬がここまでやれているのが評価の難しいところかなあ。と言っても常に安定しているんだけど、平均ペースで基礎スピードを問われつつ内で脚を残して大きく緩まない、ある程度軽いダート、このパターンでは侮れんなあ。まあ流石に追い切り面で切ったので、嵌り切れば2着あったかなというところまで走られては完敗ですね。


4着リーゼントロック

 
 11番枠から五分のスタート、押して先行集団の一角に上手く乗っていって最終的に2列目の外と理想的な入りかた。道中も平均ペースだが割と団子状態で好位列は固まっている中その前の2列目2頭分外で3角。3~4角でも前にプレッシャーをかけつつ一気に仕掛けていくが並びかけ切れずに直線。序盤で2列目から追いだされてジリジリと伸びて先頭列。しかしL1で内からモルトベーネに突き抜けられて最後は激しい2着争いにわずかに見劣っての4着惜敗だった。ん~この馬も買い時がマッチしていないなあ…。ここ最近の予想のスランプは馬自体の評価は合っていても微妙に展開的に嵌り切っていなかったりというのが多い。この馬もマーチSの段階では超ハイに巻き込まれてちょっと甘くなったけど、3走前の仲冬Sを勝った時みたいに平均で流れて、ある程度軽い馬場で良さが出たという感覚なのでここでもうちょっと狙っても良かったかなあという感じだった。結果的に馬券には絡まなかったけど、個人的にはやられてしまった4着なので。ホント、予想的に不調の時って強気に攻めきれずちょっと置きに行ってというパターンが多い。こういう馬をばんばん拾っていけるようにしないとダメやね。


5着アスカノロマン


 13番枠からまずまずのスタート、ただ先行集団が雁行状態となってしまってなかなか前に行ききれなかったし、最終的には好位の外と理想のポジションよりも一列後ろ。そのまま道中も無理せず進めたことで3~4角では凝縮する好位列の4頭分外とロスの多い競馬で外から勝ちに行く競馬となった。直線では2列目から一瞬は良い脚を使ってという競馬で先頭列には並びかけるがここで甘くなる。L1では伸びあぐねて2着争いからクビ差ぐらい見劣っての5着完敗だった。ん~噛み合ってねえんだよなあ。前走のマーチSでこれぐらいの位置、今回でマーチSぐらいの攻めの競馬が欲しかったし、先頭集団が揃っているなら逃げも意識して3角までに内の位置を取って前受してほしかった。後ろから仕掛けていく形では難しかったかな。まあ相手も結構強かったとは思っているけど、それでもロワジャルダンとの比較でこれまで見劣ってきた馬ではないからね。もうちょっと良い位置を狙ってほしかったかなあ。難しい競馬にはなってしまった。


9着グレンツェント


 6番枠から五分には出てそこから無理はせずに下げて中団やや後方。道中もちょうど中団凝縮している馬群の後ろから進めていくが3角の段階でかなり促されていて反応が一息。3~4角でも外々からゴーサインが出ているが押し上げきれず後方からの競馬で直線。序盤での伸びもイマイチでいつものキレがない。L1ではその手応え以上には差してきたがそれでもなだれ込むだけの9着完敗だった。ん~阪神1800って結構特殊なコースで、3角から動けない馬って結構多い。この馬の場合はそれが原因かはわからないけど、3角以降は明らかに反応で苦しんでいたし、きついコーナー2つってのが噛み合わなかったのかなという感じもする。ポテンシャル面はみやこSでも見せていたしなあ。展開だけ見てここまで崩れるような馬ではないはず。58kgも影響しているとは思うけど、それでも要所で動けなかったのは多分初めてになると思うし、阪神のコース形態が合ってなかったかもしれん。まあもうちょっと様子を見たいところはあるけど、本来ここまで崩れるような馬ではないはず。


11着ミツバ


 3番枠から出負けしたので最後方まで下げ切る競馬を選択。道中も最後方から進めて3~4角でも最後方、外々から追いだされるが反応できず置かれてしまう。最後はばてた馬を交わす以上に脚を使って伸びてはいたが惨敗だった。脚はあったが3~4角で動けなかった。ただこの馬はベテルギウスSでも外から動けていたと思うし、ちょっとここまで4角で置かれてしまった理由が分からないね。全然動けていなかったからね…。最後はきていたからばてていたんじゃなくて4角のコーナー地点で置かれたのがなんなのかというところ。まあちょっと気になる負け方だったかな。まあ出負けはともかく途中で動けずいい位置を取れなかったから、これを差し込むのはいずれにせよ難しかったとは思う。


15着モンドクラッセ


 7番枠から五分に出て積極的にハナを主張も内のショウナンアポロンがゴリゴリに主張するので控えて番手。道中も平均ペースを上手く作って番手で実質的にレースを支配と悪くない流れで3角。3~4角でも少し促す程度で余力を感じさせながら先頭列で直線に入ってくる。序盤でそこから追いだされて単独の先頭に立つぐらいの競馬をしたが一瞬。ラストは猛烈に逆噴射で下がっていってブービー。ちょっといくらなんでもL1下がり過ぎ…。怪我でもしてなければいいがというところ。L2の地点では一脚を使う余力はあったわけだからねえ。ここまで崩れてしまうと。1800は微妙に長い気はするし、芝スタート次第だけど一度東京マイルとか使ってみた方が良いかもしれんね。機動力で勝負したいタイプだし、高速函館1700でやれていたから結構面白いと思う。この感じだと一度距離を短縮も視野に入れた方が良いかも。



投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

関連記事

マーメイドステークス 2017 レース回顧・結果:マキシマムドパリ、スローで積極策、早めに動いてねじ伏せた!
京成杯オータムハンデ 2017 レース回顧・結果:グランシルク、田辺復活の重賞V…淡々とした流れの中で鋭さを引き出し完勝!
noimage
エルムステークス 2017 レース回顧・結果:ロンドンタウン、ぴったり内を立ち回って鮮やかに差し切り!
新潟大賞典 2017 レース回顧・結果:サンデーウィザード、終始促しての積極策が功奏…直線叩き合いを制し重賞初制覇!
阪神カップ 2017 レース回顧・結果:イスラボニータ、ラストランには惜しいラストの末脚…高速馬場のハイペースで真価を発揮しレコード!
レパードステークス 2017 レース回顧・結果:ローズプリンスダム、ハイペースで直線外に出してからが圧巻の番狂わせ!
noimage
中山金杯2018 レース回顧・結果:セダブリランテス、スローロンスパの流れを2列目外から正攻法で捻じ伏せた!
東京スポーツ杯2歳ステークス 2017 レース回顧・結果:ワグネリアン、厳しい流れでポテンシャルを爆発させての完勝!
小倉記念 2017 レース回顧・結果:タツゴウゲキ、代打秋山お見事…内から強襲し接戦を制した!
noimage
ローズステークス 2017 レース回顧・結果:ラビットラン、台風空振りの軽い馬場の中で和田竜二渾身の末脚炸裂!
noimage
noimage
レジまぐ商品の購入はこちら!

Menu

HOME

TOP