投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

阪神牝馬ステークス 2017 レース回顧・結果:ミッキークイーン、久々に勝利の美酒…ラストは流石のバテ差し!

毎週日曜の22:00からツイキャスでの回顧ライブとなります。ラップや騎手など様々な観点から次のレース予想に繋がる回顧をお届けしますので、ぜひお聴きください。ライブ前にコメントで質問、レースの流れで気になったこと等を書き込んでもらえたらありがたいです!
http://twitcasting.tv/c:nandecas

競馬ナンデトップページからも視聴できます
http://www.keibanande.net



2017 阪神牝馬ステークス(GII) 阪神芝外1600m重
レース回顧・結果

1:34.3 47.5-46.8 M
12.5 - 11.5 - 11.6 - 11.9 - 11.8 - 11.2 - 11.8 - 12.0

 まずは重馬場の割には時計はそれなりに出たなという感じ。ただ同日の3歳500万下のマイル戦でも1:35.0は出ていたし、マイル戦は日曜も含めてそこまで時計が出ていなかったわけでもないので、まだ現時点での時計評価は難しいところ。スロー寄りの平均ペースからL3最速で4角の下り坂最速。仕掛けも早い展開になっているし、基本的にはTS持続型、出し切った方が良い競馬にはなったかな。


1着ミッキークイーン


 6番枠から何とか五分に出たという感じ。そこから無理なくじわっと中団の内目に取り付いて流れに乗っていく。3~4角でも中団馬群の中に入り込んで少し促される。4角でジュールポレールの直後を突いて直線。序盤ではやはりジュールら動ける馬に少し置かれるのだがスペースができてから徐々に伸び始め、減速が顕著となったL1で破壊力ある末脚を見せて、久々の勝利を手に入れた。ちょっと考えすぎたかな。単純に道悪で仕掛けのポイントが早くなって最後の減速度合いが大きくなってしっかりとバテ差せればトップレベルのこの馬が勝って当然、というところで予想的には下手にこねくり回すとダメという典型になってしまった。調子が悪いときは得てしてこういう判断能力が拙いことが多いから、調子が悪い時こそなるべくフラットに自信をもってあまり考えすぎないこと、だと思う。反省が多い。馬自体は有馬でも見せているように基本的にはポテンシャルタイプで仕掛けが早くなれば減速地点での伸びはこのレベルの牝馬では一枚上。ショウナンパンドラがいなくなれば牝馬のポテンシャルタイプでは現役最強だと思うし、今回も3角以降動いていく過程では手応えの悪さを見せたけど、きっちりと減速地点でバテ差してきたのは流石でしょう。


2着アドマイヤリード


 16番枠から出負けして後方からの競馬はいつも通り。道中も無理をせずに後方集団の内目に入って仕掛けを待ちながら我慢。3~4角でも最内でジッと足を残しながらコーナーワークで上手く中団まで押し上げて直線。序盤でそこから最内に切り込んでスルスルと伸びてきてここではミッキークイーンより伸びは良い。L1ではミッキーにばて差されたがそれでもジュールポレールは撃破して2着を確保した。ルメールらしい、我慢したいところで我慢して脚を残して直線に入ってきたというのも良かったと思う。L3の4角が最速地点となっているのでここを最内で押し上げられたのはラップ推移的には良かったし、土曜~日曜を見ても内の馬場自体が悪いという感じはそんなにないので結構良い騎乗だったんじゃないかなと。馬自体はマイルでは忙しいかもと思った中、重馬場の平均ペースでこれだけやれたならひとまずクリアしてきたかなという感じ。軽い基礎スピードと総合力が問われるヴィクトリアマイル向きではないと思っているけど、ここで賞金を詰めたのは今後を考えると楽になるかな。ここ数走の充実度をしっかり評価しないといけなかったかなあ。ローズS組の順序も変わっているし、ちょっとここを意識しすぎた。


