投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

スプリングステークス 2017 出走予定馬・プレ予想:サトノアレス、王者の走りを中山1800mで見せられるかがポイントだ

2017 3/19(日)
第66回 スプリングステークス(GII) 中山芝内1800m
予想用・出走予定馬一覧
スプリングステークス2017の予想用・出走予定馬一覧

 混沌としてきた牡馬クラシック路線だが、その中で昨年の朝日杯フューチュリティステークスの覇者サトノアレスがスプリングステークスに出走予定だ。昨年2歳王者が満を持して皐月賞の前哨戦に参戦。朝日杯の2着馬モンドキャンノをはじめ、簡単ではない相手がずらりと並んだが、本番を見据えて王者の走りを証明できるか。


 朝日杯はやはり評価しないといけないけど、レベルとしてみると今年のクラシック戦線の中で高いとまでは思っていない。1周コースの中山1800になるということもあって、適性面で他の馬に逆転を許さないかどうかが注目点。個人的には今年のクラシック戦線を占う重要なレースと言ってもいいぐらいメンツが揃ったと思っているので、ここで勝ち負けというのも決して簡単な一戦ではないかな。


朝日杯FS(GI) 1着 18頭8枠17番
阪神芝外1600m良 1:35.4 48.3-47.1 S^1
12.8 - 11.2 - 11.6 - 12.7 - 12.3 - 11.5 - 11.2 - 12.1

 まずは前走の朝日杯FSから振り返る。年末の阪神で、しかも時計も結構掛かっていた。ペースは1.3でややスロー、ラップ推移的にも道中の中弛みが結構顕著で、そこからのL2最速トップスピード戦となっている。大外枠から五分には出たという感じ、そこから無理せず後方からの競馬を選択。前半はそこそこには流れていたが、3角で急激に緩んだので一気に団子状態となり、その後方外々を追走。3~4角では大外を回し、4角出口で仕掛けて直線。序盤の最速地点でスパッと切れて一気に先頭列にまで並びかけてくる。L1の坂でちょっと甘くなったがそれでもモンドキャンノの追撃に粘り腰で対応、勝ち切った。ひとまず時計的な価値としてトップクラスの朝日杯馬…昨年で言えばリオンディーズと比べるとちょっと物足りない面はある。同日の元町Sが1:35.4と時計は同じだが48.8-46.6とかなりのスローで後半が速い。そのうえで上位の上がりは33.5、33.4と33秒半ばに入ってきている。朝日杯との比較でみると時計的に同じ、後半のTS持続で甘さを見せて上がり的に少し見劣ったという点では準OP以上とは言えないと。まあそれでも今年の元町Sのレベルは高いレベルにあったと思うし、特にこの馬の場合はL2最速11.2の地点でえげつなく切れた。まず間違いなく10秒半ばというような脚を使ってきているわけで、瞬間的なトップスピードの質というのは驚くほど高い。ただ10.5として考えればL1の12.1はかなり落としている。これをどう評価するかというのは一つポイントになるかもしれない。やはりTS持続がちょっと甘く、偏差をつけて非常に高いレベルでキレを引き出してという競馬が合いそうだし、スローだった上に中弛みで取り付いたことで余力を持って直線に入れたからこその切れ味だったともいえると。


ベゴニア賞(5下) 1着 13頭6枠8番
東京芝1600m良 1:35.6 48.3-47.3 S^1
12.5 - 11.4 - 11.8 - 12.6 - 12.7 - 11.6 - 11.1 - 11.9

 このベゴニア賞も近い競馬にはなっている。ペースは1.0でややスロー程度だが3~4角で12.6-12.7と相当緩んでいてL2最速のトップスピード戦、要所で平坦~上り坂となる府中なので当然ギアチェンジも問われている。8番枠から五分には出たかなという程度。そこからムーアがじわっと促してという形だが中団での競馬となる。3~4角では中団の内に入り込んで中弛みの展開で我慢、3列目で直線に入ってくる。序盤の段階で内が開いたので一気に追い出されてスッと反応、2列目に上がるとL2の最速地点できっちりと先頭に立って抜け出した。L1はちょっと甘くなったが要所のギアチェンジの性能の高さは間違いなかったなと。最終週で雨の影響も少しあった良馬場、その中でしっかりと鋭さを引き出してきたのは立派だし、機動力の高さを見せてきた。府中でギアチェンジを伴うトップスピード戦に関してだけなら世代トップレベルは間違いないかなと思う。ただここでもL1はちょっと甘くなるのでやはりTS持続がちょっと引っかかる。瞬間的な爆発力を分散していく競馬になった時の課題はあるのかなと。


