投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

中山牝馬ステークス 2017 レース回顧・結果:トーセンビクトリーと武豊、鮮やかに進路を確保しスッと抜け出しての完勝!

単独での回顧ライブとなります。ラップや騎手など様々な観点から次のレース予想に繋がる回顧をお届けしますので、ぜひお聴きください。ライブ前にコメントで質問、レースの流れで気になったこと等を書き込んでもらえたらありがたいです!
http://twitcasting.tv/c:nandecas

競馬ナンデトップページからも視聴できます
http://www.keibanande.net



2017 中山牝馬ステークス(GIII) 中山芝内1800m良
レース回顧・結果

1:49.4 12.9 - 12.3 - 12.6 - 12.4 - 12.2 - 12.1 - 11.8 - 11.3 - 11.8
50.2-47.0 S^3


 こちらはこちらでここまでのドスローってのはなあという。ただラップ推移的に見ると前もじわじわとは引き上げている。それでも時計が掛かっていた馬場の中でL2最速11.3かあって感じでこれはなあと。日曜は両メイン重賞もそうだけどなんかいろいろ変なレースが多かったなあ。ドスローからのトップスピード戦、前々からしっかりと4角出口のギアチェンジに対応できたかがポイント。向こう正面での仕掛けも緩やかなので、ほぼパワー型の馬場でのトップスピード特化とみていいと思う。


1着トーセンビクトリー


 4番枠から坂スタートで抜群のスタート、そこから外の各馬を行かせるような感じで上手く2列目のポケットに入り込む。道中もドスローの中で流石に少し掛かり気味だったが前にスペースを置きながら我慢。3~4角でも一気にペースが上がっていく感じもなく、2列目のポケットで前に1馬身分のスペースを保つ。4角でもまだ進路はないのでスペースを保ちながら仕掛けを待ちつつ番手のサンソヴールの直後との両にらみで仕掛けを待って直線。序盤で外に持ち出しつつ進路確保からスッと反応、L1の坂の上りでスッと抜け出して外から来るマジックタイムの強襲をしのいでの完勝だった。戸崎のルージュバックとは逆で、この辺りが流石武豊。もちろんトーセンビクトリー自体要所での機動力が高い馬というのもあったと思うんだけど、前にスペースを置くことで進路を待つときにまず必要以上に下げる必要を無くす。進路が無い状況でもスペースを詰めて外に持ち出してすぐに追いだせる状況、つまり加速までのタイムロスを減らすことができると。下げてからの加速ではなく中盤までの段階でしっかりと加速のための準備をして進路確保をしているというのが違ったね。まあレース自体はつまらなかったしドスローでの上がり勝負の中で上手く進路を取って動けたこの馬が一番だったと。またルメールにせよシュタルケにせよやっぱミルコ以外の外人騎手は動くべきポイントが分かってないからある程度仕方ないかな。その点ではやっぱり武豊に分があったと思う。今の牝馬はトップレベルだったデニムやスマートレイアー世代、マリアライト、ヌーヴォ世代もちょっと落ちてきたこともあって5歳世代が結果を出すようになってきたなあ。正直昨年春ぐらいの感じだとマキシマムドパリやトーセンビクトリーレベルで重賞勝てるとは思ってなかったわ。


2着マジックタイム


 13番枠から出負け、そこからじわっとリカバーしつつ早い段階で中団までは引き上げる。向こう正面でもじわっと加速という程度で流れ切らない中で中団で我慢というルメール競馬。3~4角での仕掛けも遅く中団外から4角出口でようやく動かそうとするが流石にキレで優位に立てず、L1のバテ差しでようやく食い込んでくるが及ばずの2着惜敗だった。まあ56kg背負って馬はがんばっているよというしかないね。流石にここまでスローだと向こう正面の段階である程度上げて行かんとだし、4角で前が動いてから手が動くようではそりゃあねと。4角の段階で2列目に取り付いていくぐらいの仕掛けを持っていかんと。TS持続が売りの馬でL2最速で出し損ねての負けだから。ルメールらしい負け方だったと思う。ホント後ろからだと信頼度が低い騎手だわ。マジックタイムはこれで引退、個人的にはGIでも通用すると思っていたから残念だけど、肌馬として頑張ってほしいね。


3着クインズミラーグロ


 2番枠から五分には出たというところ、好枠を利したのとトーセンビクトリーの直後を取れたのも大きく3列目で進めていく。道中もドスローの中でしっかりと折り合い、トーセンとの間にもスペースを取りながら3角。3~4角でも最内を追走、4角でトーセンが外を意識したのでその内を進めて直線。序盤で追い出されるがちょっと反応的に見劣る。それでもL1の坂の上りでジリジリと伸びてきて最後は3着を確保した。まあL1の坂の伸びでもトーセンに見劣ったしこの条件としてはちょっと足りなかったけど、上手くスペースを取って直線入りの段階である程度器用に立ち回れた。内からの反応の良さというのもこの馬の武器の一つだからそこは活かせたけどドスローでとなるとそもそものトップスピードの質の差は出てしまったかなという感じ。このレベルまで来るとどういう競馬になってもワンパンチ足りないから展開面での追い風が必要かなあ。


