投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

フィリーズレビュー 2017 レース回顧・結果:カラクレナイ、デムーロらしいコーナーでの落ち込みで外から勢いづけての外差し!

単独での回顧ライブとなります。ラップや騎手など様々な観点から次のレース予想に繋がる回顧をお届けしますので、ぜひお聴きください。ライブ前にコメントで質問、レースの流れで気になったこと等を書き込んでもらえたらありがたいです!
http://twitcasting.tv/c:nandecas

競馬ナンデトップページからも視聴できます
http://www.keibanande.net



2017 フィリーズレビュー(GII) 芝内1400m良
レース回顧・結果

1:21.0 12.0 - 10.2 - 11.3 - 12.0 - 11.8 - 11.7 - 12.0
33.5-35.5 H^3


 とりあえず浜中の糞斜行に関してのあれこれは多分後で書くことになると思う。ただ一つ言えるのは降着制度を戻さないとあかんでって。浜中なんか昨年マイルCSから半年も経ってない。程度に関してはパトロールビデオを見てから判断したいけど、やったもん勝ちの状況が続いてるからね。ペースは2.0で超ハイ、想定の範囲としてもここまで超ハイとなるとは思わなかったという感じかな。ただアズールムーンが流石に超ハイと思ったか早い段階で減速しすぎた感はあるね。コーナーで外を回した馬が良かったのはコーナーの段階ではもうほとんど減速していて速いラップを踏まなかったし、3角地点が一番緩いぐらいだったからね。正直時計的にちょっと物足りないというのはあるし、ここまで流れたのであれば今週の馬場状態なら20秒台に入ってきてほしかった。コーナーで外に進路を取って押し上げた馬が上位というのは前半のオーバーペースと石橋脩が無駄に落としすぎて内の馬がブレーキ、外の馬がフラットに上げられたという側面が大きい。なので斜行に隠れているけどレース自体も意外とトリッキーな流れだったと思う。


1着カラクレナイ


 16番枠からやはり出負けして後方からの競馬にならざるを得ない。道中はかなり前が飛ばす形で後方で追走に汲々という感じ。ただ前が3角の段階で緩める意識が働いたことでコーナーで外々から無理なく取り付いて4角では中団で進めながら直線。序盤で先に仕掛けたレーヌミノルが内の馬を物理的に掃除してくれたのもあって、外から一気に2番手まで上がってくる。そのままL1までしぶとく脚を伸ばしての完勝だった。ん~まあ時計的にちょっと物足りないレースになったから届いたかなという側面は個人的にはあるんだよねやっぱり。土曜の段階でかなり軽い馬場になっていたし、ここまで流れればそりゃ21秒台は出て当たり前。ただコーナーの段階で前のアズールムーンが飛ばし過ぎたと感じたかビビッてペースを落としたことでジューヌエコールなんかはあの超ハイの中で前目にいながら3~4角でどうしても減速させられて苦しかったと思うし、そこで3~4角取り付いてきた馬の方が楽をできているからね。内の馬は不利を受けなかったとしても展開的にちょっと厳しかった。そのうえでレーヌミノル浜中が掃除してくれた、結果的に自分の時計を出してきて勝ち切れたって感じかな。レーヌなんかは前受すべきだったけど中団で動く形を選択して、使える脚の短さをやっぱり見せてしまったしという感じでこの馬にとって上手く噛み合ったなと。レースメイクが下手な石橋脩がコーナーで取り付かせる展開に持ち込んだこととレーヌミノルが消極的なポジション取りから浜中が暴発して斜行してジューヌエコールを潰したこととそれによって早仕掛けで甘くなったりと色々噛み合ったと思う。3~4角でペースが落ちてこなければ外々を回すロスもそれなりに大きかったし。まあこれで桜花賞どうこうとは思わないかな。


