投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

阪神大賞典 2017 出走予定馬・プレ予想:シュヴァルグラン、連覇の前に立ちはだかるダイヤモンドの壁を砕けるか?

2017 3/19(日)
第65回 阪神大賞典(GII) 阪神芝内1400m
予想用・出走予定馬一覧
阪神大賞典2017の予想用・出走予定馬一覧

 昨年の阪神大賞典では圧倒的なパフォーマンスで完勝、アルゼンチン共和国杯も制した実力馬シュヴァルグランが連覇を目指して阪神大賞典に出走予定。ただ今年は有馬記念馬サトノダイヤモンドの参戦で、2番手として連覇に挑む形となる。相手は強敵だが長距離路線で頂点を狙うなら避けては通れない相手。前哨戦だがライバル撃破で春の盾奪取への第一歩となるか。


 昨年は強かったし、阪神3000適性は高いと思う。少なくとも春の天皇賞でのタンタアレグリアとの比較でみてもこのコースが合っているだろうと。後はサトノダイヤモンドを喰えるかだが…。少なくとも後ろから差すのは難しいと思う。


阪神大賞典(GII) 1着 11頭8枠11番
阪神芝内3000m良 3:05.8 61.6-64.4-59.8 ^2
13.0 - 11.6 - 12.5 - 12.2 - 12.3 - 12.2 - 12.6 - 13.7 - 13.3 - 12.6 - 12.3 - 11.9 - 11.6 - 11.6 - 12.4

 まずは昨年の阪神大賞典から振り返る。相手はタンタアレグリアだったがその中でペースは前後半で1.8とかなりのスロー、中盤も息が入っていて典型的な長距離戦。その中で徐々に加速しつつの4F戦というようなところかなと。外枠から出負けしたがそれでも無理のない範囲ではついていって中団やや後方というところ。1周目は無理せずに中団の後ろぐらいのまま我慢。向こう正面ではタンタアレグリアの後ろで少しスペースを置きつつも意識できる位置で3角に入っていく。3~4角ではタンタの後ろから仕掛けを待っていたがタンタも動かないので中間地点ぐらいでタンタの外からスッと動く選択。タンタの外から4角では楽な手ごたえで並びかけて直線。序盤で一気に仕掛けてタンタの前に出て堂々先頭。L1の坂の上りでもしっかりと差を広げての完勝だった。ポテンシャル勝負にしっかりと福永が持ち込んでくれたのもあるし、こういう競馬でしっかりとタンタアレグリアを力で捻じ伏せて切れたのは強かったと思う。この時期にしては軽かったがそれでも当日雨の影響もあったしある程度タフな馬場の方が良いかなとは思っていた。天皇賞春では高速馬場でタンタにパフォーマンス的にかなり詰められていたというのもあるしね。


ジャパンカップ(GI) 3着 17頭8枠17番
東京芝2400m良 2:26.3(+0.5) 61.7-58.9 S^3
13.3 - 11.3 - 12.6 - 12.3 - 12.2 - 12.5 - 12.7 - 12.3 - 11.9 - 11.2 - 11.4 - 12.1

 秋はアルゼンチン共和国杯を上がり勝負で制してジャパンカップも3着と結果を残した。そのジャパンカップはドスローからのL3最速、TS持続特化戦。最終週の府中でしかも午後から雨の影響あって良馬場発表でも時計も掛かっていた。その中で大外枠からここでは五分に出てそこから無理をせずに中団の外から進めていく。向こう正面に入ってもペースが上がらずにゆったりした流れの中で中団外のままジッと我慢、3~4角でも大外を回しながら仕掛けを待ちつつサウンズオブアースの直後を取って直線。序盤で中団から追いだされるがサウンズの手ごたえが良くなかなか詰められない。L2でサウンズが伸び出してからL1で外からようやくこの馬が伸びを見せるも3着争いを制するまでの末脚だった。TS持続力で良さが出たというのはあるし、少し渋っていたこともプラスに働いたかなというのはある。ただそれでもトップスピード戦としては強敵と言っていい各馬、ゴールドアクターを正攻法で撃破できるところまで来たのは評価したいかな。もちろんサウンズを交わせなかった辺りからまだまだちょっと足りないが、力をつけてきているなという感じ。それでもやはりポテンシャル勝負向きだなとは。


有馬記念(GI) 6着 16頭7枠14番
中山芝内2500m良 2:33.1(+0.5) 61.0-59.4 S^2
6.8 - 11.3 - 12.0 - 11.9 - 12.1 - 13.4 - 12.8 - 12.9 - 11.8 - 11.7 - 12.1 - 11.7 - 12.1

