投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

中山牝馬ステークス 2017 出走予定馬・プレ予想:ウインファビラス、パワー型で1800への延長…楽に先行から早めの仕掛けなら不気味さアリり

2017 3/12(日)
第35回 中山牝馬ステークス(GIII) 中山芝内1800m
予想用・出走予定馬一覧
中山牝馬ステークス2017の予想用・出走予定馬一覧


 4歳世代の実力馬が揃う中で、古馬相手に面白い競馬を続けてきたウインファビラスが中山牝馬ステークスに出走予定だ。高速馬場ではパフォーマンスを落としていたが、時計が掛かる冬の中山で結果を残してきた。前走の京都牝馬ステークスは流石に短かった感もあり、そこから距離延長でこの時期の中山を味方に重賞初制覇を狙う。


 個人的にはこれぐらいの距離が良さそうで、かつ先週の馬場の感じなら先行出来れば結構怖さも出てくるなと。ニューイヤーSの内容からも1800ならもうちょっと前目で主導していけると思うが、坂スタートは初めてなのでその辺りの適性も鍵。内枠からポンと出て2列目ポケット、そこからの向こう正面ロンスパで速いラップを問われなければ警戒したい。


ニューイヤーS(OP) 3着 16頭1枠2番
中山芝外1600m良 1:33.9(+0.4) 46.8-46.7 M
12.7 - 11.0 - 11.4 - 11.7 - 11.8 - 11.6 - 11.3 - 12.0

 まずは直近の好走、ニューイヤーSから振り返る。結果的にマイネルアウラートが平均でレースを支配、そこからのL2最速で一足で抜け出された形。その中で内枠からまずまずのスタートから押して押しての先行策、そこからしっかりと2列目を確保しきる。道中も2列目で進めていくのだが、3~4角からやはり少し手が動いて追走に苦労、上手くマイネルアウラートの直後を取って直線に入ってくるが一気に出し抜かれる。L1でもしぶとく踏ん張るが強敵グランシルクの差し込みに屈しての3着だった。ただ悪くない内容で、正直46秒台に入ってくる中で先行してしぶとく踏ん張れるとも思っていなかったし、基礎スピード面も向上してきたなというのが一つ。それとやはり時期的にも少し時計が掛かっていた馬場というのも功を奏したかなと。ターコイズSでは中団より後ろからの競馬になって外からジリッと来ていたが、そこから比較しても前半ペースを引き上げてしっかりと先行できていたのは良い材料。


秋華賞(GI) 12着 18頭6枠12番
京都芝内2000m良 1:59.6(+1.0) 59.9-58.7 S^1
12.4 - 10.5 - 12.9 - 12.2 - 11.9 - 12.6 - 11.7 - 11.4 - 11.3 - 11.7

 一方で秋華賞では惨敗と言っていい。ペースはややスロー、ラップ推移的にも後半4F戦の中で3~4角でもそれなりに速いラップを踏むという形になったのはある。後半のトップスピード持続戦のウエイトが大きいレースだったかなと。3角手前上り坂で少し息が入っているのも京都2000らしい傾向。五分には出て、そこからじわっと押して先行策、上手く番手でコントロールしながら2列目のポケットに入り込む。向こう正面で掛かったカイザーバルが押し上げてきたので先行集団はここで一旦ペースが上がる中でついていく。3角の上りで息を入れてと少し無駄のある流れに巻き込まれつつ、そこから下りでペースアップ、2列目ポケットから上手く立ち回って外に出して直線に入ってくる。ただL2の最速地点で置かれて動けず。そのままL1まで伸びあぐねての完敗だった。まあこの馬自身速い上がりで結果を出してきたということはないし、JF2着もタフな馬場でハイペース気味。この秋華賞では京都で軽い馬場、前が速くしたり緩めたりと変なラップを踏んでいた中についていったのもあって、後ろでフラットに入れた馬が速い上りを繰り出せているというのもある(この秋華賞はそこまで極端ではないけど昨年の中山記念も同じ様な感じで前の馬が刻んだラップに無駄が多かった。)。前にいた馬で踏ん張ったカイザーバルは立派だけど、上位は基本的には前半無理をしていない馬が多かったし軽い馬場でキレ負けもしてしまった面もあるだろうと。


京都牝馬S(GIII) 6着 18頭8枠18番
京都芝外1400m稍 1:23.0(+0.5) 35.8-34.7 S^2
12.6 - 11.6 - 11.6 - 12.0 - 12.0 - 11.2 - 11.5

 京都牝馬Sも悪くはないが結局スローでゆったり入れてもキレ負けはしてしまうと。もちろん少し渋っていたので極端にということはなかったが。大外枠からやや出負けしたかなという感じ、中団外につけてじわっと追走していく。3~4角でも中団、少し外目から4角で仕掛けながら直線で外、進路を取ってくる。序盤で少し窮屈になって挟まれ気味で置かれてしまう。そこからL1までジリジリとは伸びてきたがラストも大きく落とさない中で良い脚を引き出せなかったという形。まあ悪くはないんだけど、結局あの位置からL2最速戦で加速しないといけない中で前の馬がふらついた形で進路確保が難しかったのもある。まあとはいえ一番の原因はこの距離で前半優位なポジションを取れなかったところかなと。少なくともトップスピード戦では使える脚は限定的。


