投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

【桜花賞2017の有力馬診断(後篇)】~前走アドマイヤミヤビに食らい付いて見せたのが初めての本気の姿=前々走までは本気出していないだけで地味戦績でも侮るべからずアエロリット~

☆桜花賞&土曜重賞ニュージーランドTの穴◎候補馬の馬名は人気ブログランキングへ(現在6位)で公開中!
☆当ブログに初めてお越しになった方は考えるヒントブログとは?トリセツ記事(印の意味など予想の見方からブログの軌跡まで)からご覧下さい
お気に入りのブログの更新通知をLINEで受け取れるようになりました

次回は「土曜予想」を金曜24時に更新します!
--------------------
【桜花賞の有力馬診断(後篇)~クイーンCでアドマイヤミヤビに食らい付いたのが初めての本気の姿=前々走までは本気出していないだけで地味戦績でも侮るべからずアエロリット~】
※印は[★激走候補~△やや有力~▽やや軽視~―無印」を表します

★アエロリット 牝3 横山典 55 美南 菊沢
2強以外3席目の最有力候補に考えたいのはコノ馬。
その他の3頭目候補馬は前哨戦までに2強に対して力の差を見せ付けられている馬ばかりですが、コノ馬だけは2強に対して“実質的に”底は見せていない戦績と言って良いのではないでしょうか。

前走イーンCは昨年メジャーエンブレムほどではないですがレーヌミノルによるHラップの先導で、純粋な能力比べのレースだった。もちろん、アドマイヤミヤビにとっても全力のパフォーマンスではなかったとしても、それに食い下がる走りをしたコノ馬を弱い馬だとはとても言えない。

ソラを使う面があって前々走までは全て本気を出していない戦績(のせいで人気が上がらないのなら儲けモノ)…前走クイーンCでのアドマイヤミヤビに食らい付く走りがコノ馬が見せた初めての本気の走り…それと同様に今回も名手の腕で馬の本気を引き出してあげるコトができたとしたら・・・・・。
ただし、その形が作るというのもそう容易な話ではなくて、それは枠順や当日の馬場状態(外差しパターンだと出し抜かれてしまう)を見極めて…ですが。


▽カラクレナイ 牝3 田辺 55 栗東 松下
前走フィリーズRは本来なら内有利気味の馬場で、出遅れ後方になった時点で危うくなるはずだった…のだが、やること全てが嵌まる絶好調デムーロ騎乗で[外枠・出遅れ・後方]という一見マイナス要素は全てプラス転化した結果の勝利となった。
クイーンC組やチューリップ賞組と比較して言えるのは、やはり戦ってきた相手関係的に世代トップクラスに通用する裏付けが無い点。
また、距離1400でも折り合い不安と、出遅れオンリーなど課題もある馬…デムーロ並のマジックが打てる田辺J確保は朗報で再度嵌まりの怖さはありますが・・・。


―ゴールドケープ 牝3 丸山 55 栗東 荒川
前走フィリーズRは出遅れた怪我の功名で、Hペース先行争いにも、不利多発にも巻き込まれずに、最後方からド嵌まりの競馬ができたのが全て。
この桜花賞では…もし再度末脚勝負ならばワークフォース産駒がディープ産駒に太刀打ちできるはずがないですし、先行策に切り替えても内有利だった阪神JFよりも上の着順を得られるイメージは難しいので…。


―ジューヌエコール 牝3 北村友 55 栗東 安田隆
前走フィリーズRでは、カラクレナイやゴールドケープとは逆に、Hペース先行の展開不利と内の渋滞に巻き込まれる不運の敗戦。
ただ、仮に不利なくて好走していたとしても、如何にもフィリーズレビューで激走しそうな短距離ダート適性を秘めてそうな前掛かりクロフネ牝駒。そのHペースでもあれだけ流れに乗る競馬(寧ろ微妙に持って行かれる位の前向きさも見せた競馬)をしたのは、この桜花賞に繋がる競馬だったとは言えないですし、もっと言えば阪神JF(4人気11着)のデジャブの様に我慢できない結果が目に見えてしまいます…。


▽ライジングリーズン 牝3 丸田 55 美南 奥村武
コノ馬の課題はテンション高。前走アネモネSはすぐ先に本番が控えた一戦というコトもあって、そのテンションを上げないコトを最重点要素に指定して挑んだ一戦だった。実際にも調教もややセーブ気味で、その余裕残しのデキながらも勝ち切った点では評価できる。

ただ、父ブラックタイドと母系にはBTの血で、実際に全兄はダート馬という血統。それでいて牝馬としては目立つ馬っぷりの良い雄大な馬体。それらしく、大外枠から力強い捲り脚で体力を前面出した競馬で捻じ伏せるという十八番とするレース内容を2走続けてさせて貰えたという側面は見逃せない。
『コーナリングの加速する脚が違うので、一気に先団に取りつけますね』という鞍上のコメント通り、少なくともマイルでは今回の中山条件がベスト中のベストなのは間違いない。

なので、もし良馬場の桜花賞となれば直線でのキレ負けが目に浮かぶのですが、まともな道悪となれば一転して無視できなくなる適性の持ち主という意味で▽評価にしておきます。

ただ、テンション高対策万全の前走にしてもややテンションの高い仕草は目に付いたので、その上で間隔詰まって初輸送というのは致命的にも成りかねないので…仮に極悪馬場でも重い印までは打てないですが…。

--------------------
☆桜花賞&土曜重賞ニュージーランドTの穴◎候補馬の馬名は人気ブログランキングへ(現在6位)で公開中!
《→桜花賞が外差し有利傾向と言われるのは、第一には過去がそれを引き起こす馬場になっていたからである。今開催の阪神は降雨時にはどちらかと言えば内伸びになる傾向で、とは言っても例年の最終週ならば外有利になるのが通例で、現段階の決め打ちは難しいですが…いずれにしても極端にはならないと思います。内枠先行馬や外枠差し馬にバイアス有利での激走を期待するよりは(2強以外では)地力上位のアエロリットか〇〇〇〇で行きたいと考えています。
ニュージーランドTは前々走までが最後方ポツンだったりでまともに競馬していないレースばかりで実力過小評価されそうな△△△△△を大穴◎候補と見ています。
この注目馬の馬名はココをクリックで開く人気ブログランキング で見られます!

次回は「土曜予想」を金曜24時に更新します!

お気に入りのブログの更新通知をLINEで受け取れるようになりました

--------------------

投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

関連記事

あなたも当選の醍醐味を味わってみませんか?
noimage
noimage
断水インザダークじゃん

断水インザダークじゃん

noimage
出走馬確定時点での今週の注目馬(2月24日~25日)
noimage
noimage
★激アツ エリザベス女王杯とG1当日の大ヤリは万馬券濃厚
noimage
noimage
noimage
noimage

ドル箱G1デー5

【パドック直前情報】京都3R 1番人気診断
2月18日(火)笠松競馬 全レース予想【盆梅特別】
レジまぐ商品の購入はこちら!

Menu

HOME

TOP