投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

中山牝馬ステークス 2017 出走予定馬・プレ予想:ウキヨノカゼ、中山1800で持ち味の鋭さをロンスパで分散させられると微妙

2017 3/12(日)
第35回 中山牝馬ステークス(GIII) 中山芝内1800m
予想用・出走予定馬一覧
中山牝馬ステークス2017の予想用・出走予定馬一覧


 強烈な末脚を武器にスプリント路線で復活を果たしたウキヨノカゼが初めての距離となる1800m戦、中山牝馬ステークスに出走予定。2走前のターコイズステークスでは4着もニューイヤーステークスでは9着と物足りない結果。1200で結果を出してきた馬だけに、初の1800はどうしてもカギとなるが、ここで末脚を炸裂させることができるか。


 1800でも府中みたいにU字で速いラップを問われる形なら瞬間最大の速度が凄いし対応はできると思うんだけど、中山1800だとどうしても分散しながらの競馬になるからそこがポイントかなあ。流石にこの条件でこの面子だと狙いを下げるべきかなとは思う。


キーンランドC(GIII) 1着 16頭7枠13番
札幌芝1200m良 1:08.6 34.0-34.6 H^1
12.1 - 10.6 - 11.3 - 11.8 - 11.4 - 11.4

 まあ思い出す意味でも少し昔になるが2年前のキーンランドC勝ちから。札幌芝1200m戦で良馬場、ペースバランス的にもややハイという程度でL3の3~4角中間ぐらいで一気に11.8と落ちる。そこからは加速ラップを踏んでいてコーナーで中弛みという珍しいパターン。その中で13番枠から出負けして後方からの競馬、そこから無理せずほぼ最後方から外目。3角で外から進出と同時に前が一息を入れたタイミングが噛み合ってグンと押し上げる。4角では一気に2列目から先頭列まで押し上げて直線。序盤で堂々と先頭に立ってL1でも踏ん張っての勝利となった。視覚的なインパクトは強烈だが、前が緩んだ地点と押し上げた地点が噛み合ったので3角以降の動きが速く感じた面はある。まあそれを差し引いてもトップスピードの高さが無いとここまで上げていけないし、長く緩やかな札幌のコーナーでこれができたというのは評価しないといけない。スプリンターズSでも平均ペースから鋭く脚を引き出してという競馬ができたように、1200で自身で2秒前後の後傾バランスで入って鋭さを引き出すのが、この馬の身上ではあったと。


ターコイズS(重賞) 4着 16頭1枠2番
中山芝外1600m良 1:33.9(+0.3) 46.4-47.2 H^1
12.4 - 10.8 - 11.4 - 11.8 - 11.9 - 11.7 - 11.9 - 11.7

 ここ3走はマイル路線に戻してきたという形だが、その中でも善戦したといえるターコイズSを振り返る。ペースは0.8でややハイ、ラップ推移的にも後半は11秒後半を連続する形で速い脚はあまり問われず。基礎スピードを高いレベルで問われてのポテンシャル戦。その中で2番枠から五分のスタートから無理せずに下げて中団という競馬。道中もハイペースで縦長、無理はせずに内内で動かず3角。3~4角でも一頭分外から徐々に外に誘導、4角で外目から仕掛けて3列目で直線。序盤でそこからグンと伸びて一瞬良い脚を使って先頭に立つのだがL1で甘くなったところに外差し、内からカフェブリリアントの差し込みも受けての4着完敗だった。まあこのペースを追走してそこからの脚、L2の地点での鋭さは目を見張るものはあったが、それを維持しきるほどではなくL1では甘くなってしまったと。流れた中での一足というところではあったと思う。


ニューイヤーS(OP) 9着 16頭2枠4番
中山芝外1600m良 1:34.2(+0.7) 46.8-46.7 M
12.7 - 11.0 - 11.4 - 11.7 - 11.8 - 11.6 - 11.3 - 12.0

 前走のニューイヤーSの場合はちょっと後ろ過ぎたかなというのはある。ただ結局マイルである程度ながれると持ち味と言えるトップスピードの持続力を爆発的に引き出すのはちょっと難しいなとここ2走で感じた。五分には出ていたが無理せず下げて最後方近くから。道中も淡々と平均ペースという中で最後方で動かず。3~4角で外から動いていって4角で大外最後方列で直線。直線序盤での伸びはまずまず、L1でしぶとく伸びてはきたが同じ様な位置の馬と比較しても決定的な伸び脚ではなくなだれ込んだだけの9着に終わった。マイル戦でもこの流れなら後方の馬も脚を使い切ることはなかったと思うし、その中で末脚で圧倒できるほどのものは見せられなかったかなというところ。掲示板争いぐらいまでなら食い込めるチャンスはあったと思うが、L1の伸びがもうちょっと欲しかったというのはある。