4着パールコード


 16番枠から抜群のスタート、できれば番手まで取り切りたかったが2列目外とそこまで悪くない。道中ドスローの中でもある程度折り合ってポジションをキープして3角。3~4角でも仕掛けを待ちながら2列目の外、楽な手ごたえで4角出口で並びかけて直線。序盤で追い出されてしっかりと伸びを見せるがスパッとは切れない。L1でもジリッと下がっての4着完敗だった。まあ何というかこの馬を体現した4着だったなあという感じ。エリ女と同じでトップスピードの質勝負で決定的に優位には立てず、TS持続は甘いから差し込まれるしという感じ。トップスピード戦に特化してしまうとこの馬は甘くなるから、本当言えば3~4角で川田は分散する形で動くべきだったと思うんだけどね。まあどう転んでも甘くなるから難しいけど、ここまでドスローだと結局末脚の絶対量差になってくるわけでね。器用に動いたけど結局そこで終わってしまった感じ。全体が厳しい流れになった中でも一脚を使える方だから、高いレベルで全体が引きあがった時に内内から立ち回っての善戦に期待はできるけど相手に合わせてしまう所は今後も出てくるかもね。川田も前半の進め方は理想的だったけど、途中でドスローだと感じたならリスクを背負ってでもやはり早めに動く意識を持ってほしいね。後続に対してどこかで優位性を作れないとなかなか難しい気はする。まあ4歳世代の牝馬は少なくとも秋以降の活躍馬はちょっと物足りないから、過大評価は禁物かもしれん。


5着デニムアンドルビー


 9番枠から出負けして最後方近くからはある程度想定通り。道中もドスローで後方から進めていく。ただ向こう正面でも誰も動かない中でマジックタイムをマークするだけで特に何もなく3角。3~4角でも早めに動くわけでもなくマジックタイムの直後を取って直線。序盤で外に出してからのキレは当然イマイチ、L1でジリッと伸びてはきたけどというところでウキヨノカゼあたりとジリジリ外差しで5着になだれ込んだ。まあ、正直言ってシュタルケを買った時点であかんわ俺って感じ。向こう正面でルメールともどもそりゃそうっすよね、って感じの流れだった。反省やね。やっぱ動けるかどうかってのがデニムの場合は重要だから、こういうタイプに我慢しかできない騎手ではどうしようもない。まあL1で伸びてきたし、一定のパフォーマンスは見せてくれた、せめて2段階加速的に向こう正面で動いてくれていたらもうちょっと楽だったかなと思うけどまあ仕方ないね。鞍上を選ぶ馬だからその辺りを軽く考えすぎた。


8着フロンテアクイーン


 14番枠からまずまずのスタートだがそれ以上に外のパールコードが良かったので無理せず好位で進めていく。コーナーワークで中団外、道中も動くことなく3角。3~4角でも外々から正攻法で進めて押し上げつつ好位列で直線。ただそこで取り付くのに脚を使ってL2で伸び切れず、L1では甘くなっての完敗だった。まあそりゃあ府中じゃないからね。最速地点に入っていく4角出口までにポジションが後ろでここで外から脚を使って動けば甘くなるのは早いわなって感じ。この馬もギアチェンジの高さを結構生かせていた馬、ペースが上がってもある程度やれた馬、だけどサムソン産駒らしい絶妙な総合力で勝負してきたわけだから、こうやって特化する流れで正攻法ではどうにもってのが正直なところかな。こういうタイプのサムソン産駒は東京1800~2000辺りで上手くポジションとって仕掛け待って出し抜くぐらいしかトップレベルでは通用しないんじゃないかなと思う。どうしてもサムソンズプライドとかみたいな感じになるんだよなあ。これという武器が無い馬が本当に多いね。


10着ビッシュ


 3番枠から五分には出て中団馬群の中目で進めていく。道中も特に動かず中団馬群の中で進めて3角。3~4角で進路を外に持っていきフロンテアクイーンの直後から外に進路を取って直線。ただ序盤でキレ負け、最後まで良いところなくの惨敗だった。ん~まあやっぱりトップスピード戦向きではないというのは一つあると思うし、ドスローからこういう競馬で内枠ではこうなっても仕方なかったのかなという感じ。戸崎もアイデアは何一つ見せられなかったけど、田辺やノリぐらい前半を捨てて動く意識を持って行ける騎手でないと簡単じゃない条件ではあったと思うね。秋華賞、JCで見せたパフォーマンス通りで少なくとも昨年秋以降トップスピード戦に対応できていないというのは確かなところかな。流れればもうちょっとやれると思うけどそれでも4歳牝馬のレベル的にもちょっと様子を見た方が良さそう。