●2017中山牝馬Sに向けての展望

 とりあえずマイルでは基礎スピード的に勝ち負けまでとなるとそこからの一足が足りない、高速馬場でとなるとトップスピード戦で質、持続力ともに明らかに足りない。これはチューリップ賞、桜花賞、秋華賞でテンでダメだった、というところからも確かだろうと。一方でここでは取り上げなかったが不利を受けた紫苑Sが悪くなかったし、JF2着を含めてもタフな馬場で消耗気味の中でしぶとく踏ん張ってバテ差すのが基本になってくる。ただニューイヤーSでは平均ペースの中で先行力・基礎スピードを見せてきたし、今の馬場で中山1800m戦での先行策でややスローからコントロールしつつ向こう正面のロンスパに持ち込めればちょっと怖い面はある。後は坂スタート適性かな。後ろからになるとターコイズSでもマジックタイムのポテンシャルは上だと思うし、時計が掛かったとしても同じ4歳世代の紫苑S勝ちのビッシュ、不利を受けながら頑張ったパールコードも手ごわい。後ろからのポテンシャル戦でどこまでやれるかも気にはなるが勝ち負けまでとなると簡単ではないと思う。チャンスがあるとすればややスローからのロンスパで3~4角番手外~2列目あたりまででコーナーで前に対して仕掛けていく、という条件。出来れば稍重ぐらいで少し渋ってくれればさらに面白い。中山もある程度外の馬場の方が良い感じではあるし、速い脚もないわけなので3~4角で前目外目からプレッシャーをかけつつ分散させて早仕掛け、直線で馬場の良いところを取って粘り込む競馬を期待したいかな。



PR【元JRA騎手が情報元の競馬サイト】

元JRA騎手 大塚栄三郎氏

現在64歳。
18歳で北海道の吉野勇厩舎で修業を積み、
24歳、中山競馬場での4R、スタービートで初騎乗、初勝利を挙げる。
26歳、北海道3歳ステークスをカツルーキーオーで制し重賞初勝利を挙げる。
53歳、騎手引退。

元JRA騎手 大塚栄三郎氏だからこそ入手できる情報があります!
中山牝馬S(G3)で10万円稼げるほどの買い目を大塚栄三郎氏が無料公開してくれます!

これは貴重です!
→  http://crown-t.com/


※ドコモやauなどメールが届きづらくなっているそうです。
gmailやyahooなどのフリーメールでの登録をおすすめします。


元JRA騎手 大塚栄三郎が「 これは本物 」と判断した情報から、
情報提供があります。


口コミサイトでは、大塚栄三郎予想で、
8番人気の穴馬を軸にして、4点で8万馬券を取ったなど、
高評価の記事が多数掲載されていました。
市場の評価はいいようです!

先日の高配当的中は、人気順7.6.5の3連単を的中させ、
格の違いを見せてくれました!
========================

2017年2月11日(土) 東京11R 銀蹄ステークス
3連単 15-06-02 配当:189,540円
推奨1点1,000円購入で、1,895,400円獲得!!
1着:ポイントブランク(7番人気)
2着:ラインシュナイダー(6番人気)
3着:ワンダーサジェス(5番人気)

========================
馬単でも172倍という難関レースで3連単を持ってきました!

大塚栄三郎氏からの直通情報をなので、オッズに左右されません。
ということは、的中確率は高くなり、穴も入ります!

「 本物の情報 」を手にしたいなら、予想する人を選ぶべきですね!

まずは実力を試してみて下さい。
中山牝馬S(G3)で10万円稼げるほどの買い目を大塚栄三郎氏が無料公開してくれます!
→  http://crown-t.com/


※ドコモやauなどメールが届きづらくなっているそうです。
gmailやyahooなどのフリーメールでの登録を推奨します。

投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

関連記事

チャレンジカップ 2017 出走予定馬:マキシマムドパリ、2000に戻ったこのレースでマーメイドSの再現を狙えるか?
アイビスサマーダッシュ 2017 出走予定馬:プレイズエターナル、前走は出負けして難しい位置も、基本後ろからの馬で…
デイリー杯2歳ステークス 2017 出走予定馬:ケイアイノーテック、新馬戦はセンスの塊のような走りで鋭く抜け出し完勝…不気味
目黒記念 2017 出走予定馬:クリプトグラム、1年ぶりの実戦が焦点も…昨年は強い競馬で堂々勝利と侮れない実力馬
マイラーズカップ 2017 出走予定馬・プレ予想:ブラックスピネル、ここ2走マイルで開眼?脚質に幅で積極的なレースメイクを期待
エルムステークス 2017 出走予定馬:クリノスターオー、最後は踏ん張るもコーナーでは置かれる癖…いい位置を取れるかが重要
毎日王冠 2017 出走予定馬:サトノアラジン、マイルの頂点に立った実力馬、再度の1800mへ参戦がどう出るか
オールカマー 2017 出走予定馬:タンタアレグリア、ここ2走のパフォーマンスは高く力は最上位…ただ過程が怪しいので
スプリンターズステークス 2017 出走予定馬:ワンスインナムーン、テレビユー福島賞は好時計も高速馬場…ポジショニングが上手く粘り込み警戒の一頭
札幌2歳ステークス 2017 出走予定馬:クリノクーニング、前走は3着以下をぶっちぎる圧倒的なパフォーマンス…ペースカギも素材は非凡
神戸新聞杯 2017 出走予定馬:レイデオロ、ダービー馬の第一歩…総合的に成長したか、真価を問う一戦だ
富士ステークス 2017 出走予定馬:ペルシアンナイト、ゲートと折り合い難という2重苦をマイルで克服できるか…
ユニコーンステークス 2017 出走予定馬:アンティノウス、前走は一気にパフォーマンスを上げ…ハイペース歓迎も包まれないかがポイント
AJCC2018 出走予定馬:ダンビュライト、ミルコ・デムーロとのコンビで初重賞制覇となるか?前半の進め方がポイント
フラワーカップ 2017 出走予定馬・プレ予想:ハナレイムーン、クイーンCは十分健闘…1800と馬場適性がポイントか
レジまぐ商品の購入はこちら!

Menu

HOME

TOP