投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

フィリーズレビュー 2017 出走予定馬・プレ予想:ベルカプリ、未勝利勝ちはまさに圧巻だが…ラップ偏差の大きい競馬で良さが出た感があり

2017 3/12(日)
第51回 フィリーズレビュー(GII) 阪神芝内1400m
予想用・出走予定馬一覧
フィリーズレビュー2017の予想用・出走予定馬一覧


 既にここまで8戦とキャリアはメンバー中でも屈指、前走の500万下をきっちりと勝ち切って2勝目を挙げてきたベルカプリがフィリーズレビューに出走予定。逃げてレースを作ってそこからしっかりと抜け出す脚が魅力だが、今回は同型が強力になるのでその辺りがカギ。ここをクリアして桜花賞戦線に乗っていけるか。


 使える脚が限定的だな、というのはまず感じるところで今の前受の競馬は合っていると思う。阪神1400でとなると基礎スピード的に優位に立てるかが焦点かな。未勝利勝ちの内容が良かったけど、ああいう感じでペースを引き上げてからコントロールして一足を使って総合力で勝負する感じが良いと思うので、阪神1400だとより基礎スピードが勝ったタイプにペースを引き上げられると微妙かなとは思っている。


500万下 1着 14頭7枠12番
京都芝外1400m稍 1:23.6 36.2-35.0 S^2
12.4 - 11.6 - 12.2 - 12.4 - 12.0 - 11.3 - 11.7

 前走の500万下戦は稍重で時期的にも結構時計が掛かっていた。その中でペースは落ち着いてコントロールされる形、馬場も読みにくく仕掛けのタイミングも遅くなってL2最速戦。ポジショニングとギアチェンジ面をある程度要求された。外枠から好発、押して押してハナを主張、少し二の足は微妙だったがハナを取り切る。そこからはペースをコントロールしスロー。3~4角でも最内で仕掛けを待ちながら直線入りでゴーサイン。序盤でそこからスッと加速ラップを刻んで出し抜きを狙うが内から一頭エンゲルヘンに差を詰められる。L1ではしんどくなったがなんとかエンゲルヘンとの競り合いを制し、外から伸びてきたオールポッシブルも退けた。馬場が重かったこともあってペースも遅めになってしまったし、その分だけ後半要素を問われたが仕掛けが遅かったこととポジション差で何とか踏ん張ったという感じ。同日の1000万下の宇治川特別なんかは36.2-34.7とかなりスローからラストは11.4でまとめてきている、もちろん京都牝馬Sと比べても見劣るが、1000万下との比較で見れば流石に時計、ラップともに確実に1段見劣る。まあ1000万下はワントゥワンなので結構レベルも高かったと思うし、悪くはないかなという程度だが流石にこの時点でトライアルレベルでとなると使える脚はそんなに長くないし質もそこまで高くない。


デイリー杯2歳S(GII) 5着 10頭8枠9番
京都芝外1600m良 1:34.8(+0.2) 48.4-46.2 S^2
12.5 - 11.4 - 12.0 - 12.5 - 12.1 - 11.5 - 11.2 - 11.4

 デイリー杯がそのままのイメージかな。後半勝負でも悪くはないんだけど、結局末脚の絶対量が足りない。ペースが2.2でかなりのスロー、ラップ推移的にも3F勝負でL2最速、仕掛け自体もそこまで早くないが流石に前走ほどではなくL3の4角地点では既に11.5なので加速段階には入っていたと。ここでも好発から楽に先行策、内のボンセルヴィーソを行かせて番手でコントロールする形、スローに支配する。そこからは少し下げて3~4角でボンセルの直後、ロスを最小限に進めつつ4角出口で外に振って直線。序盤でそこから追いだされるがここでのキレはイマイチでジューヌエコールに交わされて3番手。L1でもばててはいないがサングレーザーやディーパワンサにTS持続で見劣っての5着完敗だった。内容的には悪くはないんだけど、後半の末脚で3要素の中でも素材面、質と持続力で明らかに一段足りなかったから差されたということになる。この辺からもスローでの決め手勝負では正直重賞レベルで上位争いは苦しいかなと感じている。


未勝利 1着 11頭4枠4番
京都芝内1600m良 1:33.7 47.0-46.7 M
12.5 - 10.7 - 11.5 - 12.3 - 12.0 - 12.0 - 11.1 - 11.6

