投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

スプリングステークス 2017 出走予定馬・プレ予想:エトルディーニュ、総合力は魅力だが今回は相手が手ごわくなる点がポイント

2017 3/19(日)
第66回 スプリングステークス(GII) 中山芝内1800m
予想用・出走予定馬一覧
スプリングステークス2017の予想用・出走予定馬一覧

 今年のクラシックの主役たちを最も多く見てきたであろう、この世代のまさに物差し馬エトルディーニュがスプリングステークスに出走予定。ソウルスターリング、サトノアレスの両GI馬はもちろん、アウトライアーズやウインブライト、ダイワキャグニーにスワーヴリチャード…これらと戦っての善戦は侮れない実力馬だ。もちろんここでも強敵揃いだが、悲願の主役を演じることができるか。


 タイプ的には基礎スピードも高いレベルだとひいらぎ賞で一定レベルのラインではクリアしているし、トップスピード戦でも前走の共同通信杯で番手からそれなりに、セントポーリア賞でも2列目からそれなりに伸びているがL1は甘い。TS持続がトップレベルでは明確に甘いが、それ以外は一線級相手にもそれなりに戦えている。その中でもポジショニングセンスとギアチェンジは高いレベルにあるといっていい。割と平均的に流れてもやれる馬なのでここで上手く前目で後続の仕掛けを待てればとは思うんだが、ひいらぎ賞の感じからだと上位相手にどうかとなると微妙なライン。今回は少なくとも重い印では狙わないと思う。


共同通信杯(GIII) 2着 11頭7枠8番
東京芝1800m良 1:48.3(+0.4) 48.3-46.9 S^1
12.6 - 11.6 - 11.8 - 12.3 - 12.3 - 12.2 - 11.6 - 11.4 - 11.7

 まずは前走の共同通信杯。正直どのレースがベストと選ぶのが難しい馬なので、前走から順にというところ。ペースは1.4でスロー、ラップ推移も極端ではないが3~4角でちょっと息が入って3F勝負、L2最速は11.4でそこまで速くない。総合力勝負になったかなと。8番枠からまずまずのスタートを切ってそこから無理はせずにじわっと先行策、楽に2列目の外につけていくという感じ最序盤が緩くこの馬も若干掛かり気味だったが他の馬に比べればマシで、掛かったタイセイスターリーが行ってくれたのでその外からじわっとついていって最終的には番手外で進める。3~4角でも仕掛けを待ちつつ先頭列3頭雁行状態の中で進めて直線。序盤でそこから仕掛けを待っていたのだが直後にいたスワーヴリチャードに対してリードが小さく、L2で追い出してじわっと伸びるがスワーヴにあっさり突き抜けられる。L1は甘くなりそうだったが仕掛けを待った分もあって何とか踏ん張って際どく2着を確保した。


ひいらぎ賞(5下) 4着 13頭8枠12番
中山芝外1600m良 1:35.2(+0.4) 46.8-48.0 H^1
12.5 - 11.2 - 11.4 - 11.7 - 12.3 - 12.2 - 11.8 - 11.7

 このひいらぎ賞も内容的には悪くない。着順は4着だが相手が相当強かった。ペースは1.2のハイペースだが単騎気味のもので、離れた番手以降で見れば恐らく48秒を切るかどうかというところかなと。なので実質は少し緩めの流れではあったと。その中で外枠からまずまずのスタートだがなかなか先行しきるのは難しく好位の外で我慢という形。道中も好位で動かず3角を迎える。3~4角でもまだ好位列で仕掛けを待つ、4角辺りからウインとアウトライアーズが動いてきたこのタイミングでじわっと仕掛けて直線。しかしそれでも序盤で勢いに乗せてきた2頭に一気に動かれてしまう。ラストはジリジリで伸び切れずも3着争いの中には入り込んで4着。まあここは上位2頭が強かった、仕掛けを前で待つことができたのはこの馬としては良い展開だったと思うんだけど、勢いづいた外2頭、特にアウトライアーズにはトップスピードの質で圧倒されてしまったなという感じ。


セントポーリア賞(5下) 2着 11頭4枠4番
東京芝1800m良 1:48.0(+0.3) 48.5-46.5 S^2
12.7 - 11.4 - 11.8 - 12.6 - 12.7 - 12.8 - 11.4 - 10.8 - 11.5

 2走前のセントポーリア賞も2着と健闘したがダイワキャグニーには完敗。ペースバランスは2秒でかなりのスローからL2最速10.8。3角手前~4角で12.6-12.7-12.8と強烈に遅いラップを刻んでギアチェンジの性能を高いレベルで問われた。4番枠から好発、スッとハナを取り切ってしまってそこで外のニシノアップルパイを行かせて控える。最終的にダイワが更に外から来たのでその後ろに下げて2列目のポケット。3~4角で相当緩い流れの中で外から動くダイワキャグニーに対して一列下げてからダイワの外を回して3列目で直線。序盤でダイワが一気に仕掛けて抜け出しにかかる中こちらは楽な手ごたえで2列目に、L2の最速地点までは結構いい感じで伸びかけたがL1で甘くなって最後は2着を死守したというところでとどまった。緩い地点から一気に加速できるギアチェンジの性能は高い。ただトップスピードを維持する能力が低いのでどうしてもダイワより後ろから勝負すると難しかったかなというところ。


