投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

桜花賞 2017 出走予定馬・プレ予想:アエロリット、前走見せたラストの食らいつきは面白く…2強の牙城を崩せるか

2017 4/9(日)
第77回 桜花賞(GI) 阪神芝外1600m 
予想用・出走予定馬一覧
桜花賞2017の予想用・出走予定馬一覧

 新馬戦を勝ってからは3度の2着…クイーンカップでは強敵相手に強い2着とクラシック戦線に急浮上してきたアエロリットが桜花賞に出走予定。前走はアドマイヤミヤビの強襲を受けたもののこの馬自身かなり高いパフォーマンスを見せて2着は楽に確保した。もちろんそれにソウルスターリングも加わってくるが、2強崩しの急先鋒として番狂わせまで持ち込めるか。


 個人的には前走はかなり強い競馬をしてきたなと思っているし、後半勝負にシフトして良さが出てきたなら桜花賞でも勝負できるレベルに来ているなと。総合力は非常に高いので信頼度は高いが、相手関係との比較でみるとやはりソウルスターリングとアドマイヤミヤビは強敵。展開の恩恵は欲しいが、それでもそれ次第で崩すチャンスはある一頭という認識だ。


クイーンC(GIII) 2着 16頭6枠11番
東京芝1600m良 1:33.3(+0.1) 46.8-46.4 M
12.3 - 11.1 - 11.4 - 12.0 - 12.3 - 11.3 - 11.2 - 11.6

 前走のクイーンCはかなりの高速馬場状態で時計的には出易い状況だった。ペースは平均だが3~4角で結構緩んでいて12.0-12.3からのトップスピード戦。前半の基礎スピードもある程度問われたし総合力…後半要素のギアチェンジやトップスピードの質といったところも高いレベルで要求された。11番枠から出負けして後方からまずは入っていく。道中も徐々にリカバーしながら少し掛かり気味。3~4角で外から動いていく形になって、中弛みもあって2列目で取り付く。4角でも前が仕掛けないので我慢して直線。序盤で追い出しを待ちたいところだが一気にレーヌが仕掛けたのでここで仕掛ける。L2でもジリッと伸びてくるがアドマイヤミヤビにキレ負けし、差し込まれてしまう。L1はそれでも思った以上に抵抗しての2着確保だった。クロフネ産駒にしては意外にもTS持続をかなり高いレベルで見せてきたなという印象だった。正直L2ではミヤビ相手にキレ負けしているのはあるんだが、L1の踏ん張りは結構目立った。それと中弛み自体は良かったと思うんだが、早い段階で掛かり気味に取り付いてしまって、4角の12.3の地点で我慢せざるを得なかったし、終始アドマイヤの目標にされてしまったのも響いた。かなり強い2着だったと思っているし、ゲートがもったいなかったかなと。


フェアリーS(GIII) 2着 16頭2枠3番
中山芝外1600m良 1:34.8(+0.1) 46.1-48.6 H^2
12.5 - 11.0 - 11.2 - 11.4 - 11.9 - 12.4 - 12.0 - 12.3

 2走前のフェアリーSではライジングリーズンに差し込まれたが内容は良かった。時計がある程度かかっている中で前半は46.1とかなり速くなってコーナーで減速が早い段階で来ていて、そこからのL2再加速という競馬。その中で3番枠からまずまずのスタート、ある程度先行争いに加わってきながら最終的に2列目で進めていく。ある程度レースラップに近い流れで進めていってという形だが3角以降前がペースを一気に落としてくるのでここでじわっと2番手まで上がる。仕掛けを待ちたいところだが3~4角で外から各馬が動いてきているのでなかなか難しく取り付かれて2列目で直線。序盤でそこから一足を使う体力を持っていたが、流石にL1では甘くなっての2着だった。このレースでは前半ハイペースに乗っていく形は良いとして、3~4角でかなり落ちたし、そこで我慢をせざるを得なくなって緩みで後続に取り付かれてしまった。勢いをつけて外から取り付いてきたライジングリーズンなんかと比較して差のない位置から直線勝負になってしまったのは響いたなと。前半厳しい流れで息を入れても脚を使えたのは魅力だが、やはりこの馬自身でも前半3Fで35.0で入ったのは馬場を考えると厳しかったと思う。クイーンCで軽い馬場でゆったり入って良さが出ただけになおさらかなと。サフラン賞も内容的には同じような感じで前半速い流れで中盤強烈な中弛みがあった。対応はしているがこういう競馬は前の馬には厳しい。


新馬戦 1着 14頭2枠2番
東京芝1400m良 1:22.8 36.6-33.7 S^3
12.7 - 11.6 - 12.3 - 12.5 - 11.3 - 11.2 - 11.2