「競馬予想情報の検証サイト」って見ることありますか?
予想サイトは今かなり流行ってしまって乱立気味なので、どのサイトが良質なのか、予め知るために、検証サイトや口コミサイトって結構役立ちます。


 仕事柄色々な競馬予想検証サイトを見て回るのですが、複数のサイトで高評価を得ていて気になったのがあるのでご紹介しておきます。

パーフェクトコネクション

あのイングランディーレで有名な清水美波調教師と、ダービーニュースで本紙まで務めた及川義弘元TMがタッグを組んで起ち上げたサイトだそうで。
「先月このサイトで買い続けてみたら的中率80%」など口コミがやたらとよかったので、
当方でも無料登録して潜入してみたのでレポです。


とりあえず無料情報の「1200円のお小遣い馬券」だけお試ししてみた。
名前の通り、1200円の馬券でお小遣い稼ぎをさせてくれるという無料コーナー。


こちら↓↓公開してしまってよかったのかわかりませんが、取り急ぎ抜粋です、、

【プラン名】1200円のお小遣い馬券(無料)
2/25 阪神11R アーリントンカップ
----------------------------------------
<推奨馬とその根拠(抜粋)>
◎ペルシアンナイト(8番)

 デビュー戦から上がり最速をマークし、2連勝とポテンシャルの高さを見せるサトノアーサー。レース内容から、能力は世代でもトップクラスでここも通過点になる可能性大。3連勝であっさり初重賞制覇を成し遂げるはずだ。

 相手は開催が進んで馬場の外側が伸びるようになってきたため、外めの枠の馬を中心にシンプルにチョイス。


式別:3連複

方式:フォーメーション

軸:8
相手:2.11.12

組み合わせ数:6点

-------------------------

レースはカロスが逃げるも途中から武幸四郎騎手のミラアイトーンが引っかかって突っかける波乱含みの展開に、、。ただ、ペースが上がったので有力馬には有利か、、↓↓
しかし、直線に向くとやはり強い馬が浮上する阪神マイル。ペルシアンナイトが外から一気に差し切り、レッドアンシェルも連れて飛んできた。内からはディバインコードが抜け出し3着!


ということで↓↓

【結果】
3連複 8-12-2
回収金額:500円×60.2倍=30,100
※上記購入額は及川氏の推奨に基づき筆者が購入していた金額です

けっこうシンプルな予想ではありましたが、、的確でしたね、、
無料での軽いお小遣い稼ぎとしては十分でした♪


おそるべし本格派、、パーフェクトコネクション
さすが天才トラックマン及川義弘監修だけのことはある。


競馬情報サイトはいろいろ試してきましたが、、
無料情報でもこういった高精度の情報提供をするサイトは初めてかも。


特にこのパーフェクトコネクションが信頼できると思ったのは、
不的中だった予想についてもきちんと公開していること↓↓

いつも当たったものだけを公開して的中を煽るサイトが多いのですが、
そこはさすが名ホースマンが監修しているだけのことはあって、誠実で嘘がありません。
的中に関しても、きちんとIPAT画像を提示して証明を取っています↓

手堅く儲けたい、本格派競馬サイトを体験してみたい方にはオススメです。


一回無料コンテンツだけでも試してみて損はないと思います。


※リンク先でメールアドレスを入力し、届いたメールのリンクをクリックで完了です。
※携帯スマホで受信できない場合@p-connection.co.jpのドメイン指定受信等の設定が必要です。


投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

関連記事

アルゼンチン共和国杯 2017 レース回顧・結果:スワーヴリチャード、内内で我慢し直線で瞬時にかつ強烈に弾けて古馬を撃破!
noimage
マーメイドステークス 2017 レース回顧・結果:マキシマムドパリ、スローで積極策、早めに動いてねじ伏せた!
noimage
日経新春杯2018 レース回顧・結果:パフォーマプロミス、2列目ポケットからラストに鮮やかに差し切り重賞初制覇!
noimage
紫苑ステークス 2017 レース回顧・結果:ディアドラ、薄氷の勝利が馬の強さを逆に際立てた…ラストの伸びは非凡!
noimage
noimage
函館スプリントステークス 2017 レース回顧・結果:ジューヌエコール、軽量とハイペースでGI馬をまとめてなで斬り6秒台のレコード勝ち!
中日新聞杯 2017 レース回顧・結果:メートルダール、外から最速地点の直線登り坂で鋭く伸びての完勝!
エルムステークス 2017 レース回顧・結果:ロンドンタウン、ぴったり内を立ち回って鮮やかに差し切り!
青葉賞 2017 レース回顧・結果:アドミラブル、虹が掛かった府中で圧倒的な走りを披露し、堂々と掴んだダービーへの切符!
オールカマー 2017 レース回顧・結果:ルージュバック、北村宏司とのコンビで久々に末脚を爆発させ勝利!
愛知杯2018 レース回顧・結果:エテルナミノル、好位から鋭く一脚…ギアチェンジで出し抜いた!
レジまぐ商品の購入はこちら!

Menu

HOME

TOP