投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

ニュージーランドトロフィー 2017 出走予定馬・プレ予想:タイムトリップ、両極端な競馬で結果を出し…適性が読みにくい一頭

2017 4/8(土) 
第35回 ニュージーランドトロフィー(GII) 中山芝外1600m
予想用・出走予定馬一覧
ニュージーランドトロフィー2017の予想用・出走予定馬一覧


 カンナステークス、前走のクロッカスステークスとオープン特別を2勝しているタイムトリップがニュージーランドトロフィーに出走予定。2走前のジュニアカップでは厳しい流れの中での3着とマイル適性もある程度見せてきているが、今回は強敵が相手になる。賞金は足りているが、本番を目指してまずはここで結果を残したいところだ。


 この馬が一番個人的に理解できていない一頭になるかな。正直前走のクロッカスSで鋭く差し込んでくるとは全く思わなかったし、ああいう競馬をされてしまうと結構イメージの修正が難しくなる。ただ、受け入れないといけないのも事実だし、ジュニアCの内容面から考えてもメイソンジュニアよりは個人的にはマイル適性は高いかも、と思っている。後は相手関係とパフォーマンス比較で判断していきたい。


クロッカスS(OP) 1着 11頭8枠11番
東京芝1400m良 1:22.2 36.1-33.8 S^3
12.7 - 11.5 - 11.9 - 12.3 - 11.4 - 11.0 - 11.4

 まずは前走のクロッカスSから振り返る。東京芝1400m戦、当時は超高速に近いぐらいに軽かった。その中でペースは2.3と超スローでラップ推移的に見ても上がり3F勝負は一目瞭然。ギアチェンジを問われつつの後半の総合力勝負。11番枠から出負け、後方から進めざるを得なくなる。道中もドスローの中で中団には取り付いてきて射程に入れつつ3~4角でも緩い流れの中で馬群の中に入れて我慢して直線。序盤でそこから徐々に進路を外に持っていくがまだこの段階では伸びない。L2の坂の上りで徐々に差を詰めてくるとL1でグンと来て2馬身ほどの差を一気にとらえてきた。恐らくこの馬自身は2F戦に近いレベルで、L2では10秒台、L1でも恐らく11.0~11.1に近いレベルの脚を使って伸びてきた。この辺りからもトップスピード戦で新たな一面を引き出してきたとみるのが妥当。後は当日のほかのレースと比較しないといけない。距離が違うので難しいがドスローの3F勝負だった白富士Sが最速プロフェットの33.1。ただ、古馬500万下のマイル戦でも47.2-46.4とややスローの範囲で2着コスモヨハネも33.2と速い上がりを出して食い込み。時計で補正するとそこまででもない。この日は全体的にかなり時計が出ていた、速いラップを踏んでいたので、この上り33.3そのものをそこまで高く評価するのは危険かな。トップスピード戦としては凡戦だった可能性は高い。もちろんその中では明らかに2枚上のトップスピードの質、持続力を見せてきたのでこの馬は一定の評価が必要だろうと思う。こういう競馬ができたのは京王杯2歳Sでキレ負けを喫していただけに大きい。


ジュニアC(OP) 3着 16頭5枠9番
中山芝外1600m良 1:34.7(+クビ・ハナ) 45.9-48.8 H^3
12.4 - 10.7 - 11.1 - 11.7 - 12.3 - 12.4 - 12.0 - 12.1

 このジュニアC3着は個人的にはそれなりに評価していて、基礎スピードを高いレベルで問われながらも、しっかりと内内から一足を使ってきた。時計もそこそこ掛かっていた、その中で9番枠から好発を切ってそこからしっかりと番手につけつつ、上手くコントロールして2列目のポケットに控える。前のペースについていって、前に1馬身ちょっとぐらいのスペースを作りながら仕掛けのタイミングを待つ。3~4角でもそのスペースをじわっと詰めながらだが直線入りでも進路確保しきれずワンテンポ待たされる。そこからL1の坂の上りでしぶとく伸びて抜け出したディバインコードに食らいつくも最後はナイトバナレットにまとめて外から差し切られた。まあ負けはしたし、戸崎が悪いわけではないけど直線入りでの進路確保が難しい展開になった。上手くスペースを取りながら詰めつつ入ってきているし意識はできていたんだが隊列がそういう形になった、そんな中で先に外からスムーズに抜け出したディバインコードをしっかりと内から坂の上りで差を詰めてきた。勢いをつけきれない中でこれができたのは立派。ただこれも同日の1000万下と比較して、45.9-48.1でかなりのハイとはいえ1:34.0と時計的には見劣っている。少なくとも最上位レベルのパフォーマンスではないが、この世代なら合格点だろう。このパフォーマンスならディバインコードと比較して逆転する余地は十分あるだろうと思う。


