投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

アンタレスステークス 2017 出走予定馬・プレ予想:グレンツェント、馬場・展開不問の安定感、58kg課題と休み明けで勝ち切れるか

2017 4/15(土)
第22回 アンタレスステークス(GIII) 阪神ダ1800m
予想用・出走予定馬一覧
アンタレスステークス2017の予想用・出走予定馬一覧


 3歳時にはレパードステークスを制し、4歳となって今年初戦の東海ステークスで重賞2勝目を挙げたグレンツェントがアンタレスステークスに出走予定だ。前走はスローの流れを好位の外からしっかりと伸び切っての完勝。フェブラリーステークスは回避、地方交流GI路線を目指すためにもここは賞金を確実に加算したいところ。


 今回のポイントは58kgを背負ってきっちりと勝ち負けに加わってこれるかというところ。単純な能力的に見れば一枚上だとは思っているし、流れても大丈夫、スローでも大丈夫、動き出しの鈍さも徐々に解消されてきて総合的に見て隙が無くなってきたのは感じるので、斤量をクリアできればというところかな。


東海S(GII) 1着 16頭4枠8番
中京ダ1800m良 1:53.2 51.2-49.5 S^2
13.0 - 11.5 - 13.6 - 13.1 - 12.5 - 12.4 - 12.4 - 12.0 - 12.7

 前走の東海Sは意外とハイレベル戦だったかなと思っているが、ペース自体はかなりのスローだったのは間違いない。1.7でかなりのスロー、ラップ推移的にも2段階加速に近い形でL2最速。馬場も時計が掛かっていた。その中で8番枠から坂スタートでやや出負け、そこからリカバーしつつ中団の少し前目で進めていく。道中もスローの中で中団外、少し掛かり気味だが流石にここまで緩いと仕方ない。3角手前ではじわっと外目から押し上げていって好位列、そのまま4角では5頭分ぐらい外とロスの多い競馬になりながら3列目で直線。序盤でそこから追いだされてしっかりと最速地点の坂の上りで2列目まで押し上げる。L1でも最後まできっちりと伸び続けての完勝だった。後半の総合力勝負の中で、3~4角で外から押し上げてきっちりと捻じ伏せることはできた。またこの時はかなり時計が掛かっていて、パワー型の馬場でも結果を出してきたのは大きかったかなと。


師走S(OP) 1着 16頭5枠9番
中山ダ1800m稍 1:53.3 49.7-51.5 H^2
12.7 - 11.4 - 12.8 - 12.8 - 12.1 - 12.5 - 12.8 - 12.9 - 13.3

 師走Sでも結構強い競馬をしてきた。年末で時計が掛かる馬場状態、ペースも1.8でかなりのハイに入っている。また仕掛けどころもL5最速と基礎スピードを高いレベルで問われてのポテンシャル戦となった。東海Sとは展開が逆だが、その中で9番枠から五分に出て、少し狭いところはあったが中団の中目で進めていく。向こう正面ではハイペースながら比較的団子状態という中で中団馬群の中で進めながら3角。3~4角でも中団馬群の中目で進路が無い状況、徐々に外に誘導して4角で上手く進路を取って直線。序盤で3列目ぐらいから一気に伸びてきて2列目、L1で先頭列を楽に捕えたところに外からトラキチシャチョウの強襲を受けるが決定的ではなくしっかりと勝ち切った。3着以下は離しているということからも内容的にはかなり強い競馬、トラキチシャチョウもタフな馬場、厳しい流れとなった1800で良さが出た感はある。馬場も時計が掛かっていて同日の1000万下ブレンシェクールが圧勝で1:54.2。この辺りと比較して時計、ラップ推移的に見てもなかなか優秀だったといえる。厳しい流れでもしっかりと結果を残せたのは価値がある。


みやこS(GIII) 2着 16頭3枠6番
京都ダ1800m良 1:50.1(+クビ) 48.7-49.1 M
12.4 - 11.2 - 12.6 - 12.5 - 12.3 - 12.3 - 12.0 - 12.3 - 12.5

 3走前のみやこSも振り返ろう。この時は当然淀のダートなので時計が出易く、1:50.1と良馬場でも好時計での決着を時計差なしで2着してきた。L3の4角地点が最速でここでのロスもそれなりに影響があった。その中で6番枠から五分のスタート、好位列から進めていきつつ、最終的には下げて中団という形。道中も無理せず中団の内目で前にスペースを置きながら3角。3角地点ではまだ内目で我慢、徐々に外に回しながら最速地点の4角では中団の中目に持っていって、好位列の壁の後ろから外に回して直線。序盤で先に抜け出したアポロケンタッキーの外からしぶとく伸びて最後は急追、決定的に差を詰めてきたが最後は届ききらずの2着までだった。まあロス自体は最速地点で外から動いたアポロケンタッキーの方が大きかったのは間違いないが、それでもポテンシャル面でラストまでしぶとく2馬身差を詰めてきたというのは評価したいし、良でも比較的高速ダートの中でスピード負けしなかった、平均ペースの淡々とした流れでやれたのも評価が必要。


