投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

ファルコンステークス 2017 出走予定馬・プレ予想:ボンセルヴィーソ、朝日杯3着の実力馬、中京1400mでスピード勝負への対応力がどうか

2017 3/18(土)
第31回 ファルコンステークス(GIII) 中京芝1400m
予想用・出走予定馬一覧
ファルコンステークス2017の予想用・出走予定馬一覧


 デイリー杯2歳ステークスでは前々からしぶとく粘っての2着、朝日杯フューチュリティステークスでも粘り込んで3着を確保したボンセルヴィーソがファルコンステークスに出走予定。マイル重賞で結果を出し、家庭としても距離が延びたことで良さが出た感もあるだけに、スピード色が強い中京1400がカギになる。課題を克服して重賞初制覇となるか。
 

 ここは正直危ういかもと思っている。一応3走前も悪くはないけどそれでも高速馬場でゆったり入ってのもの。ここ2走は明らかにマイルへの延長、序盤無理をせずに終いの末脚を引き出してきた形になるので、1400で前半から34秒前後となってしまうとどうか。


デイリー杯2歳S(GII) 2着 10頭3枠3番
京都芝外1600m 1:34.6(+クビ) 48.4-46.2 S^2
12.5 - 11.4 - 12.0 - 12.5 - 12.1 - 11.5 - 11.2 - 11.4

 まずは2走前のデイリー杯2歳Sから。マイルへの延長で楽に主導権をとって2.2とかなりのスローにコントロールできたし、その中で鋭さを引き出してきたのが大きかった。3番枠からまずまずのスタートを切ってそこから促されつつハナを取り切る。そのままペースをスローに支配し、団子状態で3角を迎える。3角の下りでは上げ切らず、4角でスッと引き離すような感じで軽く仕掛けて直線。序盤で追い出されてしぶとく抵抗するがこの地点でジューヌエコールにじわっと差を詰められる。それでもL1でしぶとく踏ん張って2着はしっかりと確保した。この辺からもゆったり入ったことで前々からしっかりと鋭い脚を引き出せたこと、またL1も11.4と大きく落とさなかったことで後半の末脚をある程度高いレベルで引き出してきたのが良かった。と考えればやはりマイルの距離があっていたと考える方が自然だろう。


朝日杯FS(GI) 3着 18頭2枠4番
阪神芝外1600m良 1:35.8(+0.4) 48.3-47.1 S^1
12.8 - 11.2 - 11.6 - 12.7 - 12.3 - 11.5 - 11.2 - 12.1

 この朝日杯も息を入れてトップスピード面をある程度引き出すことで良さを出してきた。デイリー杯ほど極端ではないがそれでも中間の緩みははっきりしているし、ゆったり入れている。4番枠から好発を切ってスッとハナを主張、最終的にトラストが少し寄せてきたのでドスローまでは持ち込めなかったがそれでも上手くコントロール。3角で息を入れてからはじわっと加速させつつ直線。序盤で軽く追いだしてスッと2列目を引き離しにかかり、途中で鞭を打ってもう一段。しかしそこからはサトノアレスにグンとこられ、L1では更にモンドキャンノにも差し込まれて3着死守までだった。ミスエルテは封じ込められたが、結局はTS持続で圧倒されてしまったというところはある。馬場も年末の阪神出少し重かったというのはあるし、デイリー杯と比較してもL1が12.1と坂の上りもあって相当減速している。そういったところが影響したかなと。


新馬戦 8着 10頭8枠9番
小倉芝1200m 1:12.2(+1.6) 35.2-35.4 M
12.3 - 11.0 - 11.9 - 11.8 - 11.5 - 12.1

 引っかかるのがこの新馬戦の崩れ方。小倉1200としてもそこまで早い流れではなく中盤コントロールされての一足となっているし、比較的1400色が強い競馬。その中で外枠からまずまずのスタートを切ってそこから先行、2列目の外につけていく。そこから3~4角でもペースがそんなに上がっていないのだがここで徐々に下がって終い、4角では寄られたこともあって後方まで下がってしまう。後はそのまま良いところなくの惨敗。確かに不利があったのは確かだが、そもそも3角の段階で脚が無かった。3角の段階ではまだ11.9-11.8と緩い地点なのでここで動けなかったのは痛いし、であるなら前半の35.2の追走が意外と厳しかった、ということになる。昨年Aコース時の小倉は時計が掛かっていたので新馬の段階でこの流れでしんどかったというのはあると思うが、それでも前半の基礎スピード面での課題は残っているかなと。一応未勝利勝ちが京都1400で35.1-35.3だが相手関係が楽だったし高速馬場という側面もあったかなと。