2017ニュージーランドトロフィーに向けての展望

 前走でトップスピード戦への目途を立ててきたけど、今回は恐らくそういう競馬にはならないだろうと。ただ、ジュニアCの時ほどペースが上がってくるか?というのはちょっと疑問もある。この馬は極端な競馬を両方こなしてきているので、逆に平均的な競馬で総合力を問われてどうか?というのが今回興味深いところで、ジュニアCの感じなら要所で我慢を強いられても動けているし、中山マイルで先行馬に問われがちな、ある程度の基礎スピードとある程度のギアチェンジ面を両方持っているのは大きい。またゆったり入った前走で後半の末脚の質に繋げられてきてはいると思うので、その点でもマイルの距離は面白いのかなと。カンナSみたいにゴリゴリの1200m戦でもやれているからまったくつかめないところもあるが、血統的に見ると1200~1400色が強いのはあるし、父もシーキングザゴールド産駒なので1400辺りがというのも感じるところ。今の段階でもなかなか適性が掴めないし、取捨が難しい馬になりそう。ただ、ディバインコードやナイトバナレットと比較して厳しい流れでもやれていると思うので、田辺に替わってレースメイクを上手くして平均ぐらいから前受しつつ仕掛けを待てればというところかな。ジュニアC組の中では怖さは一番かなと思う。




━━━━━━━━━━━━━━━━━

“競馬の神様”故・大川慶次郎が創設

 創業36年【ホースメン会議】の

実力を無料で体感できるキャンペーン
━━━━━━━━━━━━━━━━━
  100名限定 特別無料配信
  桜花賞(GI)・鉄板3点勝負

    ソウルスターリングが
  馬券に絡んでも30倍が狙える!
━━━━━━━━━━━━━━━━━

■直近の的中買い目
3/26 高松宮記念 2万3880円的中
3/26 中山11R 1万0760円的中
3/26 阪神8R  2万0920円的中
3/20 中京10R 3万2610円的中
3/18 阪神7R  2万2750円的中

桜花賞の3点勝負を見る方法!
pngホースメン会議:桜花賞300_250

投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

関連記事

中山牝馬ステークス 2017 出走予定馬・プレ予想:ウキヨノカゼ、中山1800で持ち味の鋭さをロンスパで分散させられると微妙
セントウルステークス 2017 出走予定馬:ファインニードル、水無月Sで阪神1200適性を見せ、巻き返しに注意したい
ステイヤーズステークス 2017 出走予定馬:シルクドリーマー、前目から上手く立ち回っての粘り込警戒も…上位とは少し差がある
デイリー杯2歳ステークス 2017 出走予定馬:ケイアイノーテック、新馬戦はセンスの塊のような走りで鋭く抜け出し完勝…不気味
マーメイドステークス 2017 出走予定馬:マキシマムドパリ、愛知杯は圧巻も…エンジンの掛かりが遅く早めに動く意識を持てるか
新潟記念 2017 出走予定馬:タツゴウゲキ、今後は55kgに…新潟の2000でスローだと微妙な感はあり…
レパードステークス 2017 出走予定馬:テンザワールド、古馬相手に連勝の勢いで強敵撃破を狙う
京成杯2018 出走予定馬:ダブルシャープ、最後方大外ぶん回しの札幌2歳Sは圧巻…距離を延ばしてポテンシャル発揮を狙う
関屋記念 2017 出走予定馬:マルターズアポジー、ここ2走の失速が不安…マイルは問題ないが新潟外回りでキレ負けの懸念もある
フローラステークス 2017 出走予定馬・プレ予想:アロンザモナ、桜花賞から果敢に参戦も距離延長がどうか
新潟2歳ステークス 2017 出走予定馬:テンクウ、前走はドスローだが、ラストまでトップスピードを維持できるのは大きな武器
函館2歳ステークス 2017 出走予定馬:パッセ、初の函館で洋芝はカギも前走の時計は優秀だ
日経新春杯2018 出走予定馬:ソールインパクト、トップスピード戦では甘く…54kgを活かし前目からしぶとさで勝負したい
北九州記念 2017 出走予定馬:キングハート、ハイペースでもこなした前走は収穫…流れる1200も好勝負を期待
プロキオンステークス 2017 出走予定馬:カフジテイク、ドバイ遠征帰りの不安に昨年のようなハイペースで強烈な末脚を削がれないかどうか
レジまぐ商品の購入はこちら!

Menu

HOME

TOP