投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

中山牝馬ステークス 2017 出走予定馬・プレ予想:デニムアンドルビー、屈腱炎後もトップスピード持続力は非凡さ…強い馬だが穴も多い馬で

2017 3/12(日)
第35回 中山牝馬ステークス(GIII) 中山芝内1800m
予想用・出走予定馬一覧
中山牝馬ステークス2017の予想用・出走予定馬一覧


 まさに古豪、4年前のジャパンカップでは3歳牝馬ながらジェンティルドンナを脅かす2着、2年前の宝塚記念2着と実績はぶっちぎりのデニムアンドルビーが中山牝馬ステークスに出走予定。屈腱炎から復活後は有馬記念でも存在感を見せる競馬。前走ダート参戦は流石に無茶が過ぎた、芝に戻して中山1800、完全復活となるか。


 基本的にポテンシャルタイプの馬、前半無理をしたくない馬、という適性の馬で本来はステイヤー型。1800でも基礎スピードが問われると微妙だが、今の中山の馬場で芝スタートの1周コース、条件としては噛み合う可能性はあるし良いと思う。後は前走のダート参戦の反動が無ければ、そして屈腱炎明けのパフォーマンスで測る必要があるというところ。それと器用さはないのでコーナーで徐々に加速、4角出口でスッともう一段の脚、というような展開だと危うさもある。能力的には2枚抜けていると思っているが、その辺りを含めると取捨は難しい。


宝塚記念(GI) 2着 16頭3枠6番
阪神芝内2200m良 2:14.4(+クビ) 62.5-59.2 S^3
12.2 - 11.6 - 12.2 - 13.4 - 13.1 - 12.7 - 12.5 - 11.7 - 11.0 - 11.6 - 12.4

 まずは直近の好走、一昨年の宝塚記念2着から振り返る。ペースはゴールドシップが派手に出遅れたこともあって意識的にドスローにという形。そこから3~4角で一気にペースが上がって中間地点のL3が最速で11.0となっている。そこからは減速ラップでL1は12.4、基礎スピードを問われない後半のTS持続特化戦だ。6番枠からやや出負け、少し接触もあってポジションを取れず諦めてシップを除いて離れた最後方で進めていく。道中もドスローの中で後方で進めながら3角。3角地点では内を立ち回りながらで前のカレンミロティックとのスペースを保った状態。4角で外への誘導をしながら内から外で直線。序盤で大外に持ち出すとそこからの伸びは一頭違う。L1までグングンと伸び続けて最後はラブリーデイとの差を決定的に詰めてくるが及ばずの2着だった。まあ3~4角の立ち回りは意外と上手かったけど、それでも終始内内からロスなく最速地点で運べたショウナンパンドラが3着、ヌーヴォレコルト辺りは楽に撃破しているわけで、このTS持続は圧巻。JC2着時も時計が掛かる中でのTS持続戦でL1の強襲を見せているように、基本的に出し切って何ぼの馬。また阪神大賞典での2着もあるようにポテンシャル戦も問題ない。ざっくり言えばあまり前半基礎スピードを問われず、後半のTS持続戦が理想、ポテンシャル戦でも高いレベルのパフォーマンスを見せていた。個人的には安定したパフォーマンスを求める馬ではないが、脚を出し切れる状況が揃いさえすればGIを取れていても驚けないレベルの馬だったと思う。


金鯱賞(GII) 8着 13頭4枠4番
中京芝2000m良 2:00.2(+0.5) 61.5-58.2 S^3
12.6 - 11.0 - 12.7 - 12.7 - 12.5 - 12.6 - 11.6 - 11.3 - 11.2 - 11.5 

 屈腱炎で長期休養明けからの初戦となった金鯱賞、一定のパフォーマンスは見せられたかなと思う。ペースはドスローだがL4で11秒台、TS持続特化戦で高いレベルで問われた。ただ馬場が超高速状態だったのでこれでもL1が落ちてこないから結局ポジション差が影響したかな。4番枠から坂スタートが案外うまくて五分に出る、そこから下げる形で最後方近くとなった。道中はドスローなのに前が単騎で進めるというような形で、後方2番手と流石に後ろ過ぎる展開となる。3~4角で前もペースアップ、その中で最内を立ち回ってロスを最小限にとどめて、前にスペースがあるという状況で直線。序盤の上り坂でしっかりと伸びてきてそのスペースを詰めてくる。L1で詰め切ったので進路を変えたがここで進路確保しきれず最後は追えずの8着だった。タイプとしてはL1強襲型なので、坂の上りでの伸びを考えると進路があれば結構きわどい競馬だったかなと思う。まあ屈腱炎明けでまずはどれだけやれるかというのを測った競馬だったと思うし、これで一定のパフォーマンスを見せられたのは復活に向けては良い内容だったと。