●2017ファルコンステークスに向けての展望

 中京1400はどうしても前掛かりになりやすい舞台なので、これまで見せてきた適性面から考えても不安は大いにある。相手関係は比較的楽な方だが、全体のペースが上がってハイペースからの消耗戦となった時に、これまでこの馬が見せてきた余力を持って入っての末脚の鋭さ、特に要所で加速する武器というのはなかなか発揮しづらい条件だろうと思う。過去を見ても前半を33秒台で入ってくる可能性も多々あるし、先週のフィリーズレビューの様に前がそこでビビッてペースを落として帳尻を合わせようとすれば余力も持てるがこの馬の場合は先行馬なのでなかなか前がぶっとばしていく中で前半抑えてという選択肢はなかなか持ちにくい。ハイに巻き込まれる可能性は高いだろうと。個人的には3走前ぐらいのイメージであまり無理にハナに拘らず、流れるようなら少し離れた位置で入った方が良いと思う。持ち時計は最上位なんだがこれはかなりの高速馬場だった京都でのものだし、そもそもこの時期で一線級の馬が時計が出やすい1400mの舞台をあまり使ってきていない。未勝利勝ちの1:21.6自体はペースもある程度流れ、淀みなくでのもの、さほど速い時計でもないのでこれを鵜呑みにするのは危険。成長している可能性はもちろんあるかもしれないし、馬体を絞って良さが出てきているのもあるので何ともだが、現状は前半無理をするとリスクがあるかな。枠や天気次第では消すことも視野に入れたい一頭であまり信頼はしたくないかな。デイリー杯がベストバウトだと思うし高速馬場なら多少流れても対応してくる可能性はあるが、それでもスローが理想の馬だと思う。



□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□

  第66回 スプリングS(G2)

新聞の印に惑わされたくない方へ
【関係者・陣営の本音を大公開!】
本物の【凄穴馬情報】を無料公開

  →ここをクリック!

━━━━━━━━━━━━━━━

「新聞にはまったく印が打たれていませんでした」
「なんでこんな人気のない馬から買えるんですか」

関係者からコッソリと裏話を聞き、新聞の印を抜く術を持つ凄腕トラックマン(=新聞記者)と提携している【暴露王】のもとには、こうした驚きのメールがよく届きます。

しかし、万馬券専門に特化している【暴露王】にとっては

「なんでこんなに人気がないのか分からない」
「こんなに人気がないから、激走馬としてオススメできる」

という気持ちなのです。

▼ ▼ ▼

なぜなら、【暴露王】が提携しているトラックマンは、「取材バッジさえあれば給料なんかいらない」「現場で馬券さえ買えれば食っていける」と豪語するような強者ばかり。

バイト感覚でテレビ番組に出て、人気順に素人丸出しのパドック解説をしているような輩や、サラリーマン感覚で適当に新聞の印を散らしている輩とはわけが違います。

▼ ▼ ▼

作られた『虚構の人気馬』を把握し、誰にも気づかれない『人気薄=激走馬』を知ることを宿命とする凄腕トラックマンたちは、マスコミなどの表には決して出ない(出せない)関係者の本音を入手することが至上命題。

そもそも、陣営の本音中の本音というのは、なかなか表に出てこないものなのです(オーナーへの配慮、人気になってマークされるのを嫌気)。

“情報力・執念・視点”の違いをウリとする【暴露王】が、凄腕トラックマンと提携し、どこまで陣営の本音を掴んでいるかは、レース当日に買い目と根拠、結果をみていただければ一目瞭然でしょう。

 →今週限定の買い目を入手!

【!】直近も穴馬で重賞的中!