2着レーヌミノル


 15番枠から好発を切って先行するかなと思ったがやはり外枠で内の先行各馬が早い段階でポジションを取ってきたので消極的に下げながら最後は結局中団となった。道中も無理をせずに仕掛けを待っているうちに前が3角辺りで一気にペースダウン、ここで動かざるを得なくなり4角で外から一気に押し上げて仕掛けて直線。序盤で一気に最内に切り込もうとして明らかにジューヌエコールの進路を妨害。そのまま抜け出したところにラストはカラクレナイに差し込まれての2着惜敗だった。まあ斜行の是非は後で書くとして、敗因としてそれ以外を考えるとやっぱり最序盤のポジション取りにはなってくる。ペース自体は速かったけどこの馬の場合はやはり1秒ぐらいハイで入っていかないとカラクレナイやジューヌエコール(まあ今回は先行したけど)辺りとの末脚の絶対量勝負で危うさが出てくる。流れた中であの位置ならこの馬にとってはもちろん余裕はあったけど、カラクレナイも末脚を出すだけの余裕はあった。その中で3角でカラクレナイがじわっと取り付いてくる、そこから前も緩めてくるので動かざるを得なくなるからどうしたって仕掛けが早くならざるを得ない。もちろん前にいたとしてここまで逃げ馬の減速が早いと小倉2歳Sみたいに前がしんどくなったら早めに先頭に立つ、ぐらいの意識を持たないといけないと思うし簡単なレースではなかったけど、もうちょっと仕掛けを待てる形に持ち込めないと苦しかったかな。まあ枠の段階でちょっと嫌だな、こういうパターンはありそうだなとは思ってみていたんだけどね。ただこの馬にとっては桜花賞は明らかに最上位勢との差が見えてきた、ここがメイチぐらいの感じだと思っていたけど斜行するわ取りこぼすわでちょっと残念な形になったね。もうちょっと基礎スピードを信頼して悪くとも好位ぐらいにつけてペースが落ちればフラットに入ってポジションを押し上げ、本仕掛けをワンテンポ待ってほしかったんだけどね。


3着ゴールドケープ


 13番枠から出遅れて最後方からの競馬になる。道中も一頭ポツンという中で3角では内を通しながらだが前が下がってきて団子状態、4角で徐々に外に誘導しながらカラクレナイの直後を取って最高の形で外に持ち出す。そのまま直線では勢いをつけきっていて一気に2列目、ジューヌエコールに並びかける。L1では前との差はつまらなかったが3着を確保したという形。まあこれもそんなに評価する競馬にはなってないかな。結局出遅れをリカバーできるだけの緩みが3角の段階で起こったことが大きい。ラップ的に速い地点までは最短距離を通して、前が落としてきたところでその勢いを削がない様に外に持っていってという形で速度を落とさないという形では理想的に入ってきている。内の馬には相当厳しい流れになったからジューヌエコールは不利だけじゃなくこの展開では苦しい中で何とか差し切ったけど、まあ本番でどうこうとは言えんだろうと。鞍上丸山はうまく外に誘導できたけど、あれだけスペースがあったら判断もしやすかっただろうし何ともかな。結局後ろから3角でのペースダウンに対応して外から動けた馬が上位って展開で、減速が速いレースにありがちな傾向になってるかな。だからこの3頭にしてもロスがある中で外々を回して強かった、という見方は違うと思っている。


4着ジューヌエコール


 6番枠から五分のスタート、二の足良くじわっと先行争いに加わってくる。最終的には2列目のポケットまで入って3角。3~4角で一気にペースが落ちてしまってここで前のスペースがなく仕掛けを待たされる形。4角でレーヌら外から動いてくる馬に一気に取り付かれて直線。序盤でレーヌミノルの斜行を受け決定的な不利を受ける。L1の坂の上りでもなんとか食らいつこうとしての4着確保だった。まあ不利が無ければどこまでやれたかってのは神のみぞ知る。だけど、個人的な意見としては3着はまずあっただろうと思う。それと、このレースで一番強い競馬をしたのはこのジューヌエコールだというのも個人的には思うところ。まずL2の4角出口から直線入りで不利を受けている。この馬の場合は内で前が壁、余力があっても動けない形。そして外からきたレーヌミノルにせよ緩いところで取り付いてその勢いで押し上げてきたわけで、早い段階で理想的に勢いに乗ってきた馬。浜中にしても内の馬がばてただろうという意識で一気に内に入り切ろうとしたと思うんだが、馬群を割ってスッと反応した余力があったからジューヌエコールは不利を受けた。恐らく33秒台に近い入り方をして12-11.8と緩いラップを踏まされながらも反応できていたというなら余力があったのは間違いない。ここまで早くペースが落ちなければ面白かったかなというのはある。それと高速馬場適性が高い可能性がこれで出てきたなという感じ。JFでは厳しい流れで噛み合わなかったが年末の馬場もあったかなというところ。基礎スピードの高さはこれで見せてきたといえるので、あそこまで崩れたのは馬場もある程度関係しているかもしれないと。いずれにせよ、この流れで坂の手前で明らかに減速をさせられているわけで、それでもしぶとく脚を使って踏ん張れていたので、もうちょっと違う競馬になったと思う。トップスピードの質自体は高いレベルにあるし、上手く中団内目ぐらいで脚を残して進められれば本番でも高速馬場ならちょっと怖さはあるね。