3着ジュールポレール


 8番枠からまずまずのスタート、そこから楽に好位の中目につけて進めていく。道中で外から上がっていった馬がいたのでそれをやり過ごしながらじわっと追走して3角。3~4角でも好位の外目から進めながら促されつつ3列目で直線。序盤ですぐに2列目に取り付いて単独の2番手まで上がっていい脚を使う。L1で一瞬だけ先頭に立ったが外からミッキークイーンにあっさり、内からはアドマイヤリードの強襲を受けての3着と賞金積めず悔しい結果となった。結果的に見てもやはりL3最速戦で出し切りやすい展開になったのがこの馬のギアチェンジ含めた動き出しでの良さを活かし切れずの3着だったかなという感じ。道悪自体は問題なく戦えたと思うけど、それに寄っての展開面がマイナスに作用した形かなあ。こちらはアドマイヤリードとは逆に府中のマイルで見てみたい一頭だなと思っていただけに、ここで賞金を積んで本番に…と思っていたんだけどそれができなかったのは個人的にはちょっと残念だなあ。出て来てくれればチャンスはある一頭。


4着クロコスミア


 4番枠から好発、クイーンズを行かせてスッと控えて番手で実質的に主導権を握る理想的な入り方。途中でクイーンズリングが下げたので楽にハナを奪い取ってそのままレースを支配。3角でもペースを引き上げずに我慢、引き付けながら進めていたが4角で番手のエテルナミノルが突いてきたのでここで仕掛けて一気に出し抜く。序盤で3馬身ぐらい広げたがそこから甘くなるのがちょっと早く坂の手前では射程圏内に。L1では下がって4着完敗だった。結局仕掛けが早かったね。L3の坂の下りでエテルナミノルが競ってきてはいたけどここでは我慢してほしかった。L2の直線地点で一気にという競馬が欲しかったけどL3の4角地点で動いてしまったので減速が早かったし惰性を削いで坂の上りにも入ってしまった。本当にいい脚は一瞬しかないから、前受して仕掛けを極力待ちたかったがそれができなかったかな。特に今回はある程度ペースを作って縦長に近い競馬ができていただけに本当にもったいなかったかな。仕掛けを待てていたらミッキークイーンもアドマイヤリードも動き出しで内目で少し苦労した可能性が高かったし、もうちょっと際どい競馬になっていた可能性もある。いずれにせよ仕掛けをもうワンテンポ待ちたかったかな。


5着エテルナミノル


 13番枠からやや出負け、押して押してのリカバーで3角まで長い時間をかけて外から押し上げて先行していく。3~4角では番手の位置からクロコスミアにプレッシャーをかけていくが4角出口で一気に仕掛けられて出し抜かれる。直線では一気にジューヌエコールに抜かれ、勝負圏内からは置いていかれるが最後までジリジリと伸びてクロコスミアとの差はジリッと詰めての5着完敗だった。まあ出負けしてしまったしこのレベルでああいう競馬になるとちょっと難しかったかな。ただ、前後半のバランスもある程度基礎スピードを問われたわけだし、この馬としては悪くない流れになってはいると思うから現時点ではこのクラス相手にちょっと足りないなとは感じる。確たる武器が無いから展開や相手に恵まれないと重賞戦線でマイルではちょっと苦しいかもしれん。タイプ的にも少し距離を延ばして先行させてという競馬を見てみたいね。1周コースを試しても面白いと思う。


6着トーセンビクトリー


 5番枠から好発、意識的には出していかずに控えてという感じだったが思った以上に行けずに中団馬群の中に呑み込まれてしまう。そのまま3~4角でも中団馬群の外で進めて直線勝負。序盤でそこから追いだされるが少し窮屈。それでも捌いて一瞬は伸びかけたがL1でのバテ差しはイマイチで離されての6着完敗。使える脚の絶対量が足りない馬なのでああいう位置取りになってしまうと流石に難しいだろう。前に行ってこの流れでやれたかどうかはあるが、流石にあの位置では苦しい。意識的に出していかないというテーマがあったかもしれないけど、それでもあの競馬じゃあ馬券買ったファンは納得いかんでしょ。キタサンで勝ったのは良いけど武豊もそろそろ気持ちをしっかりと強く持ってもらわんと困るで。流石に2列目にはつけんと話にならんで。