 今にして思うとこの新馬戦は案外間違ってなかったというか、適性が出ていたのかなと感じる一戦。ペースはドスローで3F勝負なんだが、瞬間的なレースラップはそこまでインパクトはないが、L1を11.2でまとめてきたのは個人的には意外だった。2番枠からまずまずのスタート、無理せず控えて番手。3~4角でも我慢しながら直線。序盤で先頭に立ってそこからL2の段階ではダイイチターミナルにスッと差を詰められて危ういか?というところでL1で突き放しての完勝。使えるトップスピードの持続力がクロフネ産駒にしては高いな、という感覚。逆に言えば瞬間のトップスピードの質はさほどでもない。これはクイーンCでも見せていたがアドマイヤミヤビにL2で前に出られてしまっていた。それでもL1では差を広げさせずに食らいつけているように、この馬は意外とTS持続が武器だろうと。しかも前目からそれを引き出してくるのが強みかなと。


2017桜花賞に向けての展望

 ペースが速くてもそこからしっかりと一足を使えるように基礎スピード面は高いレベルにある。ただ前走のクイーンCで見せているように軽い馬場で前半無理をしなくてもよく脚を残せたことでしっかりと後半のトップスピード持続力の高さに繋げてきた。これは結構侮れない。桜花賞はそこそこ流れるが、それでも究極的には末脚の絶対量が最優先される舞台。TS持続力が甘いタイプの馬は苦しくなることが多いが、この馬の場合はそこが結構武器になっているので、後はポジションをしっかりと取ってというところだろう。前走は強いて言えば出負けしてしまったことで押し上げるタイミング以降終始アドマイヤミヤビに目標にされて、中弛みからのトップスピード戦でL2でキレ負けしてしまったし、ミヤビの射程圏での競馬になってしまった。そういう競馬になると苦しいので、アドマイヤミヤビが最速ラップを踏むまでにどれだけのリードを取っているかが一つポイントになるかなと思う。個人的には桜花賞なら乗り方次第で逆転は可能かなと思っていて、スローの方が良いのは良いが、基礎スピード面は高いレベルで見せてきているのはある。ハイでも加速する脚は見せているので、極端な中弛みに巻き込まれなければ平均ペースでもやれるタイプだろうと。逆にドスローでとなってしまうと究極的なトップスピードの質はそこまで高いレベルに無い、各馬が余力を持っている状況での直線勝負では序列は下がってくる。好走できるペースの範囲は広いけど、理想を言えば平均ペースでトップスピードをある程度要求されるライン、先週の馬場をイメージして考えれば大体47-46.5ぐらいで好位で入っていければ、ミヤビとの差で3列ぐらいあれば逆転可能の範囲。ソウルスターリングとの比較は正直難しいけど、前走の感じなら2強に割って入るチャンスが高い馬ではある。重い印~連下を打つ予定。



━━━━━━━━━━━━━━━━━

“競馬の神様”故・大川慶次郎が創設

 創業36年【ホースメン会議】の

実力を無料で体感できるキャンペーン
━━━━━━━━━━━━━━━━━
  100名限定 特別無料配信
  桜花賞(GI)・鉄板3点勝負

    ソウルスターリングが
  馬券に絡んでも30倍が狙える!
━━━━━━━━━━━━━━━━━

■直近の的中買い目
3/26 高松宮記念 2万3880円的中
3/26 中山11R 1万0760円的中
3/26 阪神8R  2万0920円的中
3/20 中京10R 3万2610円的中
3/18 阪神7R  2万2750円的中

桜花賞の3点勝負を見る方法!
pngホースメン会議:桜花賞300_250

投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

関連記事

桜花賞 2017 出走予定馬・プレ予想:レーヌミノル、ワンパンチ足りないも…ここ3走は仕掛けが早くなって甘くなった感
桜花賞2017枠順確定 ソウルスターリングは7枠14番
桜花賞 2017 追い切り・調教評価:ソウルスターリング、併走馬を行かせて馬なりで楽に取り付き絶好の気配!
桜花賞 2017 出走予定馬・プレ予想:ミスエルテ、フランケル産駒代表の座を奪還なるか?ここ2走はハイレベルではちょっと物足りない…
桜花賞2017予想参考 阪神芝1600mの血統データ
桜花賞 2017 予想用ラップデータ:追込み馬でも届きやすいレース…末脚の絶対量を持った馬が優位に
桜花賞 2017 出走予定馬・プレ予想:リスグラシューと武豊、勢力図の変化で第2グループの一角に…ただ少し時計が掛かると怖さはある
noimage
桜花賞 2017 出走予定馬・プレ予想:ライジングリーズン、ポテンシャル秘めるもトップスピード戦で惨敗したアルテミスSが不満
noimage
桜花賞2017の出走予定馬と血統データ
桜花賞 2017 出走予定馬・プレ予想:ソウルスターリング、唯一無敗の2歳女王…最強世代の桜冠を5連勝で戴冠となるか
桜花賞 2017 出走予定馬・プレ予想:カラクレナイ、前走見せた直線序盤での鋭さは魅力…マイルはカギだが全体で流れてほしい
桜花賞 2017 出走予定馬・プレ予想:ジューヌエコール、前走は不利が致命的…デイリー杯の再現で浮上できるか
桜花賞 2017 出走予定馬・プレ予想:ヴゼットジョリー、スローで末脚を引き出すのが大前提…それでも強敵多く楽な一戦ではない
レジまぐ商品の購入はこちら!

Menu

HOME

TOP