2017アンタレスステークスに向けての展望

 まあ今回のメンバー構成ならそこまでの強敵は不在だし、突き詰めれば58kgを背負って勝ち切れるかどうか。休み明けではあるし、正直ローテ的にはまだ明確な目標というのもないと思うのでどこまで仕上げてきているかもある。ただ前述のとおりタフな馬場でのスロー2段階加速、ハイペースでともに高いパフォーマンス。みやこSでは軽いダートの平均ペースできっちりと差し込んだし、レパードSではハイペース気味の中でのL2再加速動き出しできっちりと捕えている。要所の反応が良い方ではないが、ここ数走で徐々に良くなってきているし、明確な不安材料はほとんどなくなってきた。ただ、本質的には出し切って良さが出る馬だし、ルメールに変わるが仕掛けが消極的になって届かないというパターンはあり得るのでそこは意識しておきたい。それぐらいかなというところで、適性的には不安も小さいし阪神は初めてではあるがペースが落ち着いても流れても、淀んでもある程度動ける。今のこの馬なら問題なく好走してくるかなと期待したい。




サニーブライアンで皐月賞を制した大西直宏が

◎-(穴)の1点馬券で『帯封』を狙う

第77回 皐月賞 (G1)

皐月賞ジョッキー大西直宏の『結論』
◎-(穴)1点馬券
レース当日・無料公開

大西直宏の皐月賞1点馬券はコチラ


◆勝負情報・穴情報で大きく獲った!

第77回 桜花賞(GⅠ)
◎ソウルスターリング
3連複:5020円

中山5日目10R湾岸S
◎ワールドレーヴ
馬連1点目:4300円
3連複:4160円
3連単:2万8460円

福島1日目5R
◎ハギノパトリオット
馬連:2860円
3連複:2570円
3連単:1万8800円

阪神5日目1R
◎タガノリアン
馬連2点目:2950円
3連複:3680円
3連単:1万6620円

阪神6日目10R
大阪―ハンブルクC
◎ブラヴィッシモ
馬連1点目:820円
3連複:2260円
3連単:1万4120円

福島2日目7R
◎コンボルド
馬連2点目:630円
3連複:1880円
3連単:1万0580円

大西直宏の皐月賞1点馬券はコチラ

pngワールド:皐月賞300-250

投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

関連記事

富士ステークス 2017 出走予定馬:ブラックムーン、嵌った時の破壊力は確かも…出負け癖、二の足遅く噛み合わないと
鳴尾記念 2017 出走予定馬:デニムアンドルビー、エンジンがかかってしまえば破壊力は抜群…福永の腕が問われる一戦だ
神戸新聞杯 2017 出走予定馬:ベストアプローチ、動き出しは鈍いが…下り坂の阪神外回りで末脚を出し切りたい
レパードステークス 2017 出走予定馬:ハルクンノテソーロ、良い脚は本当に一瞬だが、馬群に包まれても瞬時に加速できるのは魅力
セントライト記念 2017 出走予定馬:アルアイン、皐月賞馬の実力を新コンビのルメールが引き出しダービーの雪辱なるか?
クイーンステークス 2017 出走予定馬:クインズミラーグロ、総合力を高めてきて抜群の安定感…内枠で五分に出れば
セントライト記念 2017 出走予定馬:セダブリランテス、前走厳しい流れを先行して抜け出す横綱競馬…距離延長でも強気の競馬ができるか
AJCC2018 出走予定馬:トーセンビクトリー、田辺とのコンビは不気味…積極策で支配し仕掛けを待てれば或いは
マイラーズカップ 2017 出走予定馬・プレ予想:プロディガルサン、東京新聞杯はドスロー過ぎだが、鋭い末脚を引き出せるペース、枠なら
京成杯2018 出走予定馬:ジェネラーレウーノ、葉牡丹賞で中山2000をクリアもスローで辛勝…不安も結構多く
みやこステークス 2017 出走予定馬:ローズプリンスダム、消耗戦でもばてずに一足…テイエムのペースなら怖い一頭
スプリングステークス 2017 出走予定馬・プレ予想:ウインブライト、前走見せたポテンシャルは牡馬最上位勢に楔を打ち込めるレベル
中日新聞杯 2017 出走予定馬:スズカデヴィアス、器用でトップスピード戦でも強く…内枠で好位を取れればチャンスだ
武蔵野ステークス 2017 出走予定馬:カフジテイク、府中で見せる破壊力ある末脚は魅力…前走不満も直線の長い舞台でエンジン全開なるか
レパードステークス 2017 出走予定馬:エピカリス、世代屈指の実力は間違いないが…米遠征でハ行取り消し明けをどう見るか
レジまぐ商品の購入はこちら!

Menu

HOME

TOP