15着クイーンズリング


 3番枠からまずまずのスタート、そこからじわっと出していくが押し出されるような形になってハナ。そこから控えて2列目のポケットで我慢する選択。3~4角でも最内を立ち回って進めたが置かれ気味に直線。序盤で追い出されて脚が無くすぐに取り込まれて失速。最後は下がってしまった。大幅な馬体重もあったし、その辺りが影響した可能性が高いとはひとまず思う。香港からの検疫明けで状態面に不安があった可能性も考えないといけないなと。レース分析で考えると良い条件ではなかった。重馬場も悪くはないが、L3最速で各馬が出し切りやすい流れなのでこの馬にとっては楽ではない。ただそれでも馬券圏内脱落ラインまでならともかくここまで失速したとなると正直適性とかそういったレベルの負け方ではない。香港帰国からの検疫以降、或いは香港遠征の段階で調整ミスがあったのかなあ。ヴィクトリアマイルではスローだと面白い馬だと思っているのでチャンスはあると思うが、状態面をしっかりとみておく必要はありそうかなあ。追い切りだけ見るといい雰囲気だったと思うんだけど、レースから判断せざるを得ないし、状態面が拙かったと判断するしかないと思う。


<PR>



今、あなたの競馬予想で的中率は何%ですか?

単勝・複勝・・・三連単。計算したことありますか?

4月に入り、G1連戦となりました。
桜花賞、皐月賞、天皇賞(春)・・・日本ダービー!
安田記念、宝塚記念!

全部当てたいですし、全部勝ちたいですよね!?

大阪杯当たりました?もう少し戻って高松宮記念当たりました!?

このサイトで全部当たりました!!
>>> http://www.collabo-n.com/lp/cheer/?ad_id=3381

週末のレースから、あなたの的中率が変わります。
しかも、タダで。


【 簡単に的中率を上げる方法がある! 】


血統理論、スピード指数など4つものデータを掛け合わせて、
データ管理で予想を提供する!

だから、予想がブレない!

JRAのオッズは無視!

だから穴馬が入ってくる!


その平均的中率は・・・
===================================

三連単37.2% 馬単58.3%
ワイド81.9% 複勝93.2% 単勝83.3%

===================================

信じられないかもしれませんがリアル数字です。

指数を見て、買い目を絞るだけ!!

それだけで、明日からこの的中率を手にすることができる!!

なぜこのサイトを今まで使わなかったのか、
なぜこのサイトに出会えなかったのか。

ここで出会ったのが、ラッキーです!
4月からの3ヶ月、勝ちまくりましょう!!

体験してみた人にしか感動は味わえません。
その体験は無料で試せます。

■桜花賞(G1)無料!→ 北条ブログを確認です!
■その他レース、一部月額1,980円の有料もあります。
>>> http://www.collabo-n.com/lp/cheer/?ad_id=3381

 
投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

関連記事

サウジアラビアRC 2017 レース回顧・結果:ダノンプレミアム、激流でも堂々突き抜けクラシックを意識させるレコード勝ち!
中日新聞杯 2017 レース回顧・結果:メートルダール、外から最速地点の直線登り坂で鋭く伸びての完勝!
みやこステークス 2017 レース回顧・結果:テイエムジンソク、まさに迅速なるハイペースのスピード勝負を4角先頭堂々押し切り!
京都大賞典 2017 レース回顧・結果:スマートレイアー、武豊がインベタズドンで同一重賞勝利最多記録!
noimage
noimage
金鯱賞 2017 レース回顧・結果:ヤマカツエース、変則連覇達成、余勢を駆っていざ大坂春の陣へ!
東京スポーツ杯2歳ステークス 2017 レース回顧・結果:ワグネリアン、厳しい流れでポテンシャルを爆発させての完勝!
阪神カップ 2017 レース回顧・結果:イスラボニータ、ラストランには惜しいラストの末脚…高速馬場のハイペースで真価を発揮しレコード!
青葉賞 2017 レース回顧・結果:アドミラブル、虹が掛かった府中で圧倒的な走りを披露し、堂々と掴んだダービーへの切符!
noimage
小倉記念 2017 レース回顧・結果:タツゴウゲキ、代打秋山お見事…内から強襲し接戦を制した!
noimage
ダービー卿チャレンジT 2017 レース回顧・結果:ロジチャリス、スローを番手でと理想的に進めて抜け出し完勝!
シンザン記念2018 レース回顧・結果:アーモンドアイ、異次元の末脚を道悪で発揮しまとめて差し切る圧巻の競馬!
レジまぐ商品の購入はこちら!

Menu

HOME

TOP