投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

ダービー卿チャレンジT 2017 レース回顧・結果:ロジチャリス、スローを番手でと理想的に進めて抜け出し完勝!

2017 ダービー卿チャレンジトロフィー(GIII) 中山芝外1600m稍
レース回顧・結果

1:34.7 12.8 - 11.6 - 11.8 - 12.0 - 11.8 - 11.5 - 11.6 - 11.6
48.2-46.5 S^2

 う~ん…雨降ってるし47ぐらいで入ってくれればそう変なペースにならんだろうと思っていたらまあ変なペースになったなという感じ。クラレントが早い段階で外から取り切ってしまったことで最序盤の意識が薄くなった。中盤の緩みはないけど終始少し遅い流れをキープ、L3最速だがL1まで大きくラップを落とさない競馬になった。前有利の展開ではあったと思うし、基礎スピードがほとんど問われない緩い流れだった。ロジチャリスが楽に勝てたのもその辺が大きいかな。


1着ロジチャリス


 3番枠からまずまずのスタートを切って押して主張、しかし外からクラレントが切り込んできたのでそこでブレーキして番手で控える。クラレントもペースをコントロールしてきたのでスローの番手でレースを進めていく絶好の展開。そのまま無理せずに淡々と。3~4角でも番手外で仕掛けを待つような感じ、先頭列に並びかけて直線。序盤で外から伸びてくるキャンベルジュニアに合わせて叩き合い、L1の坂の上りで伸びて先頭に立ってそのまま押し切った。スタートと流れで勝負あったかなという感じになってしまった。基礎スピードを問われなかったのがこの馬にとっては大きかったし、まあこういう競馬になると強いね。ただ中山マイルで48秒台の入りかあ…。内田はこれでいいと思うけど、戸崎にしても大知にしてもホントレース作れんよねっていう印象しか出てこない。ロジチャリスに関してはもうちょっと距離自体はあった方が良いとは思うんだよね。今回はペースも落ち着いたし最序盤の緩い段階でポジションを取れたのが大きい。まあ最近は関東の騎手でレースを作れる人がホント減ってきてるから、中山マイルでもこうなって足りちゃうってケースが出てくるけど、本質的にマイルで平均以上だと微妙なレベルだと思っている。1800向きだと思うんだけどね。


2着キャンベルジュニア


 5番枠からまずまずのスタートを切って、昨年の轍を踏めないので意識を下げて入って2列目の外で我慢する。ただ突かないのでペースが遅くてかなりのスローまで入ってしまってそれでも抑えているというぐらい。3~4角でじわっとニュートラルに先頭列に並びかけ、4角で前が仕掛けたのでこちらも馬場の良い外に誘導して直線。序盤で内に切り込みながらロジチャリスに並びかけるが坂の上りでロジの方が伸びが良くイマイチ。最後はかなり際どい戦いとなった2着争いを何とか制しての2着だった。ん~まあ正直もっと突けよって感じだよね。前走なんかもハイペースで楽に取り付いていけた良さが今回はスローで余力を前も持っていたから基礎スピード面での勝負のウエイトが小さすぎた。こうなって後半の末脚勝負になるとロジチャリスに見劣ってしまうのはある程度仕方ない。というかマイネルアウラートにも迫られたし、少なくともマイルでの後半勝負はやめた方が良いと思うんだけどね。小回り1800のポテンシャル勝負なら面白い馬だと思っているんだけど、現状ラストの坂で甘くなったし、ポジションの差で何とか2着を確保したという感じ。ペースを引き上げきれなかったのでロジチャリスにポテンシャル負けしたというところ。まあ上げたら上げたでアウラートも手ごわいから何ともだけどアウラートより前を取れたんだから逆に自分の理想のペースを作ってほしかったんだけどね。勝てたかどうかまでは正直わからんけど、少なくともペースを引き上げて突いていたら勝ち馬は違ったと思うしね。シュタルケにそういった細かいところを要求するのは無茶かもしれんけど、着差が際どいしここで賞金積めなかったらと思うと、微妙だったなあ。最低限の仕事だけど騎手の仕事の内容としては良くないと思う。


3着グランシルク


 8番枠から出負けして後方からの競馬。道中もスローの中で後方内目で我慢しながら3角。3角でもまだペースが上がらず、4角で前がようやく引き上げてというところで中団馬群の中目から追いだされつつ中団で直線。序盤でそこから前ががっぽりスペース空いたのでそこを追いだしながら一瞬スパッと切れる。L1でその勢いでと行きたいところだったが2着争いの一角、3着を確保した迄にとどまった。やっぱりマイルだとL1の伸びで届ききれないというか。この馬場でトップスピードが少し削がれた感じもあるし、惰性がつき切っていない分L1も伸びあぐねている感じ。騎乗的にはこの展開としてはかなり流れに合わせて上手く乗れていると思うし、 この辺りは戸崎の上手さというか、嫌らしさだなあ。ただこれでも2着争いまでだからなあ。この感じだと府中1400で高いレベルでどこまでやれるか見てみたいし、1200もアリだと思うけどなあ。ペース自体はそれなりに上がってもいいけどマイルだとどこをとっても中途半端になる。トップスピードは良いものをもっている、1200~1400ならTS持続が楽になるので最終的にはこの辺が合っていると思う。


