投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

ニュージーランドトロフィー 2017 出走予定馬・プレ予想:クライムメジャー、前走は苦しい競馬から坂の上りで勝ち切る競馬で侮れず

2017 4/8(土) 
第35回 ニュージーランドトロフィー(GII) 中山芝外1600m
予想用・出走予定馬一覧
ニュージーランドトロフィー2017の予想用・出走予定馬一覧

 混戦模様の中で、前走阪神1400m戦を強い競馬で勝ち切ってきたクライムメジャーがニュージーランドトロフィーに出走予定だ。前走はかなりスムーズさを欠く競馬となったが坂の上りできっちりと伸びて捕えての完勝。再度マイル戦に矛先を向けるが、マイルでは少し甘さを見せる形にはなっている。ここで結果を残してNHKマイルCに勇躍となるか。


 個人的にはマイルは良いと思うし、前走の感じを見ても1400はちょっと短い感じで何とか地力で勝ち切った形。トップスピード戦だとTS持続が甘いので、そういう競馬になりにくそうな舞台というのも歓迎だ。同タイプとして強敵のボンセルヴィーソらと比較してどこまでやれるか注目したい。


500万下 1着 8頭1枠1番
阪神芝内1400m良 1:22.1 35.5-34.9 S^1
12.6 - 11.3 - 11.6 - 11.7 - 11.8 - 11.4 - 11.7

 前走の500万下勝ちは時計的には平凡だし、相手関係もかなり楽だったと思う。ただそれを差し引いてもかなり難しい競馬になった中で最後は結構楽に勝ったのは立派。ペースは0.6でややスロー、ラップ推移的にもコーナーで息が入って4角出口から直線入りで最速の11.4、前も11.7と落としていない中での差し切り。1番枠からミルコ恒例の出負け、二の足でスッとリカバーして何とか2列目のポケットに入り込む。そのまま前にペースをコントロールされてしまって掛かり気味になる。3~4角でも我慢を強いられて2列目ポケットで直線。序盤で前が加速する流れで出し抜かれるし進路もない。L1の段階で勢いをつけられないまま1馬身半ぐらいの差を坂の上りでしっかりと自力で動いて勝ち切った。11.4の地点でしっかりと勢いに乗せて上り坂を迎えたい、という流れの中で速い地点で進路が無い、坂の上りで惰性が突き切っていない中で1.5馬身を差し切った。多分だけどL1は11.4ぐらい、L2では進路確保で後手を踏んで少し置かれていたのでレースラップより遅く11.5ぐらいだろうと思う。上がりで逆算しても大体そんな感じで、11.7-11.5-11.4~11.8-11.4-11.4ぐらい。いずれにせよ脚を出し切っているわけではない中で坂の上りでしっかりと余力を残していたので前が少し落とした程度でも差し込めた。流れとしては噛み合ってない中で勝ち切ったのは結構立派だ。レースレベル自体は平凡だと思うし、時計、ラップ的にも当時の超高速に近い馬場を考えれば平凡だが、この馬だけは評価が必要。


ベゴニア賞(5下) 3着 13頭4枠5番
東京芝1600m良 1:35.9(+0.3) 48.3-47.3 S^1
12.5 - 11.4 - 11.8 - 12.6 - 12.7 - 11.6 - 11.1 - 11.9
 
 ベゴニア賞はサトノアレスに完敗を喫した。個人的にはこういう緩めすぎてキレ負けするのが一番この馬にとっては良くないのかなという感覚。ペースは1.0でややスローなのでバランス的にはちょうどいいぐらいだと思うのだが中盤が極端に遅く12.6-12.7となっていて最速が11.1。最遅と最速で1.6も違うような競馬は合っていないというところ。5番枠からまずまずのスタート、そこから2列目の外目でコントロールしながら、少し掛かり気味で3角に入る。3~4角で前が極端に緩めてきたので団子状態になって仕掛けを待って3列目で直線。序盤で追い出されるが切れる脚が無くL2の最速地点でサトノアレスにあっさり前に出られてしまう。L1はそこそこ抵抗して差を詰めてきたがそれでも物足りない内容で完敗だった。明らかにキレ負けのパターンで、L1は最低限伸びてきていたしTS持続そのものはあるけど質的に足りないというところだろう。極端に緩んでしまったので基礎スピード面でも優位に持っていけなかった。その辺を考えると悪くはない3着かなと。


2017ニュージーランドトロフィーに向けての展望

 全馬出れば抽選対象ではあったので気にはなっていたが無事通過。ひとまず中山マイルが合うタイプではあると思うし、基礎スピードをある程度のレベルで持っていて、前走の1400m戦でも踏み遅れながら坂の上りで自身では加速に近いラップで入ってきた。2,3走前…サウジアラビアRCもキレ負けだし、基本的に速い脚を要求されると苦しいと思う。この辺からも中山マイルは面白そうで、後は相手関係との比較になるかな。ただボンセルヴィーソは結構強敵だと思っているし、この馬の場合はちょっと折り合い面で苦労している面があるのも少しマイナス材料。コントロールしやすいし基礎スピードの幅もあるという点ではどちらもボンセルヴィーソが上位、またスローでのトップスピード戦でも結果を残しているボンセルに対してこちらはキレ負けを懸念する必要があると。まあ上手く競馬ができればサトノアレス比較でTS持続は互角以上の競馬まで持っていけるかもだが、信頼度ではまずボンセルヴィーソの方が上だと思うし、穴人気しそうでリスクを取ってまで重い印を打つというのも難しいかなと思う。総合的に見て個人的にはボンセルヴィーソを上位に取りたい。ただマイル適性的にはメイソンジュニアより上になると思うので、その辺りと枠順や馬場、展開を考えての比較かな。



━━━━━━━━━━━━━━━━━

   ■第77回 桜花賞(GI)■

自信のペナルティ付き!もし、この
  桜花賞を3点で獲れなければ
 2017年の全GIレースを無料配信!