5着ヤマカツグレース


 11番枠からやや出負け、そこからポジションをある程度取っていってリカバー、中団ぐらいでは入っていく。3角の緩みを察知して徐々に外に誘導、4角で外に持ち出しながら狭いところを突きつつも上手くレーヌミノルの直後のスペースを確保して直線。序盤でジリジリと伸びるがそれでも底からはイマイチでジューヌエコールら前の勢力を脅かすことはできずの5着完敗だった。この馬が5着に来たのも結局3角以降の進路どりで国分優作が上手く外まで持っていけたことが大きいと思うね。オーバーペースにならないところから3角での緩みに察知出来た馬が基本的に上位に来ているのはその辺が大きい。逆に回顧の枠的に単独では触れられないけど内にいたフラウティスタなんかの方が苦しい競馬になっているからね。あまり高く評価する必要はないかな。


14着タガノカトレア

 7番枠からまずまずのスタート、そこから積極的に好位にはつけていく。3~4角で中目を追走、しかし4角の段階で動ける感じはなく中団に下がって直線。序盤でも打ちの窮屈なところだが響くなことにそもそもこの馬が下がっているので前のスペースは空いている状況。最後まで伸びなかっただけの14着大敗だった。流石にダート1400の馬をこのレベルのスピード勝負で狙うのは難しいんじゃないかなあ。4番人気はちょっと酔狂だったんじゃないかなあと思う。もうちょっと時計が掛かれば別だがかなり高速状態だったしね。


15着アズールムーン


 2番枠からやや出負け、しかし二の足が速く一気にハナを主張するレベルまで行く。そこからベルカプリが競ってきたこともあってかなりハイペースになってしまう。ただ3角手前でベルカプリが下がったところでこちらも息を入れる形を選択してしまって一気に後続に取り付かれるポイントを作ってしまう。4角ではせっかくハイペースでぶっとばしていたのに好位列凝縮の団子状態、ポジション差を取れないまま直線。序盤で不利を少し受けたがそれ以前のレベルで後退、失速の惨敗だった。まあ、どちらに転んでもこうなったかもしれないという前提ではあるけど、少なくともここまでぶっ飛ばしたなら緩めず行き切るしかない。基礎スピード的にもこれで余裕があったと考えるのはなかなか難しいんだが、それでもL4が最遅で12.0、そこからはコーナーで徐々に加速はしている。少なくともL3地点はこの馬が先頭にいたので12.0-11.8と加速はしている。超ハイでどこまでやれたかは別にして、ここまで前半が速いなら基礎スピードで押し切るしか手はない。それなのにコーナーで息を入れて後続にフラットに取り付かせた段階でちょっとどうしようもないわ。内の馬が崩れたのは浜中の斜行の影響も大きいけどこの石橋脩がヘタレレースメイクをしたからスペースがなくなって外から楽に取り付かせて好位列が凝縮したのも大きい。超ハイペース→息を入れる→再加速程しんどい競馬はないからね。この流れの逆を打った馬が上位だったわけで、まあ下手なレースメイクだったというしかない。ここまでオーバーペースに持ち込むなら他の馬に取り付かせない競馬で肉を切らせて骨を断たんといかんわ。結果はともかくこの無駄な緩みは何も生みださないよ。新潟内みたいに急コーナーで外からでも取り付きにくいコースなら別だが阪神1400だと3~4角疑似直線から4角で勢いに乗っていける馬の方が加速戦では有利だからね。ミルコのための競馬をしているような感じで地味にこのレースで一番不満な騎乗だったわ。最近中山1200で緩むケースが少なくないのもこういう騎手が多くなってきているからやろね。自身がオーバーペースになるなら他の馬にもそれを強いないとその意味がない。まして早い段階で緩めて取り付かせてはね。




◇──────────────◇

     【業界初!】
   的中に特化した競馬指数

    ~ コラボ指数 ~

 ■レース・買い目を絞れ
 ■3連単の的中率は30%オーバー
 ■穴馬もいとも簡単に捕えてしまう

    ↓しかも・・・↓

\買い目出しまでの時間わずか30秒/

    これさえあれば、
 競馬予想に1mmも悩む必要なし!