4着マイネルアウラート


 11番枠からまずまずのスタートを切ったがやはり大知なので逃げ馬が読めないと前につけられない。クラレントが行き切った段階でコントロールする形でキャンベルジュニアの外を選択。そのまま好位外々で3~4角でキャンベルジュニアの直後を取って直線。序盤で外から一瞬脚を使ってくるが伸び切れない。それでもL1では誤差レベルだがそれでも上位では一番いい脚を使って2着争い僅差の4着だった。 このレースで一番ひどい騎乗だった。シュタルケの場合はまだ最低限あの位置を取っていたからね。ただこの馬の場合クラレントが外から行った段階でついていける立ち位置にいてそれをせずにキャンベルジュニアの外から末脚勝負を選択しちゃってる。この馬は平均ペースまでは問題が無いわけで、流石に行けるタイミングで前に行ってくれないと、使える脚が短いタイプだからあそこから差すのは普通に考えてむずかしい…正直この馬でも際どい2着争いに来ている段階でスローの後半勝負という括りの中では低レベルな一戦だったと思う。ただ、キャンベルジュニアより後ろで悠長に構えていていい馬ではないやろと。結果スローにコントロールされてこれで4着とか。馬場も渋ったし、と思っていたけど想像以上にスローになったのは大知やシュタルケといった基礎スピードを本来生かすべき馬に乗っていた騎手が何も考えていなかったことが大きいかな。隊列的にすぐに縦長になったし、淀み自体はなかったのでスローと感知するのは難しかったと思うしただでさえそういうところが弱い大知だからしょうがないかなと割り切るし行かないけど、ただそれでもマイネルアウラートの場合多少流れてもポジションとらんと使える脚がそんなに長くないから今回みたいに低調なメンバー構成になっても届かん。岩田が逃げている段階でスローなんだと思っとけばいいんだよ。マイネル競馬するならペースのセンサーをもっと磨かんとあかんわ。馬はこんな感じでも最後に伸びてきているように、充実期にあるので勿体ない。正直ペースと流れて気に見ても2着争いにまで食い込んでくるとは思わなかった。まあレベルにも少し疑問はあるけどね。


5着ダイワリベラル


 10番枠から五分には出て中団馬群の中目から最終的に外に出してマイネルアウラートを見る位置で進めていく。3~4角でも中団馬群の外々からマイネルを目標に進めて反応鈍く中団で直線。序盤でそこから一瞬は伸びかけるがL1で伸びあぐねて2着争いには加われず少し遅れての5着完敗だった。ん~この馬の場合はスローで後半のトップスピード面で勝負する馬だし、TS持続もそれなりにある馬ではあったと思う。ゲートが安定していないしあのスタートの割にはいい位置を取れた方で、それでも直線入りでの反応はまずまずもL1伸びあぐねてとなるとちょっと物足りないかな。この展開ならもうちょっとL1まで伸びてほしかったんだけどね。前走東風Sは相当ドスローだったしそのうえでポジションもとれたから良かったけど、この競馬だと重賞戦線では簡単ではないかもしれんね。この馬もマイルでは本質的には基礎スピードがちょっと足りないと思っているので、この停滞感を考えると府中の1800~2000を使ってポジションを取ってトップスピード戦、というようなレースを選択した方が良いかもしれない。この条件では一枚見劣った一頭。


8着ロイカバード


 12番枠から出負けして後方からの競馬となる。道中も後方外々で進めていたがスローでもあって結構掛かりながらポジションを上げて行く感じ。3~4角でも後方外々から追走しながらダイワリベラルを目標に直線。序盤で追い出されるがイマイチ。そのままL1までなだれ込むがダンツプリウス辺りと比較しても見劣っての8着完敗だった。ん~もうちょっとペースが上がって分散してという形での完敗ならまあ仕方ないかなと思うんだが、ペースもゆったり目、掛かり気味ではあったがそれでももうちょっとL1まで伸びてほしかったかなあ。末脚で違いを作れなかったのはこのスローのペースでは不満だね。ちょっと足りないと思ってはいたけど、やっぱりちょっと足りないと思う。今の段階ではマイル戦だとちょっとペースが上がると甘くなってというような感じだし、U字の1800ぐらいが理想かなあ。重賞戦線ではちょっと壁があるなと感じた一戦。




PR【全レースの強い馬が一目でわかる。マカヒキなどの評価は?】


“今週の注目レース①”
2017年04月2日(日)
阪神11R 大阪杯(G1)
阪神競馬場 2000m(芝)定量 4歳以上オープン

馬は絞れてきましたか?今年悩みますよね?
キタサンブラック、マカヒキがどんな好走をみせてくれるのか。
今年G2からG1に昇格した大阪杯。
ますます楽しみになってきましたね!

