投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

中山牝馬ステークス 2017 出走予定馬・プレ予想:ビッシュ、厳しい流れ、ロンスパでポテンシャルを発揮できれば怖さはあるが

2017 3/12(日)
第35回 中山牝馬ステークス(GIII) 中山芝内1800m
予想用・出走予定馬一覧
中山牝馬ステークス2017の予想用・出走予定馬一覧


 昨年はオークスでも3着、秋は紫苑Sを制して結果を残したビッシュが中山牝馬ステークスに出走予定。オークスではシンハライトにチェッキーノといった2強には屈したものの強気の競馬で3着を確保。紫苑Sでは不利を受けた馬が多かったとはいえ、しっかりと突き抜けての完勝だった。ここ2走が物足りないが、復調を果たせるか。


 内容的に見てもここ2走はちょっと不満はあるが、基本的にスローで使える末脚をそこまで評価はしていない。オークスでは2強に完璧なタイミングで仕掛けてL1で完敗を喫していた。紫苑Sの様に厳しい競馬の方が合っているのかなという感はある。その点で前半はそこまで上がらない傾向の中山1800がどう出るか。 スローロンスパでもやれると思うので仕掛けが早い展開ならというところかな。


紫苑S(GIII) 1着 18頭8枠18番
中山芝内2000m良 1:59.7 59.6-60.1 M
12.0 - 10.9 - 11.9 - 12.1 - 12.7 - 12.3 - 12.1 - 11.7 - 12.0 - 12.0

 まずは紫苑Sから振り返る。中山芝内2000m戦でペースも平均、ラップ推移的にもL3最速のポテンシャル戦となっている。五分に出てそこから大外枠ということもあって無理せずに後方からの競馬。道中も割と淡々とした流れだったので後方でジッとしつつ、3角手前ぐらいで田辺のファータグリーンが動いたのを合図にその後を仕掛けていく。3~4角ではペースが上がった中で外々から一気にファー他の横、先頭列まで捲るような形で直線。序盤で堂々と先頭に立つと、L1でヴィブロスの追撃もほぼ許さずの完勝だった。この馬の場合はポテンシャルタイプではあると思っていて、トップスピード戦よりもロンスパで分散していく競馬の方が良いのだろうと。ここでもコーナー最速の中で動いていってねじ伏せての完勝。こういう競馬なら長く脚を使えている。ただもちろんここでは有力馬が結構不利を受けていたし、2着のヴィブロスも不利の影響を受けて下げる形になった。この着差を鵜呑みにするのは少し危険な面もある。


秋華賞(GI) 10着 18頭5枠10番
京都芝内2000m良 1:59.4(+0.8) 59.9-58.7 S^1
12.4 - 10.5 - 12.9 - 12.2 - 11.9 - 12.6 - 11.7 - 11.4 - 11.3 - 11.7

 ただペースが落ち着いて速いラップを要求された秋華賞はイマイチだった。1.2のスロー、L2最速トップスピード勝負で、持続力を要求されている。やや出負けから無理をせずに後方でという競馬。途中で前がペースを引き上げた時も無理をせずに後方馬群の外でジッと我慢。3角手前で前が息を入れたところで外からスッと進出して中団に上げていく。3~4角で外々から前を向いて外目を追走も4角で手が動いて反応乏しい状況で直線。序盤で伸びは平凡、ジリジリとL1まで良いところなく伸びずばてずの10着完敗だった。輸送の問題もあったかもしれないけど、それにしてもちょっと伸び切れなかったなあというのはある。ただオークスの時でもミルコが緩い段階で動いて直線に入る前にはほぼ先頭列に近い位置までいたというのはある。その中で出し切ってL1は甘くなっていたのでTS持続そのものはそんなに高いレベルにあるわけではないと。このレースの場合はコーナーで速いラップを踏んでいる中中団から外々で速いラップを踏まされたというのは大きいかなと感じる。


ジャパンカップ(GI) 16着 17頭1枠2番
東京芝2400m良 2:27.2(+1.4) 61.7-58.9 S^3
13.3 - 11.3 - 12.6 - 12.3 - 12.2 - 12.5 - 12.7 - 12.3 - 11.9 - 11.2 - 11.4 - 12.1

 決定的だったのはこのジャパンカップかな。ドスローでL3最速戦。どう見てもTS持続特化。その中で2番枠からやや出負けして、少し下げて中団。道中も中団馬群の中目で我慢しながら3~4角で中目から外目に誘導して直線。序盤で馬場の良い外目に持ち出したが追い出されての伸びがイマイチだし、L2の段階でもう下がっていた。このレベルになると圧倒的に使える脚の差が出てしまったなという感じで、正直こういう競馬は合わないんだろうと。