 前走の有馬記念では福永が腹を括って外から勝負に行ってくれたということで、ポテンシャル戦での現在地が分かったかなというのは一つある。もう一段の成長が必要だというのと、勝ちにこだわるならプラスアルファを引き出す必要があると。ペースは1.6秒でかなりのスローとなって、ラップ推移は5F戦、多少の淀みはあるがポテンシャル戦としておいていいだろう。ここではまずまずのスタートかなというぐらい、最終的には中団ぐらいで進めていく。スタンド前ではサトノダイヤモンドを見るような位置で進めていくのだが、ここで先にサトノダイヤモンドが動く。これを見て我慢する選択を取ってサトノとの間に一列馬を挟む形で向う正面。向こう正面では外に出して動く意識を持ちながら3角で前のミッキークイーンの外から勝負に行く。4角ではサトノの外まで押し上げていって3列目で直線。ただそこからもう一足を使ってくる上位3頭に対して苦しくなり、最後は甘くなっての6着。負けはしたけどどこかで好位内から勝負をしてほしかったし、有馬記念でというので大体最上位との力関係がハッキリしたかなという感じ。ただ、決して100点ではなく、スタンド前の緩い段階で動いたサトノダイヤモンドについていくという選択肢を取れなかった分、当然サトノよりも要所で早く動く必要が出てきてしまったと。サトノダイヤモンドもポテンシャルは非凡だが、それでもキタサンともども前受する形でコーナーで息を入れつつそこからもう一段という競馬をしてきた。ゴールドアクターも含めて3~4角ではある程度内目で我慢できている、このレベルまで来るとそういった立ち回りまで上手く嵌った最強レベルの馬を外から動いて勝つというのは難しかった。この一戦は一定の評価ができるとともにアイデアが必要であることを示してくれたかなと。


●2017阪神大賞典に向けての展望

 まあ大きくは崩れまい。焦点は対サトノダイヤモンドで勝つチャンスがあるかどうか。サトノダイヤモンドは高いレベルではL2の最速地点で置かれるところがある。ダービーでマカヒキに最速地点で瞬間的に出し抜かれたり、有馬記念でもキタサンの二の足、ゴールドアクターの瞬間的な脚にL2では一瞬危うい面も見せた。ただL1でのバテ差しは確実に食い込んでくる。そしてこのシュヴァルグラン自体そこまで瞬間的なトップスピードの質を持っている馬ではないので、少なくとも外から一気に加速してサトノを抜くというのは難しい。またバテ差しも有馬の差を考えると難しい。となると勝ち負けを考えるのであればサトノより前が必須になってくると思う。もちろんそれをどこの段階で?というのは出てくる。有馬記念の様に前のペースが上がってからの仕掛けでは難しいだろう。出し切れた有馬で明らかに足りなかったわけで、そうなってくるとサトノよりも仕掛けを待つ立場が欲しい。スタート後でしっかりと前を取り切ることが必要になるかなと。昨年の阪神大賞典で言えばタンタアレグリアの競馬をするぐらいのイメージでサトノを内から受けたい。そのうえでどこまで戦えるかな。福永は良くも悪くも基本的に古い競馬界の常識的な競馬しかしてこないので、その点はある意味信用できるんだが、勝ちに行くにはアイデアが欲しい。人馬の評価として考えるとルメールも多少不安はあるが、それでもサトノダイヤモンドに勝つまでとなると、サトノ自身の状態が危ういか福永が相当面白い騎乗をしないと難しいかなと思う。馬券的妙味のある馬がいなければ対抗にして絞るかもしれないが、基本は連下のイメージ。1着で買うにはちょっと難しいだろう。


「競馬予想情報の検証サイト」って見ることありますか?
予想サイトは今かなり流行ってしまって乱立気味なので、どのサイトが良質なのか、予め知るために、検証サイトや口コミサイトって結構役立ちます。


 仕事柄色々な競馬予想検証サイトを見て回るのですが、複数のサイトで高評価を得ていて気になったのがあるのでご紹介しておきます。

パーフェクトコネクション

あのイングランディーレで有名な清水美波調教師と、ダービーニュースで本紙まで務めた及川義弘元TMがタッグを組んで起ち上げたサイトだそうで。
「先月このサイトで買い続けてみたら的中率80%」など口コミがやたらとよかったので、
当方でも無料登録して潜入してみたのでレポです。


とりあえず無料情報の「1200円のお小遣い馬券」だけお試ししてみた。
名前の通り、1200円の馬券でお小遣い稼ぎをさせてくれるという無料コーナー。


こちら↓↓公開してしまってよかったのかわかりませんが、取り急ぎ抜粋です、、

【プラン名】1200円のお小遣い馬券(無料)
2/25 阪神11R アーリントンカップ
----------------------------------------
<推奨馬とその根拠(抜粋)>
◎ペルシアンナイト(8番)