  →3点勝負買い目を無料公開

━━━━━━━━━━━━━━━━━

牝馬クラシック第一弾となる桜花賞。昨年の2歳女王ソウルスターリングは前哨戦のチューリップ賞を快勝しデビューから4連勝。無敗女王の座を狙う。デビュー戦こそ2着もその後は3連勝で女王の座を狙うアドマイヤミヤビ。 なお、フラワーCでは追うところなく馬なりで5馬身千切ったファンディーナは桜花賞には向かわず牡馬相手の皐月賞に参戦予定。衝撃的な勝ちっぷりだっただけに、牡馬相手でも通用すると陣営は判断したのだろう。今年はソウルスターリング、アドマイヤミヤビが中心となる桜花賞。

しかし、若駒の牝馬でもあり体調の変化も著しく、実力馬が馬群に沈むケースも少なくない。
過去10年では1人気で勝利したのはハープスター、アパパネ、ブエナビスタの3頭のみ。
1人気[3.2.0.5]、2人気[2.4.0.4]、3人気[2.1.1.6]と上位人気馬は安定した成績を残しているが、伏兵の好走も見られる。13年プリンセスジャック(14人気)、10年エーシンリターンズ(11人気)、08年レジネッタ(12人気)、エフティマイア(15人気)など二桁人気馬が馬券圏に好走し波乱の立役者となっている。今年は2強の形成ではあるが、人気の盲点となる馬も少なくないだろう。

実は、競馬セブンでは2強崩しに名乗りの上げているとある陣営の勝負情報を入手済。昨年の桜花賞でも1.5倍と断然人気メジャーエンブレムの不安情報を入手しており、確信の◎シンハライトから馬連1点目960円、3連複5650円、3連単2万0330円のパフェクト的中をお届け!

騎手・調教師・馬主・生産関係者と太いパイプを持ち、公にはならない裏情報を入手できる競馬セブンだからこそ、極秘情報を入手可能。今回無料登録をして頂いた方には情報は勿論のこと最終ジャッジの『桜花賞・3点勝負』を特別公開。情報配信は天候・馬場状態など、馬券に直結するありとあらゆる要素を加味したうえでジャッジするため、レース当日13:30頃の配信となるのでそれまでお待ち頂きたい。

  ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

━━━━━━━━━━━━━━━━━

   ■第77回 桜花賞(GI)■

自信のペナルティ付き!もし、この
  桜花賞を3点で獲れなければ
 2017年の全GIレースを無料配信!

  →3点勝負買い目を無料公開
PNG七騎の会:桜花賞300_250

━━━━━━━━━━━━━━━━━
投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

関連記事

ローズステークス 2017 出走予定馬:リスグラシューと武豊、ラスト1冠に向けて、前哨戦で成長を見せられるか?
中京記念 2017 出走予定馬:ピークトラム、今年は武豊とのコンビで昨年2着以上を狙うも…近走がもろに不満
マーメイドステークス 2017 出走予定馬:ビッシュ、スローで溜めても良い脚は一瞬…ポテンシャルを活かして早仕掛けで分散したい
平安ステークス 2017 出走予定馬:ケイティブレイブ、厳しい流れに持ち込み良さが…基礎スピードを活かして引き上げたいところ
キーンランドカップ 2017 出走予定馬:シュウジ、ここ3走の崩れは心配も、オーバーペースが要因の可能性高く…
神戸新聞杯 2017 出走予定馬:カデナ、春のクラシックは不満…ダービーもラストがいまいち、阪神外回りの2400で逆襲できるか?
阪神牝馬ステークス 2017 出走予定馬・プレ予想:ミッキークイーン、素材は勿論一流…勝ち切るなら末脚を出し切ってほしい
毎日王冠 2017 出走予定馬:マカヒキ、今年は国内で鋭さを蘇えらせたい…ライバルに向けて完全復活でエールを送れるか
みやこステークス 2017 出走予定馬:テイエムジンソク、厳しい流れに持ち込んでこそ良さ…ハイペースを作れるか?
京成杯2018 出走予定馬:ダブルシャープ、最後方大外ぶん回しの札幌2歳Sは圧巻…距離を延ばしてポテンシャル発揮を狙う
マイラーズカップ 2017 出走予定馬・プレ予想:エアスピネルと武豊、前走の雪辱誓うも先行馬が少なくペースがカギ
京王杯スプリングカップ 2017 出走予定馬:キャンベルジュニア、素質馬も超高速馬場の1400mで基礎スピード負け、キレ負けしないか
フォワ賞 2017 出走予定馬:サトノダイヤモンド、前哨戦でも強気に脚を出し切る競馬を期待したい
中山金杯 2018 予想用ラップデータ:前半スローになりやすく、L2最速率高し…序盤のポジション取りは重要か
小倉記念 2017 出走予定馬:ストロングタイタン、後半のポテンシャルは間違いなく…主導権を取って流れを引き寄せたい
レジまぐ商品の購入はこちら!

Menu

HOME

TOP