投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

ニュージーランドトロフィー 2017 出走予定馬・プレ予想:ナイトバナレット、出遅れ癖は痛いが、今の馬場でどこかで緩めばチャンスは浮上

2017 4/8(土) 
第35回 ニュージーランドトロフィー(GII) 中山芝外1600m
予想用・出走予定馬一覧
ニュージーランドトロフィー2017の予想用・出走予定馬一覧


 中山芝外1600mの舞台であるジュニアカップで後方一気を決め込んだナイトバナレットがニュージーランドトロフィーに出走予定だ。前走のファルコンステークスでは出遅れて外からリカバーしようとしたが伸びを欠いた。得意のマイル、中山の舞台で巻き返しを誓うができればまずはゲートを五分に出たい。ここで結果を出してNHKマイルCに繋げられるか。


 前走は出遅れ自体はある程度想定できていたんだが、1400でとなるとそれをリカバーできるだけの脚が無かったという感じ。全体的に1400は短いと思う。マイルがベストかは今後の走り次第だけど、1400よりはマイルの方が良いとは思うので、後はゲートを克服して差し込めるか。今の馬場だとちょっと怖さはあるかな。


ジュニアC(OP) 1着 16頭1枠2番
中山芝外1600m良 1:34.7 45.9-48.8 H^3
12.4 - 10.7 - 11.1 - 11.7 - 12.3 - 12.4 - 12.0 - 12.1

 まずは勝ったジュニアCから。中山マイルでペースは2.9と超ハイ。ラップ推移的にも前半はかなり早く、3~4角で12.3-12.4と一気に緩んでそこからL2で再加速も度合いはさほどでもない。コーナーでは遅いラップを踏んでいるのでここでのロスはさほど影響はなかったかな。その中で2番枠から出負けして後方からの競馬になってしまう。ただ前半からかなりハイペースで流れたことで後方の位置からすぐに外に持ち出して3角では外から進出。ここでレースの流れも急に落ち着いて、コーナー地点でそこまで無理なく押し上げていく。4角でもその中で中目からかなり窮屈に進めつつも後方列で直線。序盤で外目から進路を取ってすぐに伸びてきて中団、L1でもしぶとく伸び切ってまとめて差し切った。ここでは2つ恵まれている。ひとつは全体のペースが速いのでスペースが縦長に伸びることで外まですぐに持っていけたというのはある。それともう一つは中盤のコーナーでの緩み。ここでフラットに取り付いていけたのは良かった。超ハイなのに早めに前が減速したことで直線の段階ではそこまで縦長にならなかった。この辺りは展開的に恵まれた面はあるので、これを丸々評価はしにくい。ただ、逆に言えばマイル戦でも少し紛れた所で上手く取り付けばしっかりと伸びてくる後半のポテンシャルは厄介。個人的にはもうちょっと距離があっても良いかなという感覚ではある。ゲート難を解消しないと距離云々以前ではあるが。


ファルコンS(GIII) 11着 16頭6枠12番
中京芝1400m良 1:22.0(+0.9) 34.0-35.3 H^2
12.0 - 10.8 - 11.2 - 11.8 - 12.1 - 11.4 - 11.8

 このファルコンSでは1番人気に押されたが出遅れて動いて伸びあぐねた。ただ、分析の上では3~4角で動いたことで脚を無くしたという解釈ではないかな。このレースは1.3でかなりのハイだが極端ではない。ジュニアCと同じくコーナーで緩んでいるので外から取り付く競馬は合っているし、実際勝ったコウソクストレートは外から進めていた。ただ、前がこれである程度ペースをコントロールしていて、かなりの高速馬場でもあったことで2F戦でもL2最速11.4とそこそこ速いラップを踏んだ。その中で12番枠から出遅れて最後方から。向こう正面の段階で何とか外から取り付いて一頭交わして3角。3~4角では前がペースをコントロールしていてここで一気に馬群が凝縮、外々からポジションを押し上げていける絶好の形で中団まで押し上げる。しかしその勢いをもって入った割にL2の坂の上りの段階で伸び負け。L1までジリジリといいところなく完敗を喫した。もし3~4角での仕掛けが早かったという話になると、L2の地点で再加速の地点で伸びてないというのがおかしなことになる。L1で甘くなったなら仕掛けが早いんだが緩い地点で押し上げてL2の最速地点でこちらは勢いをつけて入ってきている。その辺りを考えるとこれが拙かったとは思わないし、逆にここまで勢いをつけながらもL2の最速地点で伸びあぐねたのであれば単純にキレ負けだろうと。またもしくは1400mで出遅れてしまって、しかも高速馬場で基礎スピード的に最序盤からリカバーしながらとなって全体的な基礎スピード不足か。いずれにせよ外を回したことというよりは、高速馬場の中京1400ではそもそも優位性を作れなかったと思う。