●2017スプリングステークスに向けての展望

 総合力が高く決定的な武器はないというタイプ。ただ共同通信杯は個人的にはラップ推移的にも時計、上がりを同日芝レースと比較してみてもこの世代の中では平凡だったと思っている。その中でポジション差を活かしたところに想定外にスワーヴリチャードが前に来られたことで末脚の差が出てしまった形。ただスワーヴリチャード含め思った以上に物足りなかった中での2着で、あれを評価すると個人的には危険だろうと思う。少なくともひいらぎ賞では実質はそこまで流れていない、ややスローぐらいというところから仕掛けを待てる形でいながらも動かれてしまって完敗を喫したアウトライアーズ、ウインブライトは一段上の強敵と言っていいと思う。そのうえでベゴニア賞でギアチェンジ面でも圧倒されてしまったサトノアレスがいて、中山1800で逆転可能かと言われると…というところかな。ポテンシャル戦でもちょっと甘さがあった馬なわけで、どういう競馬でも足りない。この馬の場合は相手関係をしっかりとみて判断すべきだと思っていて、今回これだけメンツが揃ってくるとさっぱりと消すのも一つの手、だと思う。狙うとしても3着までで限定したいかな。番手で上手く平均に持ち込んで仕掛けを待てたとしてもひいらぎ賞の感じから上位2頭の差し込みを防ぐのは簡単ではないかなあ。個人的には共同通信杯2着で良い具合に人気をしてくれてシメシメというところで、ここでこそ評価を落としたい。枠の並び次第の面もあるのはあるけど、それでも狙うとしても3着までと決めておきたいかな。




弥生賞で8番人気マイスタイルをスクープ

馬連4360円的中

今回も弥生賞の再現がある!?

第66回 スプリングS(G2)

サトノアレスに肉薄する【超穴馬】

今すぐ無料で教えます

スプリングSの超穴馬はコチラ


◆勝負情報・穴情報で大きく獲った!

第51回 フィリーズレビュー(G2)
◎レーヌミノル
○カラクレナイ
△ゴールドケープ
馬連1点目:450円的中
3連複:2220円的中
3連単:9570円的中

第54回 弥生賞(G2)
◎カデナ
△マイスタイル
馬連:4360円的中

中山4日目3R
◎サンラファエル
◎アナザートゥルース
馬連1点公開:780円的中
3連複:9890円的中
3連単:4万6450円的中

中山1日目11R総武S
◎ピオネロ
馬連2点目:1610円的中
3連複:2350円的中
3連単:1万3060円的中

小倉6日目10R日田特別
◎ローズウィスパー
馬連本線:1640円的中
3連複:4900円的中
3連単:2万2710円的中

東京7日目12R
◎ラベンダーヴァレイ
馬連大本線:4690円的中
3連複:1万8300円的中
3連単:7万5450円的中


スプリングSの超穴馬はコチラ

pngワールド:スプリングS300-250

投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

関連記事

フォワ賞 2017 出走予定馬:サトノダイヤモンド、前哨戦でも強気に脚を出し切る競馬を期待したい
日経新春杯2018 出走予定馬:ベルーフ、距離延長で甘さを補えるか?福島記念が物足りない
アルゼンチン共和国杯 2017 出走予定馬:スワーヴリチャード、菊花賞回避で状態面がカギ…勝負所でスッと動けるのは魅力
関屋記念 2017 出走予定馬:ロードクエスト、一昨年にファンを戦慄させた新潟のマイル戦で復活となるか…?
札幌2歳ステークス 2017 出走予定馬:ファストアプローチ、血統はタフな洋芝向き…距離延長で怖さもあり警戒したい
マイラーズカップ 2017 出走予定馬・プレ予想:エアスピネルと武豊、前走の雪辱誓うも先行馬が少なくペースがカギ
関屋記念 2017 出走予定馬:メートルダール、スローでの末脚の持続力は通用も…マイルで流れてついていけるか?
フェアリーステークス2018 出走予定馬:トロワゼトワル、前走折り合いに苦労も4着…速い脚を持っているわけではないが総合力は高く
京都2歳ステークス 2017 出走予定馬:グレイルと武豊、新馬戦はなかなか味な競馬でラップも良いがドスロー…良で流れた時にどうか?
阪神牝馬ステークス 2017 出走予定馬・プレ予想:ミッキークイーン、素材は勿論一流…勝ち切るなら末脚を出し切ってほしい
ローズステークス 2017 出走予定馬:レーヌミノル、距離不安を払拭できるか?末脚勝負では分が悪い
京成杯オータムハンデ 2017 出走予定馬:マルターズアポジー、前半すぐに支配できるかがポイント…中盤以降の強気の競馬は脅威
マーメイドステークス 2017 出走予定馬:マキシマムドパリ、愛知杯は圧巻も…エンジンの掛かりが遅く早めに動く意識を持てるか
北九州記念 2017 出走予定馬:ダイアナヘイローと武豊、4連勝を賭けてタフな小倉1200を乗り切れるか?
セントライト記念 2017 出走予定馬:サーレンブラント、春は少し物足りずも…バテ差しでどこまで食い込めるか
レジまぐ商品の購入はこちら!

Menu

HOME

TOP