 さてこの未勝利戦を高く評価しているんだが、ポイントは時計の速さではなくL2最速が11.1というところ。時計自体は当時の馬場を考えればそこまで速くない。勿論未勝利としてみればかなり優秀だが。それよりも個人的にはこのペースを作りながら12.0-11.1と急激に加速ができていること。これも11.1自体は馬場が軽いので当然なんだが、未勝利としては高速馬場を考えてもそこそこ速いペースなわけで、それでも鋭く出し抜けている。これがこの馬最大の武器になるかなと。4番枠からここでも好発、スッとハナを取り切ってペースを引き上げていく。ただ3角手前ぐらいからは徐々にコントロールで息を入れる。そのまま3~4角でも12秒台を続けて後続の仕掛けを待って4角出口でじわっと離す。そして直線入りで仕掛けると驚くほどに出し抜く、L1ではもう余裕を持っての完勝だった。ただL1では詰められてはいるわけで、やはり突き放せた理由は12.0-11.1と流れた中でこれだけの加速度を問わせる中でギアチェンジで一気に出し抜けたことだろうと。これはかなりのインパクトだった。基礎スピードの幅が非常に広い、ペースが速くてもトップスピードを引き出せるししかも一気にギアを上げられる。内回りも3角に下り坂はあるがこの地点ではコントロールしていたわけで、下り切った4角出口から一気に加速という競馬。これはなかなか面白い。


●2017フィリーズレビューに向けての展望

 まあ前述しているように評価はしているしいずれは面白い馬になると思うが、フィリーズレビューで勝負になるか?となると適性的には別問題かな。というのも未勝利は高速馬場のマイル戦だった、そこで47秒で入って息を入れる形で偏差の大きいラップを作ることができたという所にある。阪神1400の場合は中間そこまで劇的に息を入れられないのがあるし、この時期の阪神内回りだとそこまで時計も出ないのでペースが上がるとラップの偏差が大きくなりにくい。ゲート自体はうまいのだが二の足がそこまで速いというほどではないので、レーヌミノルやアズールムーンといった1400以下で基礎スピード面を高いレベルで見せている馬にハイペースを作られてしまうとそこで脚を使わされて意外と強気になれない面もある。まあ白菊賞の場合は重馬場で超ハイだからある程度度外視しても良いし、デイリー杯も物足りないけどこのメンバー構成でも馬券圏内レベルで考えるなら悪くはない。ある程度流れても息が入れば大丈夫だと思うが、新馬戦でも平均ペースで淡々とした中で我慢して一足を使おうとして甘くなっている。この感覚だとハッキリ息を入れられた方が良いと思うので1400は短い可能性は高いだろうと。1200実績と言っても未勝利で足りなかったわけで、その辺りを考えても今回は強くは狙えないかな。器用な馬だとは思うので押さえとしては狙いたいけど、基礎スピードの能力が高いうえにマイルまでは総合力で戦えてしまうレーヌミノルに勝てるだけの武器はこの距離ではないかも。逆にマイル以上でペースを引き上げつつ息を入れられればこちらが上回る可能性はあると思うし、個人的にはギアチェンジの性能を活かせる東京で見てみたい一頭かな。パフォーマンス的には侮れないし圏内のチャンスは十分あると思うけど、U字の1600~1800ぐらいでペースを上げてというのが噛み合いそうなイメージで適性的にスプリント色がある程度問われる阪神1400だと微妙かなと思う。



━━━━━━━━━━━━━━━━━

■第51回 フィリーズR(G2)■

自信のペナルティ付き!もし、この
フィリーズRを3点で獲れなければ
 2017年の全GIレースを無料配信!

  →3点勝負買い目を無料公開

━━━━━━━━━━━━━━━━━

桜花賞のトライアルレースではあるが、ここ10年でもフィリーズレビュー組みが桜花賞で馬券に絡んだのは08年レジネッタ(フィリーズR3着→桜花賞1着)、12年アイムユアーズ(フィリーズR1着→桜花賞3着)、16年アットシーサイド(フィリーズR2着→桜花賞3着)の3頭のみであり、本番に直結するレースではないことが分かる。

ここ10年、1人気で勝ったのは07年アストンマーチャン、12年アイムユアーズ、15年クイーンズリングの3頭のみ。2桁人気馬5頭が馬券圏に絡むなど伏兵の好走が目立ち荒れる牝馬重賞と言える。