有馬記念(GI) 9着 16頭7枠13番
中山芝内2500m良 2:33.4(+0.8) 60.8-59.4 S^1
6.8 - 11.3 - 12.0 - 11.9 - 12.1 - 13.4 - 12.8 - 12.9 - 11.8 - 11.7 - 12.1 - 11.7 - 12.1

 2走前の有馬記念も悪くなかった。スローからの5Fのポテンシャル戦。基礎スピード面も最低限のレベルでは問われているが、それでも後半のポテンシャル面を強く要求された一戦とみていい。外枠から五分のスタート、そこから一気に下がって最後方からまずは入っていく。途中で少しポジションを上げてスタンド前では後ろから2~3番手というところ。向こう正面で前がペースをある程度引き上げていく中で後方外からシュヴァルグランの直後でじわっと押し上げつつ3角。3~4角でもその直後から追いだされてさらに1頭分外を回す形でそれでも直線までは見せ場を作る。流石に序盤でちょっと甘くなってしまって、最後は圏外だったものの9着と見せ場を作って一定のパフォーマンスと言っていい。ポテンシャル戦での強敵シュヴァルグランより外になってしまったしそこで勝ちに行く形にもなった。ポテンシャル戦でも強い馬ではあるけど、ベストはTS持続というのもあったし、ペースもこの馬にとってみればそこまで遅くはなかったので、前半で脚を使った面もあるかもしれない。阪神大賞典2着時はポテンシャル戦でも強かったし、3000以上なら無理なく進められるという点でも、本質はステイヤー型なるとは思っている。


●2017中山牝馬ステークスに向けての展望

 中山1800は坂スタートで最序盤はゆったり入りやすいし、この馬自身金鯱賞で坂スタートの適性を結構見せていた。五分に出て控える形に持ち込めれば最序盤のオーバーペースの可能性は低くなるかなとは思う。後はポテンシャル戦で捻じ伏せきれる状態かとメンバー構成かが焦点。ポテンシャル面は自身の比較でみてドスローのTS持続特化戦よりはパフォーマンス的に一段劣ると思うが、それでも阪神大賞典の内容から急かされずの後半特化なら高いレベルにある。ベスト条件のシップ相手にあそこまでやれたのは立派と言っていい。ドスローでロンスパになってしまえば、ギャンブル的にはなるけど嵌り切れば突き抜けるだけのパフォーマンスを見せているのは確か。ただ不安も結構あって基礎スピードがある程度問われたときと仕掛けが遅れた時。強い馬なのに安定しないのは好走スポットが狭いからとみていいと思うし、実際スローでもギアチェンジを問われるとジェンティル有馬の時、スピルバーグ秋天、マンボのエリ女の時の様にどうしてもちょっと置かれるし仕掛けが早くないと苦しい。またエピファネイアの時もそうだが全体のペースが上がってしまうとそこで脚を使わされて破壊力を削がれる。基礎スピード面とギアチェンジがネックなのでこの辺りが問われると格下相手でも不安定となる。特に中山1800の場合は2段階加速のケースもあり、向こう正面で上がり切ったようでL2でもう一段となるとそこで置かれる不安もある。器用さはないのでその辺りが嵌らないとというのはある。その点でもドスローになって向こう正面で各馬が仕掛け切ってしまう展開ならというところかな。シュタルケなので展開に応じた騎乗というのは難しいと思うから丁半博打になると思うけど、嵌れば突き抜けるというタイプなのは確か。前走のフェブラリーSは結果はともかく直前の追い切りはかなり良い状態だったと思う。そこからの反動もあるかもしれないが、引き続き良い動きを維持してくるようなら。いずれにせよ向こう正面で上がり切るぐらいの競馬が理想で全体で平均的なペースになると脆さも出てくるし、能力は認めるが諸手を挙げての推奨はしにくい。


Pr
中山、阪神、中京、すべてを網羅!!
そしてフィリーズレビューの◎はこれで決り!!


最近登場した「うまコラボ」という競馬サイトが利用者急増中とのこと!
何がすごいの?

情報量と的中精度の観点から、さっそく実戦です!
→ http://www.collabo-n.com/

■サイト運営者・重賞予想解説者:北条直人

こんな感じのよくわからないおじさんが運営しているサイトの様だが、

・もっと楽しみたい。
・勝ちたい。
・的中させたい。
・もう一度的中の興奮を味わいたい。
・競馬の相談が出来る頼れる存在が欲しい。

競馬ユーザーなら誰しもが思うこんなことに答える為に、
土日の全レース72レース分、すべての予想を提供している!