↓コラボ指数はこちらから閲覧可能↓
 http://www.collabo-n.com/lp/join/?ad_id=3381
◇──────────────◇

────────────────
  一刻も早く気付いてください
 人間の競馬予想では稼げない事に。
────────────────

あなたは今週も競馬新聞を使って、
ウンウン唸って競馬予想をするのでしょうか?

好きな予想家の予想を参考にするのでしょうか?


確かに、

競馬予想は楽しいですよね。
知識豊富な予想家は頼りがいがありますよね。


でも・・・


「今、あなたは稼げてますか?」


恐らく堂々と“競馬で稼いでいる!”と
言える人は極々わずかでしょう。


稼げていない人は共通点があります。
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

それは、

人間が競馬予想をしているという事。
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

  人人_人_人_人_人_人人 

     人間の予想では
  何億年経っても稼げませんよ

  ∨ ̄∨ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄∨ ̄∨  

なぜか?

競馬で稼ぐ事において、
最も大切な事は競馬データだからです。
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

結局は競馬ファンもプロの予想家も

血統
ローテーション
相手関係
調教
適正
馬場状態
・ 
このようなデータを見て予想しています。

実際、
色々な条件を見ないと的中精度は上がりません。

そんな複雑な競馬予想を
わざわざ人の頭で行う必要があるのでしょうか?


『いいえ、必要ありません。』


 〝コンピューターに任せる”


『これが正解です。』


なぜなら、
同じ量の情報を使い予想するなら、
100%コンピューターの方が正確なのですから。


     そして、


人の予想よりも
~~~~~~~~~~~~~
膨大な量の情報を扱い、
精度の高い結果を生みだす。
~~~~~~~~~~~~~

この事を実現したのが『コラボ指数』です。


どれほどの実力なのかは、
一度コラボ指数をご覧ください。

コラボ指数はきっと、

あなたの競馬人生にとって、
必要不可欠な存在となるでしょう。
 ↓↓↓
 http://collabo-n.com/lp/promise/?ad_id=3381

投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

関連記事

noimage
noimage
中山牝馬ステークス 2017 レース回顧・結果:トーセンビクトリーと武豊、鮮やかに進路を確保しスッと抜け出しての完勝!
ターコイズステークス 2017 レース回顧・結果:ミスパンテール、直線で待たされながらも進路確保から鋭く反応と新たな一面を見せての勝利!
フォワ賞 2017 敗因分析・レース回顧:サトノダイヤモンド、馬場に泣いた可能性が高い…ペースはスローからのポテンシャル戦だったが…
チャレンジカップ 2017 レース回顧・結果:サトノクロニクル、ロンスパで長く脚を使う展開で、上手く立ち回って勝利をもぎ取った!
みやこステークス 2017 レース回顧・結果:テイエムジンソク、まさに迅速なるハイペースのスピード勝負を4角先頭堂々押し切り!
スワンステークス 2017 レース回顧・結果:サングレーザー、内を上手く立ち回って接戦を制し嬉しい重賞初制覇!
京王杯スプリングカップ 2017 レース回顧・結果:レッドファルクス、直線まで我慢もしっかり加速し突き抜ける完勝!
エルムステークス 2017 レース回顧・結果:ロンドンタウン、ぴったり内を立ち回って鮮やかに差し切り!
オールカマー 2017 レース回顧・結果:ルージュバック、北村宏司とのコンビで久々に末脚を爆発させ勝利!
京都大賞典 2017 レース回顧・結果:スマートレイアー、武豊がインベタズドンで同一重賞勝利最多記録!
紫苑ステークス 2017 レース回顧・結果:ディアドラ、薄氷の勝利が馬の強さを逆に際立てた…ラストの伸びは非凡!
ファンタジーステークス 2017 レース回顧・結果:ベルーガ、強烈な末脚を披露し大外一気…本番に向け視界良し!
エプソムカップ 2017 レース回顧・結果:ダッシングブレイズ、因縁の地、東京の舞台で浜中とともに全てを払拭する悲願の重賞初制覇!
レジまぐ商品の購入はこちら!

Menu

HOME

TOP