●2017中山牝馬ステークスに向けての展望

 まあ府中よりは3~4角で分散しやすい中山の方が良いとは思う。紫苑Sではファータグリーンの捲りがあったのが良かったといっても、外から動いてぶっちぎるようにポテンシャルの高さ、そして基礎スピードの幅の広さの両面をしっかりと見せてきた。ポツンになって最後に伸びてきていたフローラSの内容を見てもやはりポテンシャル戦で長く脚を使ってくるのが魅力だろう。半面でトップスピードを要求されると使える脚が短いというのはトップレベルでは露呈してしまっていると。オークスはコーナーの段階でも相当緩いラップでここで押し上げて他に先駆けてポジションを上げたのが功を奏した形。この辺りをどう判断するか。中山1800mの場合はやはり基本的にはスローからの2段階加速か完全なロンスパポテンシャル戦になりやすい。結果が出ているのが紫苑S、出遅れながらも伸びてきたフローラSでともに平均ペースからの仕掛けの早いポテンシャル戦。スローロンスパになった時にどこまで破壊力を引き出せるかが焦点かな。個人的には中山だと流れやすい2000の方が良いとは思うが、それでも府中程瞬間的なトップスピードを問われないので、コーナーでしっかりと動いていって分散させていければ復調もある。ただ紫苑Sが鮮やか過ぎたけど、あれはやはり他が不利を受けたという側面が大きいし、そこまで高く評価するのは危険かもしれない。ここは強く狙わず様子を見ながら連下あたりで引っ掛けるかどうか、というところかな。ゲートもそんなに上手くないしスローロンスパで外々から動いてねじ伏せきれるほどかどうかはちょっとわからない。紫苑Sも同日古馬500万下1800m戦が1:48.3で50.0-46.3と超々スローでも結構時計が出ていたし、12.7 - 12.0 - 11.2 - 11.4 - 11.7 - 12.0とスローからのL4最速という中でもL1をそんなに落としていない。紫苑Sの走破時計そのものはそこまで評価できないしね。難しいところだけど、中山替わりで平均で流れれば警戒したいかなというところ。相手も結構手ごわいと思うし、ここ2走も物足りない。狙うとしても押さえまでかな。



中京開幕週の注目レースは金鯱賞だが

馬券勝負できるのは日曜最終レースだ!

ワケアリで人気薄濃厚でも!
ココで激走できる根拠がある!


中京開幕・勝負情報

日曜中京12R・賢島特別

最終買い目を無料で教えます

日曜中京12Rの詳細はコチラ


◆勝負情報・穴情報で大きく獲った!

第54回 弥生賞(G2)
◎カデナ
△マイスタイル
馬連:4360円的中

中山4日目3R
◎サンラファエル
◎アナザートゥルース
馬連1点公開:780円的中
3連複:9890円的中
3連単:4万6450円的中

中山1日目11R総武S
◎ピオネロ
馬連2点目:1610円的中
3連複:2350円的中
3連単:1万3060円的中

小倉6日目10R日田特別
◎ローズウィスパー
馬連本線:1640円的中
3連複:4900円的中
3連単:2万2710円的中

東京7日目12R
◎ラベンダーヴァレイ
馬連大本線:4690円的中
3連複:1万8300円的中
3連単:7万5450円的中

小倉4日目7R
◎レイホーロマンス
馬連:9650円的中
3連複:9740円的中
3連単:7万5070円的中

小倉4日目5R
◎シェアザモーメント
馬連大本線:4370円的中
3連複:1万1830円的中
3連単:5万6860円的中


日曜中京12Rはコチラ

PNGワールド:中山牝馬S週300-250

投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

関連記事

ターコイズステークス 2017 出走予定馬:フロンテアクイーン、善戦の域を出ない実力馬…器用さはアリ、前目を取れれば怖さはあるが
フローラステークス 2017 出走予定馬・プレ予想:キャナルストリート、前走は非常に苦しい展開も、ゲート良く不気味さあり
プロキオンステークス 2017 出走予定馬:イーデンホール、昨年秋以降の充実は評価も、強敵相手に末脚勝負で立ち向かえるかが焦点
中日新聞杯 2017 出走予定馬:ミッキーロケット、GIではワンパンチ足りず…相手弱化で警戒必要も高速2000に対応できるか?
京王杯スプリングカップ 2017 出走予定馬:レッドファルクス、1400mへの延長もむしろ好材料か?ゆったり入って末脚を出し切りたい
阪神牝馬ステークス 2017 出走予定馬・プレ予想:アドマイヤリード、スローでトップスピードを引きだせればトップレベル…力試しの一戦
東海ステークス2018 出走予定馬:ディアデルレイ、力の要る馬場で高いパフォーマンス、力をつけてここが試金石の一戦
目黒記念 2017 出走予定馬:マイネルサージュ、前走はペースが速く淀みない流れで苦戦…息を入れて要所のギアチェンジで出し抜きたい
フラワーカップ 2017 出走予定馬・プレ予想:ディーパワンサ、実績は最上位も…ゲート不安定で強敵も多く安泰とは言えないか
アルゼンチン共和国杯 2017 出走予定馬:プレストウィック、要所で動けるが極端な展開は好まない…流れてもロンスパでも戦えるのは混戦では強み
関屋記念 2017 出走予定馬:メートルダール、スローでの末脚の持続力は通用も…マイルで流れてついていけるか?
AJCC2018 出走予定馬:ショウナンバッハ、なかなか圏内まで突っ込めないがパフォーマンスは上昇…ノってる戸崎であと一伸びとなるか?
ローズステークス 2017 出走予定馬:ファンディーナ、秋初戦で再度怪物であることを証明できるか?高速馬場適性が微妙な感があり
福島牝馬ステークス 2017 出走予定馬・プレ予想:クインズミラーグロ…武豊久々の福島参戦で勝利という最善の結果に導けるか
AJCC2018 出走予定馬:ミッキースワロー、究極レベルのキレは魅力も…展開的に微妙か?
レジまぐ商品の購入はこちら!

Menu

HOME

TOP