じつはすごい人、北条直人!
これはいいですね!
TVでも新聞でも他競馬サイトでもこんなに予想はできないです。
うまコラボだけができる強みと言っていいでしょう!

このすごい数の情報量と予想提供量を目的に利用者が急増しているようです!


そして、的中精度!

高的中率をたたきだしてました!
(的中実績も不的中実績もすべて公開しているので、実績は本物の数値)
基準値としてわかりやすく3連単を見ます。一般的に3連単を当てるのは相当難しいもの。
どんなサイトを見ても、平均的中率10%と言われています。

うまコラボ:3月5日(日)的中率結果
=========================================
単勝:86.1% 複勝:100% 馬連:58.3%
ワイド:88.9% 三連複:33.3%
三連単33.3%
=========================================

うまコラボ:3月4日(土)的中率結果
=========================================
単勝:88.9% 複勝:100% 馬連:69.4%
ワイド:91.7% 三連複:44.4%
三連単44.4%
=========================================

市場の3~4倍の高さの的中率があります。
3回に1回、もしくは2回に1回に近い数字で3連単が的中できる結果です!

今週のフィリーズレビュー(G2)に至っては、サイト内の北条ブログで
週末公開予定との事で間違いなくチェックすべき内容です!


うまコラボは、週末最大36レース分、そして注目重賞レースの予想が
無料で見れます。
最初はこの無料でうまコラボを体験して、実績を積んでみるのがいいかもしれませんね!
こんなに内容盛りだくさんの競馬サイトは初めてみました。

週末全レース72レース分の予想を見るには月額1,980円だけかかります。
馬券代と比較したら微々たるもので財布に優しい金額ですね。
そして無料との違いとして、
少点数、高配当を重視した買い目付きの予想が提供されるとのことで、
数百円数千円の馬券代で、数万円数十万円とういう高配当的中へより近付けますね!

これで今週から3連単は3回に1回的中する予想が入手できます。
これは魅力的!

利用者急増中のうまコラボ!
今週のフィリーズレビュー(G2)の◎予想は、無料で公開!
→ http://www.collabo-n.com/


投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

関連記事

クイーンステークス 2017 出走予定馬:アドマイヤリード、強烈な切れ味は現役でも屈指…コーナー4つのコースで引き出せるか
エルムステークス 2017 出走予定馬:ロンドンタウン、佐賀記念はスローの流れで長く脚を…1700mの舞台は微妙か
マーメイドステークス 2017 出走予定馬:ビッシュ、スローで溜めても良い脚は一瞬…ポテンシャルを活かして早仕掛けで分散したい
ニュージーランドトロフィー 2017 出走予定馬・プレ予想:タイムトリップ、両極端な競馬で結果を出し…適性が読みにくい一頭
函館2歳ステークス 2017 出走予定馬:ナンヨープランタン、前走底知れぬ末脚は魅力も…ペースが上がって対応できるかは微妙
プロキオンステークス 2017 出走予定馬:ベストマッチョ、再度の重賞挑戦、今度は期待に応えることができるか?
府中牝馬ステークス 2017 出走予定馬:クインズミラーグロと武豊、あと一歩が遠い善戦女子を勝利に導けるか?
札幌2歳ステークス 2017 出走予定馬:ダブルシャープ、北海道競馬からの刺客…前走が強く、距離延長は面白そうなタイプ
プロキオンステークス 2017 出走予定馬:イーデンホール、昨年秋以降の充実は評価も、強敵相手に末脚勝負で立ち向かえるかが焦点
阪神カップ 2017 出走予定馬:イスラボニータ、総合力の高さは屈指、ポジションを取って鋭いギアチェンジで出し抜きたい
ラジオNIKKEI賞 2017 出走予定馬:セダブリランテス、2戦2勝、芝で結果を出して底を見せない不気味さもあるが…
中京記念 2017 出走予定馬:ダノンリバティ、高速馬場ならペースが速くても対応…今の中京の馬場は噛み合いそうで
セントウルステークス 2017 出走予定馬:フィドゥーシア、母ビリーヴも勝ったこのレースで重賞初制覇を狙う
函館記念 2017 出走予定馬:ダンツプリウス、厳しい流れで基礎スピードが活きれば不気味…内枠引いての先行策で妙味あり
ローズステークス 2017 出走予定馬:カラクレナイ、前走は負けすぎ、関西圏で巻き返せるか?…道悪で警戒も
レジまぐ商品の購入はこちら!

Menu

HOME

TOP