未勝利 1着 15頭5枠8番
中山芝内1800m稍 1:50.2 50.3-47.3 S^3
12.8 - 11.7 - 12.4 - 13.4 - 12.6 - 12.1 - 11.9 - 11.3 - 12.0

 中山1800m戦の未勝利勝ちも軽く振り返っておきたい。3秒で超スロー、ラップ推移的には向こう正面から流石にじわっとは加速しているがL2最速11.3と中山1800としては速いラップを踏む競馬になった。稍重で少し時計は掛かっていたがそれでも時期的にもそこまで重くはなってない。標準ぐらいの馬場だったかなと。ここではまずまずのスタートを切って内には入れさせてもらえなかったが楽に好位を確保。道中は少し掛かり気味だったがドスローなのである程度仕方ないというところ。 3~4角で2列目の外から進めていたが先にレッドローゼスが外から動いてきて窮屈になりL2ではちょっと置かれる。L1の坂の上りで何とかこれを捕えきったという辛勝だった。まあ4角で窮屈な競馬にはなっているのでL2で置かれたのは仕方がない、そこからのL1でレッドが相当落としている中で何とか捕えた形というのはやはりちょっと微妙なところで、ハッキリとトップスピードに乗ってしまった方が良いのかなという感はある。新馬、未勝利と札幌1800mでは勝ち切れなかった(まあサングレーザー戦の場合は包まれて出し抜かれたのが響いたが)。この辺からも1周コースでコーナーで分散していく形で速いラップを踏み切れない時の不安はあると思う。


●2017スプリングステークスに向けての展望

 ひとまず今回は1周コースへの適性を再確認する舞台かなと。ポテンシャル戦までになると全く未知数だし、速いラップ、トップスピードを引き出すような余力がない競馬になった時にどういう競馬ができるのかに一つ注目したい。スプリングステークスの場合、先出ししているラップデータからもわかる通り、基本的には極端な競馬になりにくく速いラップをそこまで要求されにくい。この馬の様に究極的なトップスピードの質を直線で爆発させたいタイプとしては試練の舞台だとは思う。今回は強敵が多く、特にエトルディーニュなんかはこの距離である程度ペースを引き上げて分散する競馬でとなると基礎スピードを持っているのでベゴニア賞からの逆転も可能性としてはある。またもちろんだがここでの強敵と目している基礎スピードと後半の末脚、全面的に総合力の高さを見せているアウトライアーズはある程度流れれば最大のライバルかなと。またドスローになった時に向こう正面での早仕掛けが起こるとすればウインブライトのポテンシャルは相当非凡である。2歳王者としてどこまでこれらを返り討ちにできるかだが、個人的にはここで勝ち切るのは楽ではないだろうと。現時点ではだが予想的には恐らく連下以下で様子を見る形になる。



Pr
中山、阪神、中京、全レース予想!!
そしてスプリングステークス(G2)の◎はこれで決り!!


最近登場した「うまコラボ」という競馬サイトが利用者急増中とのこと!
何がすごいの?

情報量と的中精度の観点から、さっそく実戦です!


■サイト運営者・重賞予想解説者:北条直人
こんな感じのよくわからない競馬オタクが運営しているサイトの様だが、

・もっと楽しみたい。
・勝ちたい。
・的中させたい。
・もう一度的中の興奮を味わいたい。
・競馬の相談が出来る頼れる存在が欲しい。

競馬ユーザーなら誰しもが思うこんなことへ答える為に、
土日の全レース72レース分、すべての予想を提供している!

じつはすごい人、北条直人!
確かにこんなサイトは今までありませんでした。
TVでも新聞でも他競馬サイトでもこの量の予想はできないです。
うまコラボだけができる強みと言っていいと思います!

このすごい数の情報量と予想提供量を目的に利用者が急増しているようです!
こちらからすぐに体験できます。
→ http://www.collabo-n.com/

そして、的中精度!