▼ ▼ ▼ ▼ ▼ ▼
▼ ▼ ▼ ▼ ▼ ▼

▼土日の重賞を続々的中▼
━━━━━━━━━━━
『第91回 中山記念』
2月26日 中山11R
◎サクラアンプルール
(8人気・単勝45.3倍)
△ネオリアリズム
(3人気・単勝7.1倍)
△ロゴタイプ
(7人気・単勝15.2倍)
---------------------
3連複 5万2870円
馬 単 2万2790円
━━━━━━━━━━━
『第35回 中山牝馬S』
3月12日 中山11R
◎クインズミラーグロ
(7人気・単勝14.4倍)
▲トーセンビクトリー
(5人気・単勝12.5倍)
△マジックタイム
---------------------
3連複  6300円
━━━━━━━━━━━
『第26回アーリントンC』
2月25日 阪神11R
◎レッドアンシェル
(6人気・単勝11.5倍)
◯ペルシアンナイト
△ディバインコード
(3人気・単勝7.4倍)
---------------------
3連単   6020円
3連複   1720円
馬 単   1050円
━━━━━━━━━━━

などなど!

関係者からオフレコ話を聞き出せる、提携トラックマンにかかれば、こんな万券は朝飯前!

今週ご登録頂いた皆様には、目玉重賞『スプリングS(G2)』を初めとして、私達だからこそ知っている“ヒミツの話”を【毎週無料】でコッソリ教えます!

買い目もしっかり提供させて頂くので、週末は【暴露王】からのメールを待つだけで問題なし!

今週の週末から、「本物の情報」で皆様の馬券ライフを180度変えてみせます!

▼詳しくはこちらでどうぞ!▼

本物の【凄穴馬情報】を無料公開

完全無料・スプリングS(G2)
png暴露王:スプリングS300_250

━━━━━━━━━━━━━━
投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

関連記事

カペラステークス 2017 出走予定馬:ブルドッグボス、大井ではコーナーの緩みで取り付く形…消耗しそうな中山がカギ
プロキオンステークス 2017 出走予定馬:ベストマッチョ、再度の重賞挑戦、今度は期待に応えることができるか?
デイリー杯2歳ステークス 2017 出走予定馬:ケイアイノーテック、新馬戦はセンスの塊のような走りで鋭く抜け出し完勝…不気味
中山牝馬ステークス 2017 出走予定馬・プレ予想:デニムアンドルビー、屈腱炎後もトップスピード持続力は非凡さ…強い馬だが穴も多い馬で
阪神カップ 2017 出走予定馬:サングレーザー、連勝ストップもGIで強さ…しかし使い詰めに高速1400がどう出るか?
ユニコーンステークス 2017 出走予定馬:アンティノウス、前走は一気にパフォーマンスを上げ…ハイペース歓迎も包まれないかがポイント
富士ステークス 2017 出走予定馬:イスラボニータ、ラストは甘いが瞬時の反応はトップクラスの器用な馬
フラワーカップ 2017 出走予定馬・プレ予想:モリトシラユリ、パワー型で中山1800は追い風か…しぶとく差し込み賞金加算までいけるか?
京王杯スプリングカップ 2017 出走予定馬:ヒルノデイバロー、阪急杯は少しフロック視…昨年完敗の舞台で坂の上りで動き出しの甘さも懸念
関屋記念 2017 出走予定馬:マルターズアポジー、ここ2走の失速が不安…マイルは問題ないが新潟外回りでキレ負けの懸念もある
札幌記念 2017 出走予定馬:サクラアンプルール、札幌洋芝の状態次第も…ベストは極端なスローペースで
ターコイズステークス 2017 出走予定馬:スローで鋭く末脚を引き出すタイプ…基礎スピード、器用さに疑問で中山マイルは不安か
札幌記念 2017 出走予定馬:マイネルミラノ、馬場が悪いと不安も…良馬場なら条件は揃っているはず
フラワーカップ 2017 出走予定馬・プレ予想:ディーパワンサ、実績は最上位も…ゲート不安定で強敵も多く安泰とは言えないか
セントライト記念 2017 出走予定馬:サンシロウ、新潟内回りで捌くのに苦労もラストは成長の証…相手強力も不気味さはある
レジまぐ商品の購入はこちら!

Menu

HOME

TOP