昨年は下記結果となり、3連単で12,810円の万馬券となりました。
・・・・・・・・・・・・・・
1着 ○ 9.アンビシャス
2着 ◎ 7.キタサンブラック
3着 × 8.ショウナンパンドラ
4着 ▲ 2.ラブリーデイ
5着 × 4.イスラボニータ
・・・・・・・・・・・・・・
昨年2番人気のアンビシャス、5番人気のキタサン、4番人気のショウナンパンドラですが、
今年はここにマカヒキが参戦し、アンビシャスは人気落ち、
キタサンが1番人気になりそうです。
その他にも、サトノクラウンが首を突っ込む可能性もありそうで・・・
正直展開が読めません。

ということで、大阪杯を予想しましょう!
予想方法はこちらをご覧ください。
参考に、今年一発目のレース、中山金杯の出馬表と結果です。



最近、うまコラボというサイトを利用しているのですが、
これですね。
http://www.collabo-n.com/
出馬表の赤く囲ったところ見て下さい。

ここに、レース前日に1.2.3.4.5.6・・・・って感じで、
“ 今年の中山金杯で ”強い馬を順番に番号をふってくれます。
JRAのオッズはもちろん無視です!
全頭のスピード指数、適正指数、統計データ、血統理論、この4つのデータ
過去5年分をぶち込んで強い馬を順番に教えてくれるので、
つまり、その馬が今強いとか正直関係なくて、他の馬との相性も考慮して、
「 このレースで、強い馬、勝てる馬 」 を割り出してくれます。なので、


的中率は高いです!しかも一瞬で予想可能です!!


ぶっちゃけ、「大阪杯G1」以外にも
「ダービー卿チャレンジトロフィーG3」も「特別戦」も「障害戦」も
「他平場のレース」だって一瞬で予想可能です!


だって、全レースの勝つ馬がサイト内に載っちゃてるんだもん!

と言いつつも競馬は生き物。天候とか馬場状況とか色々あるし、
100%当たるわけじゃないので、参考にしてもらいたい。。。
でも当たる確率は間違いなく高い!という事だけは言わせてもらって、
みなさんに期待を持たせたいと思います(笑

過去の的中・不的中を総合的に集計して、的中率を数値化すると、



どうですか?

ピンときますか、この数値?
複勝的中率93.2%。野球でいうと9割3分2厘。。。
めちゃくちゃな例えですが、要はそういう事です。

ちなみにまじめに言うと、
競馬市場では3連単の平均的中率は良くても10%です。
うまコラボは「37.2%」。3回に一回は3連単が当たる計算になります。

全レースの予想を一瞬で見るには
一部(月で2千円かからないくらいの)有料なんですが、
無料でもほぼ半分くらいのレースが一瞬で見れます!

すぐに勝つ馬がわかって、一瞬で予想ができる!!!

もし大阪杯の予想で迷っている。ダービー卿チャレンジトロフィーで迷っている。
あの特別戦は獲りたい。自分が一口馬主になっているあの馬の評価は?
などなど、
どんな事を調べるにも、絶対に参考になる競馬サイトです。


これからのシーズン、予想したいレースが増えてきます。
全レースの予想が一瞬で見れるってのは、お得だと思いませんか?

ぜひ参考にしてみて下さい!
まずは無料からお気軽に試せます!
とことん使っちゃってください!
→  http://www.collabo-n.com/

投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

関連記事

noimage
スワンステークス 2017 レース回顧・結果:サングレーザー、内を上手く立ち回って接戦を制し嬉しい重賞初制覇!
青葉賞 2017 レース回顧・結果:アドミラブル、虹が掛かった府中で圧倒的な走りを披露し、堂々と掴んだダービーへの切符!
noimage
ステイヤーズステークス 2017 レース回顧・結果:アルバート、力の違いを見せての3連覇達成!
愛知杯2018 レース回顧・結果:エテルナミノル、好位から鋭く一脚…ギアチェンジで出し抜いた!
中山金杯2018 レース回顧・結果:セダブリランテス、スローロンスパの流れを2列目外から正攻法で捻じ伏せた!
京都金杯2018 レース回顧・結果:ブラックムーン、武豊の仕掛けがズバリ…遅いラップの4角で早めに動いて出し切った!
シリウスステークス 2017 レース回顧・結果:メイショウスミトモ、出来の良さと展開がマッチし強烈なバテ差しで番狂わせ!
noimage
noimage
みやこステークス 2017 レース回顧・結果:テイエムジンソク、まさに迅速なるハイペースのスピード勝負を4角先頭堂々押し切り!
noimage
セントライト記念 2017 レース回顧・結果:ミッキースワロー、坂の上りで自身推定10秒台、異常な高速馬場を味方に鋭く突き抜けた!
サウジアラビアRC 2017 レース回顧・結果:ダノンプレミアム、激流でも堂々突き抜けクラシックを意識させるレコード勝ち!
レジまぐ商品の購入はこちら!

Menu

HOME

TOP