●2017中山牝馬ステークスに向けての展望

 まあ1800m以上の経験が無いので何とも言い難いが、マイルまで来ると強烈なトップスピードの質は削がれているところはあるし、TS持続は優位性を持てていない。1200で結果を出せるようになった要因が2秒近いスローバランスでも11秒前後を3F続けてくることができるトップスピードの質、持続力を見せていたということが大きい。距離が長くなって仕掛けのタイミングが早くなったり前半の基礎スピード面が問われてとなるとマイルでならまだ何とか一足を引き出す程度には良いものを見せていたと思うが、内回りの1周コースで1800となると向こう正面からのロンスパで分散されるリスクが当然大きくなってくる。未知数ではあるけどこの馬の最大の武器は最大瞬間のトップスピードの質にあると思うしこれはスプリンターズS3着時でもストレイトガールに優位に立てるか?というレベル。逆にTS持続面では甘さが出ていて、これが中山マイルの2走では物足りなさに繋がっている。さらに延長する、ポテンシャル寄りになって分散する形で鋭さを削がれるとちょっと難しいかなと思う。ターコイズSは悪くないけども、マイルで脚を残す形だった前走のニューイヤーSで破壊力を増せなかったことからも距離延長でペースが落ち着いて仕掛けが早くなりやすい中山1800は個人的には狙いにくいと思う。相手関係を考えても今回は予想的には消したいかな。



中京開幕週の注目レースは金鯱賞だが

馬券勝負できるのは日曜最終レースだ!

ワケアリで人気薄濃厚でも!
ココで激走できる根拠がある!


中京開幕・勝負情報

日曜中京12R・賢島特別

最終買い目を無料で教えます

日曜中京12Rの詳細はコチラ


◆勝負情報・穴情報で大きく獲った!

第54回 弥生賞(G2)
◎カデナ
△マイスタイル
馬連:4360円的中

中山4日目3R
◎サンラファエル
◎アナザートゥルース
馬連1点公開:780円的中
3連複:9890円的中
3連単:4万6450円的中

中山1日目11R総武S
◎ピオネロ
馬連2点目:1610円的中
3連複:2350円的中
3連単:1万3060円的中

小倉6日目10R日田特別
◎ローズウィスパー
馬連本線:1640円的中
3連複:4900円的中
3連単:2万2710円的中

東京7日目12R
◎ラベンダーヴァレイ
馬連大本線:4690円的中
3連複:1万8300円的中
3連単:7万5450円的中

小倉4日目7R
◎レイホーロマンス
馬連:9650円的中
3連複:9740円的中
3連単:7万5070円的中

小倉4日目5R
◎シェアザモーメント
馬連大本線:4370円的中
3連複:1万1830円的中
3連単:5万6860円的中


日曜中京12Rはコチラ

PNGワールド:中山牝馬S週300-250

投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

関連記事

クイーンステークス 2017 出走予定馬:マキシマムドパリ、今年は好調も…開幕週で1800mのスピード勝負に対応できるか?
平安ステークス 2017 出走予定馬:アスカノロマン、昨年圧勝も近走がやや不満…京都は合うので上手く3~4角内を取れれば
札幌記念 2017 出走予定馬:ロードヴァンドール、主導権を取れそうで警戒は必要も…ラストは少し甘くなるので
新潟大賞典 2017 出走予定馬:シャイニープリンス、休み明けは元々苦手…叩いて昨年3着の舞台で激変警戒
函館2歳ステークス 2017 出走予定馬:ベイビーキャズ、1000mからの延長が噛み合いそうな感はあり…前走時計は平凡も注意
京都新聞杯 2017 出走予定馬:ゴールドハットと武豊、2200mへの一気の延長は鍵も…2走前は強い内容
中京記念 2017 出走予定馬:ピークトラム、今年は武豊とのコンビで昨年2着以上を狙うも…近走がもろに不満
アルゼンチン共和国杯 2017 出走予定馬:スワーヴリチャード、菊花賞回避で状態面がカギ…勝負所でスッと動けるのは魅力
目黒記念 2017 出走予定馬:ヴォルシェーブ、前走詰まりながらも突き抜けたが、坂スタートの不安定でポジション次第で危うさも…
フラワーカップ 2017 出走予定馬・プレ予想:ディーパワンサ、実績は最上位も…ゲート不安定で強敵も多く安泰とは言えないか
キーンランドカップ 2017 出走予定馬:ネロ、時計が掛かる馬場での消耗戦は得意だが…ここ2走は本調子に無い感もあり
札幌記念 2017 出走予定馬:ヤマカツエース、今年はV字回復…実績あるも詰めきれない札幌2000の舞台で真価を問う
京王杯スプリングカップ 2017 出走予定馬:ヒルノデイバロー、阪急杯は少しフロック視…昨年完敗の舞台で坂の上りで動き出しの甘さも懸念
金鯱賞 2017 出走予定馬・プレ予想:サトノノブレス、得意の中京2000、流れれば要警戒だが…
阪神牝馬ステークス 2017 出走予定馬・プレ予想:トーセンビクトリーと武豊、馬体の充実でマイルを克服し重賞連勝なるか?
レジまぐ商品の購入はこちら!

Menu

HOME

TOP