 デビュー戦から上がり最速をマークし、2連勝とポテンシャルの高さを見せるサトノアーサー。レース内容から、能力は世代でもトップクラスでここも通過点になる可能性大。3連勝であっさり初重賞制覇を成し遂げるはずだ。

 相手は開催が進んで馬場の外側が伸びるようになってきたため、外めの枠の馬を中心にシンプルにチョイス。


式別:3連複

方式:フォーメーション

軸:8
相手:2.11.12

組み合わせ数:6点

-------------------------

レースはカロスが逃げるも途中から武幸四郎騎手のミラアイトーンが引っかかって突っかける波乱含みの展開に、、。ただ、ペースが上がったので有力馬には有利か、、↓↓
しかし、直線に向くとやはり強い馬が浮上する阪神マイル。ペルシアンナイトが外から一気に差し切り、レッドアンシェルも連れて飛んできた。内からはディバインコードが抜け出し3着!


ということで↓↓

【結果】
3連複 8-12-2
回収金額:500円×60.2倍=30,100
※上記購入額は及川氏の推奨に基づき筆者が購入していた金額です

けっこうシンプルな予想ではありましたが、、的確でしたね、、
無料での軽いお小遣い稼ぎとしては十分でした♪


おそるべし本格派、、パーフェクトコネクション
さすが天才トラックマン及川義弘監修だけのことはある。


競馬情報サイトはいろいろ試してきましたが、、
無料情報でもこういった高精度の情報提供をするサイトは初めてかも。


特にこのパーフェクトコネクションが信頼できると思ったのは、
不的中だった予想についてもきちんと公開していること↓↓

いつも当たったものだけを公開して的中を煽るサイトが多いのですが、
そこはさすが名ホースマンが監修しているだけのことはあって、誠実で嘘がありません。
的中に関しても、きちんとIPAT画像を提示して証明を取っています↓

手堅く儲けたい、本格派競馬サイトを体験してみたい方にはオススメです。


一回無料コンテンツだけでも試してみて損はないと思います。


※リンク先でメールアドレスを入力し、届いたメールのリンクをクリックで完了です。
※携帯スマホで受信できない場合@p-connection.co.jpのドメイン指定受信等の設定が必要です。


投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

関連記事

京成杯2018 出走予定馬:デルタバローズ、1戦1勝もセンスある突き抜け方は魅力、中山2000克服なるか?
アイビスサマーダッシュ 2017 出走予定馬:フィドゥーシア、新潟1000の適性を前走で示し…出負けが無ければ楽しみな一戦
紫苑ステークス 2017 出走予定馬:ホウオウパフューム、寒竹賞で見せた切れ味は非凡だが…ここ2走の内容が悪すぎて…
関屋記念 2017 出走予定馬:マルターズアポジー、ここ2走の失速が不安…マイルは問題ないが新潟外回りでキレ負けの懸念もある
福島牝馬ステークス 2017 出走予定馬・プレ予想:ペイシャフェリス、六甲Sはこれまでにない早仕掛けでの押し切り…1800不安も器用で侮れない1頭
ファンタジーステークス 2017 出走予定馬:ベルーガ、前走は4角出口でグンと動いて好印象…軽い馬場で相手は強敵だが再現できるか?
ニュージーランドトロフィー 2017 出走予定馬・プレ予想:タイムトリップ、両極端な競馬で結果を出し…適性が読みにくい一頭
サウジアラビアRC 2017 出走予定馬:ステルヴィオ、基礎スピード含め完成度高く…スローでの切れ味勝負でどうかは注目
クイーンステークス 2017 出走予定馬:クロコスミア、格上挑戦もペースを支配できれば不気味…アエロリットの出方がカギか
シリウスステークス 2017 出走予定馬:マスクゾロ、連覇を狙う立場…ロンスパでどうかと57.5kgのハンデは気になるところ
ユニコーンステークス 2017 出走予定馬:サンライズソア、前走東京マイルで基礎スピードの高さを証明…要所でも動け、総合力の高さは魅力
スプリンターズステークス 2017 出走予定馬:ワンスインナムーン、テレビユー福島賞は好時計も高速馬場…ポジショニングが上手く粘り込み警戒の一頭
エルムステークス 2017 出走予定馬:ピオネロ、内での立ち回り器用、ハイペース適性も高く…ゲート課題も内枠が欲しい
平安ステークス 2017 出走予定馬:グレイトパール、ダートで無傷の5連勝となるか?総合力を見せつつ底を見せず…強敵相手にここが試金石
小倉10R 天草特別 予想:本命06タガノアンピール
レジまぐ商品の購入はこちら!

Menu

HOME

TOP