平均配当は馬連1万3400円、3連単33万2030円。3連単では100万馬券が1度、10万馬券を超える高配当が2度あるように人気馬同士では決まらない、競馬ファンにとっては難解なレースだろう。

今年は阪神JF3着馬レーヌミノル、デイリー杯2歳Sの勝ち馬ジューヌエコール、2連勝中のカラクレナイ、ダート2戦無敗タガノカトレア、アズールムーンなどが参戦予定。クラシック候補生も不在で今年も波乱の可能性は非常に高い。

2月の最終週には引退絡みの勝負馬券で(2/25)阪神8R3万2950円、(2/25)阪神12R3万6250円の万馬券的中や、裏開催小倉では(2/26)小倉12R19万7200円の特大万馬券を的中させている競馬セブンでは、前哨戦の重賞も陣営の思惑を知っていれば簡単に獲れるのです!

実績面から人気になるである有力馬の関係者は「まだ本調子ではないが、馬主に使えと言われたら使うしかない。人気になるだろうけど、今回はお薦めしないよ」と胸の内を語る関係者や、「使って使ってよくなるタイプだから、狙いは次」など、全く勝負気配がない有力馬の存在も。競馬セブンは生産者・馬主・調教師・騎手などあらゆる関係者と太いパイプがあり、公にはならない関係者情報を入手できるからこそ、必然的万券的中をお届けしているのです。

今回は無料登録をして頂いた方々には『フィリーズRの3点情報」を特別に無料公開することが決定!情報無料配信は天候・馬場状態など、馬券に直結するあらゆる要素を加味した上でジャッジし、レース当日の13:30頃の配信となりますのでお楽しみにしてください。

  ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

━━━━━━━━━━━━━━━━━

■第51回 フィリーズR(G2)■

自信のペナルティ付き!もし、この
フィリーズRを3点で獲れなければ
 2017年の全GIレースを無料配信!

  →3点勝負買い目を無料公開
PNG七騎の会:フィリーズR300_250

━━━━━━━━━━━━━━━━━
投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

関連記事

京都大賞典 2017 出走予定馬:トーセンバジル、末脚は魅力もどうしても後ろからになり…開幕週の京都だと展開が向かないと…
ラジオNIKKEI賞 2017 出走予定馬:サトノクロニクル、素材は面白いが要所の反応が鈍く4角で置かれないかがポイント
エプソムカップ 2017 出走予定馬:マイネルハニー、前走は2秒とかなりのハイで崩れるも…それでも前半のペースを上手く引き上げたい馬
平安ステークス 2017 出走予定馬:ピオネロ、後一歩の詰めは甘いが…全体のペースが上がっても使える基礎スピード型一足タイプか
函館スプリントステークス 2017 出走予定馬:ブランボヌール、昨年札幌で好走も…前走不満で時計勝負に課題
札幌2歳ステークス 2017 出走予定馬:ミスマンマミーア、北海道からの刺客…非凡なポテンシャルで中央の壁を破れるか?
鳴尾記念 2017 出走予定馬:バンドワゴン、不器用な素質馬を破竹のルメールがどう導くかに注目
レパードステークス 2017 出走予定馬:アディラートと武豊、なかなか勝ち切れないが…レースを支配して勝機を掴め
関屋記念 2017 出走予定馬:マルターズアポジー、ここ2走の失速が不安…マイルは問題ないが新潟外回りでキレ負けの懸念もある
エルムステークス 2017 出走予定馬:モンドクラッセ、夏の北海道は庭…強気の仕掛けでコーナーで勝負を決めたいが
武蔵野ステークス 2017 出走予定馬:モーニン、近走は中距離色が強く出てきた印象で…ただノリが無理をせずに入ると怖さはある
アルゼンチン共和国杯 2017 出走予定馬:アルバート、58.5kgも出し切れれば1枚上…ギアチェンジが難で上手く進路を作って行けるかがポイント
ユニコーンステークス 2017 出走予定馬:タガノカトレア、前走端午Sは惨敗も敗因はハッキリ…穴候補で不気味な一頭だ
AJCC2018 出走予定馬:ショウナンバッハ、なかなか圏内まで突っ込めないがパフォーマンスは上昇…ノってる戸崎であと一伸びとなるか?
スプリンターズステークス 2017 予想用ラップデータ:基本はハイペースだが近年は4角地点で多くく減速せず、コーナーでの立ち回りは重要
レジまぐ商品の購入はこちら!

Menu

HOME

TOP