高的中率をたたきだしてます!
(的中実績も不的中実績もすべて公開しているので、実績は本物の数値)
基準値としてわかりやすく3連単を見ます。一般的に3連単を当てるのは相当難しいもの。
どんなサイトを見ても、平均的中率10%と言われています。

うまコラボ:3月11日(土)的中率結果
=========================================
単勝:83.3% 複勝:100% 馬連:58.3%
ワイド:94.4% 三連複:33.3%
三連単33.3%
=========================================

うまコラボ:3月12日(日)的中率結果
=========================================
単勝:80.6% 複勝:97.2% 馬連:63.9%
ワイド:86.1% 三連複:41.7%
三連単41.7%
=========================================

市場の3~4倍の高さの的中率があります。
3回に1回、もしくは2回に1回に近い数字で3連単が的中できる結果です!


どうです?ワクワクしますよね。

今週のスプリングステークス(G2)予想に至っては、サイト内の北条ブログで
週末無料公開予定との事で間違いなくチェックすべき内容です!

無料予想だけで充分すぎる内容なんですが、
微々たるもので、月額で1,980円のみの有料での提供もあります。

週末全レース72レース分の予想を見れた上に、
買い目付きの予想と考察・その根拠が提供されるので、
購入金額を減らした少点数買い、そして高配当を重視した的確な買い方を
知ることができるます。

もっともっと稼ぎたい人には最高の特典かもしれませんね!
プロの予想に数万円かけて購入するより、
この実績が明日から1,980円で自分のモノになると考えると、
これからの競馬シーズンも含めて、ずっと勝てる楽しい競馬ができそうですね。


まっ、無料予想で十分勝てるし儲けれますので、
まずは無料でどんどん当てまくって下さい!こちらからどうぞ!

→ http://www.collabo-n.com/


投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

関連記事

カペラステークス 2017 出走予定馬:ディオスコリダー、前走の西陣Sでは前半残して鋭く…ペースが上がり切らない方が良いかも
府中牝馬ステークス 2017 出走予定馬:クインズミラーグロと武豊、あと一歩が遠い善戦女子を勝利に導けるか?
東海ステークス2018 出走予定馬:モルトベーネ、内で我慢が利く馬で、スローで前目内目に潜んで浮上を狙いたい
中山牝馬ステークス 2017 出走予定馬・プレ予想:デニムアンドルビー、屈腱炎後もトップスピード持続力は非凡さ…強い馬だが穴も多い馬で
中京記念 2017 出走予定馬:アスカビレン、嵌った時の決め手は確かも、相手強敵にペースへの不安もある
富士ステークス 2017 出走予定馬:サトノアレス、2歳マイル王者が府中のマイルで古馬相手に力試しの一戦…適性は合いそうだが
アンタレスステークス 2017 出走予定馬・プレ予想:モンドクラッセ、展開のカギを握る逃げ馬…コーナーでの立ち回りに注目したい
神戸新聞杯 2017 出走予定馬:キセキ、春から一変の気配…ここ2走は圧巻で勢いそのままダービー馬喰いを狙う
京成杯2018 出走予定馬:デルタバローズ、1戦1勝もセンスある突き抜け方は魅力、中山2000克服なるか?
キーンランドカップ 2017 出走予定馬:ソルヴェイグ、スプリント路線の実力者が復調?内枠から前目に潜めれば不気味
新潟2歳ステークス 2017 出走予定馬:ムスコローソ、名牝ダイナカールを母系に…マイルへの延長でも末脚を炸裂させたい
青葉賞 2017 出走予定馬・プレ予想:トリコロールブルー、フリージア賞で府中適性を示し…距離延長でゆったりと運べそうなのは好材料
クイーンステークス 2017 出走予定馬:アドマイヤリード、強烈な切れ味は現役でも屈指…コーナー4つのコースで引き出せるか
スプリンターズステークス 2017 予想用ラップデータ:基本はハイペースだが近年は4角地点で多くく減速せず、コーナーでの立ち回りは重要
ステイヤーズステークス 2017 出走予定馬:フェイムゲーム、現役屈指のステイヤー…初参戦もこの舞台で真価を発揮しそう
レジまぐ商品の購入はこちら!

Menu

HOME

TOP