投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

中山牝馬ステークス 2017 予想:本命09デニムアンドルビー

中山11R 中山牝馬ステークス(GIII) 芝内1800m 良、ややタフな馬場想定
展開予想
 芝刈りもあったし雨も降ってなかったので標準ぐらいかなと思っていたけど時計は遅い、スローでも速いラップを踏むこともなかったし、普通にややタフな馬場だったかなという感じ。


 展開予想だがまずはプリメラアスールがハナを主張していくだろうと。前走愛知杯の坂スタートでも問題なくまずまずのスタートから二の足が違った、坂スタートならこの馬が一番だろうしこれがポンとハナを切る、今回はその外になるサンソヴールもこれを目標に番手につけていってこの2頭が内に切り込みながら先行争いを制していくという形。サンソヴールが番手外だし、外からパールコードもじわっとそれを目標にしながら2列目外まで押し上げていけそうで、内からは坂スタートが微妙なシャルール、トーセンビクトリー、といったところがそこからの2列目争いということになりそうかな。プリメラアスールはそこまで飛ばすタイプではないのでスローになる可能性が高い。ただ馬場も重いので49で入っても恐らく後半は47ぐらいで落ち着くかなと。49-11.8-47ぐらいのスローロンスパを想定、1:47.8前後とみておく。 速いラップをそこまで踏めないので2段階加速ができれば理想だがポテンシャルを最重要視。


予想
◎09デニムアンドルビー
〇13マジックタイム
△03ビッシュ
△11サンソヴール
△16パールコード
3連複◎軸〇▲△BOX
3連単F◎〇▲→◎〇▲△→◎〇▲△×

◎デニムアンドルビー


 前走のフェブラリーSの時の追い切りが抜群に良かったし、今週もそこからは見劣るけど全体を出して踏ん張っていたし悪くはない。適性的には基礎スピードを問われての総合力勝負では苦しい、トップスピード戦でもギアチェンジを要求されると苦しいがTS持続特化になるとGI級でポテンシャル戦でもシップ相手に阪神大賞典で善戦できるレベルにある。スローで仕掛けが早くなりやすい展開なら常に安定すると思うので、高速馬場で2段階加速的な競馬を要求されて置かれる可能性を除ければ…というところで馬場が重いので素直にというところかな。前走の有馬記念でも60.8-59.4とスローからの12.8 - 12.9 - 11.8 - 11.7 - 12.1 - 11.7 - 12.1とポテンシャル戦の中でシュヴァルグランの外々から勝負に行くというかなり厳しい競馬を展開した、それでも踏ん張っていて仕掛け遅れたアルバートに差されたけどステイヤー型としてはかなり高いパフォーマンスをしている。馬場が重くなって坂スタートで入りもゆったり、金鯱賞で坂スタートも結構悪くなかったし、後方で無理せず進めてスローからのポテンシャル戦ならマジックタイムよりこの馬の方が強いかなと単純に。


〇マジックタイム


 引退するのか、ってぐらいちょっともったいない馬。噛み合えばGIに手が届く範囲だと思うけど、まあクラブ牝馬の宿命かな。とはいえ今回は若干微妙。この馬もデニムとタイプ的には近くてTS持続型の馬。デニムの場合はポテンシャル戦でもやれているんだけどこの馬は正直1周コースの1800でスローロンスパで分散してどこまでやれるかはちょっと未知数な面もある。まあ一応ターコイズSでも46.4-47.2とややハイの中で後方で脚を残して11.4 - 11.8 - 11.9 - 11.7 - 11.9 - 11.7のラップ推移、L1で推定11秒半ばの脚を使って突き抜けているし、11秒半ば辺りを連続してきた感覚なのである程度分散する競馬になっても足りるかなと思う。56kgは中山1800で坂スタートでとなるとちょっと影響しそうな感じはするけど、このメンバー構成ならデニムを除けば地力で1枚上だと思うので、ラストランでもあるし好走してもらいたい。


△ビッシュ


 ひもは連下で3頭に絞って。その中でビッシュはまともならというのと内枠でどうかという面を嫌っての連下にした。実力的に4歳世代の中では適性で一番噛み合うと思うんだけどね。ここ2走は割と敗因がハッキリしていて、結局スローからのトップスピード持続戦でポジションの優位性を取れないまま同じ位置で競馬したからTS持続で甘くなった形。 オークスも好走しているんだけど、結局59.8-59.8と平均では流れて12.5 - 12.9 - 12.6 - 12.7 - 11.4 - 11.5 - 11.6と中弛みが顕著。この中弛みである3~4角でしっかりと外から動いて緩い内に押し上げてポジションの優位性を確保したからこそTS持続でも頑張れた。ただそれでもL1では2頭の怪物に差し込まれたわけで上がりだけでも34.1と最速地点からのTS持続での脆さは見せている。一方全体で流れても良い馬で、紫苑Sなんかは59.6-60.1と平均ペースからの12.7 - 12.3 - 12.1 - 11.7 - 12.0 - 12.0とL3最速の流れで外々から押し上げての完勝。まあもちろん内で不利を受けた馬が多数いたレースなので額面通りには受け取れないが強かったのは確か。ポテンシャル戦なら長く脚を使えるし、基礎スピードも高く素材としては面白い。今の馬場ならポテンシャルを発揮しやすいと思うので、しっかりと途中で外に出せればだけどその点で戸崎がひっかかるかな。ここ2走は適性外としても物足りない競馬になっているので、その辺りも割り引いて。