2017ニュージーランドTに向けての展望

 この馬のイメージとしてはひとまず早い脚、トップスピード面は期待してはいけないなというのが一つ前提としてある。前走のファルコンSが高速馬場で1000通過なら57.9(ジュニアCはタフな馬場のマイルで58.2)をフラットに取り付いて脚を使えなかったのなら本質的にはキレ負け、基礎スピード負けだと思っている。あの感じだと少なくともマイルで平均ペースで淀みなく入ってしまうと難しいし、スローでより後半速いラップを踏む形になるともっと難しいかなと思う。この馬はバテ差し馬に分類される馬で、基礎スピード自体は対応できるがついていくにはゲートが拙すぎる。例えばひいらぎ賞、ジュニアCの様にハイペースからコーナーで息が入る。ここで出負けをフラットに取り付いて良さが出ているのでその点でも流れ自体は速い方が良いが、道中で息が入ってほしいというようないわゆるトリッキーな流れになってほしい。淡々と進められると基礎スピードタイプに屈してしまう可能性は高くなる。その点では正直今の中山の馬場状態はこの馬にとってはお誂え向き。どういう馬場なのかが読みにくく、各騎手も仕掛けの意識を遅らせる方向になっているように感じる先週の馬場状態だった。各騎手が適正ペースを判断できずに流れに紛れがあるときに、後半のポテンシャルを利して早めに動いて勢いをつけながら勝負ができれば浮上してきていい。ただ、ジュニアCもひいらぎ賞も結構恵まれているので、ここに入っても重い印を打つのは個人的には避けたいかなと思っている。今回の方が狙いやすいけど、それでも連下まででとどめたいかな。


━━━━━━━━━━━━━━━━━

“競馬の神様”故・大川慶次郎が創設

 創業36年【ホースメン会議】の

実力を無料で体感できるキャンペーン
━━━━━━━━━━━━━━━━━
  100名限定 特別無料配信
  桜花賞(GI)・鉄板3点勝負

    ソウルスターリングが
  馬券に絡んでも30倍が狙える!
━━━━━━━━━━━━━━━━━

■直近の的中買い目
3/26 高松宮記念 2万3880円的中
3/26 中山11R 1万0760円的中
3/26 阪神8R  2万0920円的中
3/20 中京10R 3万2610円的中
3/18 阪神7R  2万2750円的中

桜花賞の3点勝負を見る方法!
pngホースメン会議:桜花賞300_250

投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

関連記事

金鯱賞 2017 出走予定馬・プレ予想:ロードヴァンドール、前走は厳しい流れに乗って案外しぶとく…
セントライト記念 2017 出走予定馬:サンシロウ、新潟内回りで捌くのに苦労もラストは成長の証…相手強力も不気味さはある
日経新春杯2018 出走予定馬:パフォーマプロミス、ポテンシャルが高い馬で前を取れるのも強み…ペースが上がると未知数だが
神戸新聞杯 2017 出走予定馬:カデナ、春のクラシックは不満…ダービーもラストがいまいち、阪神外回りの2400で逆襲できるか?
ローズステークス 2017 出走予定馬:アドマイヤミヤビ、超豪華メンバーで真価を問う…ルメールとの再コンビで春の雪辱を誓う一戦
オールカマー 2017 出走予定馬:タンタアレグリア、ここ2走のパフォーマンスは高く力は最上位…ただ過程が怪しいので
フィリーズレビュー 2017 出走予定馬・プレ予想:カラクレナイ、デムーロだと出負け癖が目立つが…流れても脚を使えるのは魅力
京都2歳ステークス 2017 出走予定馬:グレイルと武豊、新馬戦はなかなか味な競馬でラップも良いがドスロー…良で流れた時にどうか?
ラジオNIKKEI賞 2017 出走予定馬:クリアザトラック、古馬相手に前走完勝…前目から長く脚を使えるのが強み
府中牝馬ステークス 2017 出走予定馬:アドマイヤリード、瞬間的な切れ味はトップクラスだが、ゲートが不安定で色々噛み合えば
阪神大賞典 2017 出走予定馬・プレ予想:ワンアンドオンリーと武豊、久々のコンビ復活…ダービー馬の意地を見せてほしいが
京都金杯2018 出走予定馬:ブラックムーンと武豊、末脚を引き出すことに専心し爆発させて年始を飾れるか?
福島牝馬ステークス 2017 出走予定馬・プレ予想:クインズミラーグロ…武豊久々の福島参戦で勝利という最善の結果に導けるか
札幌記念 2017 出走予定馬:ヤマカツエース、今年はV字回復…実績あるも詰めきれない札幌2000の舞台で真価を問う
レパードステークス 2017 出走予定馬:アディラートと武豊、なかなか勝ち切れないが…レースを支配して勝機を掴め
レジまぐ商品の購入はこちら!

Menu

HOME

TOP