△サンソヴール


 愛知杯組では素直に狙って良いかなと思う一頭。愛知杯自体は低調なメンバー構成だったと思うし時計的にも凡戦だが坂スタートでしっかりと前目につけて外のプリメラアスールを行かせてから番手というのを楽にこなしてきたからこの枠の並びで番手外を確保しきるのはそんなに難しくないだろうと。そのうえで前走愛知杯は61.6-59.8とかなりのスローからの12.1 - 11.8 - 11.9 - 11.8 - 11.7 - 12.6とスローロンスパでしぶとく番手外から粘り込んでの2着。ただこの馬の場合本来は2段階加速気味にL2で最速という形を刻んだ方が良いタイプではあると思っていて、4走前のTVh賞でも12.6 - 12.3 - 11.7 - 11.2 - 11.7とL2最速の中で2列目外から先頭列に並びかけてL2の最速地点でグンと抜け出している。一瞬の脚が本来良いタイプではあると思うので、前走の愛知杯と合わせて面白い。ただそういう観点からも少し時計が掛かっているのは嫌かな。流石にデニムやマジックタイムレベル相手に粘り込むところまでは簡単ではないだろうというところで連下まで。


△パールコード


 大外枠は中山1800というコースを考えると歓迎できないけど、今は外差し傾向だし枠の並び的にはプリメラ逃げ、番手サンソヴールと思えばその外につけきるのはそこまで難しくないかなと。坂スタート適性は未知数だけどいい位置を確保しきれればというところ。紫苑Sでは内で詰まってしまっての5着でこれは度外視していいと思うし、フロンテアクイーンも多少は影響があったがそれでも4角で詰まったこちらの方が苦しい競馬になったのはもちろんある。春のフローラSでは東京2000だが59.7-60.0と平均ペースの中で好位の外々から正攻法でフロンテアを撃破しているし、ポテンシャル面もそれなりにある。決定的な武器はないけど決定的な弱点が無いというのが魅力の馬で、外枠でも外差し馬場、2列目の外でしっかりと我慢を差せながら3~4角で仕掛けを待てる立場、馬場を選べる立場は意外と狙いやすいと思うので、後は川田がしっかりとポジションを取ってくれれば。




━━━━━━━━━━━━━━━━━

“競馬の神様”故・大川慶次郎が創設

 創業36年【ホースメン会議】の

実力を無料で体感できるキャンペーン
━━━━━━━━━━━━━━━━━
  100名限定 特別無料配信

   鉄板3点勝負 中山牝馬S

    混戦模様に待った!
  ◎-穴で50倍も狙える3点!
━━━━━━━━━━━━━━━━━

■直近の的中買い目
2/26 中山8R  1万6200円的中!
2/25 中山10R 3万2300円的中!
2/25 小倉12R 2万4060円的中!
2/19 小倉7R  7万5070円的中!
2/18 京都12R 1万3270円的中!

中山牝馬Sの3点を見る方法!
PNGホースメン:中山牝馬S300_250

投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

関連記事

福島牝馬Sの予想 買いデータ&データ消去法まとめ
2018エプソムC予想【※レジまぐ予想記事有料配信】
【PR】≪注目の3コンテンツ統合サイト≫「うまとみらいと」とは?
フェブラリーSの予想 買いデータ&データ消去法まとめ
京都金杯の予想 買いデータ&データ消去法まとめ
中山金杯2018 予想:本命01ウインブライト
レース回顧と予想結果(阪神牝馬S:▲-×-◎、NZT:無印-△-無印、桜花賞:○-▲-◎)
NHKマイルCの予想 買いデータ&データ消去法まとめ
【PR】今年のCBC賞は大荒れ予報!穴馬を見逃さない【最新競馬指数】
中山牝馬Sの予想 買いデータ&データ消去法まとめ
金鯱賞 2017 予想:本命12パドルウィール
2017皐月賞予想(本命とヒモ候補記載)
今週の重賞データ分析まとめ(神戸新聞杯,オールカマー)
レジまぐ商品の購入はこちら!

Menu

HOME

TOP